人気ブログランキング |

Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:パンヘッド ( 103 ) タグの人気記事


2019年 06月 18日

日曜日の授業風景





1949FL1200


a0248662_08260088.jpg
a0248662_08260951.jpg
a0248662_08261837.jpg
a0248662_08263415.jpg
a0248662_08265689.jpg
a0248662_08272468.jpg
a0248662_08274309.jpg
a0248662_08275601.jpg
a0248662_08283016.jpg

Oさんのパンヘッド
前回T/Mシフターフォーク位置あわせまで終わっていましたので、仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
オイルシール、ガスケット付け本組み。
ケース周りのチェックへ
溶接されていたクランクケースは歪みが出ていまして、下側で左右隙間が0.1mm程度あります。
こいつは内年燃機屋さんでの面研作業が必要です。
溶接部のリークチェックし問題なし。
タイミングサイドベアリングレースはだいぶ広がっています。MAXサイズのローラーを入れクリアランス0.04mm。
左右クランクシャフトベアリングレースのラインだしラッピングをするとだいぶ広がると思われます。
ベアリングレースの交換が必要です。
バルブガイドはガタがでていましたので、ガイド交換。
ガイド抜くにあたり、燃焼室、ガイド付近のカーボンを剥離材&重曹ブラストを使い徹底清掃。













1972XLH1000

a0248662_08285361.jpg
a0248662_08285818.jpg
a0248662_08290962.jpg
a0248662_08292260.jpg
a0248662_08293470.jpg
a0248662_08294478.jpg
a0248662_08295204.jpg
a0248662_08300473.jpg
a0248662_08301080.jpg
Oさんのアイアンスポーツ
もともとのインナーチューブより太めに作られていた新品アウターチューブ。
フォークブラケットへの入りが悪く内径拡大。
フロントフォーク取り付け、フォークの平行チェック。
スイングアームベアリング新品に交換。ベアリングレース圧入シベアリングセット。
フレームに取り付け、ベアリング与圧調整し取り付け。










1977FXE1200

a0248662_08302806.jpg
a0248662_08303389.jpg
a0248662_08304427.jpg
a0248662_08305389.jpg
a0248662_08310702.jpg

新入生T君のショベルヘッド
プライマリー周り分解&清掃オイルタンク、バッテリーケース周り分解。
この後ギアボックスまで降ろしました。











1985FXEF1340

a0248662_08312300.jpg
Tさんは4速エボ持込で軽整備。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純














by sgf1906 | 2019-06-18 08:58 | その他 | Comments(0)
2019年 06月 09日

土曜日の授業風景




1949FL1200


a0248662_08561875.jpg
a0248662_08562664.jpg
a0248662_08564430.jpg
a0248662_08565360.jpg
a0248662_08570148.jpg
a0248662_08571296.jpg
a0248662_08572069.jpg
a0248662_08572705.jpg
a0248662_08573531.jpg
a0248662_08574672.jpg
a0248662_08575363.jpg
a0248662_08580122.jpg
a0248662_08581094.jpg
a0248662_08581838.jpg
a0248662_08583299.jpg
a0248662_08584157.jpg
a0248662_08584803.jpg

Oさんのパンヘッド
ご自分で単品製作したキックシャフトブッシュは圧入後ラッピングしクリアランス調整。
研磨したキックシャフトは根元部が少々太いため現物あわせラッピングしガタなくスルスル回るように。
仮組みしエンドプレイチェック。
同じくご自分で製作したメインシャフト3rdギアブッシュはクリアランス調整済み。
エンドプレイチェックじ問題なし。
カウンターシャフトは1st、2ndギアブッシュ交換、シャフト交換、ベアリング選択済み。
3&4速ギアのエンドプレイチェックし問題なし。
ギア周り組み付け、メインシャフト、カウンターシャフト組みつけ。
キック周り組み付け、作動チェックし問題なし。
シフト周りへ。
シフトチェンジシャフトブッシュも交換、クリアランス調整済み。
ギア位置を合わせ、シフタードラム周り組みつけ。
シフターフォークも組み付け、シフターフォーク位置調整。
いつものことながら、1st&2ndのシフト位置はシム調整し組み付け。
次回、ガスケット、シール周り取り付け本組み。
















1977FXE1200


a0248662_09024976.jpg
a0248662_09030988.jpg
a0248662_09031519.jpg
a0248662_09032078.jpg
a0248662_09033193.jpg
a0248662_09033911.jpg
a0248662_09034498.jpg
a0248662_09035034.jpg
a0248662_09035799.jpg
a0248662_09040157.jpg


今日から事業開始の新入生。栃木F君。
スクール入学のためにご自分で仕入れたショベルFXE分解作業開始。
キャブは少々面倒なベンちゃん
エンジン腰上周りまで分解。
ピストンはうちではあまり使わないS&S製 .020”o.s ピストンシリンダーは状態悪くなさそう。
また、コンロッドスモールエンド部の振れも悪くない。ビッグエンド部のクリアランスもそこまで広がって無さそうだ。
ロッカー周りの分解作業が始まり、今日はここまで。
















1970 TRIUMPH T120

a0248662_09042668.jpg
a0248662_09043287.jpg
BSA A65卒業生のNさんは最近トライアンフを手に入れ持込。
一旦、エンジンがかかる状態、走れる状態まで整備する予定。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-06-09 09:27 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 22日

日曜日の授業風景


1972XLH1000

a0248662_08530749.jpg
a0248662_08531310.jpg
a0248662_08532669.jpg
a0248662_08534432.jpg
a0248662_08534924.jpg
a0248662_08535563.jpg
a0248662_08540146.jpg
a0248662_08540575.jpg
a0248662_08541100.jpg


Oさんのアイアンスポーツ
クランクバランスどり
左右クランクの釣り合いウエイト重量は近い数値で微調整の感じでバランスどり。
クランクピン、スプロケット、ピニオンシャフトのテーパーチェックしフライホイール組み付け。
左右フライホイールの垂直チェックし次回クランク芯だし。












INDIAN CHIEF
a0248662_08550368.jpg
a0248662_08551070.jpg
a0248662_08561673.jpg
a0248662_08562194.jpg
a0248662_08562738.jpg


Tさんのご自身で仕入れたインディアンチーフ
まずはオイルをまわしエンジンをかけてみようとしたものの、火花飛ばず、オーバーフローあり、デストリビューター固着と断念。
まずはキャブレーター分解・チェック。












1949FL1200
a0248662_08571786.jpg
a0248662_08572304.jpg
a0248662_08572839.jpg
a0248662_08573463.jpg

Oさんのパンヘッド
今回もブッシュ製作。
T/Mメインシャフト3rdギアブッシュとシフトチェンジシャフトブッシュ単品製作。








1976FXE1200

a0248662_08580432.jpg
a0248662_08581059.jpg
a0248662_08582411.jpg
a0248662_08594090.jpg
a0248662_08594777.jpg


Hさんのショベルヘッド
ミッションマウントプレートマウント部の螺子部はなめてねじ山が無くなっていましたので、垂直冶具をつくりヘリサート加工。
T/M組み付けチェーンラインチェック
リアホイールのオフセットはずいぶんズレているので調整が必要。
フロントブレーキケーブル単品製作。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2019-05-22 09:16 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 29日

日曜日の授業風景



1976FXE1200


a0248662_08461847.jpg
a0248662_08462544.jpg
a0248662_08462976.jpg





Hさんのショベルヘッド
クランクのバランスとり、タイミングギア周りのチェックが終わり、クランク組み付け、クランク芯出し。
フライホイールのテーパー部チェックしクランクシャフトの振れ取り。











1972XLH1000
a0248662_08501847.jpg
a0248662_08502484.jpg
a0248662_08502845.jpg
a0248662_08503312.jpg
a0248662_08503951.jpg
a0248662_08504379.jpg
a0248662_08504718.jpg

Oさんのアイアンスポーツ

バルブシートカット、バルブスプリング取り付け長合わせが終わり、ヘッド周り本組み、ヘッドのお化粧なおし。
単品製作したコンロッドワッシャー取り付け、仮組み。
計算と違いスラストが少なくなったため、ワッシャー研磨。










1949FL1200


a0248662_08511739.jpg
a0248662_08520934.jpg
a0248662_08512270.jpg
a0248662_08512700.jpg
a0248662_08513283.jpg
a0248662_08513672.jpg


パンヘッドのOさん
前回に引き続き旋盤講習。
前回研磨したキックシャフト寸法に合わせキックシャフトブッシュ単品製作しカバーに圧入。
また、研磨修正したメインシャフトに合わせキックラチェットギアブッシュ製作。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純









by sgf1906 | 2019-04-29 09:05 | その他 | Comments(0)
2019年 04月 07日

土曜日の授業風景



1976FXE1200

a0248662_00054702.jpg
a0248662_00133472.jpg
a0248662_00134706.jpg
a0248662_00134111.jpg
a0248662_00063158.jpg
a0248662_00061448.jpg
a0248662_00062232.jpg
a0248662_00063959.jpg
a0248662_00064955.jpg
a0248662_00065712.jpg
a0248662_00070663.jpg
a0248662_00071212.jpg

Hさんのショベルヘッド
もともと付いていたオイルポンプはボディー内壁に深い傷があり、使い物ならず。80年以降の良品ポンプボディーを手に入れ交換。
リリーフバルブの圧抜き穴をケース側に加工。
チェックバルブの当たりっぷりチェック、ギアのでっぷりチェックし仮組み、回りっぷりチェックし問題なし。
スプロケットシャフトベアリングのエンドプレイチェックし、ベアリング圧入、クランクケース組み付け。













1949FL1200


a0248662_00085000.jpg
a0248662_00162155.jpg
a0248662_00090371.jpg
a0248662_00090899.jpg
a0248662_00091911.jpg
a0248662_00092783.jpg
a0248662_00093677.jpg
a0248662_00094295.jpg
a0248662_00094790.jpg
a0248662_00095452.jpg
a0248662_00095993.jpg
a0248662_00100411.jpg
a0248662_00101011.jpg
a0248662_00101543.jpg


OさんのパンヘッドはT/M分解&清掃し計測作業。
メインドライブギアブッシュは減り多く、ブッシュ交換、抜き取り。
メインドライブギアベアリングレースも減り多くレースを交換することに。
ベアイリングレース抜き取りケース側計測。楕円ないもののO.Sベアリングレースが必要だ。
メインシャフト3rdギアブッシュも交換が必要で抜き取り。
カウンターシャフト周りは、シャフトは交換が必要。
キックシャフトは大分磨耗が酷い、ラチェットギアブッシュもガタ酷く交換が必要。
社外と思われるラチェットギアのあたりっぷりチェックし問題なし。


















TRIUMPH/COTTON



a0248662_00104326.jpg
a0248662_00104836.jpg
a0248662_00110529.jpg
a0248662_00111059.jpg
a0248662_00112455.jpg
a0248662_00114164.jpg
a0248662_00114750.jpg
a0248662_00115381.jpg
a0248662_00115864.jpg
Kさんのトライアンフ/コットン
前回後輪のリム組みを終えたところで、今回はフロント側。
もともと付いていたリムは曲がりが酷かったようで、Kさんが中古リムを入手済み。
が元々付いていたスポークは#9スポークでリムのスポーク穴には#9スポーク用のニップルが入らず・・・。#9スポークより小さい#10スポーク用のニップルであれば入りますが、ハブには#10スポークでは合わず。
リム側スポーク穴を拡大しリム組み。
でホイール周りのベアリング組み付け。
資料が少ないこのホイール。もともと付いていたディスタンスカラーが使えなかったり、ドラムプレートのマウントカラーなどがなかったりと、色々なものを製作しないと厳しいでしょう。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-04-07 08:13 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 24日

土曜日の授業風景



1946WR750


a0248662_08125496.jpg
a0248662_08130254.jpg
a0248662_08130763.jpg
a0248662_08131381.jpg


MさんのWR
クランク芯だし。
クランクの芯を出しつつ、クランクピンナットを締めていき、最終的に適正トルクに締め切ったところで芯が出るように。
クランクピンナットを締め切ったところで、ロックタブのボルト穴位置をだし、ナットにロックタイトをつけ仕上げ。
このロックタブの位置を出すのが、面倒で微妙に芯ずれを起こすのだが、微調整しドライブ側ほぼ0、タイミング側0.01mmの振れに。

















1977FLH1200


a0248662_08193460.jpg
a0248662_08194227.jpg
a0248662_08195199.jpg
a0248662_08195844.jpg
a0248662_08200339.jpg
a0248662_08200820.jpg
K君のショベルヘッド
トランスミッション、メインシャフト・カウンターシャフトは組み込み済み。
キックカバー周りも組み込み済み。
欠けがあったトップカバーは溶接肉盛し、整形。
ねじ穴を修正し面部分面研。
トップカバー周り組み付け、作動チェック。

















1949FL1200

a0248662_08205387.jpg
a0248662_08205917.jpg
a0248662_08210437.jpg
a0248662_08210946.jpg
a0248662_08211451.jpg
a0248662_08211975.jpg
a0248662_08212431.jpg
a0248662_08213694.jpg
a0248662_08214208.jpg
a0248662_08214945.jpg
a0248662_08215429.jpg
a0248662_08220071.jpg
a0248662_08220538.jpg
a0248662_08221238.jpg
a0248662_08221676.jpg



Oさんのパンヘッド
エンジン腰下の分解作業
分解前の問題点は、コンロッドのガタが無さ過ぎることと、クランクの周りが重いこと。
まずは、フレームからエンジンを降ろしタイミング周りから分解。
カムはシフトン製のものがはいっていまして、アイドラギアのガタは多し。
オイルポンプの内壁は状態良し。
タペットは当時の社外製か?アルミのタペットブロック。初めて見ました。
クランク分解。
フライホイールワッシャーとクランクシャフトベアリングレースに削れ後が。
フライホイールのエンドプレイが無さ過ぎてクランクの回りが重かったと思われる。
分解前芯振れチェック。0.1mm以上の振れ。シャフトのセンター穴も怪しい。
コンロッドとクランクピンは抜けず、そのまま分解。
クランク分解しkンロッド周り計測。
やはりビッグエンド部は0.02mm楕円にになり、横方向でクリアランスが無くなっていました。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純











by sgf1906 | 2019-03-24 08:44 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 11日

土・日曜日の授業風景


1927 SUNBEAM MODEL9

a0248662_00563876.jpg
a0248662_00564469.jpg
a0248662_00565014.jpg
a0248662_00565681.jpg
a0248662_00570355.jpg
a0248662_00570892.jpg
a0248662_00571295.jpg

Oさんのサンビーム
30年台のオイルポンプを使い、オイル経路をトータルロスからリターンするようにします。
オイルインジケーターからのオイル漏れがあるので、シール加工とスプリング圧は考える必要があります。
タイミングチェーンカバーにマウントホールを作りマウントしオイル流れっぷりチェック。
また、クランクケース側にはリターンのオイル溜りを作るべく、アルミパテを使い谷的なものを作りました。











1946WR750

a0248662_00555890.jpg
a0248662_00560509.jpg
a0248662_00561191.jpg
a0248662_00561627.jpg
MさんのWR
前回、アイドラギアスピンドルマウントのダミーを製作し取り付けし、バッククラッシュチェックし問題まりませんでした。
というわけで、今回本番製作。
アルミでマウント部製作し圧入。
図面を書き旋盤で製作、マウントボルトねじ穴製作と自ら考え、自ら製作してます。
ご自身で語っていたことですが、VMS入学時と比べると凄い成長です。
新たに作ったアイドラギアはスタンダードのものと比べると少々厚く、カムカバーに干渉するためギアの追加工します。














1977FLH1200

a0248662_00545335.jpg
a0248662_00545975.jpg
a0248662_00550485.jpg
a0248662_00551097.jpg
a0248662_00551430.jpg
a0248662_00552064.jpg
a0248662_00552507.jpg
a0248662_00553381.jpg
a0248662_00553982.jpg
a0248662_00554533.jpg
a0248662_00555052.jpg

K君のショベルヘッド
メインドライブギアベアリングレース交換、クリアランス調整、メインドライブギアブッシュ交換を済ませているギアボックス。
スプロケットをつけエンドプレイチェック。
メインシャフトの3RDギアのエンドプレイをシム調整しメインシャフトを入れ、回りっぷりチェックし問題なし。
話はカウンターシャフトへ。
ギアケースは新たに入手したもので、カウンターシャフトブッシュは入っていませんでした。
STDサイズのブッシュを少々加工し圧入。
カウンターシャフト3rd&4thギアベアリングは交換済み、1st2ndブッシュは交換、2ndギアのスラストチェック、1stギアのスラストは製作してある厚めのスラストワッシャーを研磨し適正スラストに。
また同じく、3rd&4thギアのエンドプレイもワッシャー調整し適正スラストに。











COTTON/TRIUMPH

a0248662_00473726.jpg
a0248662_00474365.jpg
a0248662_00474876.jpg
a0248662_00475436.jpg
KさんのCOTTON/TRIUMPH
ホイール組み付け。もともとついていたリムから新たなリムに交換しますが、新たなリムのニップリ穴位置の変化により、微妙にスポークの組みっぷりが変わり、組み方を何パターンか変えつつ組み付け。
何とか組めそうで何より。
同じくフロント側もリムが変わっているので苦労しそうだ。












1949FL1200

a0248662_00481074.jpg
a0248662_00481549.jpg
a0248662_00482007.jpg
a0248662_00482591.jpg
a0248662_00482981.jpg
a0248662_00483497.jpg
Oさんのパンヘッド
まずはヘッド周りの計測。
バルブステムとバルブガイドには多めのクリアランスでガイドの交換が必要です。
ロッカーアーム自体は状態よし。ロッカーアームブッシュは少々クリアランス大きめなので加工が必要。
シリンダーはずし計測。
ピストンには傷とともに謎の打跡があるものの、シリンダーは悪い状態ではない。
コンロッドスモールエンドの振れっぷりは、ビッグエンド部にクリアランスが無いのではと思えるぐらいガタが無い。
また、クランクの回りっぷりも渋く、何かがありそうだ。














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純












by sgf1906 | 2019-03-11 01:51 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 02日

土曜日の授業風景



1949FL1200

a0248662_23184570.jpg

a0248662_23185035.jpg
a0248662_23185671.jpg
a0248662_23190374.jpg
a0248662_23190969.jpg
a0248662_23191649.jpg
a0248662_23192215.jpg
a0248662_23193134.jpg
今日から授業開始、パンヘッドのOさん
エンジン・ミッションOHで入学です。
まずはヘッド周り分解作業
苦労することが多いパンのヘッド周り、今のところは変なところは無く良好。















1977FLH1200

a0248662_23204803.jpg
a0248662_23205816.jpg
a0248662_23210990.jpg
a0248662_23211599.jpg
a0248662_23212157.jpg
a0248662_23212900.jpg
a0248662_23213506.jpg
K君のショベルヘッド
前回、メインドライブギアベアリングレース交換、ラッピング作業済み。
まず、ナメ気味だったドレンボルトヘリサート加工、座面研磨。
面研、ねじ修正済みのマウントスタッド・キックカバースタッド取り付け。
メインドライブギアブッシュは専用生爪に銜え、内径拡大。
圧入、クリアランス調整。










1965 TRIUMPH TR6

a0248662_23223676.jpg
a0248662_23224258.jpg
a0248662_23224863.jpg
a0248662_23225683.jpg
a0248662_23230227.jpg

Oさんのトライアンフ
前回分解したフォーク周りの計測作業とパーツチェック
ホイール周りへ
タイヤをとりベアリング抜き取り、スポーク分解。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純









by sgf1906 | 2019-03-02 23:36 | その他 | Comments(0)
2019年 02月 28日

火・水曜日の授業風景

1955FLH1200
a0248662_14315790.jpg




Yさんのパンヘッド
シャットオフバルブからのガソリン漏れ問題を解決し、エンジン始動。
無事エンジンかかり一安心。
冷間時の始動がイマイチなので次回、フロートレベルをもう一回チェックする予定。
とりあえず車検準備作業に。











33.4 FRONT RORK
a0248662_14380216.jpg
a0248662_14380998.jpg

a0248662_14381322.jpg
a0248662_14381757.jpg
a0248662_14382226.jpg
修理でお預かりしている33.4mmフロントフォーク
状況知るため分解作業。
前期のダンパーロッドが上まで伸びているタイプで、このタイプのダンパーチューブ周りのパーツはリプロが出ません。
ダンパーチューブのネジ固着に苦戦しつつ、無事壊すことなく抜き取りダンパー周りチェック。
ダンパー周りは錆固着破損なく使えます。
ブッシュとインナーチューブクリアランスチェック進行方向で0.2mmのガタありでブッシュ交換は必要。













1978FXE1200

a0248662_14395715.jpg
a0248662_14400131.jpg
a0248662_14401662.jpg
a0248662_14402156.jpg

Mさんのショベルヘッド
前回、フレーム周りの余計なステー類を切り落とし仕上げして今回、お化粧直し。
フロントブレーキ周り組み付け
Mさんが居るって言うことはランチはパスタ三昧。















1976FXE1200
a0248662_14361806.jpg
a0248662_14362319.jpg
a0248662_14362733.jpg
a0248662_14364411.jpg
a0248662_14364931.jpg


a0248662_14192096.jpg


a0248662_14192584.jpg
a0248662_14193183.jpg
a0248662_14193606.jpg
a0248662_14194103.jpg
Hさんのショベルヘッド
は引き続きトランスミッション
ケースのキックカバー面、トップカバー面面研
2基あった一基目のトップカバーはクラックが酷く使い物にならず。
社外ではあるが2基目の状態がよかったトップカバーを組み付け使います。
キックカバーも一基目のものはキックブッシュ部にクラックありでカバーは2基目のものを使います。
キックシャフトは減りが少ないほう。クランクギアも状態が良い方を使いますが、こちらも手直しが少々必要です。
1速2速ギアのブッシュ交換、スラスト調整を終わらせたカウンターギアはベアリング選択しクリアランス調整組み付け、エンドプレイ調整。
虫食いがあったメインドライブギアベアイングレースも交換し計測。
ローラー選択、クリアランス調整。














1947FL1200
a0248662_14161858.jpg
a0248662_14162402.jpg
a0248662_14163036.jpg
a0248662_14163508.jpg
a0248662_14164015.jpg
a0248662_14165615.jpg
a0248662_14170171.jpg
a0248662_14170904.jpg

福島からお越しのEさんのナックルヘッド
前回、トランスミッションの分解作業を終わらせ、今回エンジン腰上の分解作業。
ロッカーアームカップ周りからのオイル漏れがだいぶありましたので、このあたりはしっかり止めてあげたい。
ロッカーアームのバルブとの摺動部は随分研磨されているよう。バルブとの作用角をチェックする必要がある。また一部破損も。
問題点の多いヘッドとロッカーカバーのマウント部。
前後ともに修正跡がありますが、片側はやり直しが必要のようです。
苦労の多いナックルのロッカー周り。今回も色々とありそうです。















WL BRAKE PANEL

a0248662_14132611.jpg
a0248662_14134172.jpg
a0248662_14134779.jpg
a0248662_14140805.jpg
a0248662_14141312.jpg
a0248662_14141765.jpg
a0248662_14142387.jpg


OさんはWLのブレーキ回り持込。
リア側ブレーキオペレーティングカムブッシュ周りの加工。
樽状に減っていたオペレーティングカムは新品に交換。
が、軸受け部とのガタがありますので、ブッシュ製作します。
プレート側をマウントしアジャアスタブルリーマーで役1mm程度内径拡大。
アルミ青銅で片肉0.5mmのブッシュ製作し圧入、ホーニングしクリアランス調整。
同じくRブレーキのオペレーティングカムも新品交換。
こちらは片肉1mmの鉄ブッシュがリプロで販売されていたので、そちらを使います。
ブッシュにあわせ、オペレーティングカムシャフトホール内径拡大。
同じく圧入しホーニングクリアランス調整。
フロントパネルのセンターブッシュも交換クリアランス調整。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2019-02-28 16:12 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 06日

あけましておめでとうござざいます


皆様、本年も宜しくお願いします。
正月休みもなんやかんやと作業をしていましたが、スクールは今日から授業開始です。






1977FLHS1200

a0248662_01360164.jpg
a0248662_01360906.jpg
a0248662_01362311.jpg
a0248662_01362937.jpg
a0248662_01364532.jpg
a0248662_01365287.jpg
K君のショベルヘッドはエンジン腰下分解作業。
オイルポンプボディーは内壁に傷が多いため交換決定。
カムシャフトベアリング軸受け部は大分虫食い多くこちらも交換。
大分ガタがあったビッグエンド部はクランクピンに剥がれありでこちらも交換。
と今回もフルコースという感じで、計測作業開始です。








1970XLH900

a0248662_01370725.jpg
a0248662_01371781.jpg
a0248662_01372483.jpg
Tさんのアイアンスポーツは引き続き修理作業中。
フロントフォークの曲がりチェックし問題なし。
ついでにFホイールのグリスアップシール交換。
曲がってしまったハンドルはTさん持ち込みのセパハンに交換ですが、持ってきたハンドルはエボ用のФ38のもので、Ф35のインナーチューブに合うようにカラー製作し取り付け。








EARLYSHOVEL CYLINDERHEAD OH

a0248662_01374751.jpg

I君はアーリーショベルの腰上OH中
ガイドリーマー加工・クリアランス調整、バルブシートカット擦り合わせ、バルブスプリング取り付け長調整、ロッカーアームブッシュ交換と加工作業が終わり、組み立て作業。







1958FLH1200

a0248662_01380639.jpg
a0248662_01381119.jpg
a0248662_01381795.jpg

VMSでトランスミッション持込OHしたHさんのパンヘッド。
無事組み付け完了し遊びに来てくれました。
自分で整備しつつ20年以上乗り続けている車両。
これだけ大事にされたらバイクも幸せです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-01-06 02:24 | その他 | Comments(0)