Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ハーレー ( 1001 ) タグの人気記事


2018年 05月 26日

1981FXS1340 クランク分解・コンロッドビッグエンドベアリングレースラッピング・バランスチェック

エンジンOH依頼でお預かり、Sさんのショベルヘッド。
今日はクランク周りのお話。


a0248662_2174.jpg


a0248662_211745.jpg

まずは分解前にクランクの芯振れっぷりチェック。
ドライブサイド0.01mm、タイミングサイド0.03mmと状態は悪くない。



a0248662_212614.jpg

コンロッドの振れも2mmは振っていない程度。



a0248662_213640.jpg
a0248662_215652.jpg
a0248662_22774.jpg
a0248662_221626.jpg
a0248662_222465.jpg

クランク分解。
で今回はここで苦戦。ドライブサイドフライホイールとクランクピンを抜き際に、びくともしない・・。
これはもしや・・・少々クランクピンテーパー圧入部を暖め抜き取り。
ロックタイトらしきものの跡が・・・テーパーにロックタイト塗ったら抜けなくなりまっせ。
同じくピニオンシャフト・スプロケットシャフトも暖めプレス5トンでやっと抜けました。



a0248662_223592.jpg

無事分解終わり、それぞれチェック・計測作業。

a0248662_225072.jpg
a0248662_23234.jpg

コンロッドスラストワッシャーはベアリングケージ部のあたりありで減っています。
同じくアルミベアリングケージも減っていますのでこちらも交換。


a0248662_23162.jpg
a0248662_232623.jpg
a0248662_233749.jpg


ベアリング・クランクピン・コンロッドベアリングレース計測。
ローラーはSTDサイズのものが少々減っている程度。
R側は0.01mm程度楕円、フロント側は0.03mm楕円になっています。
この楕円がガタ感になっていました。
スモールエンドブッシュはフロント側+0.07mmリア側0.05mm(楕円)と広がっていましたのでブッシュ交換。


a0248662_235194.jpg
a0248662_235997.jpg

コンロッドベアリングレースはラッピングして真円に。
クランクピンは交換するので新しいピンと合わせローラー選択。


a0248662_26666.jpg
a0248662_261785.jpg
a0248662_262929.jpg
a0248662_263895.jpg

現状でのクランクバランスファクター計測。
実測バランスファクター61%で純正の数値。しかしながら左右フライホイールのバランスがでていません。左右釣り合いウエイトの重さの差が59kgあります。やはりこの年式は左右バランスがでていないのですね。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-26 02:34 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 05月 19日

1978FXE1200 エンジン分解作業

今日はMさんのショベルヘッドエンジン分解作業のお話。
以前に色々と手が入ってい車両のようであります。


a0248662_8465611.jpg
a0248662_8473523.jpg
a0248662_8475135.jpg
a0248662_848681.jpg
a0248662_8481514.jpg
a0248662_848429.jpg


まずはヘッド分解。
ロッカーアームバルブとのあたり面は一部修正研磨が必要。
ロッカーシャフトの段減りは無く、ブッシュ交換でいけそうだ。
ヘッドバルブ圧入部は以前に溶接で修正している跡があります。それに伴い鍔部分の厚みでを厚くして高さ調整をしているようです。幸いバルブとガイドのクリアランスは悪くないのでこのまま使用する予定。


a0248662_9152.jpg


シリンダーは.030”ピストンでボーリングが必要です。



a0248662_849565.jpg
a0248662_8494077.jpg
a0248662_85018.jpg
a0248662_8501080.jpg


タイミングギア周り
ピニオンシャフトブッシュは状態良し、カムブッシュは交換が必要。
タペット自体の減りも少なく良好。タペットローラーは以前に交換してある様だ。
ガイドも進行方向一部減りがあるが、ボーリングするほどでも無い。


a0248662_8502945.jpg
a0248662_8503838.jpg
a0248662_8505073.jpg

a0248662_8511986.jpg


クランク周り分解。
問題がコンロッドビッグエンド。ガタがまったく無く、クリアランスゼロ。
分解時ピンが抜けませんでした。またコンロッドのスラストも無い状態。
スプロケット側フライホイールも年式違いのものが使われています。
このあたりは考察が必要です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-19 09:08 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 05月 15日

月曜日の授業風景

1978FXE1200

a0248662_8365074.jpg
a0248662_837092.jpg
a0248662_837950.jpg



a0248662_837264.jpg
a0248662_8373845.jpg
a0248662_8374772.jpg
a0248662_8375956.jpg
a0248662_838711.jpg


a0248662_8382350.jpg
a0248662_8384080.jpg



a0248662_839224.jpg
a0248662_8391069.jpg


Mさんのショベルヘッド
ピニオンシャフトベアリングレースラッピングが終わり、スプロケットシャフトベアリングレース圧入。
スラストワッシャーの厚み調整してスラスト調整。
分解し随分と詰まっていたコンロッドビッグエンドベアリング。
ラッピングしベアリングレース内径拡大。STDローラーでフロント、リア側ともに適正クリアランスに。
コンロッドのスラストも詰まり気味でありまして、フライホイールが左右年式違いのものがついていたため、コンロッドワッシャーも銅製のものと鉄製のものがついています。
仮組みしてチェック。スラスト量が少なすぎるので、ワッシャー抜き取り製作します。
ガタが少々あったスモールエンドブッシュも交換。






1979FXS1200

a0248662_8393359.jpg
a0248662_8394467.jpg
a0248662_8395560.jpg
a0248662_840590.jpg



S君のショベルヘッドは配線作業。
純正と同じようにブレーカーを3系統に分け、色分けも同じく純正通りに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-15 08:50 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 14日

日曜日の授業風景


1964 TRIUMPH SMALLUNIT ENGEINE

a0248662_8474327.jpg
a0248662_848736.jpg
a0248662_8482491.jpg
a0248662_8483541.jpg
a0248662_8484525.jpg
a0248662_84977.jpg
a0248662_8492040.jpg


Kさん持込のスモールユニットエンジン
2基目にクランク計測。
サビサビだった予備クランクの錆を落としそれぞれ計測。前回計測したクランクより状態が良くコイツを使うことに。
タイミング側クランクシャフトブッシュは工具製作抜き取り。ケース側ブッシュホールは楕円なく良好です。
アイドラギアスピンドルも抜き取りホール計測。こちらも楕円なく良好。
G/Bのハイギアベアリング・レイシャフトの軸受け部計測。こちらも問題なし。
一番心配だった、タイミング側カムシャフト軸受け部。
ケース直受けの摺動部でここが減っていたらボーリングしブッシュ製作かしらと思っていましたが、寸法良し。
この後ヘッド側の計測作業に。ヘッド側も少々問題がありますがまた次回。





1984FXS1340

a0248662_8494243.jpg

a0248662_8501159.jpg


Sさんのショベルヘッド
車体周りカスタム作業が終わり配線引きなおし作業。





1985FXEF1340

a0248662_8504179.jpg


Tさんの4速エボも配線作業。




UL TRANSMISSION

a0248662_852396.jpg
a0248662_8521790.jpg
a0248662_8523089.jpg
a0248662_8524286.jpg


IクンははULのトランスミッション作業。
キックブッシュ部にクラックが入っていたキックカバーは溶接しボーリング。
溶接時に歪んでしまったキックカバー面はキックシャフト軸部基準にして面研磨。
研磨したキックシャフト、ボーリングしたキックカバーに合わせブッシュ製作し圧入取り付け。
キックシャフトのスラストが無かったのでスラストワッシャー研磨し調整。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-14 09:10 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 12日

1958陸王RT-Ⅱ 試乗

a0248662_1512652.jpg
a0248662_1513819.jpg

Sさんの陸王試乗です。
前回の試乗でダメダメだったクラッチは一新し、全く問題無し。
キャブセッティングは少々濃いめであるが、燻りやクシャミ無く、慣らし中なのでこのぐらいで問題無い。
RT-2のミッションは4速ミッションでロータリーフットシフト。踏んで行くとN-1-2-3-4-Nと変速する。
これは慣れるとなかなか良く、4速で走っていて停車する場合に、すぐにニュートラルに入る。余計なエンブレをせずに済みます。
今回、エンジン、フォーク、ホイール周りのオーバーホールでT/Mはバラしていないので、ギア比は解らないですが、1速から4速まで均等に近いギア比なようで、3速ミッションのWLと比べて、街中でも非常に乗りやすい。
フロントブレーキはほどほどでありますが、リアはしっかり効きます。心配していた陸王オリジナルの自動進角にサーキットブレーカーも問題無し。
とまぁ、色々と書いたらキリがないが、オーナー様が喜んでくれると嬉しいです。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-12 09:14 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2018年 05月 07日

日曜日の授業風景

1967 TRIUMPH TR6

a0248662_723344.jpg
a0248662_725256.jpg

a0248662_716254.jpg

Oさんのトライアンフ
だいぶ久しぶりの作業であります。Rフレームが出来上がったので取り付け。カスタム作業を進めて行くため、仮にエンジンを載せる。






1978 TRIUMPH T140E

a0248662_734482.jpg
a0248662_735963.jpg
a0248662_74982.jpg


Tさんのトライアンフ
前回、Rブレーキ周りを取り付けましたが、一部ダストカバーを入れ忘れやり直し。
キャブ取り付けにあたり、チェック作業。





1948WL750

a0248662_743698.jpg


MさんのWLはエキゾーストパイプ製作中。
これパズルですね。







a0248662_745125.jpg
a0248662_75250.jpg


ゴールデンウィーク最終日にはトリニティースクール卒業生が立ち寄ってくれました。
在校生からは「走れるバイクがあって羨ましい」の声が。
皆さん調子が良さそうでなによりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-07 07:21 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 06日

土曜日の授業風景


TRIUMPH SMALL UNIT ENGINE

a0248662_7185968.jpg
a0248662_7191318.jpg
a0248662_7192625.jpg
a0248662_7193555.jpg
a0248662_7195521.jpg
a0248662_7201054.jpg
a0248662_7201951.jpg
a0248662_720284.jpg


新入生Kさんの持ち込み、トライアンフのスモールユニットエンジン。
ご自分で分解し状況を見たところ、状態が悪くVMS持込です。
ケースは状態が悪く、良品のケースを購入済み、どこまで部品が使えるかチェックしつつ、一つ一つチェックしていきます。
ビッグエンドジャーナルは大分減っていて、リグラウド後.030”のアンダーメタルとなるでしょう。
メタル軸受けとなるスモールユニットのタイミング側クランクシャフトも大分減っている・・。こちらも.030”アンダーとなると思われる。
シリンダーは+.060のピストンでボーリングが必要。タペットガイドは状態良く、タペット交換で行けます。
ドライブ側クランクシャフトベアリングの嵌め合いも良い。
ドライブ側カムブッシュはガタガタで交換。ケースに直接受けるタイミング側カムシャフト軸受け部の計測が怖い。








1982FLH1200

a0248662_7211316.jpg
a0248662_7212495.jpg
a0248662_7213654.jpg
a0248662_7233221.jpg
a0248662_7234635.jpg


Oさんのショベルヘッド
ガタがあったバルブガイドは交換するため抜き取り。
ガイドを抜きため、ガイドに付着するカーボンを徹底除去し抜き取り。
軽く抜けてしまったREXガイドには圧入部にカーボンがずいぶん付着しています。
そのためヘッド側のガイドホールも真円加工が必要です。
ロッカーアームブッシュ抜き取り、ピニオンシャフトブッシュ抜き取りして、ケース側のねじ修正作業。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-06 07:53 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 01日

火曜日・水曜日の授業風景

1978 TRIUMPH T140E

a0248662_711373.jpg
a0248662_712714.jpg
a0248662_714649.jpg
a0248662_715758.jpg
a0248662_721215.jpg

a0248662_72288.jpg

a0248662_724284.jpg


Tさんのトライアンフ
今回は純正エアクリナーカバーを使わずに使用するため、エアクリナーカバーにマウントされている、Rブレーキリザーバータンクのステーを製作しフレームに取り付け。
リザーバータンクの詰まりを直し、Rブレーキエア抜き。一部不良があったので付け直し取り付け、また改めてエア抜き。T140EのRマスターシリンダーの取り付けは面倒だ・・・。
バッテリーマウント、イグニッションコイルマウント取り付け。










1979FXS1200

a0248662_65959.jpg

a0248662_2242851.jpg

a0248662_6593787.jpg

a0248662_6595011.jpg

a0248662_702130.jpg
a0248662_703794.jpg


S君んぼショベルヘッド
マニホールドマウントを製作しマニホールド取り付け。エア漏れチェック。
使用するキャブS&Sツースロートのフロートレベル、各部チェックし取り付け。








1976FXE1200

a0248662_6572137.jpg

a0248662_657326.jpg
a0248662_6574870.jpg
a0248662_658141.jpg
a0248662_6582415.jpg


Hさんのショベルヘッド
分解したエンジン各部計測作業。







1973XLCH1000

a0248662_225498.jpg
a0248662_226076.jpg
a0248662_2261067.jpg

a0248662_226197.jpg
a0248662_2265251.jpg
a0248662_227384.jpg
a0248662_2271518.jpg

a0248662_2273536.jpg
a0248662_2274785.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
クランクケース本組み、仮組み済みのT/M組み付け。
オイルポンプ各部チェックし仮組み。問題なしで本組み。



1965NORTON650SS

a0248662_2283378.jpg
a0248662_2284855.jpg
a0248662_229658.jpg
a0248662_2210224.jpg


Hさんのノートンはギアボックッス計測。
それぞれ計測し、リプレイスのブッシュ類が使えるか確認。使えるものは交換。また使えにところは単品製作します。






1940WL750&UL TRANSMISSION

a0248662_22102919.jpg
a0248662_2210387.jpg
a0248662_22104722.jpg

a0248662_22111686.jpg
a0248662_22112681.jpg

a0248662_22114660.jpg


I君はまずはULミッション。
社外製のキックラチェットギア、ギアのあたりが悪く研磨しあたりを良くしたもののシャフトに付け回転させると一部あたりが悪くなる・・・。ギアピッチの芯ずれがあるようだ。このギアは駄目だな・・・。
気を取り直しWLフライホイール
コンロッドスラストワッシャーは単品製作。外輪と内輪微調整し圧入。
スラストチェック。







1978FXS1200

a0248662_22195142.jpg


Hさんのショベルヘッドは一日ひたすら清掃作業。
お疲れ様でした。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-01 22:56 | その他 | Comments(0)
2018年 04月 30日

日曜日の授業風景




1976FXE1200

a0248662_7422899.jpg
a0248662_74239100.jpg
a0248662_742525.jpg
a0248662_743233.jpg
a0248662_7435241.jpg
a0248662_744553.jpg
a0248662_7442532.jpg


Hさんのショベルヘッドはエンジン分解
タイミングギア周り分解、カムギアは問題なし、ブリーザーギアは一部破損あり、分解時回りが悪かったオイルポンプギアはボディーリターン側は傷があります。
分解前クランクの芯チェック。ドライブサイド、タイミングサイドともに0.15mmと振れ多め。
クランク分解し計測作業に入ります。






1951 TRIUMPH T100

a0248662_7563127.jpg

a0248662_7452488.jpg
a0248662_7453498.jpg
a0248662_7454553.jpg
a0248662_746711.jpg
a0248662_7461740.jpg

a0248662_747654.jpg

a0248662_7475491.jpg

a0248662_7481079.jpg


Hさんのトライアンフ
今日はケーブル作り。
まずはフロント側、長さあわせをしてアームピボット部新品交換し製作。
クラッチ側も長さあわせ、ケーブル製作。
クラッチケーブル製作しクラッチスプリングの調整。






1940WL750

a0248662_7492470.jpg
a0248662_7493986.jpg


SくんのWLトランスミッション
シフター回りのシム調整を終わらせ本組み作業。
ガスケットシール取り付け完成。




1982FXR1340

a0248662_7581683.jpg

a0248662_7514166.jpg
a0248662_7523198.jpg
a0248662_7531087.jpg
a0248662_752435.jpg


SさんのFXR
エンジンスプロケットを22T化しようとするも、良いサイズのプライマリーチェーンが無く断念。純正と同じく24Tのものを使います。ちなみに4速ショベルよりプライマリーの距離が短いFXRのプライマリーチェーンは76リンク。
クラッチ取り付け。クラッチハブ側にダンパーリングを付ける、板バネのようになっているリングの位置に注意。またクラットハブ側に来る一番初めのフリクッションディスクは内輪の広いものを使う。
というわけで取り付け。良く切れてくれそうです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-30 08:14 | その他 | Comments(0)
2018年 04月 29日

土曜日の授業風景


1982FLH1340

a0248662_7491760.jpg
a0248662_7492761.jpg
a0248662_7494211.jpg
a0248662_749522.jpg
a0248662_750122.jpg
a0248662_7501135.jpg


Oさんのショベルヘッドはトランスミッション分解・清掃・計測作業。
メインシャフト・カウンターシャフト、ギア類状態良く、ベアリング交換、一部ブッシュ交換と調整ごとで行けそうだ。







1976FXE1200

a0248662_7502798.jpg
a0248662_7503612.jpg
a0248662_7505730.jpg
a0248662_751776.jpg


Hさんのショベルヘッド
前回、エンジン腰上分解済みで今回はプライマリー周り分解し、エンジン、トランスミッションを降ろしました。







1968 BSA A65

a0248662_822556.jpg


NさんのBSAは車検取得。
これから試乗し膿みだし、調整です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-29 08:02 | その他 | Comments(0)