Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トライアンフ ( 230 ) タグの人気記事


2018年 09月 21日

1978 TRIUMPH T140E 車体周り(ホイール)



引き続きTさんのトライアンフのお話。
ホイール周りです。


a0248662_13433416.jpg

大分遣れていた車体周り。ホイールも大分錆が・・・

a0248662_13434928.jpg
分解して清掃。
幸いホイールは磨きで輝きを取り戻しました。



a0248662_13441380.jpg
スポーク自体は錆少々あったものの状態が良かったので、再鍍金して使用。
使用できなった数本だけ新品に。





a0248662_13441853.jpg



a0248662_13442399.jpg

まずはフロントフォークから
このタイプのホイールハブは左右がボルトで連結し留められています。
ローターも同じマウントボルトで共止めです。


ベアリングは新品に交換。
このあたりは日本製を使えますので良いですね。
レフトサイドはベアリングを要れ、ダストカバークリップ留め。

a0248662_13442860.jpg

ライトサイドのベアリングはマウントナット留め(正螺子)
この螺子でベアリングの押しっぷり調整

a0248662_13443739.jpg
a0248662_13444406.jpg

リム組みして振れ取り
振れは0.5mm以内に。


a0248662_13445299.jpg

随分錆がひどかったフロントブレーキローターは研磨し取り付け。
フロントホイールO.Kです。










a0248662_13594263.jpg

続いてRホイール
それぞれベアリングはライトサイドスペーサーとレフとサイドスペーサーにマウントされ、ライトサイドにスピードメーターギアのマウントがあります。



a0248662_13594650.jpg


ベアリング交換しそれぞれ、レフトベアリングスペーサー・ライトベアリングスペーサーに取り付け。


a0248662_13595347.jpg

フロント側と同じくホイールハブは左右ボルト留め。
後Dスプロケット、Rブレーキローターも共留めします。
まずはライトサイドベアリングから取り付け。
ベアリングマウントでもあるスピードメーターギアナットを取り付け。
このナットは逆螺子。

a0248662_13595801.jpg
a0248662_14000285.jpg

スペーサーを入れレフトサイドベアリングも組み付け。
レフト側ベアリングナットも締め付け、ベアリングの押しっぷり調整。
このナットは正螺子。


a0248662_14000750.jpg
a0248662_14001125.jpg
a0248662_14001685.jpg
スポーク組み付け、振れ取り。
同じく振れは0.5mm以内に。


良いうわけでホイールのベアリング交換・リム組みO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-21 10:14 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)
2018年 09月 20日

1978 TRIUMPH T140E 車体周り(フレーム・スィングアーム・ネック・フォーク)


今日もTさんのトライアンフのお話。



a0248662_13095410.jpg

車体周り分解しフレーム清掃。
フレーム自体がオイルタンクとなっている、オイルインフレームのオイルタンク部清掃は、二人がかり。
オイルタンク内に灯油、ボルト類えを入れ、フレーム自体をシェイク。
スラッジをとりきる。






a0248662_13100041.jpg

a0248662_13102539.jpg
a0248662_13103150.jpg
a0248662_13103304.jpg

a0248662_13103685.jpg

ネックベアリングは少々痛んでいたので新品に交換。
もちろんレース・ベアリングともに。




a0248662_13100849.jpg
a0248662_13103847.jpg

スイングアームはスピンドルとブッシュのクリアランスが0.05mm~0.06mmと良好。
シール類交換し組み付け。



a0248662_13105129.jpg
a0248662_13105442.jpg
a0248662_13111673.jpg
a0248662_13112167.jpg
a0248662_13115254.jpg
a0248662_13115863.jpg
a0248662_13153215.jpg
フロントフォーク周り。
インナーチューブ・アウターチューブは状態良し。
ホイールスピンドルの受けである、フォークカップは残念ながらクラックが入っていたため交換。
750のフォークカップの作りは設計ミスで、後日もう片方も割れました。
なぜか左右長さ違いのスプリングが入っていましたのでスプリングも交換。
シール周り交換して組みつけ。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-09-20 13:34 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)
2018年 09月 16日

1978 TRIUMPH T140E ギアボックスまわり

今日も先日に引き続きTさんのトライアンフのお話。






a0248662_01251034.jpg
a0248662_01210208.jpg
a0248662_01210665.jpg
a0248662_01211179.jpg


5速ミッションの750ccトライアンフのトランスミッション、ギアブッシュ、シャフトの計測。
全体的に状態が良いギアボックッス。
メインシャフト3速ギアブッシュ、レイシャフト1速2速4速ギアブッシュの寸法は状態良く交換の必要なし。






a0248662_01212180.jpg
a0248662_01212699.jpg
a0248662_01213118.jpg
a0248662_01213531.jpg
a0248662_01214088.jpg


ベアリング周りは全交換。
5速ミッションのハイギアケースとの軸受けベアリングはローラーベアリングになっています。
またハイギア、メインシャフトとの軸受けはニードルベアリングの2連。
メインシャフトベアリング、レイシャフトベアリングも交換。






a0248662_01215763.jpg


レイシャフト仮組みしてスラスト量チェックし0.6mm。
マニュアル値内でO.K



a0248662_01222219.jpg
a0248662_01222664.jpg
a0248662_01223012.jpg
a0248662_01224258.jpg
a0248662_01224821.jpg
a0248662_01225960.jpg


キックブッシュはガタがあったので交換、単品製作。
キックシャフトは段減りがあったので研磨。







a0248662_01232506.jpg
a0248662_01232852.jpg
a0248662_01233638.jpg
a0248662_01435268.jpg
a0248662_01433271.jpg

仮組みしてギアチェンジチェックし問題なし。
シール&ガスケット取り付け本組み。





a0248662_01234708.jpg
キック周り仮組みして作動チェックし問題なし。
ということでギアボックスO.K











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2018-09-16 01:46 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)
2018年 09月 13日

1978 TRIUMPH T140E シリンダーヘッド周り その2


先日に引き続き、今日もTさんのトライアンフ、ヘッド周りのお話。
バルブガイドリーマー加工。ホーニングしクリアランス調整後のお話です。



a0248662_23541396.jpg
a0248662_23543746.jpg
a0248662_23544245.jpg

シートカット前に光明丹をつけ当たりっぷりチェック。
4本とも45度面の当りは良い。
ただあたり幅は2mm程度ありますのでそれぞれカットして行きます。









a0248662_23545962.jpg
a0248662_23550984.jpg
a0248662_23552373.jpg
a0248662_00061647.jpg
30度面、60度面それぞれシートカットしIN側は1.3mmのあたり幅で傘の下目(バルブが広くあたるところ)にあたるようにしました。
EX側はあたり幅1.5mmでバルブ傘の中心にあたるように。







a0248662_23560256.jpg


擦り合わせして、灯油漏れチェックしO.K
















a0248662_23552757.jpg
a0248662_23553300.jpg



バルブを仮組みして、バルブ取り付け長計測。
IN同士の取り付け長差異が0.2mm
EX同士の取り付け長差異も0.2mm程度ということでシム調整は無しでいきます。
取り付け長でのバルブスプリングチェック。
アウターとインアーの組み合わせを合わせ、EX同士・IN同士が同じスプリング圧になるようにセット。

















a0248662_23560722.jpg
a0248662_23561155.jpg
a0248662_23561630.jpg



ロッカーアーム
ロッカーアームスピンドル、ロッカーアームともに4本とも寸法が同数。
出口付近が広がりテーパー状になりやすいトラのロッカーだが問題なし。
4本ともにロッカーとスピンドルのクリアランスは0.06mmでこのまま使います。
ロッカーカバー面面研磨しシール交換・取り付け。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-13 00:18 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)
2018年 09月 12日

1978 TRIUMPH T140E シリンダーヘッド周り その1


先日、エンジン始動したTさんのトライアンフですが、改めてブログのまとめ欄(1978TRIUMPH140E)を見てみると殆ど記事をあげていないことに気がつきまして・・・
今日はヘッド周りのお話からして行きます。
覚えているかしら・・・



a0248662_01291384.jpg
a0248662_01292739.jpg
a0248662_01300364.jpg

ヘッド分解して計測作業。
IN側のバルブとバルブガイドのクリアランスは大きいところで0.13mm
EX側バルブガイドとバルブのクリアランスは大きいところで0.15mm
とラッパ状にに広がっていますのでバルブガイド交換です。











a0248662_01295858.jpg

a0248662_01301221.jpg
a0248662_01305226.jpg
a0248662_01304774.jpg
a0248662_01305910.jpg
バルブガイド抜き取り。
ヘッド側ガイドホールは軽くホーニング
燃焼室内徹底洗浄したおかげで、残っておるカーボンもなくガイドホールは深い傷なく無事。
楕円などなくSTDサイズのバルブガイドで行けます。








a0248662_01310936.jpg
a0248662_01311869.jpg
a0248662_01312250.jpg


KIBBLE WHITH製のバルブガイド&バルブを使います。
バルブガイド内径はIN・EXそれぞれバルブステム径にあわせ適正クリアランスになるよう予めリーマー加工。
何回も言っていますが、先にリーマー加工をしておかないと、バルブガイド圧入後のリーマー加工が大変になります。
外径切削しヘッドガイドホールに対し適正な嵌め代サイズに。
ガイドホールの圧入部の長さにあわせ、ガイド側の圧入代の長さも調整しています。







a0248662_01312921.jpg
a0248662_01313470.jpg


バルブガイド圧入前にヘッ面ド面ロッカー面、面研磨しておきます。











a0248662_01313861.jpg
a0248662_01314337.jpg
a0248662_01314809.jpg
a0248662_01315378.jpg
a0248662_01311317.jpg


a0248662_01315819.jpg




バルブガイド圧入し、嵌め代分縮んだバルブガイド内径をリーマーで切削し適正クリアランスに。
粘り硬いアルミ青銅製のバルブガイド、リーマーしっかり切れきっていない時がありますので、計測が必要です。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-12 02:04 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)
2018年 09月 10日

土・日・の授業風景




1958 VELOCETTE VENOM

Iさんのベロセット
新品のビッグエンドベアリング計測、新品オメガ製のピストン計測、重量測定。
新品のビッグエンドベアリングアッセンブリーのベアリングはノーマルのベアリングローラー3/16”から5mmのローラになりレース内径が大きくなっている。
現在コンロッドのについているベアリングレースは状態が良いのでラッピングしローラーをノーマル3/16”を使うか検討中。
新品ピストンについているピストンピンとコンロッドブッシュの寸法は良い感じでブッシュはホーニング加工だけでいけそうだ。
何夜間や確認後、バルブ抜き取りに向け燃焼室清掃、カーボン除去。



a0248662_23375235.jpg
a0248662_23375727.jpg
a0248662_23380385.jpg
a0248662_23381379.jpg
a0248662_23380867.jpg











1973 NORTON COMMANDO 850

トリニティー卒業生のM君はノートンコマンド持込。
ギアボック1STギアの抜け現象があるためギアボックス分解して原因追及。





a0248662_23385593.jpg
a0248662_23485431.jpg
a0248662_23390039.jpg
a0248662_23490167.jpg











1955 TRIUMPH T100

Hさんのトライアンフは電装周り
ダイナモは分解し各部チェック。
コミュテーター通電チェック、フィールドコイル通電・抵抗チェックし問題なし。
モータリングチェックし問題なし。
機械式レギュレーターボックスにエレクトリックレギュレーターを仕込み取り付け。
配線引きなおし作業開始。



a0248662_23391118.jpg
a0248662_23391618.jpg
a0248662_23401528.jpg
a0248662_23514167.jpg
a0248662_23401931.jpg










1959 PARILLA 175

Mさんのパリラは試乗に向け各部手直作業。
ガソリンマウントのラバーはゴム屋さんで製作。同じくラバーマウントカラー単品製作。
少々オイル漏れがあったロッカーカバーはガスケット製作。
小排気量にしてはアームが長いロッカーアームはバルブを抉ることなく真っ直ぐ押してくれそうで、好感がもてる。
直管だったサイレンサーにバッフルをつけ次回には試乗が出来そうだ。



a0248662_23473113.jpg
a0248662_23465967.jpg
a0248662_23532894.jpg











1978 TRIUMPH T140E

Tさんのトライアンフ
製作したアクセルワイヤーが少々短くエンジン始動時にエンジン回転が上がってしまった前回。
気を取り直してケーブル作り直し。
エンジン再始動で問題なし。
純正マフラーは随分静かでジェントルであります。
また、エアクリーナーボックスを取り外したため、サイドカバーマウントステーは新たに製作し取り付け。
さぁ卒業が見えて来ました。



a0248662_23404699.jpg
a0248662_23471143.jpg
a0248662_23542883.jpg
a0248662_23472670.jpg










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-10 00:40 | その他 | Comments(0)
2018年 08月 29日

日・月・火曜日の授業風景

1973XLCH1000

Kさんのアイアンスポーツ
スイングアームの取り付けが終わり、フロント周りへ
ネックベアリングはバラ球ボールベアリングからテーパーベアリングにコンバート
ネックカップ径とフレーム径を計り問題なしでベアリングカップ圧入。
ベアリング取り付け。
フォーク周りはシール交換済み。1”のアンパースプリング取り付け、フォーク組み付け。
段減りが酷かったRドラムは新品に交換し組み付け、リアホイールのセンターだし作業。



a0248662_08483203.jpg
a0248662_08490265.jpg
a0248662_08490661.jpg
a0248662_08491534.jpg
a0248662_08492039.jpg
a0248662_08492568.jpg
a0248662_08492902.jpg
a0248662_08493513.jpg
a0248662_08493983.jpg













1978 TRIUMPH T140E

Tさんのトライアンフ
サイドカバーマウントステー製作しエンジン始動。
エンジンは一発始動したものの、製作したスロットルワイヤーが少々短かったため、アイドリング調整ができず・・・・
次回、ワイヤーを作り直し。
a0248662_08505172.jpg
a0248662_08505933.jpg


















1984FXS1340

エンジン・ミッション以外の車体周り、配線作業を行ったSさんのショベルヘッドも卒業となりました。
キャブのセッティングがまだドンピシャという感じではないので、乗りながらの調整が必要でありますが、とりあえず乗って帰って調子をみつつとなります。

a0248662_08531231.jpg



















33.4mmアイアンフォーク

S君は33.4mmフォークのブッシュ単品製作。
製作したブッシュを圧入しラッピング&ホーニング作業、クリアランス調整しガタなくスムーズに動くように。

a0248662_08535354.jpg
a0248662_08535990.jpg
a0248662_08540326.jpg













1933 SUNBEAM M8 ダイナモ

M君のサンビーム
コミュテーター部が破綻したアーマチュアコイルの新品が来たので取り付け。
もともとのアーマチュアと寸法が微妙に違うらしく、組み付けるとアーマチュアコイルの動きが悪い。
シム調整して取り付け。もちろんベアリングも新品に交換。
モータリングチェックし問題なし。





a0248662_08553860.jpg
a0248662_08554451.jpg
a0248662_08561777.jpg
a0248662_08563085.jpg
a0248662_08563504.jpg
a0248662_08564052.jpg














1978FXE1200

Mさんのショベルヘッドはオイルポンプ周り。
80年以降のオイルポンプボディーにコンバートで各部チェックし問題なかったのですが、本組み自にボディーマウントボルト雌ネジがナメてします・・・。
ケース分解しボール盤にセットしヘリサート加工。
気を取り直してオイルポンプ組み付け。


a0248662_08575379.jpg
a0248662_08575947.jpg
a0248662_08580442.jpg
a0248662_08581040.jpg
a0248662_08581525.jpg
a0248662_08581948.jpg
a0248662_08582334.jpg
a0248662_08582831.jpg
a0248662_08583302.jpg












1975XLCH1000

久しぶりに登場のKさんのアイアンスポーツ。
久しぶりに過ぎてどこまでやっていたか忘れる・・・。
クランクケースの洗浄を終え、ネジ修正作業にエンジンドレンボルトは回るが空回りしボルトが外れない状態。
ボルトを壊し、雌螺子側ヘリサート加工。
他の螺子部もナンヤカンヤ加工が必要なところが沢山あり、この作業がまだまだ続きそう。



a0248662_08593292.jpg
a0248662_08590738.jpg
a0248662_08593757.jpg
a0248662_08594382.jpg








1976FXE1200

Hさんのショベルヘッド
T/Mからのオイル漏れがあるということでミッションを見てみたのですが・・・
随分と溶接された跡が有り、カウンターブッシュ軸受け部にクラックが残っています。
ここからオイルが漏れていたと思われる。
ともあれこのケースは使い物にならずで新しいケースを探します。



a0248662_09002406.jpg
a0248662_09002936.jpg
a0248662_09003590.jpg
a0248662_09004172.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-08-29 09:59 | その他 | Comments(0)
2018年 08月 21日

土・日・月曜日の授業風景



先週の土曜日は授業はお休み頂き、バーベキューパーティーでありました。
幸い天気は良く、気温もほどほどとという絶好のバーベキュー日和。
何時もながらでございますが、私はお酒を飲んでいるだけ・・・良いサポートメンバーのお陰で良い会となったと思います。
有難う御座いました。




a0248662_00593198.jpg
a0248662_00594799.jpg
a0248662_00595884.jpg



1964 TRIUMPH SMALL UNIT
a0248662_01002404.jpg
a0248662_01004036.jpg
a0248662_01005012.jpg
a0248662_01010099.jpg
Kさんのトライアンフ
ドライブ側カムブッシュは製作し圧入。冶具を使いライン出しラッピング。
スモールユニットのカムブッシュは随分薄いので、リーマーを使った場合の刃の噛み込みが怖かったのでラッピングのみでクリアランス調整。
仮組みしてエンドフロートチェック。
ケースにあわせオーバーサイズのアイドラギアシャフト切削圧入。
アイドラギアはブッシュ交換です。






1985FXEF1340

a0248662_01014054.jpg
a0248662_01014919.jpg
Tさんの4速エボ
スィングアームRショックピボット部変更に伴い、Rブレーキサポートの干渉あり。サポートマウント部に変更が必要となりました。
サポートマウント部製作、溶接。





1968FLH1200

a0248662_01025745.jpg
Hさんのショベルヘッド
プライマリー周り取り付け、オイルタンク、シート、タンク、フェンダーなどの取り付け考察中。







1963 TRIUMPH T120

a0248662_01035771.jpg
a0248662_01032682.jpg
a0248662_01033693.jpg
a0248662_01034417.jpg
Yさんのトライアンフ
プライマリー周り分解し、エンジンを降ろしました。
ギアボックス分解開始。ミッションオイルがすごい色になっています。





1959 PARILLA 175

a0248662_01042765.jpg

Mさんのパリラ
配線作業は、ブレーキスイッチを残すのみ。
もともとテールランプ、ブレーキSWが付いていなかった車両、ブレーキSWのマウントステーを作る必要があります。







a0248662_01051091.jpg
I君は車検代行、整備作業中
カワサキZ1000LTD
私は今までZ系のエンジンの車両を乗ったことがありません。
今度乗らせてもらおうかしら。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-08-21 01:32 | その他 | Comments(0)
2018年 08月 18日

お盆の授業風景

1937EL1000
a0248662_08032168.jpg
a0248662_08084987.jpg
a0248662_08091356.jpg
a0248662_08093455.jpg
a0248662_08095363.jpg
Wさんのナックルヘッド
随分楕円、変形が酷かったキックカバーキックシャフトブッシュ圧入部はボーリング加工して真円に。
内径が広くなったカバー、オイルシールのあたりが悪くなるので、キックシャフトブッシュはスリーブつき段付きブッシュを製作。
キックブッシュ圧入部、キックシャフトに合わせブッシュ製作。
生徒さん自らブッシュ製作しました。








1978TRIUMPH T140E

a0248662_08112424.jpg
a0248662_08114160.jpg
a0248662_08120154.jpg
a0248662_08122881.jpg
a0248662_08125843.jpg
Tさんのトライアンフ
配線作業が終わり、ガスタンク取り付け、メーターダッシュ周り取り付け、プライマリー周り本組み、マフラー取り付けと、エンジン始動間近となりました。








1963TRIUMPH T120

a0248662_08140116.jpg
a0248662_08141602.jpg
a0248662_08143978.jpg
a0248662_08150246.jpg
Yさんのトライアンフ
エンジン腰上周りの計測作業。
ピストンは抱きついていましたが、タペット、ロッカー周りは悪くない。
バルブガイドは随分ラッパ状に広がっているので交換します。





1984FXS1340

a0248662_08162268.jpg
a0248662_08164634.jpg
a0248662_08170230.jpg

Sさんのショベルヘッド
切れが悪かったり、ジャダーが出たりと問題があったクラッチ周り。クラッチプレートを一新して問題解決。







1978FXE1200

a0248662_08174742.jpg
a0248662_08180670.jpg
a0248662_08182525.jpg
Mさんのショベルヘッドは芯出し作業。
齧っていたスプロケットシャフトは交換。左右フライホイールとシャフトの垂直チェック。
現在ドライブ側、タイミング側のシャフトの振れ0.02mmでもうちょっと詰めます。







1968&1971 BSA A65


a0248662_08193253.jpg
a0248662_08202298.jpg
a0248662_08204168.jpg
a0248662_08211300.jpg
a0248662_08213673.jpg

卒業生NさんとTさんのBSA
偶然A65が2台揃っての整備作業となりました、オイル交換増し締め。
1968年NさんのA65はプッシュロッド口あたりからのオイル漏れがありましたので、ヘッドをはずし修正。




1968FLH1200


a0248662_08224776.jpg
a0248662_08231394.jpg
a0248662_08234017.jpg
Hさんのショベルヘッド
プライマリー周り組み付け。ベアリングサポートの穴位置が合わなかったり、平行が出てなかったりと苦労しつつ、クラッチ周り組み付け完了。










1959PARILLA175


a0248662_08253880.jpg
a0248662_08254924.jpg
a0248662_08260547.jpg


Mさんのパリラ
輸入しすぐにエンジン始動しようと考えていましたが、配線周りが切られていまして・・・。配線引きなおし作業です。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-08-18 08:49 | その他 | Comments(0)
2018年 07月 29日

1986 TRIUMPH HARRIS BONNEVILLE カムブッシュ


今日はトライアンフ・ハリスボンネビルのタイミングギア周りのお話。

a0248662_112212.jpg
a0248662_1121383.jpg
a0248662_1122424.jpg


カムシャフトに対し4個のブッシュすべて0.1m以上のクリアランスがありましたので、ブッシュ交換。
カムシャフト自体は減り無く状態良し。

ブッシュ抜き取り、ケース側ブッシュホール計測。
0.01mm~0.02mm程度楕円が出ているが加工するまでではないのでこのまま使います。
また、ホール自体は剥がれなど無く良好。


a0248662_1123513.jpg
a0248662_1125049.jpg
a0248662_11332.jpg
a0248662_1131537.jpg


カムシャフト径、ケース側径に合わせカムブッシュ製作。
タイミング側ブッシュは鍔の厚み、全長でカムスラスト量が変わるので寸法はしっかり。

a0248662_1132845.jpg


ドラブサイドカムブッシュ圧入。

a0248662_1134386.jpg
a0248662_1135884.jpg
a0248662_1141292.jpg


タイミングサイドは圧入前にカムシャフトに組み、ギア圧入しスラスト量チェック。



a0248662_1143146.jpg
a0248662_1144928.jpg


両クランクケース組み付け、ラインだしラッピング。
カムシャフトがスルスル回るように。
タイミングギアを取り付け、ギアのバッククラッシュチェック。
どの位置でもギアの渋みが無く良い状態。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-29 01:33 | 1986 TRIUMPH HARRIS | Comments(0)