Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ショベル ( 379 ) タグの人気記事


2018年 11月 10日

1978FXE1200 クランク芯だし・組み付け


今日はMさんのショベルヘッドのお話。
クランクバランスどりが終わり芯だし作業。



a0248662_00510916.jpg
随分と傷が付いていたスプロケットシャフトは新品に交換。
ドライブ側フライホイールは71年以降のものが使われていたので、シャフトの70年~71年のものに。





a0248662_00511979.jpg
スプロケットシャフト、ピニオンシャフトを組み付けそれぞれシャフトの振れ、フライホイールの振れをチェック。
この時点で振れが多いものは問題があるのだが、こいつは無事。





a0248662_00512890.jpg
a0248662_00513772.jpg
組み付け芯だし作業。
ドライブ側、タイミング側ともに0.15mmの振れに。









a0248662_00515627.jpg
a0248662_00520433.jpg
a0248662_00521194.jpg
スプロケットシャフトベアリング組み付け。
シム調整しエンドプレイを0.02mmに。




a0248662_00540478.jpg



a0248662_00522036.jpg

a0248662_00565223.jpg

既に調整済みのタイミングギア周り、オイルポンプを組み付け、腰下完成となりました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-11-10 01:09 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 10月 27日

1981FXS1340 オイルポンプ・タペット・腰下完成


今日はSさんのショベルヘッドのお話。


a0248662_08503036.jpg
a0248662_08503803.jpg
a0248662_08504501.jpg




オイルポンプボディーの内壁はここ最近では珍しく深い傷もなく無事でありましたので、そのまま使用します。


a0248662_08505399.jpg
a0248662_08510206.jpg
a0248662_08510994.jpg



ボディーとギアのでっぷりチェック。
チェックバルブのあたりっぷりチェック。




a0248662_08511678.jpg
a0248662_08512466.jpg
a0248662_08513215.jpg

トルク管理しオイルポンプの組み付け。
オイルポンプギアがスムーズに回るところにボディー位置を移動しつつ組み付け。



a0248662_08514206.jpg
a0248662_08515036.jpg
a0248662_08523203.jpg
a0248662_08525501.jpg

タイミングギア周り本組みして、ガスケット類が固まったところで、実際にオイルをまわし、オイルの流れっぷりチェック。





a0248662_08530509.jpg
a0248662_08531485.jpg
a0248662_08532358.jpg



タペット周りのチェック。
ガイドとタペット自体のクリアランスは問題なし。
ローラーのガタも悪くないが、虫食いが多かったカムに乗っかっていたローラーのため、ローラー自体が少々やられているよう。



a0248662_08533164.jpg
a0248662_08533984.jpg
a0248662_08541374.jpg
a0248662_08542410.jpg

4本ともローラー交換。し組み付け。
エンジン腰下完成です。




a0248662_08543837.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-10-27 09:08 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 10月 21日

1981FXS1340 クランク芯だし、組み付け



a0248662_08271961.jpg

a0248662_08271420.jpg



Sさんのショベルヘッド
ドライブサイド、タイミングサイドともに組み付け前のシャフトの振れ、フライホイールの振れチェック。
クランク組み付け芯だし作業。
フライホイールが同じ方向に傾くパターンの振れ方をしたので、少々苦戦しつつ無事振れとり完了。



a0248662_08402284.jpg
a0248662_08373216.jpg
a0248662_08374699.jpg
a0248662_08381935.jpg

スプロケットシャフトベアリングレース取り付け、ベアリングのスラストチェック、シムの圧みで調整。
ピニオンベアリングは前回選択済みのものを取り付け、クランクケース組み付け。



クランクケース組みつけ、クランクの回りっぷりチェック。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2018-10-21 08:51 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 10月 18日

1981FXS1340 クランクバランス


今日はSさんのショベルヘッド、クランクバランス
コンロッドスモールエンドブッシュ交換、ビッグエンドベアリングレースラッピング、コンロッドワッシャー交換が終わりバランスどり作業。

a0248662_02133998.jpg

a0248662_02164964.jpg
まずは現状(もともと付いていたピストン)でのバランスファクター計測。
バランスファクターは61%で純正パーセンテージ。
問題は左右フライホイールのアンバランス。
70年代中期ごろからメーカーでは両フライホイールを組んだ状態でバランスをとっていたようで、左右それぞれで計測するとつりあうところのウエイトが違ってきます。
今回はバランスファクターはそのまま、左右バランスを合わせます。


a0248662_02144019.jpg



a0248662_02135377.jpg
a0248662_02145623.jpg
実際に使うピストンで改めて計測。
バランススタンドは0.02mm刻みの水平器を使い水平をだしています。


a0248662_02154113.jpg
a0248662_02154659.jpg
a0248662_02155408.jpg
a0248662_02160168.jpg
計算で出したバランスウエイトを付け、磁石を使いバランスが合うところの位置を重さを確認。
鉄の比重を考え決まった位置に穴を掘ります。





というわけで、両フライホイールのバランス合わせ終了です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







by sgf1906 | 2018-10-18 02:48 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 10月 06日

1981FXS1340 タイミングギア周り


今日はSさんのショベルヘッドタイミングギア周りのお話。



a0248662_02035585.jpg
a0248662_02041261.jpg
a0248662_02041728.jpg
まずはクランクケースの修正ごとから。
カムカバーボルト雌螺子にクラックが入っていました。
こいつの修正から。


a0248662_02042857.jpg
a0248662_02043284.jpg
螺子穴の深い部分までクラックfが入っていましたので、一旦削りとり溶接肉盛り。


a0248662_02043879.jpg

a0248662_02314122.jpg
a0248662_02044290.jpg
ダウエルピンを抜き取り、冶具製作しカムカバー面面研。



a0248662_02045462.jpg


a0248662_02050077.jpg
a0248662_02050692.jpg
a0248662_02102703.jpg
カムカバーを使い位置出し。
カムカバー穴にピッタリなポンチを製作し正確に位置だしして、新たに螺子穴製作。



a0248662_02125569.jpg
a0248662_02121734.jpg
a0248662_02122279.jpg
a0248662_02122878.jpg
序にナなめかかっていたタイミングホールの螺子穴ヘリサート加工。




a0248662_02052443.jpg
a0248662_02051652.jpg
ケースの加工ごとが終わり、ここからはピニオンシャフト周りの作業。
ピニオンシャフトベアリングレースは0.02mm~0.03mm楕円になっています。
ピニオン側のレースには珍しく横方向に広がっています。
ピニオンシャフトベアリングレースは縦方向に広がっていることが多い。)
カムカバーのピニオンシャフトブッシュは磨耗少なく、交換せずにそのまま使います。



a0248662_02054080.jpg
a0248662_02055120.jpg
a0248662_02054580.jpg
a0248662_02055614.jpg
a0248662_02062646.jpg
ピニオンシャフトベアリングレースラッピング。
向かって左側のレースが片あたりしてレースが広がっていたらしく、少々苦戦しつつもラッピングし真円に。

a0248662_02071708.jpg
ラッピングし拡大したレース、使うシャフトに対し+0.03mmになるようにオーバーサイズベアリングローラー選択。


a0248662_02063397.jpg
a0248662_02063838.jpg

シャフト・ベアリング・カバー組み付けピニオンシャフトの回りっぷりチェック。




a0248662_02040268.jpg



もともとついていた純正Hカムはカム部の虫食いが酷く交換。


a0248662_02065026.jpg
a0248662_02065679.jpg
a0248662_02163533.jpg
新たに使うカムシャフトはアンドリュース製Jカム。
ギアサイズ計測69.51mm
このサイズにピニオンギアサイズは37.39~37.41mmとなる。
元々付いていた、カラーコードREDの純正ピニオンは実測37.39mmでこいつが使える。(REDのサイズは37.41~37.43mmだが、磨耗しているものと思われる)



a0248662_02074419.jpg
a0248662_02075064.jpg


a0248662_02080681.jpg
カムベアリング交換し、カム組み付けスラスト量チェック。
シムで調整し0.1mm程度のスラスト量に。
同じくブリーザーバルブもスラスト調整。






ピニオンギア・カムギア仮組みして、回りっぷりチェック。
上の動画は適正サイズでの組み合わせ。
下の動画は少々大きめ(0.02mm程度)ピニオンギアを組んだもの。
下のものはギアの音がしますね。

という訳でタイミングギアの作業終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-10-06 03:05 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 10月 01日

1981FXS1340 コンロッド周り

今日はSさんのショベルヘッドのお話。

a0248662_02352493.jpg


F側0.03mm、R側0.01mmと楕円があったコンロッドビッグエンドベアリングレース。
ラッピングし真円に。



a0248662_02353152.jpg
スモールエンドブッシュはF側大きいところで0.0mmR側大きいところで0.05mmとガタがありましたのでブッシュ交換。
コンロッドスモールエンドブッシュホールは無事。


a0248662_02353502.jpg
a0248662_02354042.jpg
ブッシュ圧入、リーミング&ホーニングしてピストンピンに対し0.025mmのクリアランスに。







a0248662_02355341.jpg
ここからはコンロッドワッシャー
随分段減りして、動いてしまっていたコンロッドワッシャーは交換します。

a0248662_03014277.jpg
ダミーワッシャーを入れ必要なコンロッドワッシャーの厚みを算出。



a0248662_02372530.jpg
a0248662_02355893.jpg
a0248662_02360324.jpg
アルミ青銅でコンロッドワッシャー製作。
このワッシャーは製作するのがなかなか面倒で、専用の生爪を作っているものの、銜えかたによって上下(左右?)の面が出ずらい。
また、外輪の径が小さすぎると手スポで入ってしまい、ワッシャーが動いてしまう恐れがあります。また大きすぎると圧入時に薄いワッシャーは曲がってしまいます。
薄い嵌め代部なので精密計測出来ない。
うまいこと寸法を取って入るか入らないかのところを狙って作ります。

a0248662_02374362.jpg
a0248662_02380229.jpg
製作したワッシャーを圧入しカシメ。




a0248662_02381804.jpg

コンロッドビッグエンド部の話へ。
少々虫食いがあったクランクピンはJIMS製のものに交換。


a0248662_02382467.jpg
a0248662_02382988.jpg
フロント側、リア側それぞれベアリングサイズ選択しクリアランス調整。
スモールエンド部の振れっぷりを確認。




a0248662_02380712.jpg
フライホイール仮組みしてコンロッドのスラスト量チェック。
この時点ではスラスト量が少々多めで設定してきます。
クランク芯だしをして行き、どんどん詰まっていくと、スラストが減っていく傾向があるためです。
現状でのスラスト量は計算通り。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-10-01 03:18 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 09月 29日

1976FXE1200 分解作業


先週も4日間連続で北海道から来ていたHさんのショベルヘッド
分解作業が終わりましたので、まとめブログ。



a0248662_01111222.jpg
a0248662_01111938.jpg
a0248662_01112461.jpg
a0248662_01112917.jpg

エンジン腰上分解。
ピストンは.010”オーバーサイズピストンが入っており、シリンダーもピストンに対し0.08mm~0.09mmと状態は悪くない。


a0248662_01144608.jpg

写真を撮り忘れてしまったが、ヘッド周り分解
バルブガイドとバルブステムのクリアランスは0.09mm~0.1mmと大きめ、リアEXは大分変形があり大きいところでは0.3mmと広がっている。バルブガイドは全交換。
ロッカーアームブッシュはバルブ側のブッシュが0.0mm~0.1mmと大分ガタがあったのでブッシュ交換。



a0248662_01113436.jpg

コンロッドスモールエンド部のガタはフロント側で2.8mmと大分ガタがあります。
スモールエンド部でこれだけガタがあるとビッグエンド部では0.1mm近くガタがあると思われる。

a0248662_01114095.jpg
a0248662_01114511.jpg
a0248662_01115169.jpg


プライマリー周り分解しエンジン腰下、トランスミッション降ろし。




a0248662_01115875.jpg
a0248662_01120570.jpg
a0248662_01121188.jpg


タイミングギア周り分解。
ブリーザーバルブは網部の変形あり。
a0248662_01124300.jpg
a0248662_01124949.jpg
a0248662_01123719.jpg

カムギア周り計測。
カムブッシュ、ピニオンブッシュともにガタがありブッシュ交換。
ギア計測。
カムギアシャフトは問題なく使えますが、ピニオンギアとカムギアのカラーコードは同じなものの、クリアランスがある状態になっています。ギアが少々減っているのでしょう。ピニオンギアサイズを変更してみます。


a0248662_01130265.jpg
a0248662_01130740.jpg


オイルポンプ分解。
ボディー内壁に大きな傷ありでオイルポンプボディーは交換。


a0248662_01143630.jpg
タペットローラーの状態は良し。


a0248662_01131234.jpg
a0248662_01131932.jpg
a0248662_01132629.jpg


クランク分解し現状のクランクの芯振れチェック。
ドライブサイド+0.15mm、タイミングサイド+0.15mmた大分振れている。
ビッグエンド部にもガタがあったので分解作業。


a0248662_01133186.jpg
a0248662_01133876.jpg
a0248662_01134462.jpg


クランク周り分解し計測。
コンロッドビッグエンド部はフロント、リアともに0.1mm以上のガタ。
スモールエンドブッシュ交換します。
a0248662_01134901.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースは変磨耗はないがローラーが減っていてクリアランス0.05m~0.06mm。

a0248662_01135426.jpg


ピニオンシャフトチェック。
ベアリング軸受け部は問題なし、またセンター穴も変形なく問題ないが、ピニオンシャフトブッシュとの摺動部が変磨耗あり。
研磨が必要です。



a0248662_01152966.jpg

トランスミッション分解。

a0248662_01153474.jpg

スタータークランクのストッパーは取れていましたので、溶接修正。


a0248662_01154084.jpg



a0248662_01154669.jpg

シフター周り分解。
大きな問題なしでありますが、何時もの事ながらリターンスプリングは折れています。


a0248662_01155121.jpg
メインシャフト周り。
メインシャフトはこのまま使用。メインドライブギアブッシュとキックラチェットギアブッシュは交換。
また1ST&2NDギアは大分やられていましたのでギア交換。



a0248662_01155889.jpg

カウンターシャフト周り。
カウンターシャフトは問題なし。ベアリングもSTDサイズでO.K
フローティングブッシュは1ST・2NDともに交換予定。




a0248662_01160292.jpg

キックブッシュも交換します。



a0248662_01160798.jpg

ギアボックスドレンボルト部は随分と大きいボルトがぶち込まれていました。
ここは溶接し一旦穴を埋め、螺子を切りなおします。



a0248662_01213839.jpg

車体周り分解作業。


a0248662_01214312.jpg
a0248662_01214760.jpg
ネックベアリング交換。


a0248662_01215298.jpg

F/Rホイールベアリング交換。
フロントローターは大分変磨耗しているので、研磨もしくは交換します。
Rスプロケットも減っていますので交換。


a0248662_01215770.jpg
a0248662_01220304.jpg


スイングアームべアリングは、初めて変えるであろう、くっきりと跡がついています。
また、ピボットボルトも段減りしていますので交換。



a0248662_01220812.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-29 02:10 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 09月 05日

1978FXE1200 オイルポンプ

今日はMさんのショベルヘッド
オイルポンプのお話

a0248662_12441096.jpg

a0248662_12441585.jpg



a0248662_12442153.jpg

もともとついていたオイルポンプはアイドラギアシャフトがテスポ・・・。
ボディー内壁にもキズがありますのでオイルポンプを交換することに。
使うオイルポンプボディーは80年以降の純正オイルポンプ良品。







a0248662_12443257.jpg
a0248662_12443709.jpg
a0248662_12444301.jpg
80年以降のオイルポンプはリリーフバルブ不圧穴の経路が以前のモデルと違いますので、冶具を使いケースにドリル加工。何時ものやつです。




a0248662_12444992.jpg
a0248662_12445597.jpg
フィード側、リターン側のギアとボディーの隙間チェック。ギアのでっぷりは0.1mm~0.15mmと良好。
またチェックバルブも光明丹であたりっぷりチェック。




a0248662_12450196.jpg
ジェームス製の黒ガスケットを使い、オイルポンプの締め付けトルクは10N.m
で締め付けてみると、一箇所ねじ山がナメてしまいました・・・。
まぁ10N.mでナメてしまったんであれば仕方がない。


a0248662_12451362.jpg
a0248662_12451881.jpg
a0248662_12452494.jpg


クランクケース分解してボール盤に垂直セットアップしヘリサート加工。







a0248662_12450786.jpg
a0248662_12453782.jpg
a0248662_12453179.jpg
気を取り直して改めてオイルポンプ組み付け。
規定トルクえ締め付けオイルポンプの回りっぷりチェックし問題なし。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-05 22:10 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 08月 31日

1976FXE1200 ブッシュ周り製作







今日はHさんのショベルヘッド
なんやかんやブッシュ製作。






バルブガイド

傷が入ってしまったバルブガイドホールはリーマーで真円加工済み
使うバルブステム径、ヘッド側バルブガイドホール径にあわせバルブガイド外径・内径加工。
今回リーマーを一新したため、リーマー加工が随分楽に。

a0248662_10183133.jpg
a0248662_10184343.jpg
a0248662_10184817.jpg
a0248662_10185453.jpg






カムブッシュ&ピニオンブッシュ


カムカバー中古良品に交換。
カムシャフトは段減りがあったのでセンターを出し研磨。
研磨したカムシャフト、カバーにあわせカムブッシュ単品製作。
ピニオンシャフトもシャフト、カバーにあわせ単品性製作。



a0248662_10190313.jpg
a0248662_10192497.jpg
a0248662_10193412.jpg
a0248662_10191964.jpg
a0248662_10221616.jpg
a0248662_10222225.jpg
a0248662_10222762.jpg









キックシャフト


キックカバーも中古良品に交換。
使うシャフト、カバーにあわせキックシャフトブッシュ単品製作。


a0248662_10232574.jpg
a0248662_10233297.jpg









キックラチェットギア&メインドライブギア

トランスミッションのメインシャフトも少々段減りがあったのでメインドライブギア側、キックラチェットギア側ともに研磨。
キックラチェットギアブッシュもギア、シャフトにあわせ単品製作。オイル溝加工。
メインドライブギアブッシュはJIMS製のものを使い、内径加工。
加工したメインシャフトに合わせます。



a0248662_10350035.jpg
a0248662_10241620.jpg

a0248662_10242053.jpg
a0248662_10235887.jpg
a0248662_10240518.jpg
a0248662_10242586.jpg











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-08-31 10:38 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 08月 29日

日・月・火曜日の授業風景

1973XLCH1000

Kさんのアイアンスポーツ
スイングアームの取り付けが終わり、フロント周りへ
ネックベアリングはバラ球ボールベアリングからテーパーベアリングにコンバート
ネックカップ径とフレーム径を計り問題なしでベアリングカップ圧入。
ベアリング取り付け。
フォーク周りはシール交換済み。1”のアンパースプリング取り付け、フォーク組み付け。
段減りが酷かったRドラムは新品に交換し組み付け、リアホイールのセンターだし作業。



a0248662_08483203.jpg
a0248662_08490265.jpg
a0248662_08490661.jpg
a0248662_08491534.jpg
a0248662_08492039.jpg
a0248662_08492568.jpg
a0248662_08492902.jpg
a0248662_08493513.jpg
a0248662_08493983.jpg













1978 TRIUMPH T140E

Tさんのトライアンフ
サイドカバーマウントステー製作しエンジン始動。
エンジンは一発始動したものの、製作したスロットルワイヤーが少々短かったため、アイドリング調整ができず・・・・
次回、ワイヤーを作り直し。
a0248662_08505172.jpg
a0248662_08505933.jpg


















1984FXS1340

エンジン・ミッション以外の車体周り、配線作業を行ったSさんのショベルヘッドも卒業となりました。
キャブのセッティングがまだドンピシャという感じではないので、乗りながらの調整が必要でありますが、とりあえず乗って帰って調子をみつつとなります。

a0248662_08531231.jpg



















33.4mmアイアンフォーク

S君は33.4mmフォークのブッシュ単品製作。
製作したブッシュを圧入しラッピング&ホーニング作業、クリアランス調整しガタなくスムーズに動くように。

a0248662_08535354.jpg
a0248662_08535990.jpg
a0248662_08540326.jpg













1933 SUNBEAM M8 ダイナモ

M君のサンビーム
コミュテーター部が破綻したアーマチュアコイルの新品が来たので取り付け。
もともとのアーマチュアと寸法が微妙に違うらしく、組み付けるとアーマチュアコイルの動きが悪い。
シム調整して取り付け。もちろんベアリングも新品に交換。
モータリングチェックし問題なし。





a0248662_08553860.jpg
a0248662_08554451.jpg
a0248662_08561777.jpg
a0248662_08563085.jpg
a0248662_08563504.jpg
a0248662_08564052.jpg














1978FXE1200

Mさんのショベルヘッドはオイルポンプ周り。
80年以降のオイルポンプボディーにコンバートで各部チェックし問題なかったのですが、本組み自にボディーマウントボルト雌ネジがナメてします・・・。
ケース分解しボール盤にセットしヘリサート加工。
気を取り直してオイルポンプ組み付け。


a0248662_08575379.jpg
a0248662_08575947.jpg
a0248662_08580442.jpg
a0248662_08581040.jpg
a0248662_08581525.jpg
a0248662_08581948.jpg
a0248662_08582334.jpg
a0248662_08582831.jpg
a0248662_08583302.jpg












1975XLCH1000

久しぶりに登場のKさんのアイアンスポーツ。
久しぶりに過ぎてどこまでやっていたか忘れる・・・。
クランクケースの洗浄を終え、ネジ修正作業にエンジンドレンボルトは回るが空回りしボルトが外れない状態。
ボルトを壊し、雌螺子側ヘリサート加工。
他の螺子部もナンヤカンヤ加工が必要なところが沢山あり、この作業がまだまだ続きそう。



a0248662_08593292.jpg
a0248662_08590738.jpg
a0248662_08593757.jpg
a0248662_08594382.jpg








1976FXE1200

Hさんのショベルヘッド
T/Mからのオイル漏れがあるということでミッションを見てみたのですが・・・
随分と溶接された跡が有り、カウンターブッシュ軸受け部にクラックが残っています。
ここからオイルが漏れていたと思われる。
ともあれこのケースは使い物にならずで新しいケースを探します。



a0248662_09002406.jpg
a0248662_09002936.jpg
a0248662_09003590.jpg
a0248662_09004172.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-08-29 09:59 | その他 | Comments(0)