人気ブログランキング |

Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:パンヘッド ( 114 ) タグの人気記事


2019年 09月 18日

土曜日・日曜日の授業風景



1977FLH1200


a0248662_08521390.jpg
a0248662_08465026.jpg
a0248662_08470303.jpg
a0248662_08470878.jpg
a0248662_08471551.jpg
a0248662_08472404.jpg
a0248662_08473044.jpg
a0248662_08473776.jpg
K君のショベルヘッド
いつも使っているカムカバーガスケットから高級ガスケットに変更。そのため、カムギア・ブリーザーギアのエンドプレイ調整し直し。
前回組んだオイルポンプのオイル流れっぷりチェック。
カムギアは最大サイズ、ピニオンギアは最小サイズの組み合わせ(カラーコードイエロー)でこれ以上クリアランスを出せないピニオンギア&カムギアはギアバッククラッシュが少なすぎる感じ。
すり合わせしバッククラッシュチェック。
クランクスプロケットシャフトベアリングシール取り付け。
ボーリング済みのリングギャップ・クリアランスチェック。オイルリング圧力チェック。
エンジン・トランスミッション持込のK君、すでにヘッド、トランスミッションは完成していまして、あとは自宅で自身で組み付け作業となりますんで、ここで卒業となります。
分離すべり症という爆弾を腰に抱えた状態で、バイクをOHしている場合じゃないのに、やりきってくれました。ありがとう!
手術の成功をいのっています。
お疲れ様でした。


















1976FXE1200



a0248662_08474372.jpg
Hさんのショベルヘッド
を卒業生S君が行っている状態。
エンジン始動を済ませ、試乗手直しです。
S君もそろそろ卒業で、次の挑戦が待っています。











1972XLH1000


a0248662_08481769.jpg

a0248662_08482390.jpg

a0248662_08483235.jpg
a0248662_08483735.jpg
a0248662_08484413.jpg
a0248662_08485081.jpg
a0248662_08490664.jpg
a0248662_08491296.jpg
Oさんのアイアンスポーツ
キックラチェットギアブッシュは単品製作し圧入・クリアランス調整。
忘れていたカムカバー#2カム部のシール受け部分ガバガバ問題。次回、スリーブ製作。
エンジン腰したはフレームに搭載、プライマリー周り組み付け作業。














1949FL1200

a0248662_08493234.jpg
a0248662_08493766.jpg
a0248662_08494240.jpg
a0248662_08495090.jpg
a0248662_08495682.jpg
a0248662_08500441.jpg
a0248662_08500992.jpg
a0248662_08501547.jpg
Oさんのパンヘッド
クランクバランスチェック。
フライホイール自体は左右ともにバランスがまぁまぁとれている状態。
がバランスファクターを考えるとパーセンテージが随分と低い状態だ。
純正のパーセンテージにしようとすると随分と穴を開けることになります。
付いている社外製のS&Sコンロッドとクランクピンとの重量バランスの問題もあるらしい。
もうちょっと悩んでみます。












1948 INDIAN CHIEF

a0248662_08502634.jpg
a0248662_08503972.jpg
a0248662_08504653.jpg
a0248662_08505554.jpg
a0248662_08510597.jpg


Tさんのインディアン
フレームに圧入されているキックスターターのピボットシャフトはフレームを結構暖め抜き取り。
Rスプロケットも随分減っていましたのでリベットもみ分解。
ホイール周りのチェック作業、分解作業へ。




















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-09-18 08:24 | その他 | Comments(0)
2019年 09月 09日

土曜日・日曜日の授業風景


1958 VELOCETTE VENOM


a0248662_08421187.jpg
a0248662_08421874.jpg
a0248662_08422557.jpg
a0248662_08423138.jpg
a0248662_08423924.jpg
a0248662_08424450.jpg
a0248662_08425098.jpg
a0248662_08425652.jpg
a0248662_08430259.jpg

Iさんのベロセット
まずはプライマリー組み付け。
戦後のベロセットはクラッチスプリングの圧力でスリーブギアナットのはじめの引っ掛かりが厳しい。
専用のスリーブギアナットレンチは売っていますがこれはやり辛い。
ラチェットが使えるものを専用で作ってあります。また、クラッチの隙間調整でもあるスプリングホルダーの回し工具も作ってあります。
一旦プライマリーはここまでで、クラッチケーブル、ブレーキケーブル交換。
売られているケーブルASSYでありますが、もちろんすんなり付かず、クラッチケーブルはアウターケーブルエンドの口金を加工し取り付け。
そろそろ内燃機屋さんからシリンダーが上がってくると嬉しい。
















1977FXE1200

a0248662_08432978.jpg
a0248662_08433614.jpg
a0248662_08434264.jpg
a0248662_08434887.jpg
a0248662_08435477.jpg
a0248662_08435909.jpg
a0248662_08440521.jpg
a0248662_08441151.jpg

T君のショベルヘッド
T/Mカウンターの2速ギアのスラストワッシャーは製作したエンドプレイ調整。
また、3.4速ギアのエンドプレイもワッシャー研磨し調整。
で、ケースのねじ修正ごと。
以前にヘリサートされているドレンボルトは斜めに切ってありますので、溶接&アルミロウで穴埋め後、新たにねじ穴使います。
T/Mメインシャフト・カウンターシャフトの作業終わり。シフト周りはカバーにクラックありで処理が必要。またキックカバーも交換予定。
というわけでヘッド側の作業に。
徹底カーボン除去したヘッドのガイド抜き取り作業。















1972XLH1000

a0248662_08444354.jpg
a0248662_08444890.jpg
a0248662_08445532.jpg
a0248662_08450047.jpg
a0248662_08450687.jpg
a0248662_08451271.jpg


a0248662_08452529.jpg
a0248662_08453170.jpg
a0248662_08453637.jpg
a0248662_08454211.jpg
a0248662_08454773.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
前回オイルポンプの組みつけが終わり、今日はオイルポンプの作動チェックから。
ブリーザーギアタイミングあわせ組み付け、オイルを流しチェック。問題なしにヘッドに来ています。
製作したドレンボルト取り付け、キック周りへ。
キックシャフトのラインは問題なし。キックラチェットギアのあたりっぷりもまぁまぁ。
ブッシュはガタありで交換します。
ハウジング付け作動チェック。スペーシングも問題なし。取り付けづらいメインシャフトシール取り付け、タペット周りへ。
状態がよかったタペット仮組みしてチェック。問題なし。
そろそろエンジン搭載だ。
















1949FL1200


a0248662_08460929.jpg
a0248662_08461792.jpg
a0248662_08463784.jpg
a0248662_08464222.jpg
a0248662_08464802.jpg
a0248662_08465307.jpg
a0248662_08470153.jpg
a0248662_08473388.jpg
a0248662_08474001.jpg
Oさんのパンヘッド
S&Sのコンロッドが純正のものと比べR側幅が0.3mm程度厚く、コンロッドスラストが詰まってしまう問題。
また、側面面幅もあり、コンロッドワッシャー直径よりも大きいため、コンロッドワッシャーの厚みをアンダーにしても、フライホイール側に干渉してしまう。
まずは平面研磨機で側面研磨し純正と同じ程度に。C面加工し面幅も調整。
コンロッドワッシャーの厚みはフライホイール面と面一程度。
の状態でコンロッドのスラスト0.3mm。これで芯出しして縮まなければ良いのだが。
コンロッドワッシャー問題はこれで良し。バランスチェック、重量計測へ。









1948WL750


a0248662_09295753.jpg
MさんのWL
左側フットペダルマウント製作、またフットクラッチミッド化、クラッチケーブル調整。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-09-09 09:32 | その他 | Comments(0)
2019年 09月 03日

土・日曜日の授業風景


1948 INDIAN CHIEF


a0248662_09134019.jpg
a0248662_09140231.jpg
a0248662_09141089.jpg
a0248662_09141852.jpg
a0248662_09142575.jpg
a0248662_09143537.jpg
Tさんのインディアンはフレーム周り
リアブレーキペダルのピボット部はカラー的なブッシュが入りボルト留め。
ガタガタでありますので、ペダルピボット部ボーリング、ブッシュ製作します。
キックシャフトも同じくガタガタ。インディアンさんはフレーム側に圧入、ボルト位置決めされているシャフトにオーバーサイズがあるようなので、このシャフトをフレームから抜きたいのでありますが、抜けず。。。次回対策を講じるのであります。
また、サイドスタンドもガタガタ。でフレームにマウントされているプレートにクラックアリ。軸穴が楕円になっているプレートでありますので、パーツが出るのであれば交換します。













1938 VELOCETTE MAC

a0248662_09150573.jpg
a0248662_09151309.jpg
a0248662_09152144.jpg
a0248662_09152916.jpg

トリニティー卒業生のSさんのトライアンフ
新たに取り付けたルーカス手動進角のマグネトーでありますが、進角レバーが非常に重く厳しいということで持ち込み。
問題はスリップリングの固着などではなくリターンスプリングが強すぎるというもの。
スプリングを変え解消。












1972XLH1000

a0248662_09155559.jpg
a0248662_09162015.jpg
a0248662_09161153.jpg
a0248662_09163287.jpg
a0248662_09164281.jpg
a0248662_09165134.jpg
a0248662_09205143.jpg
a0248662_09170277.jpg
a0248662_09213654.jpg
Oさんのアイアンスポーツ
オイルポンプ組み付け。
まずは仮組みして回りっぷりチェックし問題無し。
が、本組みでシャフトのシークリップを入れるとシャフトが定位置され、エンドプレートと鑑賞。プレート部のシャフトの逃げ部分を掘り解消。
トルク管理し本組み、まわるっぷり良い感じ。
以前に仮組み調整済みのギアボックス取り付け。
次回キック周り仮組み&タイミングギア周り本組み。









1949FL1200
a0248662_09172728.jpg
a0248662_09173741.jpg
a0248662_09174986.jpg
a0248662_09175894.jpg
a0248662_09180846.jpg
a0248662_09181874.jpg
a0248662_09182853.jpg
Oさんのパンヘッド
サイドスラストがギリギリで尚且つ抜けかかっていたコンロッドワッシャーは単品製作。
Oさん自ら製作し良い出来であります。
が、もともとついていたS&S製コンロッド、R側の幅は純正のものより広く、また側面は少々広く、ワッシャーだけではなく、フライホイール自体に干渉があります。コンロッドの加工必要と思われます。
そのあたりのお話はまた次回。
















1976FXE1200
a0248662_09184542.jpg
a0248662_09185534.jpg
a0248662_01294530.jpg
a0248662_01295253.jpg
a0248662_01295925.jpg
a0248662_01300547.jpg

Hさんのショベルヘッド
シール交換、エア抜きを終えたFブレーキは、マウントプレートのブッシュのガタが多く手直しが必要。
純正メーターマウントのカラーは現物単品製作。また、リアブレーキマスターシリンダーマウントカラーも適当なものがついていましたので、製作し取り付け。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-09-03 01:52 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 27日

日曜日の授業風景






1949FL1200


a0248662_09040593.jpg
a0248662_09032280.jpg
a0248662_09033168.jpg
a0248662_09041395.jpg
a0248662_09042132.jpg
a0248662_09043074.jpg
a0248662_09044423.jpg
a0248662_09045517.jpg
a0248662_09050233.jpg
a0248662_09051136.jpg
a0248662_09052010.jpg
a0248662_09052891.jpg

Oさんのパンヘッド
前回フロントコンロッドビッグエンドベアリングレースラッピングしローラー選択したところで終わり。
今回はリアコンロッドから。
レースラッピングしレース真円加工、また微妙に左右レース径が違ったので調整。
ローラー選択しクリアランス調整、ガタッっぷり調整しO.K
仮組みしてコンロッドのスラスト量チェック。
現状で0.2mmと小さめ。芯だしをしていくと縮んでいく恐れありでワッシャー交換します。
ついでに光明丹でテーパーの効きっぷりチェック。
詰まり気味であったため、ワシャー抜き取りスラストチェック。
ワッシャー圧入部の凹部計測しワッシャーのサイズ選定。
また、タイミングギア周りのブッシュを製作するべく、計測、簡単な図面書き作業。



















1972XLH1000

a0248662_09055044.jpg
a0248662_09083444.jpg
a0248662_09084174.jpg
a0248662_09085626.jpg
a0248662_09090442.jpg



a0248662_09121592.jpg
a0248662_09123067.jpg
a0248662_09123841.jpg


Oさんのアイアンスポーツ
もともとロングフォークだったため加工されていたサイドスタンドは新品に交換。
ピボット部のガタも問題なし。
リアサスペンションも新品に交換。
エンジン周りの作業へ。
前回クランクケースドッキングまで済ましてありまして、改めてカムカバー取り付け、回りっぷりチェック。また、ピニオンシャフトの振れっぷりチェック。
状態が良く交換していないピニオンブッシュは一部渋いところがありましたので、軽く擦り合せ。
オイルポンプの組付けへ。











1948INDIAN CHEIF

a0248662_09140909.jpg
a0248662_09142565.jpg
a0248662_09143469.jpg
a0248662_09144208.jpg
a0248662_09145295.jpg
a0248662_09145919.jpg

Tさんのインディアン
車体フロント周り、ガーターフォークの分解作業&考察。
英車のガーターは触った事ありますが、アメ車ははじめて。
やはり、1200ccのガーターフォークになるとゴツイです。
















1976FXE1200

a0248662_09153788.jpg




Hさんのショベルヘッド
点火時期調整、リアブレーキのエア抜き調整、エンジンオイル回しを終えエンジン始動。
初めて取り扱う、デロルトのためか始動に苦戦。






















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







by sgf1906 | 2019-08-27 09:17 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 19日

日曜日の授業風景




1972XLH1000

a0248662_09021507.jpg
a0248662_09024512.jpg

a0248662_09025501.jpg
a0248662_09030675.jpg
a0248662_09031418.jpg
a0248662_09032221.jpg
a0248662_09032984.jpg
a0248662_09034356.jpg
a0248662_09035188.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
苦戦したクランクの芯出し。Tサイドは0.05mm閉じ方向、Dサイドは0.05mm開き方向に癖がついていたクランクを矯正していくのだが、矯正していくとコンロッドのスラストがなくなり、またばらしコンロッドワッシャー研磨。。。
これを何回か繰り返すが、どうにもならなくなり、コンロッドワッシャーは厚み1.5mmのワッシャーをつくりやり直し。改め芯だし。
今回はやはり手ごわいクランクで、Dサイド0.015mm、Tサイド0.015mmの振れっぷり。ここまでしか詰められませんでした。
これでクランクは本組みで、クランクピンナットにはロックタイト、位置決めしてロックタブ。
調整済みのスプロケットベアリング圧入し、ピニオンベアリングも選定済みクランクケース仮組み、回りっぷりチェックし問題なし。
調整済みのタイミングギア周りも組み付け、回りっぷりチェック。もちろんシングルカムのBTと比べると少々重いが回りっぷり問題なし。
















1949FL1200

a0248662_09083373.jpg
a0248662_09084310.jpg
a0248662_09085048.jpg
a0248662_09085973.jpg
a0248662_09090860.jpg
a0248662_09091621.jpg
a0248662_09092583.jpg
a0248662_09093537.jpg
a0248662_09094530.jpg
a0248662_09095330.jpg
a0248662_09100293.jpg
a0248662_09101223.jpg
a0248662_09102606.jpg
a0248662_09103486.jpg

Oさんのパンヘッド
少々渋みが残ったF.INのロッカーアームをすり合わせし、熱をかけ作動チェックし問題なし。
ロッカーナットを新しくロッカー周り本組み。
ロッカーカバーのガスケット選択。
SETについていたガスケットの厚みは0.8mmと1.5mmカバーパットをつけた状態で1mm~2mm程度浮いた状態が良いでしょう。
が、1.5mmだと浮かず0.8mmだと1mm程度浮きますが、Dリング無しなのでパンカバーが歪みます。
次回、ダミーDリングで締め付けてみます。
話は変わりコンロッドの作業。
S&S製に変えられていたコンロッドはもともとビッグエンド部詰まりすぎでありました。
スモールエンドブッシュは交換しリーマー加工ホーニングしクリアランス調整。
ビッグエンド部ラッピングし0.02mm楕円だったレースを真円に適正クリアランスになるよう、ローラー選択し仮組みして、小端部の振れっぷりチェック。問題なくO.K


















1948 INDIAN CHIEF

a0248662_09113904.jpg
a0248662_09114834.jpg
a0248662_09115741.jpg
a0248662_09120623.jpg
a0248662_09121752.jpg
a0248662_09122555.jpg





Tさんのインディアンは車体周りの分解作業。
リアフェンダーは問題なく、フロントフェンダーはタイヤははずしてから取りますが、やはり被りが深いエスカルゴフェンダー、苦戦しました。ホイール周りまで分解しここまで。
色々と見るところがいっぱいです。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-08-19 09:36 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 14日

月曜日・火曜日の授業風景



1937EL1000

a0248662_08473042.jpg

a0248662_08474848.jpg
a0248662_08481895.jpg
a0248662_08482908.jpg


a0248662_08484088.jpg

Wさんのナックルヘッド
Rエンジンマウント(フロントミッションマウント)位置に問題があるフレーム。
リアブレーキのクロスシャフトチューブ周りはなんやかんやとなんとか修正。仮にエンジンとミッションを搭載しチェック。
現時点でエンジンマウントの一本のボルトが入らず。。。また、エンジンとミッションのチェーンランが出ていないようだ。
ミッションとフレームのマウントも大分隙間が出来、隙間が均一では無い。
次回、リアチェーン周りも含め、プライマリー周りも仮組してチャックし加工が必要だ。




















1949FL1200



a0248662_08490194.jpg
a0248662_08491366.jpg
a0248662_08492121.jpg
a0248662_08492885.jpg
a0248662_08493601.jpg
a0248662_08494618.jpg
Hさんのパンヘッド
縦方向でのガタが多かったロッカーアームブッシュはブッシュ面面研し縦方向のクリアランス調整し擦り合わせし組み付け。
4本とも終わり仮組み。ロッカーとバルブとのあたり位置もよさそうだ。また、このあたりはプッシュロッド仮組みして作動角でのチェックをする。
バルブガイドとバルブまた、ロッカーアームの温感時での作動をチェックするため、暖め。
F/INロッカーは作動が渋くなったので次回もう一回擦り合わせ。

















1948 INDIAN CHIEF

a0248662_08500260.jpg

Tさんのインディアン
エンジンミッションの分解・計測作業が終わったので、注文するパーツだし。
パーツだし終了後、フレーム・車体周りの清掃作業。
















COTTON/TRIUMPH


a0248662_08530745.jpg
a0248662_08531613.jpg
a0248662_08532535.jpg
a0248662_08533288.jpg
a0248662_08534090.jpg
a0248662_08534756.jpg

Kさんのトライアンフコットン
Rホイールはもともと付いていたトラ用のホイールハブから違うものを使うため、アクスルシャフトは製作します。
その15パイのSCM材をリアホイールに入れるとベアリングの動きが悪い。
スプロケットダンパー側のベアリング位置(与圧のかけっぷり)が悪くベアリングの動きが悪かったようで、組みなおし調整。
スペーサーハブのセンターを出し製作。実験的スペーサーのため外注さんに頼むことに。
また、リアチェーンアジャスイターも製作。スイングアームピボットシャフト(曲がっている)も製作が必要だ・・・。











1946WR750

a0248662_08501725.jpg
a0248662_08503109.jpg
a0248662_08504002.jpg
a0248662_08510763.jpg
a0248662_08511622.jpg
a0248662_08512674.jpg

MさんのWR
キャブレーターを取り付け、平行を出した上でマニホールド仮組みして、洗剤付け2次エア漏れチェック。
一部漏れがありましたので、液体ガスケット力をかり取り付け。
もともとキャブマウント、インシュレーターが付いていませんでしたが、今回は取り付けます。
フレームにエンジン搭載しプライマリーまわり取付け。
此方ももともとついていなかった、インナープライマリーを取り付けると、クラッチハブと干渉。
次回このあたりの板金作業です。















1979FLH1340
a0248662_08513945.jpg
a0248662_08514779.jpg
a0248662_08515458.jpg
a0248662_08520286.jpg
a0248662_08521000.jpg


Iさんのショベルヘッド
フレームネック周り分解・配線周りすべて取り外し、丸裸に。
分解した外装パーツたちの清掃作業。















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純











by sgf1906 | 2019-08-14 09:33 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 12日

日曜日の授業風景


1949FL1200


a0248662_09045179.jpg
a0248662_09050066.jpg
a0248662_09050825.jpg
a0248662_09051627.jpg
a0248662_09052337.jpg
a0248662_09053181.jpg
a0248662_09053837.jpg
a0248662_09054687.jpg


Oさんのパンヘッド
面倒なパンのロッカーアーム周り、4本ともすべてそれなりにガタがあったロッカーアームのクリアランス調整。
ロッカーアームシャフト自体は状態良くそのまま使いますが、ロッカーアームブッシュは加工します。
ヘッドに規定トルクで取り付け、現状チェック。
縦方向の広がりは、ロッカーブッシュ面を研磨しクリアランス調整。
横方向・斜め方向はバルブ側、・プッシュロッド側でロッカーへの力がかかる位置が違うので、偏磨耗しています。
まずロッカーブッシュ面面研し、縦方向のクリアランス調整し、縮んでしまった横方向の部分だけ研磨しなるべく真円になるように研磨します。
また、面研する際に外すダウエルピンは取付け時チャンと嵌まるものをつけないと寸法が狂うので面倒です。
オイルを付けロッカーアームが自重で落ちない程度で組みつけ、ヘッドが暖まったときの作動チェックします。
















1972XLH1000

a0248662_09060972.jpg
a0248662_09061895.jpg
a0248662_09062653.jpg
a0248662_09063503.jpg
a0248662_09064335.jpg
a0248662_09065122.jpg



Oさんのアイアンスポーツはローリングシャシー化
もともと付いていたサイドスタンドは、以前のロングフォーク化に伴い曲げ加工あり、またピボット部もガタが多いため新品に交換。
両ホイールのタイヤ装着。
車体に取り付け、チェックしフロントホイールはもう少しローダウン化することに。
改めてフロントフォーク取り外し、ダンパースプリングを増やし、フォーク取り付け。長さは良い感じです。

















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純










by sgf1906 | 2019-08-12 09:25 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 04日

土曜日の授業風景


1949FL1200


a0248662_00004223.jpg
a0248662_00005417.jpg
a0248662_00010809.jpg
a0248662_00012218.jpg
a0248662_00013259.jpg
a0248662_00014143.jpg
a0248662_00014843.jpg
a0248662_00015411.jpg
a0248662_00020886.jpg
a0248662_00022772.jpg
a0248662_00023897.jpg
a0248662_00024741.jpg

Oさんのパンヘッド
最後の一個フロントシリンダーヘッドのEXバルブシートカット&擦り合わせ。
灯油漏れチェックしO.K
バルブ仮組みしてバルブスプリング取り付け長計測。
計測した取り付け長時のバルブスプリング圧計測。
少々ガタがあったロッカーアームメタルは面研磨して上下方向のガタを無くす。
















1958 VELOCETTE VENOM


a0248662_00042658.jpg
a0248662_00031332.jpg
a0248662_00032111.jpg
a0248662_00032616.jpg
a0248662_00035563.jpg
a0248662_00040833.jpg
a0248662_00041596.jpg
a0248662_00042008.jpg

Iさんのベロセット
プライマリー側の作業へ。
インナープライマリーガスケット・インナープライマリカバー・カバーマウント用の段付きスクリューを付けギアボックッスがちゃんと動くかチェック。
クラッチチェーンホイールのフリクッションインサートを取り付け。
このインサート取り付けた後、面が出るのであろうか?
















1976FXE1200

a0248662_00044061.jpg
a0248662_00044626.jpg
a0248662_00045454.jpg
a0248662_00050095.jpg
a0248662_00050658.jpg
a0248662_00052072.jpg


Hさんのショベルヘッド
リアブレーキホース取り付け。
マスターシリンダーはリビルドキットを使いOH、リアブレーキホースは長さをあわせ、単品製作。
仮でエキパイ取り付け干渉しないようにオイルホース取り付け。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


















by sgf1906 | 2019-08-04 08:25 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 21日

土曜日の授業風景



1949FL1200


a0248662_08511541.jpg
a0248662_08512807.jpg
a0248662_08513783.jpg
a0248662_08520023.jpg
a0248662_08521257.jpg
a0248662_08522548.jpg

Oさんのパンヘッドは前回に引き続きバルブシートカット
IN側は45度面が随分広がっており、EX側は変磨耗していましたので、苦戦しつつ良い仕上がりに。














1980FLH1340

a0248662_08524089.jpg
a0248662_08525150.jpg
a0248662_08530470.jpg

熊本のK君は5日間連続
左右フライホイールの現状釣り合いウェイトをだし、バランスファクターチェック。
62%でよい感じ。
左右フライホイールの釣り合いウエイトの差が140グラム程度ありますので、左右バランスあわせ。
磁石をつけ合うところを探します。












1977FXE1200


a0248662_08543815.jpg
a0248662_08544784.jpg
a0248662_08545354.jpg


Tくんのショベルヘッド
エンジン分解後、徹底清掃。
螺子講習を含め、エンジン周りのボルト&螺子部に修正作業。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純









by sgf1906 | 2019-07-21 09:10 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 16日

日曜日の授業風景








1949FL1200


a0248662_08394285.jpg
a0248662_08401453.jpg
a0248662_08410545.jpg

Oさんのパンヘッド
バルブガイドの打ち変え、リーマー加工が終わりバルブシートカット。
純正銅合金系バルブシートで大分段べりしている。
















1948 INDIAN CHIFE

a0248662_08415343.jpg

a0248662_08423455.jpg
a0248662_08430834.jpg
a0248662_08435436.jpg
a0248662_08444857.jpg
a0248662_08453911.jpg
a0248662_08461657.jpg

Tさんのインディアンはエンジン腰下分解作業。
構造チェックしつつ、清掃しつつの分解作業。

















1958 VELOCETTE VENOM


a0248662_08474015.jpg

Iさんのベロセット
フレームにエンジン搭載。
画像は取り忘れましたが、ギアボックスマウントのピボットボルトのナットが固着緩まず、破壊し取りました。
















1948WL750


a0248662_08474609.jpg

MさんのWL
オイル落ち問題も解消し、試乗。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-07-16 09:03 | その他 | Comments(0)