人気ブログランキング |

Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショベル ( 467 ) タグの人気記事


2019年 08月 17日

1976FXE1200 オイルポンプ・タペット組み付け(タイミングギア周り組み付け)


今日はHさんのショベルヘッドまとめブログ。
オイルポンプ&タペットの本組み作業でエンジン腰したはこれで終了となる。


a0248662_09333695.jpg
a0248662_09233403.jpg
a0248662_09240196.jpg

分解時に内壁に大きな傷があったオイルポンプは80年後期以降のオイルポンプボディーに交換。
純正NOSのオイルポンプボディーが手に入りましたので、こいつを使います。





a0248662_09234587.jpg
a0248662_09235398.jpg
a0248662_09264387.jpg

いつものように73年~80年のケースに81年以降のポンプを使う場合のブリーザーラインの逃げ穴を冶具を使い加工。
これはS&Sでも同じ。





a0248662_09242258.jpg
a0248662_09241519.jpg
a0248662_09243071.jpg

リリーフバルブが年式が変わり、仕組みも違うとともに、バルブ長、スプリングも変わります。
チェックバルブのあたりっぷりチェック。
また、オイルポンプボディーからギアのでっぷりチェック。







a0248662_09245279.jpg
a0248662_09250089.jpg

使用する厚みのオイルポンプガスケットを(ガスケットの厚みでボディーとギアの隙間を調整、厚みが変わると状況が変わります。)一部加工し取り付け、規定トルクで締め付けギアの回りっぷりチェックし問題なし。









a0248662_09253333.jpg
a0248662_09285506.jpg
a0248662_09251582.jpg
タペットをつけてしますと、タペットからのオイルラインを塞ぐのが困難になりますので、タペットをつける前にオイルを流し、オイル流れっぷりチェック。し問題なし。








a0248662_09254190.jpg
a0248662_09255091.jpg
a0248662_09255782.jpg


以前に交換されていると思われるタペットガイドとタペットのクリアランスは0.05mm程度で良い。
タペットローラーは4本とも交換しカシメ取り付け。
エンジンに取り付け、これで腰下完成。














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純












by sgf1906 | 2019-08-17 09:48 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2019年 08月 15日

1976FXE1200 クランク周り組み付け(クランク芯だし)


今日はHさんのショベルヘッド
クランク周りの作業、まとめブログを書いて起きます。




a0248662_09343350.jpg

スプロケットシャフト、ピニオンシャフト、クランクピンのテーパーの効きっぷりを予めチェック。









a0248662_09344095.jpg

左右フライホイール円盤の垂直を見ておきます。








a0248662_09345162.jpg





クランク芯だし。
規定トルクプラスアルファ辺りの締め付けで、左右シャフトの芯振れが規定値内になるように。
今回ドライブサイド0.01mm、タイミングサイド0.005mm程度に。









a0248662_09350946.jpg
a0248662_09351649.jpg
a0248662_09352471.jpg

スプロケットシャフトベアリングレースを圧入し、ダミーシャフトを利用しエンドプレイ調整。
シム調整しエンドプレイを0に近づけます。








a0248662_09350186.jpg

ピニオンシャフトベアリングローラーは以前に選択済み。
ラッピングしたベアリングレースに対しクリアランス0.03mm。







a0248662_09353127.jpg
a0248662_09353968.jpg

クランクをケースに圧入。
クランクケース仮組み、またタイミングギア周りも仮組みして回りっぷりチェックし問題なし。
オイルポンプ周りをチェックし本組み。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-08-15 09:49 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2019年 08月 11日

土曜日の授業風景


1977FLH1200

a0248662_08323852.jpg
a0248662_08332505.jpg
a0248662_08333623.jpg
a0248662_08335168.jpg
a0248662_08340254.jpg
a0248662_08341308.jpg
a0248662_08342107.jpg


K君のショベルヘッドはクランク芯だし。
なかなか苦労したクランク芯だしでありましたが、最終的にはドライブサイド0.02mmの振れ、タイミングサイド0.01mmの振れで落ちる着ました。
今回も、ドライブ側は開きハの字方向の振れ、タイミング側は閉じ逆ハの字方向の振れ、左右フライホイールの閉じ開き問題で苦労しました。
しかしながらK君自ら芯だしをしまして、ちょいと変な癖が付いているクランクをここまで持っていきました。
スプロケットシャフトベアリングはダミーシャフト取り付け、エンドプレイチェック。シムの厚みを変え調整。
スプロケットシャフトベアリング圧入。ピニオンシャフトベアリングは以前に選択済み。
クランク仮組みしまわりっぷりチェック。


















1958 VELOCETTE VENOM

a0248662_08344517.jpg
a0248662_08345505.jpg
a0248662_08350554.jpg
a0248662_08351681.jpg
a0248662_08352508.jpg
a0248662_08353889.jpg
a0248662_08354830.jpg
a0248662_08355738.jpg
a0248662_08360651.jpg


Iさんのベロセット
アウタープライマリーカバーのドレンボルト部のねじ穴がなめていまたので、ヘリサート加工。でここはBSPネジサイズ1/8"-28山です。
ブリキアウタープライマリーカバー(ちゃんとした面部分が無い)の垂直セットに苦労。
ネジ穴の下穴自体はまっすぐドリルが入ったと思われましたが、座面部が悪い。
作ったネジ穴に対し垂直にセットし座面づくり。
先日、フリクッションインサートを入れたクラッチはプレート類組み付けて一日中油圧プレスで押しておき、フリクッションの面出し。
光明丹を付け圧をかけチェック。それなりにあたっているようだ。
オイルタンク、バッテリーカバー問題。今回、外していない、ギアボックッスマウントプレート(エンジンRサイドプレート)のマウントネジ穴部分にはねじ山が切ってありますが、なめて無くなっているところと、メートリックで修正されているところがあります。
これをどうにかプレートを外さずに修正します。また、オイルタンクマウント部は以前に折れたマウント部をロウ付けモリモリで直してあります。マウント部のラバーマウント化を考えます。

















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







by sgf1906 | 2019-08-11 09:03 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 09日

火・水曜日の授業風景







1979FLH1340


a0248662_00002846.jpg
a0248662_00003918.jpg
a0248662_00262638.jpg
a0248662_00004706.jpg
a0248662_00005274.jpg
a0248662_00005835.jpg
a0248662_00010310.jpg
a0248662_00010873.jpg
a0248662_00011361.jpg
Iさんのショベルヘッドは車体周りの分解。
ブレーキ周りを取り外し、タイヤ周り・フェンダー周り・フロントフォーク・スイングアーム分解。
純正オイルラインは固着し分解に苦戦。どうにか無事摘出。
フロントフォークはサイドカーですのでアジャスタブルフォーク。
ネックベアリングの錆はやばし。やはりサイドカー、このあたりは以前に整備されていませんね。



















1963 TRIUMPH T120



a0248662_00015185.jpg
a0248662_00021087.jpg
a0248662_00022101.jpg
a0248662_00022661.jpg
a0248662_00023802.jpg
a0248662_00024333.jpg
a0248662_00024770.jpg
Yさんのトライアンフ。
フレーム周り68年~70年あたりのものと思われ、オイルタンクマウント、バッテリーマウント、サイドカバーはユニットモデル後期のタイプの取り付け。
ラバーマウント周りも生きていたのでそのまま使用。
リアフェンダー、再塗装したチェーンガード、ピリオンフットレストサポート、エンジンプレート取り付け。


















1976FXE1200



a0248662_00030333.jpg
a0248662_00030780.jpg
a0248662_00031331.jpg
S君は最近手に入れたFXEスーパーグライドのお手入れ。
でリアフェンダー取り付けにあたり、ステー製作し自ら溶接し取り付け。














1973XLH1000

a0248662_00033428.jpg
a0248662_00033955.jpg
a0248662_00051009.jpg
a0248662_00035442.jpg
a0248662_00035889.jpg
a0248662_00040367.jpg

アイアンスポーツコンロッド
スモールエンドブッシュ交換・リーマー加工&ホーニングしクリアランス調整。
虫食いがあったビッグエンドベアリングレースは虫食いが無くなるまでラッピング。
非常に硬いベアリングレースを0.1mm以上ラッピングは骨が折れる。
段つきになってしまったラッピングロッドを切削しつつ研磨。
マックスサイズローラーが入るまでラッピングし虫食いが取れなければレース交換します。

















INDIAN CHIEF

a0248662_00053193.jpg
a0248662_00053935.jpg
a0248662_00054691.jpg
I君はインディアンエンジン
クランクのバランスどり冶具を製作するためチェック。
クランクピンテーパー、クランクシャフトテーパーはWLと同サイズ(テーパー角度も一緒)
で以前に作ったWL用のものが使える。
コンロッドビッグエンドレースサイズ、クランクシャフトベアリングレースサイズもほぼ、WLと同等サイズで使えるものが多い。
軸受け部のガタが多かったマグ分解。
ねじ折れ部分ヘリサート














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






















by sgf1906 | 2019-08-09 00:55 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 06日

1976FXE1200 クランクバランス



a0248662_23071434.jpg
a0248662_23072176.jpg
a0248662_23073346.jpg

今日はHさんのショベルヘッド
クランク周りのマトメブログ、クランクバランスについて。
使うピストン・ピストンピン・クリップ・リング・コンロッド上部と、クランク上部の重量計測。また、クランクピン・ビッグエンドローラー・ケージ・クランクピンナット・ロックタブ、コンロッド下部とクランク下部重量計測。
現状の左右フライホイールの釣り合いウエイト計測。
フライホイールの釣り合いウエイトと、計測した上部重量、下部重量を計算すると釣り合いバランス率は58パーセントとなりました。
スタンダードなパーセンテージだったのでこのままのバランスファクターで、左右フライホイールのバランスを出していきます。










a0248662_23074764.jpg
a0248662_23080433.jpg
a0248662_23085074.jpg


バランス率は59%と良かったものの、左右バランスがあっていません。
この時代メーカーはクランクを組んだ状態でバランスをだしていたと思われます。
左右フライホイールそれぞれバランスを出します。
まず、もともと掘ってあった穴はネジ山を切り、ねじ埋め。
左右同じ重量のダミーウエイトを付け、バランスだし。
磁石を付けフライホイールがどこでも止まるように。










a0248662_23083438.jpg
a0248662_23085564.jpg
a0248662_23090330.jpg
a0248662_23092137.jpg



磁石を付けた場所と重さを基準にして、対角線状に穴を開けていきます。
比重計算をしてドリルでの穴あけ量を測定しつつ、穴を開けつつ、バランスチェック。
なかなか骨が折れます。
というわけで、左右ともにバランスどりO.Kであります。















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

















by sgf1906 | 2019-08-06 23:44 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2019年 08月 05日

日曜日の授業風景

a0248662_08081770.jpg











1977FXE1200

a0248662_08083144.jpg
a0248662_08093544.jpg
a0248662_08083885.jpg
a0248662_08084464.jpg
a0248662_08084847.jpg

T君のショベルヘッド
一気に車体周り分解作業。
車体周りはずいぶんと変更点がある予定で、ばらしたパーツは殆ど使わないか?















1972XLH1000

a0248662_08103007.jpg
a0248662_08104379.jpg
a0248662_08105260.jpg
a0248662_08111165.jpg
a0248662_08113551.jpg
a0248662_08114141.jpg
a0248662_08114759.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
Rホイールの振れとり作業終わり、リアドラムブレーキ周りの作業。
ドラムは芯だし切削済み。ブレーキシュー張り替え済み。
ガタがあるピボット部はスリーブ製作して取り付け。
マジック・チョークで印を付け車体に仮組み、あたりっぷりチェック、修正・擦り合わせ。













1977FLH1200

a0248662_08122475.jpg
a0248662_08122943.jpg






K君のショベルヘッド
クランク芯だし。一旦は非常によいところまで行ったのだが、最後のナット本締め時にトラブルあり。
また改めて次回。















1948 INDIAN CHEIF

a0248662_08153696.jpg
a0248662_08154781.jpg
a0248662_08155441.jpg


Tさんのインディアン
ギアボックス周りの計測作業をし、交換が必要なブッシュ回り抜き取り。
で、また改めて抜いたブッシュホール計測。
虫食いが酷かったタイミングサイドクランクシャフトベアリングレース抜き取り。
エンジン・ギアボックス周りの計測作業は終わり、そろそらパーツ注文。













a0248662_08082329.jpg
Tさんは特別ベスパクラス終了。
お疲れ様でした。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純










by sgf1906 | 2019-08-05 08:37 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 04日

土曜日の授業風景


1949FL1200


a0248662_00004223.jpg
a0248662_00005417.jpg
a0248662_00010809.jpg
a0248662_00012218.jpg
a0248662_00013259.jpg
a0248662_00014143.jpg
a0248662_00014843.jpg
a0248662_00015411.jpg
a0248662_00020886.jpg
a0248662_00022772.jpg
a0248662_00023897.jpg
a0248662_00024741.jpg

Oさんのパンヘッド
最後の一個フロントシリンダーヘッドのEXバルブシートカット&擦り合わせ。
灯油漏れチェックしO.K
バルブ仮組みしてバルブスプリング取り付け長計測。
計測した取り付け長時のバルブスプリング圧計測。
少々ガタがあったロッカーアームメタルは面研磨して上下方向のガタを無くす。
















1958 VELOCETTE VENOM


a0248662_00042658.jpg
a0248662_00031332.jpg
a0248662_00032111.jpg
a0248662_00032616.jpg
a0248662_00035563.jpg
a0248662_00040833.jpg
a0248662_00041596.jpg
a0248662_00042008.jpg

Iさんのベロセット
プライマリー側の作業へ。
インナープライマリーガスケット・インナープライマリカバー・カバーマウント用の段付きスクリューを付けギアボックッスがちゃんと動くかチェック。
クラッチチェーンホイールのフリクッションインサートを取り付け。
このインサート取り付けた後、面が出るのであろうか?
















1976FXE1200

a0248662_00044061.jpg
a0248662_00044626.jpg
a0248662_00045454.jpg
a0248662_00050095.jpg
a0248662_00050658.jpg
a0248662_00052072.jpg


Hさんのショベルヘッド
リアブレーキホース取り付け。
マスターシリンダーはリビルドキットを使いOH、リアブレーキホースは長さをあわせ、単品製作。
仮でエキパイ取り付け干渉しないようにオイルホース取り付け。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


















by sgf1906 | 2019-08-04 08:25 | その他 | Comments(0)
2019年 08月 03日

月・火・水曜日の授業風景




1946WR750

a0248662_00124212.jpg
a0248662_00124781.jpg
a0248662_00125545.jpg
a0248662_00130239.jpg
a0248662_00130724.jpg
a0248662_00131203.jpg
a0248662_00131818.jpg
a0248662_00132476.jpg
a0248662_00134999.jpg
a0248662_00135883.jpg

MさんのWR
クランクシャフトシールを取り付け、改めてエンジン腰した本組み。
一応、ギアの回りっぷり、オイルポンプの回りっぷりをチェックしつつ取付け。
ピストンリングのリングギャップ調整、オイルリング圧力、クリアランスチェックし取り付け。
シリンダーは高さ調整・左右圧縮比はプレートで調整済み。トルク管理しシリンダー取り付け。

















1965 TRIUMPH TR6


a0248662_00142801.jpg
a0248662_00143368.jpg
a0248662_00144128.jpg
a0248662_00144667.jpg
a0248662_00145348.jpg
a0248662_00150128.jpg
a0248662_00151078.jpg


Oさんのトライアンフ
内燃機加工から上がってきたクランクをチェック。左右クランクシャフトはベアリングにあわせ溶射・研磨。
ビッグエンドジャーナル研磨・メタルあわせ。クランク芯だし。
クランクバランス率をチェックするためクランク周りの重量計測。
今回計った重量を元にダミーウェイト製作します。


















1955FLH1200


a0248662_00152165.jpg

Hさんのパンヘッド
久しぶりに登場にHさんは、ガス漏れしていたガスタンクを修正、塗装しなおしガソリンタンク取り付け。

















1979FLH1340



a0248662_00154259.jpg
a0248662_00154889.jpg
a0248662_00155342.jpg
a0248662_00155936.jpg
a0248662_00160423.jpg

Iさんのショベルヘッド
エンジン、トランスミッションを車体から降ろし、軽くジャブジャブ。
ナセル周りの分解作業。
ホグランプなどのラント系が沢山付いていたサイドカーでありまして、配線が大変そうです。


















1963 TRIUMPH T120

a0248662_00161113.jpg
a0248662_00161612.jpg
a0248662_00162124.jpg
a0248662_00162619.jpg
a0248662_00163167.jpg
a0248662_00163793.jpg
a0248662_00164440.jpg
a0248662_00164958.jpg
a0248662_00165457.jpg
a0248662_00170038.jpg


Yさんのトライアンフ
センタースタンドは付いていなかったため、新品センター取り付け。
以前に加工後チェックごとは終わっているクランク。スラッジチューブ&プラグ取り付け、1965TR6と同じく、現状のクランク重量計測。
こちらも同じくダミーウエイト製作します。
計測ごと終わり、オイルタンク清掃取り付け。















INDIAN ENGINE

a0248662_00172282.jpg
a0248662_00173314.jpg
a0248662_00174137.jpg
a0248662_00174698.jpg
a0248662_00175245.jpg
a0248662_00175954.jpg
I君はインディアンエンジン分解作業。
分解時抜けてきたクランクシャフトタイミングサイドのベアリングレースとともにドライブサイド側も動いていたので、ナット取り外し抜き取り。
またカムブッシュはすべて抜き取り。
空回りしていたF側マニホールド似っぷりは抜き取り。
ニップル周り止めが効いていませんでした。
また、R側マニホールドもニップル周り止めニップル部からエアを吸っているようだ・・・このあたりも抜き取りが必要。
ホトンドすべてやり直しという感じです。
















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純




















by sgf1906 | 2019-08-03 08:30 | その他 | Comments(0)
2019年 07月 30日

1976FXE1200 タイミングギア周り




今日は久しぶりに作業内容まとめブログ
北海道Hさんのショベルヘッドタイミングギア周りの話



a0248662_22415443.jpg
a0248662_22420540.jpg

カムカバーはオークションで購入。ブッシュはシャフトとのクリアランス多めだったためブッシュ抜き取り。
ブラスト清掃されていたカバー内はブラストのメディアでいっぱいだった。ブッシュを抜き取り正解。





a0248662_22433814.jpg
a0248662_22434735.jpg
a0248662_22435464.jpg
a0248662_22440286.jpg
a0248662_22441145.jpg

段べりしていたカムシャフトは研磨。
研磨したシャフトにあわせカムブッシュ単品製作。
オイル通路加工しピニオンブッシュ圧入。ダウエルピン穴開け。






a0248662_22444240.jpg
a0248662_22445402.jpg
a0248662_22450137.jpg
a0248662_22453742.jpg

a0248662_22501425.jpg
ピニオンシャフベアリングレースラインだしラッピング
ケース全周でしっかり研磨できたところで、冶具を使いピニオンブッシュラインリーミング&専用ラップロッドでのラッピング







a0248662_22460043.jpg

ピニオンシャフトは新品。
拡大したレースに対し.0004”o.sローラーを選択。クリアランス0.03mmに。
ピニオンブッシュは0.03mm~0.04mmのクリアランスに。




a0248662_22460829.jpg
a0248662_22513412.jpg
a0248662_22461640.jpg


単品製作したカムシャフトブッシュも圧入し、ラインリーミング(画像取り忘れ)
同じく専用ロッドでクリアランス調整。
シム研磨、厚み調整しカムシャフトエンドプレイ調整。








a0248662_22462292.jpg
a0248662_22462700.jpg
a0248662_22463408.jpg

カムギア&ピニオンギアのギアサイズあわせ。
使用するカムギアにあわせピニオンギアサイズを変更し、バッククラッシュ調整。
近い2サイズのギアをとっておき、実際に取り付け回りっぷりチェック。
カラーコードレッドのギアでは回したときに少々音が出たため、カラーコードブルーを使用。





a0248662_22464411.jpg

傷が多かったブリーザーギアホールもボーリングし.030”o.sブリーザーギア使用。





a0248662_22471173.jpg
a0248662_22471663.jpg
一部なめていたタイミングカバーのねじ穴ヘリサート。




a0248662_22472708.jpg
a0248662_22474656.jpg
ローラー選択したピニオンシャフト、ギアサイズ調整したピニオンギア&カムギア、ブリーザーギアを取り付け、回りっぷりチェック。
スムーズに周り問題なし。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2019-07-30 08:53 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2019年 07月 29日

日曜日の授業風景




1948 INDIAN CHIEF

a0248662_07595490.jpg
a0248662_08000076.jpg
a0248662_08000618.jpg
a0248662_08001252.jpg
a0248662_08001660.jpg
a0248662_08002180.jpg
a0248662_08002753.jpg
a0248662_08003296.jpg
a0248662_08003801.jpg

Tさんのインディアンは計測作業
ドライブサイドクランクシャフトベアリングレースは状態は悪くない。
タイミングサイドベアリングレースは虫食い酷く交換、またピニオンシャフトも虫食い酷く交換。
カムブッシュはガタ酷く交換。
ギアボックスのベアリング抜き取り、計測作業。
カウンターシャフト、メインシャフトは使えますが、カウンターギアブッシュ、ハイギアブッシュなどは交換。
















1972XLH1000


a0248662_08012125.jpg
a0248662_08012540.jpg
a0248662_08012931.jpg
a0248662_08013445.jpg


Oさんのアイアンスポーツ
リアホイールリム組み。振れとりして、フレームに取り付けセンターだし。
リム溶接部の歪み部分の修正に苦戦。

















1977FXE1200


a0248662_08015428.jpg
a0248662_08015830.jpg
a0248662_08020347.jpg
a0248662_08020825.jpg
TくんのショベルヘッドはT/M分解作業。
ギア類、シャフト類は状態良く、交換は必要なし。
メインドライブギアブッシュを含むブッシュ類交換、ベアリング類交換、消耗品の交換で済みそうだ。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2019-07-29 08:20 | その他 | Comments(0)