Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストア ( 562 ) タグの人気記事


2018年 05月 19日

1978FXE1200 エンジン分解作業

今日はMさんのショベルヘッドエンジン分解作業のお話。
以前に色々と手が入ってい車両のようであります。


a0248662_8465611.jpg
a0248662_8473523.jpg
a0248662_8475135.jpg
a0248662_848681.jpg
a0248662_8481514.jpg
a0248662_848429.jpg


まずはヘッド分解。
ロッカーアームバルブとのあたり面は一部修正研磨が必要。
ロッカーシャフトの段減りは無く、ブッシュ交換でいけそうだ。
ヘッドバルブ圧入部は以前に溶接で修正している跡があります。それに伴い鍔部分の厚みでを厚くして高さ調整をしているようです。幸いバルブとガイドのクリアランスは悪くないのでこのまま使用する予定。


a0248662_9152.jpg


シリンダーは.030”ピストンでボーリングが必要です。



a0248662_849565.jpg
a0248662_8494077.jpg
a0248662_85018.jpg
a0248662_8501080.jpg


タイミングギア周り
ピニオンシャフトブッシュは状態良し、カムブッシュは交換が必要。
タペット自体の減りも少なく良好。タペットローラーは以前に交換してある様だ。
ガイドも進行方向一部減りがあるが、ボーリングするほどでも無い。


a0248662_8502945.jpg
a0248662_8503838.jpg
a0248662_8505073.jpg

a0248662_8511986.jpg


クランク周り分解。
問題がコンロッドビッグエンド。ガタがまったく無く、クリアランスゼロ。
分解時ピンが抜けませんでした。またコンロッドのスラストも無い状態。
スプロケット側フライホイールも年式違いのものが使われています。
このあたりは考察が必要です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-19 09:08 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 05月 15日

月曜日の授業風景

1978FXE1200

a0248662_8365074.jpg
a0248662_837092.jpg
a0248662_837950.jpg



a0248662_837264.jpg
a0248662_8373845.jpg
a0248662_8374772.jpg
a0248662_8375956.jpg
a0248662_838711.jpg


a0248662_8382350.jpg
a0248662_8384080.jpg



a0248662_839224.jpg
a0248662_8391069.jpg


Mさんのショベルヘッド
ピニオンシャフトベアリングレースラッピングが終わり、スプロケットシャフトベアリングレース圧入。
スラストワッシャーの厚み調整してスラスト調整。
分解し随分と詰まっていたコンロッドビッグエンドベアリング。
ラッピングしベアリングレース内径拡大。STDローラーでフロント、リア側ともに適正クリアランスに。
コンロッドのスラストも詰まり気味でありまして、フライホイールが左右年式違いのものがついていたため、コンロッドワッシャーも銅製のものと鉄製のものがついています。
仮組みしてチェック。スラスト量が少なすぎるので、ワッシャー抜き取り製作します。
ガタが少々あったスモールエンドブッシュも交換。






1979FXS1200

a0248662_8393359.jpg
a0248662_8394467.jpg
a0248662_8395560.jpg
a0248662_840590.jpg



S君のショベルヘッドは配線作業。
純正と同じようにブレーカーを3系統に分け、色分けも同じく純正通りに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-15 08:50 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 13日

1968BSA A65 ケーブル周り・配線作業

既にエンジン始動、車検取得まで終わっているNさんのBSAでありますが、今日はまとめブログ。



a0248662_8462386.jpg


a0248662_8464211.jpg


a0248662_8465413.jpg
a0248662_847886.jpg
a0248662_847263.jpg
a0248662_8474651.jpg



a0248662_8475841.jpg
a0248662_8483896.jpg
a0248662_848474.jpg


a0248662_849462.jpg

a0248662_85034.jpg


まずはケーブル製作
スロットルケーブルは単品製作
元々付いていた、スロットルホルダーに合わせマウント製作し長さ調整して取り付け。
ブレーキケーブルも単品製作。
クラッチケーブルは市販品の長さが合わず一部加工取り付け。


a0248662_8511650.jpg
a0248662_8512693.jpg
a0248662_851358.jpg
a0248662_8514498.jpg
a0248662_8515674.jpg
a0248662_8521815.jpg
a0248662_8522844.jpg
a0248662_8523824.jpg
配線作業
配線も一から引き直し。
点火方式はフルトラ、ペイゾンを使います。
点火合わせ取り付け。
モジュールとレギュラーはバッテリー上部にマウント製作取り付け。
ノーマルのA65ブレーキSWは取り扱いが微妙なので、汎用品SWを取り付け。
イグニッションコイル取り付け位置もA65さんは困ります。サイドカバーが干渉しない位置に取り付け、プラグコード製作。

というわけで、この後始動となります


by sgf1906 | 2018-05-13 09:10 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2018年 04月 16日

1968 BSA A65 エンジン腰上組みつけ


先日に引き続き、NさんのBSA A65のまとめブログ
エンジン腰上を組みつけていきます。


a0248662_8355698.jpg
a0248662_836456.jpg

シリンダーはヘッドスタッドを外しヘッド面面研。



a0248662_8361845.jpg
a0248662_8362780.jpg
a0248662_8364365.jpg


GPM製ピストン.040”o.sでシリンダーボーリング
ピストンリングギャップ、クリアランス計測。
ギャップ0.35mm クリアランス0.05mmと適正値。



a0248662_8365589.jpg
a0248662_837333.jpg

タペットガイド部がシリンダー一体となっているBSAのタペット
クリアランス0.05mm~0.06mm程度だったのでそのまま使います。


a0248662_8372442.jpg

a0248662_8374093.jpg


Cクリップ留めびなっているタペットはガイドに入れた後、Cクリップを入れるのが困難なので、Cクリップを使わずクランクケース内に落ちないようにホースで留めておき、シリンダー組みつけ。
シリンダーベースナットはトルク管理し組み付け。


a0248662_838287.jpg
a0248662_8381711.jpg
a0248662_8382697.jpg

ロッカーはヘッド取り付け前に仮組み。
シム調整しロッカーとバルブのあたり位置中心に来るように調整。


a0248662_8393733.jpg

a0248662_8462486.jpg

A65のヘッドはEX側ロッカーを組んでおくとヘッドボルトが締められなくなります。
ヘッドを組みヘッドボルト締め付け後、EX側ロッカーを組み付けます。シムを落とさぬよう組み付けるのに緊張します。
また、IN・EXプッシュロッド組み位置を間違えぬように。



a0248662_8463657.jpg
a0248662_8464933.jpg
a0248662_84711.jpg

インシュレーターを製作しキャブレーター取り付け。
マニホールド面面研済み。キャブはアマルプレミアム930新品です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-16 09:06 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2018年 04月 14日

1968BSA A65 エンジン腰下搭載・プライマリー周り

今日はNさんのBSA A65のまとめブログ
前回オイルポンプ周りまでのお話は終わってるんだよな・・・。
今回はエンジンをフレーム搭載、プライマリー周りの組み付け。


a0248662_3265043.jpg




a0248662_3271993.jpg

a0248662_3272931.jpg

クランク組み付け前にケースをフレームに仮組みして、ケース下のマウント部のシム調整済み。


a0248662_3292966.jpg
a0248662_3293849.jpg
a0248662_3295070.jpg

ギアチェンジクアドラント、キックシャフト&スプリング組み付け。
キックアーム仮組みして作動チェック。



a0248662_330940.jpg
a0248662_3301789.jpg
a0248662_3302678.jpg
a0248662_3304287.jpg

 
エンジン前、エンジン下、エンジン後ろのマウントプレートを付けエンジン腰下搭載。
エンジン後ろ側のプレートは組み付けの順番がありまっせ。


a0248662_331338.jpg
a0248662_3312221.jpg
a0248662_3313814.jpg


ここからはプライマリー周り。
話は前後しますがギアボックッス組み付け前にクラッチセンターダンパーゴム交換。
メインシャフトに組み付けた状態で行います。
また、クラッチチェーンホイールとクラッチセンターのスラストチェック。


a0248662_3315971.jpg
a0248662_3321018.jpg
a0248662_3322042.jpg


エンジンスプロケットのディスタンスピース(スプロケットシールの受けでもある)はものが無かったので単品製作。
チェーンラインが変わってしまうので、逆算して厚み選定。



a0248662_3325395.jpg
a0248662_333646.jpg
a0248662_3332390.jpg


エンジンスプロケット、クラッチチェーンホイール、プライマリーチェーンを組み付けチェーンラインチェックし問題なし。プライマリーチェーンは新品に交換。


a0248662_3334993.jpg


オルタネーターはステーターコイル、ローターコイルは新品に交換。
ステーターとローターの隙間チェック。


a0248662_3341772.jpg
a0248662_3342768.jpg
a0248662_3344070.jpg
a0248662_3345999.jpg


クラッチフリクッションディスクは研磨して再利用。
フリクッション・スチールディスクの平行面は問題なし。
で組み付け。


a0248662_3351372.jpg
a0248662_3354270.jpg
a0248662_3355568.jpg
a0248662_33695.jpg


クラッチのプランジャー、コネクターなどリリーズ周りは元々変なものが付いていたので、スタンダードのものに一新。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-14 09:08 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2018年 04月 11日

火曜日の授業風景


1978FXS1200

a0248662_8302035.jpg

a0248662_8311390.jpg

a0248662_8315199.jpg


Hさんのショベルヘッド
コンロッドベアリングレースの真円加工が終わり、適正クリアランスになるようにローラー選択。
クランク組み付け、芯だし作業。
タイミングサイド0.01mm、ドライブサイド0.015mmの振れに。








1978FXE1200

a0248662_8322834.jpg
a0248662_8332692.jpg
a0248662_8341480.jpg


Mさんのショベルヘッド
ミッション分解、清掃、計測作業。
メインシャフト側は前年期タイプ、カウンターシャフト側は後年期タイプとバラバラの年式のパーツで組まれています。各部考察が必要です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-11 08:42 | その他 | Comments(2)
2018年 04月 03日

1951TRIUMPH T100 ギアボックス組み付け


今日は先日に引き続き、HさんのトライアンフT100のお話、作業内容まとめブログです。
ギアボックッスのブッシュ周りは製作済みでブッシュ取り付け、クリアランス調整をしていきます。



a0248662_8203225.jpg
a0248662_8204912.jpg
a0248662_821112.jpg
a0248662_8212594.jpg


まずはハイギアブッシュ。
製作したブッシュをハイギアに圧入。段減りしていたメインシャフトは研磨していますので、研磨したシャフトに合わせたラッピングロッドを製作しブッシュラッピングしクリアランス調整。
ホーニングし完成。


a0248662_8213865.jpg
a0248662_8214812.jpg
a0248662_822147.jpg


レイシャフト1stギアブッシュ
こちらも圧入しホーニングでクリアランス調整。



a0248662_8224059.jpg
a0248662_8225384.jpg
a0248662_824979.jpg
a0248662_8242181.jpg


レイシャフットブッシュケース側
Dチェーンにより削られていたため、純正のように蓋が付けられないため、穴が開いてない止まりのブッシュ製作。オイル穴、ダウエルピンの逃げを作り圧入。
このブッシュを作るのは苦労した。


a0248662_824417.jpg
a0248662_8245321.jpg
a0248662_825842.jpg
a0248662_8252240.jpg


レイシャフトブッシュインアーカバー側
こちらも同じく製作し圧入。
レイシャフトに合わせラッピングロッド製作しラインだしラッピング。
ラッピング後シャフト取り付け、スラスト量チェック。


a0248662_8253925.jpg
a0248662_8255069.jpg
a0248662_826523.jpg
a0248662_8261828.jpg


シフターカムシャフトブッシュ
こちらもオイル漏れ防ぐため止まり穴のブッシュ製作。
ブッシュの出っぷりによってシフターカムの位置が決まるので圧入具合に気をつけて圧入。


a0248662_8271325.jpg

ギアチェンジクアドラントブッシュ
インナーカバー側ブッシュ製作し圧入。


a0248662_8273578.jpg
a0248662_8275277.jpg
a0248662_828769.jpg
a0248662_8281699.jpg
a0248662_8283038.jpg
a0248662_8284621.jpg
a0248662_8285580.jpg


a0248662_8291259.jpg
a0248662_8294283.jpg

アウターカバー側はブッシュ圧入部にクラックがあったため、冶具を製作し溶接。
ブッシュ圧入し問題なし。
ギアチェンジクアドラントのスプライン部は少々太っていたので研磨。
ラインを出しラッピング加工。


a0248662_8301476.jpg
a0248662_8302520.jpg
a0248662_8303569.jpg

キックシャフトブッシュ
キックシャフトは新品に交換。その新品シャフトにあわせブッシュ製作。
圧入しホーニング・クリアランス調整。




a0248662_830528.jpg
a0248662_831334.jpg
a0248662_8311389.jpg
a0248662_8312343.jpg

ボルトナットになっていた、ギアボックススタッドのねじ部はヘリサート加工し、スタッド化。

というわけでギアボックッス組み付け前の準備作業は終わりましたので、次回は組みつけのお話。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-03 08:54 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 04月 01日

1951TRIUMPH T100 タイミングギア

今日はちょっと前の話になりますが、HさんのトライアンフT100の作業内容まとめブログ。
タイミングギア周りのお話。



a0248662_846879.jpg
a0248662_8463038.jpg

ガタが多かったカムブッシュは抜き取り・計測。
ケース側ブッシュホール、カムシャフト径にあわせブッシュ製作します。



a0248662_8465710.jpg
a0248662_8471355.jpg
a0248662_8473473.jpg

まずはドライブ側カムブッシュ製作。
インテーク側のカムブッシュにはブリーザーバルブが入りますが、ここを詰め過ぎるとケース圧入後、ブッシュ内径が縮み、止まり穴であるため内径拡大が難しくブリーザーバルブの動きが悪くなります。予めブリーザーバルブ部分は広めで作っておきます。



a0248662_848429.jpg
a0248662_8482157.jpg
a0248662_8484262.jpg
a0248662_849369.jpg
a0248662_8492235.jpg

タイミング側ブッシュ製作。
トライアンフのカムシャフトのスラストはタイミング側カムブッシュの鍔の厚みで決まります。
製作後、カムシャフトにギアを圧入しスラスト量チェック・調整。




a0248662_8494240.jpg
a0248662_850820.jpg
a0248662_8502823.jpg
a0248662_8505054.jpg

ケースにカムブッシュ圧入し、両クランクケースを組んだ状態で、タイミング側ドライブ側ブッシュのラインだし・ラッピング。
ガタなくスルスル回るように。



a0248662_8511676.jpg
a0248662_8513538.jpg
a0248662_8515159.jpg

アイドラギアブッシュも製作しギアに圧入。
ホーニングしスピンドルに合わせクリアランス調整。


a0248662_8521296.jpg


ギアを組み付け、回りっぷりチェックし問題なし。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-01 09:07 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 03月 31日

1976FXE1200車体周り

Hさんのショベルヘッド
エンジン、ミッションをメインでの作業でありますが、車体周りも一部チェック。

a0248662_8354276.jpg



a0248662_8355671.jpg
a0248662_836683.jpg
a0248662_8363757.jpg


前後ホイールベアリング交換、シール交換、スラスト調整。


a0248662_8364877.jpg
a0248662_83755.jpg
a0248662_8371460.jpg
a0248662_8372433.jpg


スイングアームベアリング交換。


a0248662_8383244.jpg

a0248662_8384479.jpg


ブレーキ周りのチェック、Dスプロケットも交換。


a0248662_8385945.jpg
a0248662_839883.jpg


オイルタンクも清掃し取り付け。

a0248662_8392057.jpg

エンジン腰下、トランスミッションフレームに搭載。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-31 08:45 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 03月 23日

水曜日の授業風景

1976FXE1200

a0248662_23234752.jpg
a0248662_2324987.jpg
a0248662_23243269.jpg
a0248662_23245025.jpg

a0248662_23511578.jpg

a0248662_2325738.jpg

a0248662_23251664.jpg
a0248662_23252472.jpg


Hさんのショベルヘッド
ホーニング加工の外注加工から上がってシリンダー。ピストンリングのギャップ・クリアランスチェックし組みつけ。
今回ここで私自身反省することがありました。
今回使った社外のピストンは今までも何回も使ったピストンでトラブルは無かったのですが、このピストンはスカート下部の“逃げ”部分がありません。
組み付けるとフロントピストンとリアピストンが下死点時に両ピストンが接触してしまいます。
ハズレピストンを引いたという話ですが、組みつける前に気が付くことが出来ず反省です。
この仕事はよく観察し思考することが大事です。それを怠っていました・・・。
ともあれ、無かった“逃げ”部分を削り組み付け、無事干渉は無くなりました。









1985FXEF1340

a0248662_2326957.jpg
a0248662_23262421.jpg
a0248662_23263925.jpg
a0248662_23265663.jpg
a0248662_232765.jpg
a0248662_23271551.jpg



Tさんの4速エボ
ミッション・エンジン腰下をフレームに搭載しプライマリー回り組み付け。
以前つけていたオープンプライマリーのプーリーは中古の良品に交換。
エンジンスプロケットナットとクラッチハブはトルク管理し締め付け。
ベルトのラインを調整しつつ、ミッション固定。
クラッチケーブルの長さ調整し取り付け、クラッチ調整。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-23 23:58 | その他 | Comments(0)