Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーバーホール ( 110 ) タグの人気記事


2018年 07月 14日

1986 TRIUMPH HARRIS BONNEVILLE ヘッド周り(バルブガイド)

今日はトライアンフ・ハリスボンネのお話。
ガタがあったバルブガイドの入れ替え作業です。

a0248662_8254255.jpg
a0248662_827122.jpg


まずバルブガイドの抜き取り。
以前に750ccのガイドの抜き取り作業の際、燃焼室側からガイドを叩きガイドが変形し抜き取りに苦労した覚えがあります。(ガイドが少々柔らかい)
そのため今回は頭部分に螺子をきっておきボルトを入れ抜き取り。
抜き取り後、バルブガイドホール計測。
それぞれの穴の状態は良く軽くホーニングし内計12.70mm~12.71mm。


a0248662_8273951.jpg
a0248662_827495.jpg

a0248662_828011.jpg

a0248662_8281126.jpg


kibble white製のバルブガイド
純正のクリップ留めのガイドと違い、鍔付きのものであります。
やはり、クリップ留めのものより鍔付きのものの方が良いであろう。ということでバルブスプリングカラーを加工し鍔つきのまま使います。

まずはバルブステム径にあわせバルブガイド穴リーミングし内計拡大、クリアランス調整。
ヘッドに対し適正嵌め代の数値に外径切削&研磨。
アルミ青銅系のバルブガイドは予め内計拡大をしておかないと後々大変です。




a0248662_8282623.jpg
a0248662_8283669.jpg

a0248662_830278.jpg


a0248662_8284969.jpg
a0248662_8285861.jpg


750ccには付いているロッカーとのダウエルピンを抜き取り、ロッカーカバー面、シリンダー面の面研。
このダウエルピンはロールピンが使われているため、少々取りづらい。バイスグリップなどでハサムのだか今回も一個失敗。ねじ切りして抜き取り。



a0248662_8304322.jpg
a0248662_8305112.jpg


ヘッドよく暖めガイド圧入。


a0248662_831623.jpg
a0248662_8311654.jpg
a0248662_8312586.jpg

圧入後、嵌め代分縮まった内径を、リーマーを通しクリアランス調整。
粘り硬いアルミ青銅は一回リーマーを通しても切れきれない。
計測しつつ、リーマーを通し最後ホーニング作業。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-14 08:51 | 1986 TRIUMPH HARRIS | Comments(0)
2018年 07月 13日

1978FXE1200 トランスミッション 組み立て その2

今日はMさんのショベルヘッド
トランスミッションの組み立て作業まとめです。

a0248662_1083912.jpg
a0248662_1085038.jpg
a0248662_109353.jpg


a0248662_1091744.jpg
a0248662_1092983.jpg


少々ガタがあったシフターシャフトブッシュは交換単品製作。
圧入しホーニングしてクリアランス調整。
よく折れてしまうパウルキャリアーのスプリング交換。効き目が弱かったカムフォロアーのスプリングもシム調整。



a0248662_1094596.jpg
a0248662_1095450.jpg

シフターの位置調整しシフターカバー周りはO.K



a0248662_1010103.jpg
a0248662_10101965.jpg
a0248662_10103464.jpg
a0248662_10105082.jpg


キックシャフトブッシュもカバー側、シャフト側に合わせ単品製作。
圧入・ラッピングしクリアランス調整。


a0248662_1011689.jpg
a0248662_10111949.jpg


欠けがあったクラッチプッシュロッドのリリーズフィンガーは新品に交換ですが、厚みが有りすぎて組むと動きが渋い・・・。
一部面研磨して修正、取り付け。


a0248662_10113799.jpg


キックレチェットギアブッシュは問題なし。

a0248662_10115165.jpg
a0248662_10123333.jpg


シフター周り、キック周りと仮組みして作動チェックし問題なく、シール・ガスケット取り付け、本組み。
というわけで、トランスミッション完成。


a0248662_1013046.jpg
a0248662_10131223.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-13 10:27 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 07月 05日

1979FXS 車体回り(ホイール・ブレーキ)

今日はS君のショベルヘッドまとめブログ、車体回り編
10年以上野外放置車両で車体回りは錆満載の車両でありました。



a0248662_10512114.jpg
a0248662_10513114.jpg

まずはホイールベアリング交換。スラストチェック、シム調整しガタなくスムーズに回るように。


a0248662_10514381.jpg
a0248662_10515311.jpg

a0248662_1052814.jpg

錆が酷かったブレーキローター、スプロケットは新品に交換。
タイヤも交換。


a0248662_10521951.jpg
a0248662_10524358.jpg


キャリパーOH
シールはもとより、腐食していたピストン、マウントボルト類も交換。




a0248662_10525716.jpg
a0248662_1053719.jpg
a0248662_10532049.jpg


マウターシリンダーもOH
シリンダー内に少々腐食があったため、ホーニング。
オイル漏れがあったためシールのサイズ選択に苦戦した。

a0248662_10533245.jpg


フロントマスターシリンダーも同じくOH
リザーバータンク内が一部虫食いがあり、リザーバータンク蓋の螺子部からオイルが漏れる現象あり。
極小イモ螺子を作り穴埋め。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-05 11:18 | その他 | Comments(0)
2018年 07月 01日

1979FXS トランスミッション 車体周り(ネック・スイングアーム・フォーク)

今日はSくんのショベルヘッドのまとめ的ブログ
車体周りです。


a0248662_854391.jpg




a0248662_8543945.jpg
a0248662_8544824.jpg

a0248662_8545938.jpg
a0248662_855729.jpg


まずはネックベアリング交換。
レース抜き取り、NEWレース圧入。
ベアリングもステムに圧入し組み付け。


a0248662_8552920.jpg
a0248662_8553749.jpg
a0248662_8554633.jpg
a0248662_856662.jpg
a0248662_8562599.jpg


スイングアームベアリングも交換取り付け。
今回スイングアームは中古品を使用しましたので、曲がりがないか確認。
また、変形してしまいアジャウターの動きが悪くなる、シャフト取り付け部は修正。



a0248662_8563913.jpg
a0248662_8565159.jpg
a0248662_857177.jpg
a0248662_857934.jpg
a0248662_8572130.jpg


フォークシール交換。スプリングは生徒さん持込のナイス製スプリングを使用します。
ダンパースプリング、アッパーカラー取り付け、長さ調整、取り付け。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-07-01 09:06 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2018年 06月 21日

1979FXS トランスミッション その1

今日はS君のショベルヘッド、トランスミッションの組み付け作業のお話。


a0248662_1135260.jpg
a0248662_114360.jpg
a0248662_1141325.jpg


まずはドレンボルト螺子、ヘリサート加工。同じセットのまま座面部研磨。




a0248662_1144510.jpg
a0248662_1145774.jpg
a0248662_1164364.jpg
a0248662_1165115.jpg




カウンターシャフト側
1ST・2NDギアフローティングブッシュ交換。一体式のニードルベアリング交換。
3.4速ギアのスラスト調整。シムの厚みを変え調整。




a0248662_117331.jpg
a0248662_117124.jpg


同じく、1速、2速ギアのスラストチェック、調整。




a0248662_1172419.jpg
a0248662_1173391.jpg
a0248662_1174460.jpg


メインドライブギアブッシュは予め内径加工しておき、圧入、ラッピング作業しクリアランス調整。



a0248662_1175726.jpg
a0248662_118145.jpg
a0248662_1182463.jpg


この年式から一体式のメインドライブギアニードルベアリング交換。
今回はサンダンス製のメインドライブギアシールを使いますので、シールKITに含まれるメインドライブギアスペーサーを取り付け。スラストチェック。



a0248662_1184358.jpg
a0248662_1185299.jpg
a0248662_1191092.jpg
a0248662_1192070.jpg


よく曲がっているメインベアリングリテーニングプレートも曲がり修正、研磨し取り付け、メインシャフト組み付け、回りっぷりチェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-21 11:24 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2018年 06月 20日

1979FXS エンジン仮組み・バルブタイミングチェック


先日に引き続き、S君のショベルヘッドのお話
ロッカーカバー周りのお話から。

a0248662_9155021.jpg
a0248662_916853.jpg
a0248662_9161852.jpg
a0248662_9162768.jpg
a0248662_9164011.jpg
a0248662_9165160.jpg
a0248662_9165944.jpg


ロッカーアームブッシュは交換。ロッカーアームシャフトは状態が良かった。
予め内径加工を済ましたロッカーアームブッシュを圧入。リーマー通し、ラッピングしクリアランス調整。
スラストチェックし問題なし。





a0248662_9173168.jpg
a0248662_9174744.jpg
a0248662_918237.jpg
a0248662_9181717.jpg


スプロケットシャフトベアリングのエンドプレイ計測、シム調整済み。
ピニオンシャフトレースラッピング済みで適正クリアランスになるローラーベアリング取り付け。
クランク本組み。



a0248662_9184928.jpg
a0248662_919935.jpg
a0248662_9193231.jpg
a0248662_9194279.jpg
a0248662_920247.jpg


タイミングギア周りのもそれぞれ調整済みで、タイミングギア仮組みしてバルブタイミング実測チェック。
ロッカーカバーは穴あきものつくり、バルブとロッカーのあたり角度をチェック。
今回使ったカムシャフト S&S514 IN OP/CL 23度/43度  EX OP/CL 43度/23度 と開きっぷりはそれほどでもないですが、バルブリフトが.514”と多目でありまして、ロッカーの当たり角度と干渉を気にしていましたが問題なし。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-20 09:33 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2018年 06月 18日

1979FXS クランクバランス・芯だし


今日はS君のショベルヘッド・クランク周りのおはなし。


a0248662_849968.jpg
a0248662_8491979.jpg
a0248662_8493285.jpg
a0248662_8494282.jpg
a0248662_8495274.jpg


分解時に現状のバランスファクター計測。バランスファクターは59%でパーセンテージこの数値でいきます。
しかし、左右フライホイールのバランスがでていませんので、それぞれ左右バランスをあわします。
以前にもお話したとおりショベルヘッド中期あたりから、クランクバランスはクランクを組んだ状態でとっていたようで、左右のバランスは出ていないことが多いです。

使用するピストン含めそれぞれ計測し、59%になるボブウェイト選出。
選出したボブウェイトをつけ、フライホイールがどこでも止まる様に穴あけ加工。







a0248662_8503358.jpg
a0248662_8504393.jpg


クランクのバランスどりが終わりクランク芯だし
ピニオンシャフト・スプロケットシャフトを組み付け、それぞれフライホイールのリムの振れを見ておきます。ピニオン・スプロケットシャフトにテーパー入りっぷりが悪いと、いつまでたっても芯は出ません。
両フライホイール組み付けクランク芯だし。
ドライブ側0.01mm タイミング側0.015mmの振れに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-18 09:04 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2018年 06月 17日

1979FXS ヘッド周り


今日はS君のショベルヘッドのまとめブログ、ヘッド周りのお話。
バルブガイドの入れ替え作業が終わり、バルブシートカット、バルブスプリング取り付け。



a0248662_1473399.jpg



a0248662_1474615.jpg
a0248662_1475622.jpg
a0248662_148533.jpg
a0248662_1481636.jpg


まずはヘッドシリンダー面面研磨。
ナメていたエキゾーストパイプ取り付けネジ穴、ボール盤にセットしてヘリサート加工。
変形していたエキパイ座面部面だし。


a0248662_1483392.jpg
a0248662_1485050.jpg
a0248662_149055.jpg
a0248662_149883.jpg


インテーク・エキゾーストともに虫食いがひどかったバルブシート。
しっかり45度面カット後、IN側はバルブ傘面外側にあたり面が来るように60度面、30度面シートカット。EX側はバルブ傘面の中心に当り面がくるようにシートカット。
IN側はあたり幅1.3mm、EX側は1.5mmに。



a0248662_1505168.jpg
a0248662_151431.jpg

今回バルブリフトが純正のものより多いいS&S514カムを使いますので、バルブスプリングも74S&Sの.550”リフト用のものを使います。
インナースプリングを取り付け、バルブスプリング取り付け長を計測。


a0248662_1511977.jpg
a0248662_1514022.jpg
a0248662_1515264.jpg


計測したバルブスプリング取り付け長でスプリング圧計測。
.550”リフト用スプリングは純正のものと比べインナースプリングの圧力が倍近く強い。
アウター側はさほど変わらない。インナー側が強いため合計で圧力は強い。リフト量を増やした分、サージング予防でインアー側の形状、圧力を変えてると思われる。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-17 02:12 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2018年 06月 16日

ショベルロッカーアーム

a0248662_8494533.jpg

a0248662_8503398.jpg
a0248662_8505729.jpg


修理依頼でお預かりしたショベルのロッカーアーム
シャフトとロッカーブッシュのガタは多くブッシュ交換。(隙間が目でわかるぐらい)

4本中2本のロッカーアームシャフトは随分減ってしまっているので交換。減っていないロッカーアームシャフトで14.06~14.07mm。今回減っていたものは14mmを下回っていました。

また、ロッカーアームのバルブとのあたり面は減っています。こちらは研磨。



a0248662_8515187.jpg

a0248662_8511276.jpg


でいつもの作業。
JIMS製のロッカーアームブッシュ。そのまま圧入リーマーを通すと非常に大変なので、予め内径拡大しておきます。


a0248662_914131.jpg
a0248662_921453.jpg
a0248662_971637.jpg

ブッシュ圧入、ラインリーミング、ホーニングしクリアランス調整。


a0248662_994347.jpg

幸いロッカーアームシャフトは純正中古の良品があったので2本交換。


a0248662_995820.jpg

a0248662_9114378.jpg

虫食いがあったロッカーあたり面は研磨して問題なし。



a0248662_9122629.jpg
a0248662_9125645.jpg

仮組みしスラストチェック。
調整いらずでそれぞれスラスト量0.15mm~0.25mm
というわけで、ロッカーの作業終了です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-16 09:24 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 14日

水曜日授業風景

水曜日は授業をお休み、在校生の方にお手伝いして頂き教室の模様替え、機会の搬入作業を行いました。
購入し適当に置いていた機械たちを整理整頓、棚作り。
これで作業効率も上がるはず。

皆様有難う御座いました。



a0248662_12581690.jpg
a0248662_12582685.jpg
a0248662_12583765.jpg

a0248662_12591940.jpg

a0248662_1259144.jpg
a0248662_12593217.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-14 13:04 | その他 | Comments(0)