Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーレー ( 991 ) タグの人気記事


2018年 04月 06日

1940WL750 T/Mメインシャフト


a0248662_9534374.jpg


今日はI君のWL、トランスミッションメインシャフト周りのお話。

a0248662_9544345.jpg
a0248662_955088.jpg
a0248662_9552372.jpg
a0248662_955383.jpg


少々ガタがあったメインシャフト1st、2ndギアブッシュは製作。
新品にしたメインシャフトに合わせホーニングしクリアランス調整。

a0248662_956199.jpg

a0248662_9562394.jpg
a0248662_9563234.jpg


摺動面に磨耗があったメインシャフトは新品に交換。またベアリング摺動部に虫食いがあったクラッチギアは新品に交換。クラッチギアベアリングレースは状態良くそのまま使用。
ベアリングサイズ調整しクラッチギアとベアリングのクリアランス0.03mm


a0248662_9565746.jpg
a0248662_9571017.jpg
a0248662_9572089.jpg
a0248662_9572962.jpg
a0248662_9574345.jpg


スプロケット側ベアリングレースは虫食いがあったため、レース交換。
圧入し、WL専用で作ってあるパイロット、ラッピングロッドを使って、ラインをだしラッピングしベアリングレース内径拡大。
STDサイズローラーでクリアランス0.03mmに。



a0248662_9575648.jpg
a0248662_9581154.jpg


新品シャフトにしたためドッグギアの動きが悪くなったため、少々ラッピング。

a0248662_9584189.jpg
a0248662_9591410.jpg
a0248662_9593281.jpg
a0248662_9595431.jpg


メインシャフト組み付け、メインシャフトエンドプレイはシム調整。エンドプレイは0.1mm。


a0248662_1001764.jpg
a0248662_1003453.jpg


1ST,2NDギアの側面に入るシムの厚みを変え、1ST,2NDギアのスラスト調整。0.15mm程度に。

というわけでメインシャフト周りの調整ごと終わり。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-06 10:15 | 1940WL750 | Comments(0)
2018年 04月 04日

火曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_8231126.jpg
a0248662_8233722.jpg
a0248662_8234877.jpg
a0248662_824074.jpg


MさんのWR
クリアランスかきつめだったRコンロッドベアリングレースのクリアランス調整して、コンロッドスラスト調整。
WL用STDサイズのスラストワッシャーを使ったものの、スラスト詰まり気味。
コンロッドは中古のWR用、クランクピンWR用新品、フライホイールもまた別の中古WR用と、微妙に辻褄が合わないのかもしれない。
スラストワッシャーを研磨しますが、もちろん焼きが入ってるもので苦戦。






1978FXS1200

a0248662_824567.jpg
a0248662_8253627.jpg
a0248662_8254596.jpg

a0248662_8261643.jpg
a0248662_8262854.jpg
a0248662_826369.jpg


Hさんのショベルヘッド
コンロッドベアリングレース、フロント側は0.03mm楕円、リア側は0.01mm~0.02mm楕円だったものをラッピングし真円加工。
スモールエンドブッシュもピン径に対し縦方向0.06mmと少々ガタがでていましたのでブッシュ交換。
リーマーを通しホーニングしクリアランス調整。







1978FXE1200

a0248662_827336.jpg
a0248662_8271431.jpg
a0248662_8273458.jpg
a0248662_827439.jpg
a0248662_8275384.jpg


Mさんのショベルヘッド
分解計測作業。
タペット分解計測。タペットローラーは以前に交換されているようで、ガタは良好。
ガイドとタペットはタペットガイドは少々磨耗があるようだ。
ロッカーアーム分解計測。
ロッカーアーム自体は段付磨耗はしておらず問題なし。しかし、ロッカーアームとブッシュのガタは0.1mmあるところもありよう交換。
ロッカーアームバルブとの当たり面も段減りありなので、研磨が必要です。
写真を撮り忘れましたが、この後トランスミッション分解開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-04 08:49 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 31日

1976FXE1200車体周り

Hさんのショベルヘッド
エンジン、ミッションをメインでの作業でありますが、車体周りも一部チェック。

a0248662_8354276.jpg



a0248662_8355671.jpg
a0248662_836683.jpg
a0248662_8363757.jpg


前後ホイールベアリング交換、シール交換、スラスト調整。


a0248662_8364877.jpg
a0248662_83755.jpg
a0248662_8371460.jpg
a0248662_8372433.jpg


スイングアームベアリング交換。


a0248662_8383244.jpg

a0248662_8384479.jpg


ブレーキ周りのチェック、Dスプロケットも交換。


a0248662_8385945.jpg
a0248662_839883.jpg


オイルタンクも清掃し取り付け。

a0248662_8392057.jpg

エンジン腰下、トランスミッションフレームに搭載。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-31 08:45 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 03月 27日

月曜日の授業風景

a0248662_893082.jpg




1979FXS1200

a0248662_8103030.jpg

a0248662_822175.jpg

a0248662_814024.jpg


S君のショベルヘッド
シリンダーが内燃機屋さんから上がって着ましたので、リング周りの確認作業をしてシリンダー・シリンダーヘッド仮組み。
ハイカムを組み込んだため、バルブタイミングのチェックとゴッツンコチェックをします。
チェック用の冶具製作中。








1976FXE1200

a0248662_8143640.jpg
a0248662_8144874.jpg
a0248662_8145963.jpg
a0248662_8151243.jpg

a0248662_8152658.jpg

a0248662_81536100.jpg
a0248662_815471.jpg


Hさんのショベルヘッド
キャブのガスケット・シール類交換、マニホールド面面研。
バタフライの隙間、フロートレベルチェック組み付け。
インチキがしてあったスロットルケーブルはインナーケーブル製作。





UL TRANSMISSION

a0248662_8161811.jpg

a0248662_8171692.jpg

a0248662_8183352.jpg
a0248662_8184549.jpg

a0248662_819680.jpg


I君はULミッションの作業。
交換する新品ブッシュをすべてチェック。
クラックが入っていたマウントスタッド部は溶接し冶具に付けヘリサート加工
新品でとった社外キックラチェットギアは良いものとは言えず加工が必要です。







1976FXE1200

a0248662_8193667.jpg
a0248662_8195953.jpg
a0248662_8202725.jpg
a0248662_8205418.jpg



Hさんのショベルヘッド、作業開始。
まずは腰上分解。シリンダー・ピストン計測。
コンロッドビッグエンド部のガタはは多めでクランクの分解が必要です。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-27 08:35 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 23日

水曜日の授業風景

1976FXE1200

a0248662_23234752.jpg
a0248662_2324987.jpg
a0248662_23243269.jpg
a0248662_23245025.jpg

a0248662_23511578.jpg

a0248662_2325738.jpg

a0248662_23251664.jpg
a0248662_23252472.jpg


Hさんのショベルヘッド
ホーニング加工の外注加工から上がってシリンダー。ピストンリングのギャップ・クリアランスチェックし組みつけ。
今回ここで私自身反省することがありました。
今回使った社外のピストンは今までも何回も使ったピストンでトラブルは無かったのですが、このピストンはスカート下部の“逃げ”部分がありません。
組み付けるとフロントピストンとリアピストンが下死点時に両ピストンが接触してしまいます。
ハズレピストンを引いたという話ですが、組みつける前に気が付くことが出来ず反省です。
この仕事はよく観察し思考することが大事です。それを怠っていました・・・。
ともあれ、無かった“逃げ”部分を削り組み付け、無事干渉は無くなりました。









1985FXEF1340

a0248662_2326957.jpg
a0248662_23262421.jpg
a0248662_23263925.jpg
a0248662_23265663.jpg
a0248662_232765.jpg
a0248662_23271551.jpg



Tさんの4速エボ
ミッション・エンジン腰下をフレームに搭載しプライマリー回り組み付け。
以前つけていたオープンプライマリーのプーリーは中古の良品に交換。
エンジンスプロケットナットとクラッチハブはトルク管理し締め付け。
ベルトのラインを調整しつつ、ミッション固定。
クラッチケーブルの長さ調整し取り付け、クラッチ調整。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-23 23:58 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 20日

月曜日の授業風景

a0248662_8265195.jpg







1979FXS1200

a0248662_8283728.jpg
a0248662_8285315.jpg
a0248662_8325750.jpg
a0248662_833591.jpg
a0248662_833245.jpg
a0248662_8333543.jpg


S君のショベルヘッド
クランクの芯だしが終わり、クランクケース組み付け。
エンドプレイ計測済みのスプロケットシャフトベアリング圧入、またローラーサイズ選択済みのピニオンシャフトローラー取り付けクランク本組み。
オイルポンプも交換、仮組み済みで本組み。
カムシャフト交換、スラストチェック済みのタイミングギアまわり取り付け。








1940 INDIAN SCOUT

a0248662_834364.jpg
a0248662_8341565.jpg
a0248662_8345074.jpg
a0248662_835169.jpg
a0248662_8352825.jpg
a0248662_8354047.jpg
a0248662_8355676.jpg
a0248662_8361795.jpg
a0248662_8362860.jpg


Mさんのインディアン。
クラッチハウジング取り付けナットがなめていたためmクラッチハウジングが固定されず、クラッチが切れなかった車両です。
インナープライマリー側の軸受けベアリングが入り、クラッチハウジング・ハブを組み、スライディングギア、ハイギアが入っているギアボックスに差込取り付け。
メインシャフト両端にスラストシムが入りメインシャフトのスラストを調整します。
抜き取る際に奥側のスラストシムがギアボックッス内に落ちてスラストシムの存在がわからず、少々悩みました。
ベアリング交換、なめていたクラッチハブ・クラッチハウジングナットを取り付け、組み付け。
スラスト量は0.3mm態度。









1978FXS1200

a0248662_8365368.jpg
a0248662_8371384.jpg
a0248662_8372429.jpg
a0248662_8373869.jpg


Hさんのショベルヘッド
オイルポンプに問題があり、オイルポンプ交換し、ロッカー回り、シリンダーベースからオイル漏れがあるから、ガスケット交換をしたいということでヘッド、シリンダー周り取り外し。
分解前「分解すると色々と別の悪いところが見えてきますよ」などと話しつつ、分解してみたところ・・・リアシリンダーに思いっきりクラックが入っていました・・・。
これはシリンダー交換。色々とあります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-20 08:58 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 19日

日曜日の授業風景

a0248662_845539.jpg








1985FXEF1340

a0248662_846713.jpg
a0248662_8463418.jpg


Tさんの4速エボはフレームにトランスミッションとエンジン腰下搭載。





1976FXE1200

a0248662_8464645.jpg
a0248662_8472981.jpg
a0248662_8474262.jpg


Hさんのショベルヘッド
スターターモーター分解し各部チェック。
写真を撮り忘れましたが、端子とフィールドコイルをつなぐ銅線の半田が取れ、半田し直しで時間がかかりました。
以前に同じく日立スターターモーターはばらした時に同じことが・・・分解しはお気を付けを。
組み付け、モータリングし問題なし。




1973 TRIUMPH TR7RV

a0248662_848457.jpg


Yさんのトライアンフ
前回Dチェーンが外れましたので、干渉部分ないかチェックし解消。
試乗しO.Hミッションの入り、クラッチのキレも問題なし。





FXR1340

a0248662_8481821.jpg
a0248662_8482840.jpg
a0248662_8484239.jpg
a0248662_8485212.jpg
a0248662_849181.jpg
a0248662_8491237.jpg
a0248662_8492558.jpg


部分修理で入学のSさんのFXR
まずはプライマリー回り、クラッチをスコーピオンプロクラッチに交換。
クラッチシェルは純正のものを使い、ハブは専用のもの。
ハブとシェルの軸受けベアリングスリーブをシェルに取り付け、ハブを圧入。
アッセンブリーとなったクラッチシェルとハブ取り付け。
私はこのクラッチを使うのは初めてなので、観察しつつ構造を把握しつつの作業。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-19 09:05 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 18日

土曜日の授業風景

a0248662_737293.jpg





1968 BSA A65

a0248662_7373747.jpg
a0248662_7375498.jpg


NさんのBSA
クラッチケーブルの長さ調整後、クラッチ調整、プライマリー周り本組み
ステップ、Rブレーキレバー、キックシャフト、シフターレバー本組み。
次回オイルを入れエンジン始動。





1976FXE1200

a0248662_7391924.jpg
a0248662_7392991.jpg
a0248662_7394584.jpg


Hさんのショベルヘッド
インナープライマリーを取り付けるとT/Mメインシャフトの回りが重くなる問題。
元々ついていたミッションマウントプレートと純正のものを見比べ、問題点考察。
無事、問題なく回るように。






1981FXS1340

a0248662_7403821.jpg
a0248662_7405376.jpg
a0248662_741722.jpg
a0248662_741166.jpg

a0248662_7414870.jpg

a0248662_7415721.jpg


Oさんのショベルヘッド
エンジン腰下分解。
カムはアンドリュースのAカム、ブリーザーギアも社外のものに交換されていて、以前に大分手が入っている車両のようだ。
分解し回りが悪かったオイルポンプはやはりリターン側に深めの傷。
社外製のものと思われるクランクはビッグエンドのガタシャフトの振れっぷりともに状態が良い。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-18 07:59 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 17日

1973XLCH1000 クランク芯だし

a0248662_035118.jpg
a0248662_0351212.jpg
a0248662_0352455.jpg

a0248662_0353392.jpg


今日はKさんのアイアンスポーツ、クランクの芯だし。
このクランクは授業時間中にとても終わりそうもないぐらい、性格が悪いクランクだったため、私が芯出し作業。
一言に芯だしと言ってもクランクそれぞれに個性があり、すぐ出てしまうものもあれば、苦労するものもあります。このクランクは苦労パターンで、こちらを閉じれば、こちらが開く的でなかなか言うことを聞いてくれませんでした。
また、仮組み時は問題なかったコンロッドのスラストでありますが、クランクの芯を出していくとフライホイールがピンに入り込みスラストが無くなりました。
一旦バラしコンロッドワッシャーを研磨し改めて組み付け芯だししコンロッドのスラスト量は0.2mm。
これもものにより大小がありますが、芯を出していくとスラストは減っていく傾向があります。

クランクピンナットはロックタイトを付け規定トルクで締めてありますが、一応ロックタブもつけておきます。今回はロックタブ穴位置が合わず、この性格の悪いクランクのピンナットをロックタブ穴位置にあわせ締め付けるのが嫌(クランクピンの締め付けっぷりを変えると、また微妙に振れが変わる)だったため、穴位置が合うようロックタブを加工し取り付け。






というわけでクランクシャフトの振れドライブサイド0.01mm程度・タイミングサイド0.005mm程度ということになりました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-17 00:55 | 1973XLCH1000 | Comments(0)
2018年 03月 14日

火曜日の授業風景

1946WL750
a0248662_0553833.jpg

a0248662_0561725.jpg

a0248662_055596.jpg
a0248662_0564395.jpg
MさんのWR
バルブシートカットが終わり、バルブスプリング取り付け。
バルブスプリング仮組みし取り付け長計測。取り付け長時でのスプリング圧計測し、バルブ周り取り付け。




1940WL750

a0248662_057378.jpg
a0248662_0571537.jpg
a0248662_0572936.jpg

I君のWL
コンロッドビッグエンドベアリングレースラッピングし、適正クリアランスになるようベアリング選択






1978FXS1200
a0248662_0582532.jpg
a0248662_0583476.jpg
a0248662_058546.jpg
a0248662_059521.jpg

a0248662_0593152.jpg

Hさんのショベルヘッド
不良だったオイルポンプは80年以降の純正の物にコンバート。
そのためケース側にリリースバルブブリーザー穴加工。
オイルポンプも各部チェクし取り付け




1927 SUNBEAM MODEL9
a0248662_12216.jpg
a0248662_121113.jpg
a0248662_122473.jpg
a0248662_123793.jpg
a0248662_12589.jpg
a0248662_13819.jpg
a0248662_13215.jpg

Oさんのサンビーム
ギアボックススラストチェック後、クランクの確認作業。折角なので現状のクランクバランスを確認。正常な数値で安心。
また、新たなピストンでクランク組んだ場合に釣り合い率も確認。
新たなピストンピンに合わせスモールエンドブッシュホーニング、クリアランス調整。






Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純 



by sgf1906 | 2018-03-14 01:03 | その他 | Comments(0)