Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

授業風景


a0248662_1022419.jpg

1979FLHのFさんはトランスミッションの構造を考察。

a0248662_10221697.jpg

1968XLCHのO君はリム組み。

a0248662_10222750.jpg

1968XLHのSさんは塗装作業。

a0248662_1023092.jpg

1978FXSのNさんはバイクを横目にモールトン修理。

a0248662_10232240.jpg
a0248662_10233283.jpg

サンビームM君は圧縮漏れのため新しいヘッドガスケット製作。
詳しくはPetrol Bug'sへどうぞ。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

# by sgf1906 | 2012-10-22 10:33 | その他 | Comments(0)
2012年 10月 20日

Rサスペンション

今日は小ネタ
ビックツインの中古フリクッションディスクと全ネジでリアサスペンションスプリングコンプレッサーになります。

a0248662_2185761.jpg
a0248662_2191310.jpg
a0248662_2194190.jpg


と言う訳で、油圧抜けてしまっているダンパーを交換。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

# by sgf1906 | 2012-10-20 02:24 | その他 | Comments(0)
2012年 10月 18日

JAP 500 SPEEDWAY バルブ&バルブスプリング

今日は久しぶりにJAPエンジン、ヘッド周りのお話。

a0248662_2152215.jpg

滅多にやる事は無いであろうJAPのバルブサイズなどを測り、バルブスプリング取り付け長をチェック。

a0248662_2154971.jpg

インナースプリングだけを付けバルブを仮組みし計測。
インテーク39.2mm エキゾースト41.1mm

a0248662_2161314.jpg

バルブスプリングカップの下にはスプリング取り付け長、スプリング圧を調整する為のシムが入ってます。

a0248662_2162422.jpg

JAPにはマイカワッシャーなるものが入っています。
マイカとは日本名、雲母といい薄くはがすことができる鉱物(石)との事です。
耐熱性に優れていて薄く出来るのでバルブスプリングのシムとして使われていたのでしょう。
高電圧機器、電子機器の絶縁、高耐熱材料として使われてるようです。
こんな材料にお目に掛かれるのも旧車イジリの面白いとこです。

a0248662_2163725.jpg

マイカワッシャーを計測。
シムを入れた状態でバルブスプリング取り付け長  IN 39mm EX 40mm

a0248662_2165069.jpg

スプリング取り付け長でスプリングを圧縮しスプリング圧を計測。
アウター・インナー両方付けた状態で44Kg

資料ではバルブ閉時 100Ib (45kg)
バルブ開時 147Ib(66kd) となっているので合格点。


a0248662_2171599.jpg

バルブシート当り幅もチェック。

資料では1/16”(1.58mm)
実測はインテーク約1.2mm エキゾースト約1.6mm

レーシングエンジンの割には普通の数値ですね。
熱を溜めやすい鉄ヘッドだからでしょうか?他の鉄ヘッドエンジンレーサーと比較してみたいですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

# by sgf1906 | 2012-10-18 03:18 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(2)
2012年 10月 17日

1968XLCH900 ロッカーアーム

今日はハーレー・アイアンスポーツのロッカーアームのお話。

a0248662_31419.jpg

a0248662_301554.jpg
a0248662_30154.jpg
a0248662_364264.jpg

当然ながらロッカーにはロッカーアームブッシュ、バルブを潤滑する為にオイルが圧送されます。
オイルラインからロッカーカバーに行ったオイルは、ロッカーアームを通りロッカーアームブッシュを潤滑し、バルブ側にオイルが行き、ヘッドとシリンダーのオイル戻り穴を通りクランクケースに落ちていきます。

一番上の写真、右側はIN左側はEXのロッカーアームです。
熱を持つ排気側のロッカーアームには、冷却のため吸気側よりも多くオイル穴が開けられています。

と、オイルの流れを理解したところで、ブッシュ交換。
a0248662_372999.jpg
a0248662_374743.jpg

a0248662_375797.jpg

タップを使い古いブッシュを抜き、新しいブッシュを圧入。
先ほども述べた通り、バルブ側にはオイル穴が開いているので、ブッシュとロッカーアームの穴が合う様に圧入。

a0248662_3896.jpg

バルブ側、プッシュロッド側のブッシュを入れたら、専用リーマーでラインリーミング。

a0248662_382017.jpg

リーマーを通しても少々渋い場合は、ドリルロッドにバルブコンパウンドを付けラッピング。

a0248662_383677.jpg

ガタ無しスムーズなロッカー出来上がりです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

# by sgf1906 | 2012-10-17 03:42 | 1968XLCH900 | Comments(3)
2012年 10月 16日

1968XLH900 フロントホイールハブ

64年~72年まで使われている、フロントホイールのドラムハブはアルミ製のため、軸受け部分にガタがでている事が多いです。

a0248662_226581.jpg

a0248662_2265445.jpg

軸受けベアリングはボールベアリング。

a0248662_227739.jpg

この車両も随分とガタが多かったので測ってみると、0.17mmもガタが・・・
スポーク、リムが付くと酷い振れになります。

a0248662_2272366.jpg

a0248662_2273133.jpg

アールテックエンジニアリングさんで、ボーリング&スリーブ加工して貰いました。
加工したか判らないぐらいの美しい出来です。

この後はスポーク組みです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

# by sgf1906 | 2012-10-16 02:50 | 1968XLH900 | Comments(0)