Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 218 ) タグの人気記事


2018年 07月 17日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8492854.jpg
a0248662_8494129.jpg
a0248662_8495077.jpg



Wさんのナックルヘッド
欠けがあったキックカバーは溶接肉盛後、穴位置を決め穴あけ、ナット座面部整形。
キックブッシュ抜き取り、ブッシュ圧入部は大分楕円に変形していましたのでボーリング作業が必要。







1976FXE1200

a0248662_8502978.jpg
a0248662_8503899.jpg
a0248662_8504921.jpg


Hさんのショベルヘッド
ガタがあったバルブガイド抜き取り前に剥離剤とHさん持込の重曹ブラストを使い、徹底清掃。






1967TRIUMPH TR6

a0248662_8511834.jpg
a0248662_8513145.jpg
a0248662_8515055.jpg


Hさんのトライアンフ
ギアボックッスのケース面とインナーカバー面からのオイル漏れがあったためガスケット交換。




1968FLH1200

a0248662_8531645.jpg
a0248662_8533145.jpg


Hさんが持ち込んだアーリーショベル
ギアボックスにはオイルが入っていおらず、錆色が見えたので分解チェックすします。







1967TRIUMPH TR6

a0248662_854214.jpg


Oさんのトライアンフは特別クラス、カスタム作業中。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-17 09:04 | その他 | Comments(0)
2018年 07月 14日

1986 TRIUMPH HARRIS BONNEVILLE ヘッド周り(バルブガイド)

今日はトライアンフ・ハリスボンネのお話。
ガタがあったバルブガイドの入れ替え作業です。

a0248662_8254255.jpg
a0248662_827122.jpg


まずバルブガイドの抜き取り。
以前に750ccのガイドの抜き取り作業の際、燃焼室側からガイドを叩きガイドが変形し抜き取りに苦労した覚えがあります。(ガイドが少々柔らかい)
そのため今回は頭部分に螺子をきっておきボルトを入れ抜き取り。
抜き取り後、バルブガイドホール計測。
それぞれの穴の状態は良く軽くホーニングし内計12.70mm~12.71mm。


a0248662_8273951.jpg
a0248662_827495.jpg

a0248662_828011.jpg

a0248662_8281126.jpg


kibble white製のバルブガイド
純正のクリップ留めのガイドと違い、鍔付きのものであります。
やはり、クリップ留めのものより鍔付きのものの方が良いであろう。ということでバルブスプリングカラーを加工し鍔つきのまま使います。

まずはバルブステム径にあわせバルブガイド穴リーミングし内計拡大、クリアランス調整。
ヘッドに対し適正嵌め代の数値に外径切削&研磨。
アルミ青銅系のバルブガイドは予め内計拡大をしておかないと後々大変です。




a0248662_8282623.jpg
a0248662_8283669.jpg

a0248662_830278.jpg


a0248662_8284969.jpg
a0248662_8285861.jpg


750ccには付いているロッカーとのダウエルピンを抜き取り、ロッカーカバー面、シリンダー面の面研。
このダウエルピンはロールピンが使われているため、少々取りづらい。バイスグリップなどでハサムのだか今回も一個失敗。ねじ切りして抜き取り。



a0248662_8304322.jpg
a0248662_8305112.jpg


ヘッドよく暖めガイド圧入。


a0248662_831623.jpg
a0248662_8311654.jpg
a0248662_8312586.jpg

圧入後、嵌め代分縮まった内径を、リーマーを通しクリアランス調整。
粘り硬いアルミ青銅は一回リーマーを通しても切れきれない。
計測しつつ、リーマーを通し最後ホーニング作業。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-14 08:51 | 1986 TRIUMPH HARRIS | Comments(0)
2018年 07月 12日

最近の授業風景

1978 TRIUMPH T140E

a0248662_11413341.jpg

a0248662_11414560.jpg


Tさんのトライアンフ
配線引きなおし作業も大詰め。
自らガソリンタンク・サイドカバーの塗装を致しまして、ライン位置決め中。








1976FXS1200

a0248662_1142036.jpg

a0248662_11421267.jpg

a0248662_11453258.jpg

a0248662_11423688.jpg

a0248662_11425153.jpg


Hさんのショベルヘッド
Hさんが持ち込んだ74スプリンガーにはテーパーベアリングがぶち込まれていまして、プーラー類を使っても抜けず、レースに切れ込みを入れるとパキッと割れ摘出。
ノーマル74スプリンガーにテーパーローラーを仕込む場合、ステムシャフトを交換するか、テーパーローラー内輪を加工する必要があります。たまに、無理やり圧入されているものがります。
今回は、ステムシャフトはそのままでボールベアリングで行くことに。
ステムカップがフレームネック側に対し0.3mmと嵌め代としては随分大きかったので、冶具製作してネックカップ加工。圧入取り付け。







1937EL1000

a0248662_11431768.jpg

a0248662_11433064.jpg

a0248662_11434618.jpg



Wさんのナックルヘッド
割れていたキックカバースタッドマウント部は溶接で肉盛り。
冶具を製作して平面研磨機にセットし面研磨。
30Sのマニホールドニップルは40Sのものとサイズが違います。
Oリングタイプのマニホールドニップルは市販されていないため、製作考察中。







1981FXS1200

a0248662_1144648.jpg

a0248662_11441977.jpg

a0248662_11443451.jpg


Sさんのショベルヘッド
コンロッドビッグエンドベアリングレース真円ラッピング後、ローラーあわせクリアランス調整。
少々虫食いがあったクランクピンはJIMS製のものに交換。






1964XLCH900

a0248662_11502393.jpg
a0248662_1150417.jpg
a0248662_11505946.jpg


S君のアイアンスポーツ
フロントフォークインナーチューブ交換。
新しい、インアーチューブは元々入っていたものより0.1mm以上大きめに作られていたため、そのままではアウターチューブに通らず・・・。
中古インナーチューブを使い、ラッピングクリアランス調整。
ガタなくストンとインナーチューブが落ちるように。
フォークブッシュはクリアランスをつめ過ぎると、斜めに作動するためフォークの動きが悪くなります。







1978FXE1200

a0248662_11511928.jpg
a0248662_11513223.jpg
a0248662_11514267.jpg


Mさんのショベルヘッド
普通R側のコンロッドベアリングレースはコンロッドサイド面に対し面一。コンロッド内側にレースが少々飛び出る程度に圧入されているものですが、Mさんのコンロッドは以前にレース交換され、レースがコンロッド側面から飛び出していました。そのため、コンロッドのスラスト調整ができない為、コンロッド側面(レース部)平面研磨。
アンダーサイズコンロッドワッシャーを製作してスラスト調整。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-12 12:20 | その他 | Comments(0)
2018年 07月 08日

土曜日の授業風景

1982FXS1340

a0248662_2212724.jpg
a0248662_2221545.jpg
a0248662_2222526.jpg
a0248662_2223663.jpg


Oさんのショベルヘッド
トランスミッションの組み立て作業。
清掃作業を終わらせカウンターシャフト側から。2ndギアブッシュは良好、1stギアブッシュは新品に交換。1st、2ndギアのスラストチェック、調整。
3rd&4THギアのスラスト調整。シフター回り組み付け。






1964 TRIUMPH SMALLUNIT

a0248662_2233168.jpg

a0248662_22316.jpg
a0248662_2231223.jpg
a0248662_2235263.jpg
a0248662_224238.jpg
a0248662_2242021.jpg


Kさんのトライアンフ
ロッカーボックススタッドは4本中3本オーバサイズ化され、螺子部もイマイチだったため余計な螺子穴部を堀りアルミロウで埋めて、面研作業。
ドライブ側カムブッシュ製作しオイル穴加工し圧入。ラインだしラッピング。






1958 VELOCETTE VENOM

a0248662_2263214.jpg
a0248662_2265018.jpg
a0248662_227534.jpg
a0248662_2271559.jpg
a0248662_2272793.jpg


Iさんのベロセット
クランク分解清掃作業。
クランク分解前にクランクシャフトの振れチェック。タイミングサイド0.05mm、Dサイド0.07mmの振れ。
ガタガタだったコンロッドビッグエンド部はやはりクランクピンに剥がれがおきていました。
クランク回りから計測作業開始。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-08 02:39 | その他 | Comments(0)
2018年 07月 03日

土・日・月曜日の授業風景

1976FXS1200

a0248662_8551654.jpg

a0248662_8554631.jpg

a0248662_856216.jpg

a0248662_858264.jpg
a0248662_8585842.jpg


Hさんのショベルヘッド
クランク周り分解して、計測作業。
また、タイミング周り計測作業。





1985FXEF1340

a0248662_902068.jpg
a0248662_903835.jpg



Tさんの4速エボ
フロントフォークをスプリンガーに変えたことでブレーキ周りももちろん変更。
前後ブレーキ周りの作業。





1978TRIUMPH T140E

a0248662_99209.jpg

a0248662_913399.jpg


Tさんのトライアンフ
は引き続き配線引きなおし作業。
半田職人となっております。







1982FXR1340

a0248662_9102234.jpg

a0248662_9105363.jpg


Sさんのショベルヘッド
プライマリー周り、プロクラッチ化、キャブHSRにしてFXRは試乗。
細かなキャブセッテョングは必要かもありませんが、まったく問題なし。
プロクラッチの切れっぷり非常に良いですね。






1964 TRIUMPH SMALLUNIT

a0248662_923817.jpg

a0248662_93769.jpg
a0248662_934532.jpg
a0248662_932276.jpg


Kさんのトライアンフ
エンジン周りの全螺子修正。
オーバーサイズになっていたロッカーアームカバースタッド部はウエルド君で穴埋め修正。






1984FXS1340

a0248662_95153.jpg
a0248662_952973.jpg
a0248662_954159.jpg


車体周りコースのSさんのショベルヘッド
試乗したところ、ギアボックスシフターシャフトが動く現象がありギアボックスを分解、チェック。
ついでにシフトフォーク位置チェック・修正。シール交換。








1964XLCH900

a0248662_94336.jpg

a0248662_97410.jpg
a0248662_973652.jpg


S君のアイアンスポーツ
スイングアームベアリング交換作業。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-03 09:19 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 28日

火曜日・水曜日の授業風景


1951 TRIUMPH T100

a0248662_6514855.jpg

a0248662_652832.jpg

a0248662_6533887.jpg

a0248662_653195.jpg

a0248662_6541262.jpg
a0248662_6542646.jpg


Hさんのトライアンフ
キャブレーターの取り付けが終わり、スロットル組みつけ、スロットルワイヤー単品製作。
2in1のスロットルケーブルはジャンクションボックスがあるため製作が大変です。






1976FXS1200

a0248662_6554292.jpg
a0248662_6555587.jpg
a0248662_656788.jpg
a0248662_656201.jpg
a0248662_6563133.jpg
a0248662_6564246.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブガイド抜き取り後、EX側バルブガイドホールに傷が残ってしまったため、ガイドホールを冶具を使いリーミング。
クランクケースを分解。オイルポンプはまたもや大きな傷が。。。
フライホイールは以前に加工した跡があります。






a0248662_6593453.jpg







1978FXE1200

a0248662_6581114.jpg
a0248662_6582442.jpg
a0248662_6583579.jpg
a0248662_659157.jpg
a0248662_6591551.jpg



Mさんのショベルヘッドは車体周り。
パウコ製スプリンガーフォーク分解、チェック。ガバだったロッカーアームブッシュは抜き取り。
同じくガタがあったステムシャフト部は溶接。
リアホイールはワイドタイプのものが入っていまして、幸い在校生が要らないSTDサイズの16”リムを譲ってくれるということで、ホイール分解。






1979FXS1200

a0248662_6595221.jpg
a0248662_701582.jpg
a0248662_702846.jpg


Oさんのショベルヘッドは部分修理
クラッチジャダーがあるということで、ビッグベアリング化、リテーナー取り付け、フリクッションディスク良品交換。









1933 SUNBEAM M8

a0248662_705059.jpg
a0248662_71624.jpg


Mくんは予備のマグネトーをOHに出すため、一旦分解し塗装してあったボディー剥離、4本ともダウエルピンが付いていたマウント部スタッド化するため、セットしねじ切り作業。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-28 07:19 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 26日

日曜日・月曜日の授業風景



1978 TRIUMPH T140E

a0248662_83282.jpg
a0248662_8321930.jpg
a0248662_8323715.jpg
a0248662_8324975.jpg


Tさんのトライアンフは配線引きなおし作業。
ペイゾン・レギュレーターの位置決め。ハンドルスイッチボックッスは元から配線を引きなおしています。






1984FXS1340

a0248662_83348.jpg
a0248662_8331493.jpg
a0248662_833263.jpg


Sさんのショベルヘッド
ハンドチェンジ&フットクラッチからフットチェンジ&ハンドクラッチ化
もともと付いていた、フットシフトマウントにあわせフットシフトシャフトの長さ調整、加工。





a0248662_8343989.jpg







1947FL1200

a0248662_8335124.jpg
a0248662_834154.jpg
a0248662_8341119.jpg


Iさんのナックルヘッド
引き続き配線引きなおし作業。問題があったテールライトは年式相応の良品に交換。






1964XLCH900

a0248662_835264.jpg
a0248662_8351592.jpg
a0248662_8352561.jpg



卒業生S君のアイアンスポーツ
フロントホイール交換に伴い、リムの振れとり、センターだし、タイヤ交換。






1976FXS1200

a0248662_8354016.jpg
a0248662_8355030.jpg

a0248662_8355986.jpg


Hさんのショベルヘッド
ガタが多かったバルブガイド抜き取り、ガイドホール径計測。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-26 08:46 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 24日

今週の授業風景


1984FXS1340

a0248662_8451925.jpg

a0248662_8464955.jpg

a0248662_8453575.jpg
a0248662_8454638.jpg
a0248662_8455948.jpg


Sさんのショベルヘッド
クラッチジャダーがあったため、ビックローラー&リテーナー取り付け。
アルミ製のフリクッションディスクからノーマルタイプのものに交換。
フットクラッチからハンドクラッチに変更のためクラッチレバー&ケーブル取り付け。








1970XLH900・1980XLH1000


a0248662_8472626.jpg
a0248662_847377.jpg


卒業生Iさん、Tさんのアイアンスポーツは軽整備。
Iさんのアイアンはオーリングサスペンションに変更。やはり良いリアサスの乗り味は滑らか。








1979FXS1200

a0248662_84941.jpg


S君のショベルヘッドは車検終了しオイル交換、一回目の増し締め作業。
後は細かなキャブセッティングを残すのみ。








1940WR750

a0248662_8494456.jpg
a0248662_8495781.jpg
a0248662_850837.jpg
a0248662_8501939.jpg



MさんのWR
ブレーキライニングを張替え、冶具製作しライナイング切削。
取り付け、ライニングすり合わせ。
ケーブルも一新してカッチリしたFブレーキに。









1970TRIUMPH T120

a0248662_8504592.jpg


卒業生Kさんのトライアンフ
継続車検が終わり、軽整備。





1978FXE1200

a0248662_8515648.jpg
a0248662_852857.jpg
a0248662_8522130.jpg


Mさんのショベルヘッド
ミッションの本組み作業が終わり、車体周りの作業へ。








1976FXS1200


a0248662_8543462.jpg
a0248662_8544881.jpg
a0248662_855020.jpg
a0248662_8551632.jpg


Hさんは新たなショベルヘッド持込
白煙がでていたため、ヘッド・シリンダー分解し清掃計測。







1958 VELOCETTE VENOM

a0248662_856519.jpg
a0248662_8561893.jpg
a0248662_856316.jpg


Iさんのベロセット
ビッグエンド部のガタが酷い為クランク分解。
フレームからエンジンを降ろし分解作業。
オイルポンプの嵌め合いがきつく苦戦。即席スライディングハンマーを製作し抜き取り。






1951 TRIUMPH T6

a0248662_8575248.jpg

a0248662_85858.jpg


UさんはエンジンOH後のトライアンフ持込。
エンジン始動不良とことでありましたが、マグネトー不良のようです。
偶然遊びに来ていたトラヴィスサイクルス栗崎君が色々解決してくれて助かりました。
トリニティースクール時代を思い出す一コマでありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-24 09:18 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 14日

水曜日授業風景

水曜日は授業をお休み、在校生の方にお手伝いして頂き教室の模様替え、機会の搬入作業を行いました。
購入し適当に置いていた機械たちを整理整頓、棚作り。
これで作業効率も上がるはず。

皆様有難う御座いました。



a0248662_12581690.jpg
a0248662_12582685.jpg
a0248662_12583765.jpg

a0248662_12591940.jpg

a0248662_1259144.jpg
a0248662_12593217.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-14 13:04 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 13日

平日の授業風景


1964 TRIUMPH SMALL UNIT

a0248662_8535053.jpg
a0248662_854953.jpg
a0248662_8542159.jpg
a0248662_8544316.jpg
a0248662_855233.jpg
a0248662_8551210.jpg


Kさんのトライアンフはギアボックス、シフター周り考察
初めてのスモールユニット、しかもバスケット状態で困惑しつつの作業です。
まず、2種類あったギア周りは350cc用の最初期のものとワイドタイプのギア比のもので、今回はワイドタイプのものを使うことに。
レイシャフト軸受け部分はブッシュ軸受けの年式とニードルベリングの年式のものがあり、シャフト自体も違います。今回はニードルタイプのものを使用。メインシャフトも状態が良い方を使います。
レイシャフトライトサイドの軸受けとなるキックシャフト。レイシャフト軸受けはニードルベアリングですが、キックシャフトの軸受けはインナーカバーにじか受け。(ブッシュ無し)
コチラも2基分あったのでガタが少ないほうを使用します。
アウターカバー側、シフター周りの構造も年式ごとに違うようで、63年以前の2種類のものです。
此方も状態が良いほうを使います。
クラッチ周りチャック。
スラストは問題ないが、クラッチハブとクラッチセンターにガタがあります。
スパイダー、もしくはハブ交換が必要。









1937EL1000

a0248662_8553914.jpg
a0248662_8555319.jpg
a0248662_856333.jpg
a0248662_8561664.jpg
a0248662_8563089.jpg
a0248662_8564388.jpg
a0248662_8565510.jpg
a0248662_857914.jpg


Wさんのナックルヘッドはトランスミッションの組み立て
カウンターシャフトの1速、2速ギアのフローティングブッシュはJIMS製のものに交換。
1速ギア、2速ギアそれぞれスラストワッシャーを交換しスラストチェックしO.K
3.4速ギアのスラストチェック。ワッシャー研磨し、適正な数値に。研磨機が来てこのあたりの微妙な調整ができる様になりました。
シフター位置調整。
ニュートラル位置、1.2.3.4速ギア位置それぞれチェックし、1・2速ギア位置のフォークシムを増やし位置調整。






1947FL1200

a0248662_8573114.jpg
a0248662_8574454.jpg



Iさんのナックルヘッドは引き続き、配線引きなおし作業。
次回には終わりますね。






1979FXS1200

a0248662_8594858.jpg


S君のショベルヘッド
エンジン始動し、各部増し締め。
試乗・キャブセッティングをしたいとこところですが、残念ながら雨模様。








1978FXS1200

a0248662_85821100.jpg
a0248662_8584024.jpg


Hさんのショベルヘッド
此方もエンジン始動後、試乗。
配線周りの一部トラブルと、クラッチのジャダー、Rブレーキのエアかみがあり修正。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-13 09:29 | その他 | Comments(0)