Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ナックル ( 199 ) タグの人気記事


2019年 03月 05日

月曜日の授業風景 




1937EL1200


a0248662_00465818.jpg
a0248662_00471355.jpg
a0248662_00473500.jpg
a0248662_00474803.jpg
a0248662_00481112.jpg
a0248662_00482902.jpg

Wさんのナックルヘッド
ガタガタだったクラッチロッカーのブッシュ抜き取り計測。
Wさん自らブッシュ製作。
圧入、ホーニングしクリアランス調整し、ガタ無くスムーズに。












1963 TRIUMPH T120

a0248662_00492972.jpg
a0248662_00493468.jpg
a0248662_00494037.jpg
a0248662_00494921.jpg
a0248662_00500491.jpg
a0248662_00570442.jpg
a0248662_00501445.jpg
Yさんのトライアンフ
前回、G/B周り仮組みしギアチェンジチェックまでO.K
こちらもYさん自ら製作したキックスピンドルブッシュを圧入・ホーニングしクリアランス調整。
大分磨耗していたキックスターターピニオン・スターターラチェットは交換。
組み付け、キックの回りっぷりチェックですが、回りが渋い。
クリアランスつめ気味だったためアウターカバーをしっかり留めると、カバーが歪み渋くなったようだ。
ラインだしラッピングし取り付け。スムーズに回るようになり、キック回りっぷりチェックしO.K。
ギアボックス回りの仮組み作業が終わり、プライマリー回りの作業へ。



















1976FXE1200

a0248662_00514963.jpg
a0248662_00521305.jpg
a0248662_00522815.jpg
a0248662_00523731.jpg
a0248662_00525421.jpg
a0248662_00532140.jpg
a0248662_00533532.jpg
a0248662_00535666.jpg
Hさんのショベルヘッド
ナメていたキックカバースタッド部のねじ穴をヘリサート加工。メインドライブギアベアリングレースで位置決めして垂直を出しセットアップ。
メインドライブギアブッシュは専用生爪を使い予め内径加工し圧入。
ラッピングしクリアランス調整。
メインドライブギアを仮組み、エンドプレイチェック。
また、メインシャフトを入れ回りっぷりチェック。芯ずれなくスムーズに回りO.K
メインシャフト3RDギアもスラストチェック。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







by sgf1906 | 2019-03-05 01:16 | その他 | Comments(0)
2019年 02月 28日

火・水曜日の授業風景

1955FLH1200
a0248662_14315790.jpg




Yさんのパンヘッド
シャットオフバルブからのガソリン漏れ問題を解決し、エンジン始動。
無事エンジンかかり一安心。
冷間時の始動がイマイチなので次回、フロートレベルをもう一回チェックする予定。
とりあえず車検準備作業に。











33.4 FRONT RORK
a0248662_14380216.jpg
a0248662_14380998.jpg

a0248662_14381322.jpg
a0248662_14381757.jpg
a0248662_14382226.jpg
修理でお預かりしている33.4mmフロントフォーク
状況知るため分解作業。
前期のダンパーロッドが上まで伸びているタイプで、このタイプのダンパーチューブ周りのパーツはリプロが出ません。
ダンパーチューブのネジ固着に苦戦しつつ、無事壊すことなく抜き取りダンパー周りチェック。
ダンパー周りは錆固着破損なく使えます。
ブッシュとインナーチューブクリアランスチェック進行方向で0.2mmのガタありでブッシュ交換は必要。













1978FXE1200

a0248662_14395715.jpg
a0248662_14400131.jpg
a0248662_14401662.jpg
a0248662_14402156.jpg

Mさんのショベルヘッド
前回、フレーム周りの余計なステー類を切り落とし仕上げして今回、お化粧直し。
フロントブレーキ周り組み付け
Mさんが居るって言うことはランチはパスタ三昧。















1976FXE1200
a0248662_14361806.jpg
a0248662_14362319.jpg
a0248662_14362733.jpg
a0248662_14364411.jpg
a0248662_14364931.jpg


a0248662_14192096.jpg


a0248662_14192584.jpg
a0248662_14193183.jpg
a0248662_14193606.jpg
a0248662_14194103.jpg
Hさんのショベルヘッド
は引き続きトランスミッション
ケースのキックカバー面、トップカバー面面研
2基あった一基目のトップカバーはクラックが酷く使い物にならず。
社外ではあるが2基目の状態がよかったトップカバーを組み付け使います。
キックカバーも一基目のものはキックブッシュ部にクラックありでカバーは2基目のものを使います。
キックシャフトは減りが少ないほう。クランクギアも状態が良い方を使いますが、こちらも手直しが少々必要です。
1速2速ギアのブッシュ交換、スラスト調整を終わらせたカウンターギアはベアリング選択しクリアランス調整組み付け、エンドプレイ調整。
虫食いがあったメインドライブギアベアイングレースも交換し計測。
ローラー選択、クリアランス調整。














1947FL1200
a0248662_14161858.jpg
a0248662_14162402.jpg
a0248662_14163036.jpg
a0248662_14163508.jpg
a0248662_14164015.jpg
a0248662_14165615.jpg
a0248662_14170171.jpg
a0248662_14170904.jpg

福島からお越しのEさんのナックルヘッド
前回、トランスミッションの分解作業を終わらせ、今回エンジン腰上の分解作業。
ロッカーアームカップ周りからのオイル漏れがだいぶありましたので、このあたりはしっかり止めてあげたい。
ロッカーアームのバルブとの摺動部は随分研磨されているよう。バルブとの作用角をチェックする必要がある。また一部破損も。
問題点の多いヘッドとロッカーカバーのマウント部。
前後ともに修正跡がありますが、片側はやり直しが必要のようです。
苦労の多いナックルのロッカー周り。今回も色々とありそうです。















WL BRAKE PANEL

a0248662_14132611.jpg
a0248662_14134172.jpg
a0248662_14134779.jpg
a0248662_14140805.jpg
a0248662_14141312.jpg
a0248662_14141765.jpg
a0248662_14142387.jpg


OさんはWLのブレーキ回り持込。
リア側ブレーキオペレーティングカムブッシュ周りの加工。
樽状に減っていたオペレーティングカムは新品に交換。
が、軸受け部とのガタがありますので、ブッシュ製作します。
プレート側をマウントしアジャアスタブルリーマーで役1mm程度内径拡大。
アルミ青銅で片肉0.5mmのブッシュ製作し圧入、ホーニングしクリアランス調整。
同じくRブレーキのオペレーティングカムも新品交換。
こちらは片肉1mmの鉄ブッシュがリプロで販売されていたので、そちらを使います。
ブッシュにあわせ、オペレーティングカムシャフトホール内径拡大。
同じく圧入しホーニングクリアランス調整。
フロントパネルのセンターブッシュも交換クリアランス調整。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2019-02-28 16:12 | その他 | Comments(0)
2019年 02月 01日

水曜日の授業風景



1965 TRIUMPH TR6
a0248662_01385655.jpg
a0248662_01390180.jpg
a0248662_01390627.jpg
a0248662_01391190.jpg
a0248662_01391570.jpg
新入生Oさんのトライアンフ
先日抜いたキックシャフトブッシュ、ギアチェンジスピンドルブッシュのカバー側ホール計測し、ガタがあったカムブッシュも抜き取り、ブッシュホール径計測。
これでエンジン周りの計測ごとが終わり、螺子修正作業へ。
螺子講習をケース側の螺子修正開始。
何箇所かヘリサート加工が必要なところがあります。









1947FL1200
a0248662_01392485.jpg

a0248662_01393338.jpg
a0248662_01392830.jpg
a0248662_01395359.jpg
a0248662_01404592.jpg
a0248662_01411959.jpg
a0248662_01415741.jpg
a0248662_01420004.jpg
福島県からお越しのEさんのナックルヘッド
先日分解前の試乗を済ませ、問題点を把握し分解開始。
まず、すでにクラックが見つかっているギアボックスから分解開始。
随分と減っているスプロケットは交換。
また、随分がブッシュにガタがあったキックラチェットギアはギア自体もやられています。またキッククランクギアも減りが酷い。まだ見ていませんがキックシャフトブッシュもガタがあるでしょう。
ケースマウントの1本が見たことの無い位置になっています。
以前に溶接修理されている様で、新たに螺子を切りなおした位置をずらしています。
たぶん、溶接修理した場所(元の位置)に改めて螺子穴を開けるのに不安があったと思われます。
ドレンボルトも1/2”以上ねじ山がなくなっていますのでヘリサート加工が必要。
また、こちらははじめから判っていた、キックカバースタッドも溶接が必要です。

次回は、ミッションギア周りの計測作業となります。










1979 SHOVEL HEAD
a0248662_01422474.jpg
a0248662_01423781.jpg
I君はBASSY ENGINEETING としてショベルのヘッド修理業務。
それぞれ計測し、燃焼室清掃、ガイド抜き取り。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純









by sgf1906 | 2019-02-01 02:14 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 29日

月曜日の授業風景 2台のナックル試乗


今日は生徒さんはIさん一人だけでしたので、1日中試乗DAYとなりました。
偶然2台とも1947FLナックルヘッドであります。






1947FL1200

a0248662_23452300.jpg

Iさんのナックルヘッド
エンジン始動後、初の試乗となりました。
エンジン始動時大体のキャブセッティングは出ていますので問題はエンジンその他部分の確認です。
エンジンは冷間時も温間時も一発始動。
クラッチの切れ問題なく、ギアの入りもガチャではなくスルっと入ってくれます。
また、ブレーキ効きも欲く、スプリンガーフォークも良く動いてくれています。
細かなキャブセッティングはしていませんが、バック・アウタファイヤー、くしゃみもなくスムーズ。
オーナーIさんが細かなところまで気を配り、組んでくれたおかげで非常に調子が良く、ガサツな所が無く非常にジェントルであります。
面白いもので、組んだ人によって違いが出てくるものです。









1947FL1200

a0248662_23453292.jpg
新入生Eさんのナックルヘッド
授業開始前に試乗し問題点をチェックします。
少々調整ごとを済ませエンジン始動。
まず問題点は、冷間時の始動が悪いこと。マグネトー点火ということもあると思いますが、だいぶガソリンを食わせないとエンジンがかからない。
また、オーナーさんが懸念していた、ロッカー周りからのオイル漏れあり。
エンジンを回した後に白煙が吹きましたが、このあたりもロッカーバルブスプリングカップの問題が含んでると思われます。
なんとなく問題点もわかり、次回から分解開始です。

















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-01-29 00:36 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 24日

水曜日の授業風景




1965 TRIUMPH TR6

a0248662_01394358.jpg
a0248662_01401738.jpg
a0248662_01402240.jpg
a0248662_01402714.jpg
a0248662_01403530.jpg
a0248662_01404016.jpg
a0248662_01404440.jpg
Oさんのトライアンフは分解計測作業。
クランクシャフト軸受けベアリングとケースとの嵌め合い良好。
カムブッシュは交換予定。
ギアボックッスハイギアブッシュ、レイシャフト1stギアブッシュはガタがあり交換。
インナーカバー側ベアリング抜き取り。こちらもはベアリングとの嵌め合いは良好。
アウターカバー側のキックシャフトブッシュ、ギアチェンジスピンドルブッシュもガタがあり交換で抜き取り。










1978FXE1200


a0248662_01405761.jpg
a0248662_01410936.jpg
a0248662_01410401.jpg

Mさんのショベルは車体周り
フロント・リアともにホイールを取り付け、ローリングシャシーに。
車体周りの余計な配線類は取り外し清掃。
オイルタンク清掃。








1947FL1200


a0248662_01411810.jpg
a0248662_01412397.jpg
a0248662_01412973.jpg
Eさんのナックルヘッド
スクール開始前に試乗するため、外れていたキックカバーを取り付けエンジン始動。
キックカバースタッドは何本か螺子が駄目になっています。
また、T/Mドレンボルトもケース側のねじ穴が半分なめています。
オーナーEさんの言っていた通りロッカーカバーからのオイル漏れあり。また、色々とチェックが必要です。












1980XLH1000

a0248662_01414272.jpg
a0248662_01414980.jpg
卒業生Iさんのアイアンスポーツ
T/Mメインシャフトシール交換。
また、Rスプロケットを49Tに交換。












1976XLCH1000

a0248662_01415669.jpg
a0248662_01420199.jpg

Zくんのアイアンスポーツは車検整備。
卒業してもう2年たつのですね。
オイル漏れは無いものの大分やれて来ましたね。





a0248662_01423285.jpg

今日の PIZZA MATSUURA
10時間煮込んだ牛肉さんがトロケルクリームソースのパスタ。
今日もおかげでお腹がいっぱいです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-01-24 02:14 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 23日

月・火曜日の授業風景




1963 TRIUMPH T120

a0248662_01140036.jpg
a0248662_01140724.jpg
a0248662_01141372.jpg
a0248662_01141967.jpg
a0248662_01142793.jpg
a0248662_01143362.jpg

Yさんのトライアンフ
単品製作したハイギアブッシュ圧入後、ホーニングしクリアランス調整。ガタなくスムーズに。
レイシャフト1stギアブッシュはYさん自ら製作。
旋盤講習をし失敗することなく製作。
圧入し同じくホーニングしクリアランス調整。
レイシャフト仮組みしてエンドフロートチェック。












1992FXR1340

a0248662_01134858.jpg
a0248662_01144760.jpg
a0248662_01145498.jpg
a0248662_01150214.jpg
a0248662_01153380.jpg
a0248662_01154008.jpg
a0248662_01154815.jpg
a0248662_01155611.jpg
a0248662_01160346.jpg
卒業生S君は最近手に入れたFXRを持ち込み。
両リム交換。
フロント側は問題なく、ベアリング交換、スラストチェック、タイヤ交換をし取り付け。
R側は、一旦仮組みして、チェーンライン調整。
ローターのシムプレートはサイズが合わなかったので加工し取り付け、キャリパー位置シム調整して、タイヤ交換・取り付け。













1947FL1200

a0248662_01162798.jpg
Iさんのナックルヘッド
今回市場予定でありましたが、私自身バタバタとしていまして、Iさんとともにじっくり試乗がしたいため次回に持ち込み。
シールドウィンド取り付けともろもろ調整ごと。










1968FL1200

a0248662_01163845.jpg
a0248662_01164323.jpg
Hさんのショベルヘッド。
以前にVMSにてミッションO/Hした車両で、今回ブリーザーからオイルが噴くということで、チェック。
オイルポンプをばらしてみたところ、原因は別のところにあり・・・これは恥ずかしくて言えません。
ともあれ、オイルポンプをはずしたときに、謎の破片あり・・・でカムカバー側分解しチェックします。









製作物

a0248662_01173060.jpg
a0248662_01174437.jpg
a0248662_01175068.jpg
a0248662_01175513.jpg
I君はショベルヘッドのオイルタンクマウントステーを作り直し、ラバーマウント化します。
また、サンビームのガソリンタンク加工(修正)中。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-01-23 01:40 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 19日

1947FL1200 エンジン腰上搭載&リンカートキャブ



今日はIさんのナックルヘッドまとめブログ
エンジン腰下搭載です。

a0248662_00110949.jpg
色々と問題があったシリンダー周り。
R側新たにシリンダー入手しフロントとリア側あわせ.020"O.Sピストンでボーリング。上下面研しシリンダーの長さも合っています。


a0248662_00111483.jpg
a0248662_00111919.jpg
a0248662_00112475.jpg
リングギャップチェック・リングクリアランスチェック・オイルリングのエキスパンダーも削り、オイルリングの圧力も調整。





a0248662_00112961.jpg

a0248662_00113372.jpg
シリンダー、シリンダーヘッドトルク管理し組みつけ。





a0248662_00114632.jpg

a0248662_00114168.jpg



a0248662_00121298.jpg
マニホールドシールは対策品を使用。
ヘッド組み付け時にマニホールドの平行を出しておき組み付け。
また、キャブの水平も出しておきます。




a0248662_00123667.jpg
マニホールド部に洗剤を付けておき二次エアチェック。



a0248662_00185752.jpg
ここからは少々、キャブレーターのお話に。

a0248662_00143473.jpg
分解し清掃、それぞれチェック。



a0248662_00150279.jpg
a0248662_00150645.jpg
a0248662_00305602.jpg
固着ししていたメインノズルは抜き取り工具製作し抜き取り。
メインノズルは新品に交換。




a0248662_00125356.jpg
また、ベンチュリーは小さいものが入っていましたので、適正サイズのものに交換。





a0248662_00142907.jpg
フロートボウルのナット座面部は荒れていましたので面研。



a0248662_00151702.jpg
フロートレベル調整。




a0248662_00152941.jpg
a0248662_00210241.jpg
マニホールド面面研。

a0248662_00154430.jpg
スロットルバルブの開きっぷり調整。




a0248662_00152382.jpg
a0248662_00272169.jpg
ナックルにはインシュレターは付いていませんが、パーコレーション防止、低速安定を狙いつけます。
で、マウントボルトの長さが変わりますので、ねじ製作。




a0248662_00141521.jpg
a0248662_00140854.jpg
同じく長さが変わったため、チョークロッドも交換。



a0248662_00295983.jpg
a0248662_00295383.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2019-01-19 01:09 | 1947FL1200 | Comments(0)
2019年 01月 16日

月・火曜日の授業風景



1976FXE1200

a0248662_00190616.jpg




a0248662_00191255.jpg
a0248662_00192210.jpg
a0248662_00192661.jpg
a0248662_00193095.jpg
a0248662_00194188.jpg
a0248662_00234708.jpg
a0248662_00235339.jpg


Hさんのショベルヘッド
カムカバーを交換したためか、ピニオンベアリングレースとピニオンシャフトブッシュのラインだしに苦労しつつ、どうにか解決の方向に。
カムギア・ピニオンギア計測しピニオンギアサイズ選定。
ピニオンブッシュ・レースのライン出て、クリアランスか適正になった状態で、もともと付いていたピニオンギアを入れてみると、ギアの偏芯ップリが酷いのがよくわかる。
タイミングギア周りについては、最近考えることが多い。このあたりの話は改めて。
一箇所なめ気味のねじを穴ヘリサートしクランク周りの作業へ。











1963 TRIUMPH T120

a0248662_00204223.jpg




a0248662_00205134.jpg

a0248662_00205646.jpg
a0248662_00211012.jpg
a0248662_00211686.jpg

Yさんのトライアンフ
カムブッシュの加工ごとが終わりカムギア仮組み。
アイドラギアスピンドルはケース側が手スポだったのでオーバーサイズのスピンドルを調整し圧入。
アイドラギアブッシュは磨耗しておらず、少々ラッピングしクリアランス調整。
ソレゾレギア仮組みして回りっぷり、バッククラッシュチェック。少々EX側はバッククラッシュが多いかな。
タイミングギア周り仮組みごとは終わり、ギアボックスの作業に。











1937EL1000

a0248662_00220928.jpg
a0248662_00223184.jpg
a0248662_00223639.jpg
a0248662_00224018.jpg
a0248662_00224844.jpg

Wさんのナックルヘッド
4本ソレゾレ長さ違う、ロッカーアームの研磨をするため工具作り。
オーバーサイズにしたロッカーアームにあわせ、オーバーサイズのスピンドルを製作。
約200mmのながもののスピンドル製作は骨が折れる。
少々簡易的であるが、完成しバルブとの摺動面研磨。











1978FXE1200
a0248662_00241140.jpg
a0248662_00241852.jpg
a0248662_00250601.jpg
a0248662_00251795.jpg
a0248662_00254104.jpg
a0248662_00260837.jpg
a0248662_01091166.jpg
Mさんのショベルヘッド
スプリンガーフォークのロングフォークロッド製作しロッカアーム角度調整。
振れとりしたホイール取り付け、センターが出ているかチェックし問題なし。
次回、タイヤを取り付けることにし、Rブレーキ周りの作業へ
折れていたドラムのダウエルを研磨しサイズ調整し取り付け。

今日のパスタはトマトのリゾット&シラスとニンニクのパスタ・お肉付きでなつかしのビンコーラと共に。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-01-16 01:10 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 10日

火・水曜日のVMS





1981FXS1340
a0248662_00574377.jpg
a0248662_00574960.jpg
a0248662_00575454.jpg
a0248662_00575825.jpg
a0248662_00580215.jpg
a0248662_00582176.jpg
a0248662_00582610.jpg
a0248662_00583692.jpg

修理依頼、Sさんのショベルヘッド
エンジンの組みつけが終わり、プライマリーへ
配線剥き出しになっていたステーターコイル交換、ローターとの干渉チェックし取り付け。
プライマリーベルトの張り、Dチェーンの遊び調整。
クラッチは錆びつききれない状態でありましたので、分解チェック。
こちらもOHとなりました。










XL33.4 FRONT FORK
a0248662_01025898.jpg
a0248662_01030393.jpg
a0248662_01030896.jpg
a0248662_01031534.jpg
a0248662_01032002.jpg
a0248662_01032861.jpg

修理依頼のXL33.4フロントフォーク
ロワー側のブッシュは移動距離が長く、抜き取り、圧入ともに緊張する。
新品インナーチューブ、アウターチューブにに合わせブッシュ単品製作。
圧入しラッピング、クリアランス調整。







1978FXE1200

a0248662_01082664.jpg
a0248662_01085814.jpg
a0248662_01092169.jpg
a0248662_01093270.jpg
a0248662_01101271.jpg
a0248662_01093936.jpg

Mさんのショベルヘッド
社外のフレーム・ネック角度が寝ているため、ロッカーアームの角度が悪い。
ネックベアリングを交換取り付けし、製作したロングバージョンフォークロッドを取り付け、ロッカーアームの角度調整。
フォークロッドを伸ばしたため、スプリング圧の調整も必要になるであろう。










1951 TRIUMPH T100
a0248662_01314928.jpg
今月にイギリス留学行きが決まっているHさんのトライアンフ
最終チェックしに。
試乗、膿みだし、慣らしはVMSでやっておきます。
Hさん、11ヵ月後お待ちしています。
楽しんできて下さい。


















1965 TRIUMPH TR6
a0248662_01314506.jpg
a0248662_01320366.jpg
a0248662_01320912.jpg
a0248662_01321612.jpg
a0248662_01322121.jpg
新入生Oさんのトライアンフ
バラバラ状態でVMSに入学です。
パーツの整理作業を済ませ、腰上部分から計測開始。












1947FL1200
a0248662_01342526.jpg
新入生Eさんのナックルヘッド
福島から通うためVMSに来られるのは月1回程度なので、重整備作業は私がやる予定。
一旦走れる上体し、試乗・状態をチェックしてからの分解作業となります。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2019-01-10 02:43 | その他 | Comments(0)
2018年 12月 31日

来年もよろしくお願いします

a0248662_13120595.jpg

卒業間近の1947FL1200、Iさんのナックルさんと
1951T100、Hさんのトライアンフさん。
ハーレーと英車、この一年のVMSを象徴するような2台
4歳差でありながら、国も設計思想も違う二台が足立区の舎人出会い、丸裸にされたわけですから、なかなか感慨深いです。

ナックルのIさんはトリニティー時代から含めうちで3代目の車両で長い付き合いですが、今回はなんやかんやと状態が悪く本当苦労しました。
普通だったらもう嫌になるだろうなと思いつつ頑張ってくれました。

トライアンフのHさんはVMS見学に来た際に、私自身がこのモデルのトライアンフを触ったことが無く、無知であることを知りながら、それでも入学することを決め、一緒に勉強しつつの作業となりました。

旧車の値段が高騰してるなか、なかなか触る機会が無くなってくると思れる車両。
私を信頼し付き合って頂き本当に感謝しています。




よく生徒さんから普通のバイク屋をやらないのですか?と聞かれます。
実際、スクールとして営業していくより修理や車両を仕入れOHして売り出したほうが、能率も割りも良いと思われます。
しかし、生徒と先生とした形で始まり1年近く共にバイクと向き合い、同じ言語で話し合える仲間みたいな関係性になっていく「レストアスクール」は私自身本当に楽しい。
正直、商売として考えるとなかなか厳しいのですが、出来るだけ続けて行きたいと考えていますので、これからも宜しくお願いします。








年末のVMS


a0248662_13122355.jpg
a0248662_13123092.jpg
a0248662_13123506.jpg
a0248662_13124061.jpg
a0248662_13124501.jpg
どうにか年内に済ませたい製作ものを終わらせ、29日にはBBQ
ド年末にも関らず、ブログでのお誘いで多くの方に集まってもらい有難う御座いました。
ブログを見てなかった人も居たそうで、次回はちゃんとメール出します。
在校生シェフMさんの料理もあり楽しくお酒を飲めました。
(うちの母親は炊き出しといっていましたが・・・)


a0248662_13125303.jpg
a0248662_13125875.jpg
テーブル代わりのオイル塗れのリフト上で手掴みでペンネを頬張る息子。
菌塗れで丈夫になってくれ。



a0248662_13130217.jpg

VMS元年であった石橋君
週半分はVMS、半分は内燃機屋で働き、お疲れさんで殆ど寝ていたんじゃないだろうか。
トリニティー時代の私も仕事後、飲みに行ったら、いの一番に寝ていたな・・・。
高年齢化が進んでいるこの業界。
石橋君のような若者(若者に見えない)と共にいるとリフレッシュされます。








a0248662_13131103.jpg
a0248662_13131795.jpg
30日は、その石橋君に手伝ってもらい、工場裏スペースの廃品処理。
やばい位の廃材木の量。
一人でやらなくて良かった・・・。

a0248662_13152936.jpg
a0248662_13153637.jpg
a0248662_13154222.jpg
a0248662_13154778.jpg
a0248662_13162221.jpg

この後、そこそこに整理整頓して今年は終わりにします。
年末気分で改めて見回すと、ハンド工具類はトリニティーからのもの。機械類も付き合いのある内燃機屋さんから安くおろしてもらったり、旋盤なんかは親友からの譲渡品。
プレスも生徒さんから貰ったもので、作業卓や棚類は皆さんで作ってもらったものばかりです。
まぁ本当皆さんのお陰でここまでやってこれています。
今年一年有難う御座いました。
また来年会いましょう。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-12-31 14:38 | その他 | Comments(0)