Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナックル ( 178 ) タグの人気記事


2018年 05月 22日

月曜日の授業風景


1937EL1000

a0248662_94101.jpg
a0248662_951424.jpg
a0248662_952774.jpg
a0248662_953626.jpg


久しぶりに登場のWさん。
ロッカーアームブッシュ交換しロッカーシャフトをNOSものに交換したスプリンガーフォーク組み付け。
この後トランスミッションの組み付け作業だが、カウンター2ndギアフローティングブッシュに苦戦。




1979FXS1200


a0248662_955912.jpg
a0248662_96768.jpg
a0248662_961698.jpg


S君のショベルヘッド
配線引きなおし作業もそろそろ終わりです。






1978FXS1200

a0248662_963227.jpg


Hさんのショベルヘッド。
ヘッド、バルブ周りのカーボン除去作業が終わり、擦り合わせ。
今回はガイド交換無しでいきますので擦り合わせは楽なのですが、EX側はバルブ、シートともに虫食いが酷いのでバルブ交換、シートカット作業となりました。

Hさんには機械を取りに行って頂き非常に助かりました。







UL

a0248662_964386.jpg


TさんのUL
ミッション取り付けに伴い、パン用ライトサイドガスタンクをつけハンドチェンジ化。
また、オープンプライマリーからプライマリーチェーン&プライマリーカバー化することで色々と加工ごとが必要です。







a0248662_965632.jpg


NEWマシーンがいたぞ。
皆様、搬入を手伝っていただき有難う御座いました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-22 09:19 | その他 | Comments(0)
2018年 04月 24日

火曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_846341.jpg
a0248662_8465024.jpg
a0248662_847373.jpg
a0248662_8471773.jpg
a0248662_8473398.jpg
a0248662_8474647.jpg



Iさんのナックルヘッド
付いていなかったインシュレーターを付けたことで、チョークロッドの長さ変更。
取り付け、スムーズに動作するように加工。
これでエンジン周りの作業は終わり。
メインスイッチもともと付いていた6ポールのものから年式相応の5ポールに変更し、配線作業。









1937EL1000

a0248662_848651.jpg
a0248662_8483642.jpg
a0248662_848508.jpg
a0248662_849825.jpg
a0248662_8491912.jpg
a0248662_8493254.jpg

a0248662_8494123.jpg


久しぶりに登場のWさんのナックルヘッド
スプリンガーのロッカーアームブッシュは交換済み、シャフトはNOSものを仕入れ良好。
スプリンガーのロッドブッシングはロッドとの摺動部が大分減っていたので交換。
一部パーツが足らず組み付けは次回。
T/Mカウンター周りの作業。
1ST2NDブッシュ交換し擦り合わせ。スラスト調整。スピードギア年式にあわせ交換。








1979FXS1200

a0248662_8502888.jpg
a0248662_8505161.jpg
a0248662_851228.jpg
a0248662_8511370.jpg
a0248662_8513118.jpg
a0248662_8515112.jpg

a0248662_852235.jpg


S君のショベルヘッド
プライマリーは単独オイルにするため、オイルラインにプラグボルト取り付け。
T/Mスプロケットと干渉無いかチェック。Rチェーンを取り付けスプロケットをまわす。ロックタブボルトが干渉していた為、加工。
ステーターコイルとローターコイルの干渉チェック。
シフト・スターターモーターヲ取り付けインナープライマリー取り付け。







1948WL750

a0248662_8522080.jpg
a0248662_8523117.jpg
a0248662_8524237.jpg
a0248662_8525273.jpg
a0248662_8531491.jpg


MさんのWLはカスタムクラス
オイルタンクはCHタイプのオイルタンクがドンピシャ。
マウントステー・カラー製作し取り付け。
ガソリンタンクも製作し取り付け。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-24 09:13 | その他 | Comments(0)
2018年 02月 22日

火・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_1102555.jpg

a0248662_1105235.jpg
a0248662_111451.jpg

a0248662_1112588.jpg

a0248662_1114233.jpg
a0248662_111503.jpg


Iさんのナックルヘッド
キャブボディーが水平になるようにセットし、インテークマニホールド取り付け。
シーリングが固まったところで、エア漏れチェックし問題なし。
排気漏れが無いようにエキパイ取り付け。一旦仮組みして、マウントステー類の位置を確認し取り付け。3ピースエキパイの取り付けは面倒ですね・







1946WR750

a0248662_10544579.jpg
a0248662_10545629.jpg
a0248662_1055880.jpg
a0248662_10552088.jpg
a0248662_1055288.jpg


MさんのWR
KRのシリンダーを取り付けるのですが、ガイド圧入後リーマー加工するのに形状が変わっっているKRのシリンダーべースにあわせ、マウントプレートを製作し固定。
バルブステムに対し適正クリアランスになるようリーマー加工。







1940WL750

a0248662_10562318.jpg
a0248662_10563467.jpg
a0248662_10565317.jpg
a0248662_1057118.jpg


I君のWL
新品(NOS)にした#1カム、#4カムはもともと入っていたギア比べ、やはりギア直径が少々大きい。そのため、特に#4カムギアは大きく、連動する#3カムギアとアイドラーギアとの擦り合わせ調整。特にギア比が違う#4カムギアとアイドラギアの擦り合わせは苦労。
ともあれ、苦労の甲斐あり、ギアの回りっぷりは滑らかに。
それぞれのカムスラストをシム調整し、最終回りっぷりチェックし問題なし。







1980XLH1000

a0248662_116502.jpg
a0248662_117538.jpg
a0248662_117167.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
実用を考え大き目のスポーツスタータンク購入。マウントシテー位置が違うので、新たにステーステー製作し取り付け。
2回目のオイル交換、各部増し締め。





1955FLH1200

a0248662_1193291.jpg
a0248662_119423.jpg
a0248662_1195589.jpg


Yさんパンヘッド
フットチェンジからハンドチェンジに変えるため、交換した左側ガソリンタンク。
シフトゲージ取り付け。シャットオフバルブ取り付け。。。この辺りも苦労したな。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-22 11:53 | その他 | Comments(0)
2018年 02月 20日

月曜日の授業風景


1947FL1200

a0248662_923260.jpg
a0248662_924646.jpg
a0248662_925742.jpg


Iさんのナックルヘッド
オイルラインの取り付けが終わり、細かなところのお化粧直しをしつつジェネレーター取り付け、大体の点火時期をあわせてデストリビューター取り付け。





1937EL1000

a0248662_931882.jpg
a0248662_933049.jpg
a0248662_934667.jpg
a0248662_935658.jpg


Wさんのナックルヘッド
スターハブのローラー選択、クリアランス調整、スラスト調整後リム組み。
純正NOSの18”リムで振れ調整。
S&SLキャブ面研





1979FXS1200

a0248662_941273.jpg
a0248662_942639.jpg
a0248662_945329.jpg
a0248662_95089.jpg


S君のショベルヘッド
少々問題があったRブレーキのエア抜きを終わらせ、オイルタンクの清掃、取り付け。
クランク仮止めして、マウント部の隙間チェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-20 09:14 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 31日

月・火曜日の授業風景

1937EL1200

a0248662_829241.jpg
a0248662_8292871.jpg
a0248662_8294182.jpg
a0248662_8295682.jpg
a0248662_8304063.jpg
a0248662_8304824.jpg


Wさんのナックルヘッド
まずは使用するフロント用ホイール分解。
スターハブのレース部分、インナースリーブともに状態良く一安心。
計測しローラーサイズ選択、クリアランス調整、組み付け。
S&S Lキャブ分解清掃作業。固着部分が多く苦戦。







1979FXS1200

a0248662_8311394.jpg
a0248662_8312277.jpg
a0248662_8313918.jpg
a0248662_8315786.jpg

a0248662_8334021.jpg


S君のショベルヘッドは車体周りの作業。
フロントマスターシリンダー、フロントキャリパー、リアキャリパー、リアマスターシリンダーオーバーホールし取り付け。





UL TRANSMISSION

a0248662_8342876.jpg
a0248662_8344966.jpg
a0248662_8351176.jpg
a0248662_8354989.jpg


I君はULのトランスミッション分解。
純正のものと比べるとトップカバーとドラムの形状により、シフト位置が2mm程度横にずれていたトップカバーアッセンブリーは社外のものだろう?良品交換予定。
また、ミッションマウントスタッド部、キックブッシュ部にクラックが入っていたり、メインドライブギアベアリングレースは空回りしていたりと、なんやかんやあります。







1976FXE1200

a0248662_8372515.jpg
a0248662_8373623.jpg
a0248662_838611.jpg
a0248662_8382525.jpg
a0248662_8384464.jpg


Hさんのショベルヘッド
左右フライホイールのバランス合わせ。
クランクシャフトとフライホイールの垂直チェック後、組み付け芯だし。






NORTON 650SS

a0248662_8391672.jpg
a0248662_8392849.jpg


遂にやる気になったH氏はフレームの修正・溶接作業







1946WR750

a0248662_8402551.jpg
a0248662_8403742.jpg
a0248662_8404779.jpg


MさんのWR
加工作業が終わったリアフェンダーとオイルタンク取り付け。
またこちらも加工作業が終わったスプロケットカバー取り付け。
あとなんやかんや細かな作業













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-31 09:07 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 26日

月・火・水曜日の授業風景

a0248662_9254028.jpg


今週は週初めの大雪により月曜日は早めに授業を終わらせ、火曜日は午前中雪かきと、なんとなくバタバタしていましたが、生徒の皆さんは休むことも無く、雪かきまで手伝って頂いて助かりました。
店の前は日当たりが悪く解けた雪が固まっていますので、VMSへお越しの際はお気をつけください。


1979FXS1200

a0248662_925547.jpg
a0248662_926391.jpg
a0248662_9261579.jpg


S君のショベルヘッド
ネックベアリング交換・フロントフォークのシール、スプリング交換済みで組み付け。
ホイールもベアリング交換、シム調整済みでタイヤ取り付けローリングシャシーに。



a0248662_9263374.jpg
a0248662_926434.jpg








1946WR750

a0248662_9265954.jpg
a0248662_9272269.jpg



MさんのWR
T/Mスプロケットカバーのクラッチアームピボット部が随分と楕円になっていたため溶接。
スプロケットカバーの形状上、機械加工が出来ず手作業で溶接肉盛り部分を研磨しクラッチアームのピボット部ブッシュ圧入。クラッチアームのガタが無くなりました。






4SPEED MECANICAL TOP GEAR BOX

a0248662_927402.jpg
a0248662_9275879.jpg
a0248662_9281258.jpg


I君はULのトランスミッション・シフター周り考察。
ラチェットトップだったシフター周りをメカニカルトップに移植したらギアチェンジが出来なくなったというもの。
シフタードラム自体の位置が片側に寄ってしまっていて(約2mm)シフターフォークのシム調整では、ドッグギアの位置調整は難しそう。良品のシフタードラムと見比べてみることに。




1947FL1200

a0248662_1049229.jpg
a0248662_10493249.jpg
a0248662_10494340.jpg
a0248662_10495668.jpg


Iさんのナックルヘッド
シリンダーのボーリング作業が終わり戻ってきましたので、組み付けまえにお化粧直し。
また、配線の手直し作業。






1955FLH1200

a0248662_10501148.jpg
a0248662_10502157.jpg


Yさんのパンヘッド
お仕事が忙しく久しぶりに登場で、オイルラインとエキパイの取り付け。




1948WL750

a0248662_1050335.jpg


MさんのWLは外装周りのカスタム作業。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-26 14:26 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 19日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8535470.jpg
a0248662_854886.jpg
a0248662_8541714.jpg
a0248662_8543078.jpg
a0248662_8544189.jpg
a0248662_8545682.jpg
a0248662_855835.jpg


Wさんのナックルヘッド
OH済みとして手に入れた30年代のスプリンガーフォークチェック。
ロッカーアームはブッシュはそんなに減っていませんが、スタッド側が大分減っていますので交換。
ロッドブッシングは楕円がひどいので交換。
リジットフォーク、スプリングフォークともに曲がりっぷりチェック。





1979FXS1200

a0248662_8562517.jpg
a0248662_8563481.jpg
a0248662_8564819.jpg
a0248662_856587.jpg
a0248662_8571032.jpg

a0248662_85745100.jpg

a0248662_857577.jpg

a0248662_85896.jpg


S君のショベルヘッドはミッション周り
76年LATEモデルからカウンター、メインドライブギアのニードルベアリングは一体式に。
カウンター3.4速ギアにニードルベアリング圧入し、3.4速ギア、1STギアのスラスト調整。
メインドライブギアのブッシュは前加工後、圧入してラッピング・ホーニングし取り付け。
メインドライブギアベアリングを取り付け、メインドライブギアスラストチェック。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-19 09:19 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 14日

火・水曜日の授業風景

1976FXE1200

a0248662_0125517.jpg
a0248662_0131064.jpg
a0248662_0132321.jpg
a0248662_0151329.jpg
a0248662_0153436.jpg
a0248662_0155232.jpg
a0248662_016340.jpg
a0248662_0162061.jpg
a0248662_0164367.jpg
a0248662_0165790.jpg
a0248662_017759.jpg
a0248662_017205.jpg
a0248662_0175630.jpg
a0248662_0181063.jpg
a0248662_0182724.jpg


Hさんのショベルヘッド
ギア周りの本組みが終わりシフター周りへ。
シフターパウル周りのブッシュ、スプリング、爪など問題なくグリスアップし組み付け。
メイン側のシフターフォークは錆びていたので新品に交換。
ゲージをを取り付け、ドッグギアの位置チェック。問題なく組み付け。
ガタがあったラチェットギアブッシュは単品製作し取り付け。
0.2mmもガタがあったキックシャフトブッシュは使うキックシャフトにあわせ単品製作し取り付け。ラッピング仕上げ。
ミッション周りの作業はほぼ終わりヘッド周りへ。
ヘッド側にあわせ前加工済みのバルブガイドをヘッドに圧入。









1940WL750

a0248662_0195777.jpg

a0248662_020953.jpg

a0248662_0211128.jpg
a0248662_0214463.jpg

a0248662_0221017.jpg

a0248662_0244379.jpg
a0248662_0251463.jpg
a0248662_0252764.jpg
a0248662_0253794.jpg
a0248662_026040.jpg
a0248662_0261917.jpg
a0248662_0263492.jpg


IくんのWL
カム山が終了していた#1・#4カムシャフトはNOSもの手に入り、新品のT/Mメインシャフト・カウンターシャフトが来ましたので、計測作業。交換するブッシュを選出します。
ということで、カムカバー側の#3、#4カムブッシュは交換することに。
今回はI君自らブッシュは製作しますので、製作するブッシュの寸法を計算し簡単な図面を書く。
ブッシュ製作前にまずT/Mのメインシャフトベアリングレース交換。
圧入し、WL専用に製作したラッピングパイトット・ラッピングロッドを取り付けラッピングし、使うSTDローラーで適正クリアランスなる寸法まで内径を広げる。
で、ブッシュ製作へ。
10個以上作る予定で、これからブッシュ地獄が始まります。








1946WR750

a0248662_0325029.jpg
a0248662_033920.jpg
a0248662_0332546.jpg
a0248662_0333694.jpg
a0248662_0353053.jpg
a0248662_0354269.jpg
a0248662_0355121.jpg
a0248662_036215.jpg


MさんのWR
ヘッドライトステー交換し、スパイラルハンドルバーの長さ調整。
ハンドルのエンドナットで止められるスパイラルハンドルバーはスラスト(隙間)が多いとスロットルの開き始め、閉じ始めレスポンスが悪くなります。
シリンダーのバルブガイドホール加工。
溶接をされていたシリンダー側は0.2mm以上楕円になっています。(鋳鉄のものでここまで楕円になっているものは初めて見ました)
バルブシートに対し垂直だし冶具を使いアジャスタブルリーマーを使い真円になるまで内径拡大。







1947FL1200

a0248662_0363668.jpg
a0248662_0365056.jpg
a0248662_03756.jpg
a0248662_0372085.jpg


Iさんのナックルヘッド
固着し開かなかったツールボックッスをどうのか錆を落とし開く様にし、板金作業しちゃんと使えるようにして取り付け。
フロントバンパーは倒した跡があり少々変形しなかなか取り付けづらいが、なんやかんや取り付け。
このあたりのバンパーは本当すんなり付かないです・・・。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-14 01:18 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 12日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8441557.jpg
a0248662_845113.jpg
a0248662_8452620.jpg
a0248662_8453781.jpg


Wさんのナックルヘッド
1939ELの作業は終わり、2機目のトランスミッション。
以前に途中まで進めていたもので、思い出しながらの作業で必要なパーツを確認。また、パーツの使えるか・使えないか確認。
スピードメーターギア、スピードメータードライブユニットはそれぞれ年式ごとに3種類づつあり、
この年式36年~61年はスピードメーターギアは7T、ドライブユニット11Tの組み合わせ。







1979FXS1200

a0248662_8473145.jpg
a0248662_8475037.jpg
a0248662_8482741.jpg

a0248662_8504119.jpg

a0248662_8491089.jpg
a0248662_8493399.jpg
a0248662_8495273.jpg


S君のショベルヘッド
リフト量が増えるタイプのハイカム使用に伴い、バルブスプリングを.550”リフト用にコンバート。
純正のバルブスプリングとの取り付け長、スプリング圧比較。スプリングリテーナーを変更するため、ヘッドとの干渉部チェック・リテーナー側加工。
チェックごとが終わりバルブ組み付け。
多めだったロッカーアームスラストはシャフト側を少々切削し組み付け。







1976FXE1200

a0248662_8513328.jpg
a0248662_8515438.jpg
a0248662_8521978.jpg
a0248662_8523029.jpg
a0248662_8525171.jpg
a0248662_8531897.jpg


Hさんのショベルヘッド
仮組み確認作業が終わり、シールを取り本組み。
メインシャフトベアリングのリテーニングプレートは変形していたので、ある程度プレスで整形し面研し取り付け。
次回、シフターとキックギア周りです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-12 09:12 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 23日

火曜日・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_311412.jpg

a0248662_312420.jpg

a0248662_315225.jpg
a0248662_321478.jpg

a0248662_371944.jpg
a0248662_373913.jpg


Iさんのナックルヘッドはプライマリー周り組み立て。
プライマリーチェーン張り調整後、クラッチの切れっぷり調整。
クラッチカバースクリューの雌ねじがクラッチのプレッシャープレートと干渉していたようで、ねじ穴が無くなっていたので、ナット溶接。プレッシャープレートと干渉しないかチェック。
またクラッチプレートのボルトの長さ調整。
NO.8のボルトがついていたプライマリカバーはNO.10のスクリューに交換し取り付け。
プライマリー周りO.Kです。






1946WR750

a0248662_382430.jpg
a0248662_384041.jpg
a0248662_385036.jpg
a0248662_385849.jpg


MさんのWR
ガスタンクの花咲Gを終わらせ、フォークのトップツリー、ライザー。
マグネトーキルスイッチをつけるためハンドルにねじ穴を開け、配線、ケーブル中通ししハンドル取り付け。









1940WL750

a0248662_2542745.jpg
a0248662_2552578.jpg

a0248662_2554198.jpg

a0248662_2555149.jpg

a0248662_2561894.jpg
a0248662_2563160.jpg

a0248662_2564542.jpg
a0248662_2565419.jpg

a0248662_2574274.jpg

a0248662_2575559.jpg


I君のWLはタイミングギア周りの計測。
ピニオンシャフトベアリングは状態良しだが、カムブッシュ・ピニオンブッシュはガバ目
バルブシートが削れタペットを随分削っていたEX側のカムはフロント・リアともに随分とやられている。
同じくタペットローラーもEX側があまり見られないやられかたをしています。
タペットガイドのガタもそれなりにありますので、オーバーサイズにする必要がありそうです。
これでエンジン周りの計測作業は終わりで、問題点が見えてきました。
I君は東京ライフを円滑に進めるべく足バイクのFTRを手に入れ、しっかり整備をしています。










1973XLCH1000

a0248662_228239.jpg
a0248662_2281483.jpg
a0248662_2291353.jpg
a0248662_2294414.jpg
a0248662_2295435.jpg
a0248662_2301248.jpg
a0248662_2302012.jpg
a0248662_2303774.jpg
a0248662_2304655.jpg
a0248662_231225.jpg
a0248662_231193.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
73年のアイアンはこの年式だけFブレーキがバナナキャリパー。大きなキャリパーなためガタが出やすいフォークとのマウント部のガタチェックし問題なし。
随分削れていたパッドピン交換、オイルシール交換し仮組み。
またフロントフォークシール周り交換。
よくやられている、フェンダーマウント部のネジ穴はしっかり無くなっていましたのでヘリサート加工。
ベアリングレース部が錆びていたネックカップは抜き取り。錆で固着していましたが計測し問題なし。テーパーベアリングにコンバートします。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-23 03:51 | その他 | Comments(0)