Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 28日

日曜日の授業風景

1951 TRIUMPH T100

a0248662_8354831.jpg

a0248662_8351136.jpg
a0248662_835225.jpg
a0248662_8353219.jpg
a0248662_836888.jpg


Hさんのトライアンフ
前回ヘッド仮組み、プッシュロッドチューブオイルシールの厚み選択済み。でヘッド、ロッカー組みつけ。
一個穴が広がっていたロッカーアームは交換しロッカー組みつけ。
ものモデルのロッカー組みつけ、スラストワッシャー、スプリングワッシャーの取り付け、面倒ですね・
ヘッドロッカーカバー組み付け。
プッシュロッドの位置決めが無いため、プッシュロッドの取り付けにも苦戦。
簡単なプッシュロッド位置決め冶具をつくり取り付け。










1985FXEF1340

a0248662_8381041.jpg

a0248662_8364929.jpg
a0248662_8374951.jpg
a0248662_838195.jpg
a0248662_8382121.jpg


Tさんの4速エボはヘッド周り。
ガイドリーマー加工後、シートカット・擦りあわせ。
バルブスプリング取り付け、取り付け長計測。







1984FXS1340

a0248662_8384424.jpg
a0248662_8385876.jpg


Sさんのショベルヘッド
車体周りのOH作業、配線引きなおしが終わり、エンジン始動、試乗となりました。
今回Sさんは車体周り中心作業で、エンジン、ミッション、プライマリー周りの作業は行っておらず。
試乗し、クラッチに問題ありだったので分解チェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-28 08:54 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 27日

土曜日の授業風景



TRIUMPH SMALLUNIT ENGEINE

a0248662_922999.jpg
a0248662_924010.jpg
a0248662_925016.jpg
a0248662_93233.jpg
a0248662_931244.jpg
a0248662_932090.jpg


Kさんのトライアンフ
ヘッド周りの計測作業を終え、ギアボックッス周りのチェック計測作業。
現状2基分あるギアたちはそれぞれギア数が違う。またうちにあるパーツリストに載るギア数とも違う・・・と混乱中。レイシャフトの軸受けも年式・車種ごとに違うようで考察が必要です。






1968BSA A65

a0248662_933429.jpg



NさんのBSAは試乗前に鍍金が剥げていたヘッドライトシャル交換しつつ、まし締めしつつ。
ある部分ではまってしまい、試乗は次回。







1982FXR1340

a0248662_935392.jpg
a0248662_94393.jpg


Sさんのショベルヘッド
キャブレーター交換に伴い、コールドスターターケーブルをマウントするためエンジンマウント交換。もちろんスンナリとは付かずマウントを大分加工し取り付け。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-27 09:16 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 26日

1981FXS1340 クランク分解・コンロッドビッグエンドベアリングレースラッピング・バランスチェック

エンジンOH依頼でお預かり、Sさんのショベルヘッド。
今日はクランク周りのお話。


a0248662_2174.jpg


a0248662_211745.jpg

まずは分解前にクランクの芯振れっぷりチェック。
ドライブサイド0.01mm、タイミングサイド0.03mmと状態は悪くない。



a0248662_212614.jpg

コンロッドの振れも2mmは振っていない程度。



a0248662_213640.jpg
a0248662_215652.jpg
a0248662_22774.jpg
a0248662_221626.jpg
a0248662_222465.jpg

クランク分解。
で今回はここで苦戦。ドライブサイドフライホイールとクランクピンを抜き際に、びくともしない・・。
これはもしや・・・少々クランクピンテーパー圧入部を暖め抜き取り。
ロックタイトらしきものの跡が・・・テーパーにロックタイト塗ったら抜けなくなりまっせ。
同じくピニオンシャフト・スプロケットシャフトも暖めプレス5トンでやっと抜けました。



a0248662_223592.jpg

無事分解終わり、それぞれチェック・計測作業。

a0248662_225072.jpg
a0248662_23234.jpg

コンロッドスラストワッシャーはベアリングケージ部のあたりありで減っています。
同じくアルミベアリングケージも減っていますのでこちらも交換。


a0248662_23162.jpg
a0248662_232623.jpg
a0248662_233749.jpg


ベアリング・クランクピン・コンロッドベアリングレース計測。
ローラーはSTDサイズのものが少々減っている程度。
R側は0.01mm程度楕円、フロント側は0.03mm楕円になっています。
この楕円がガタ感になっていました。
スモールエンドブッシュはフロント側+0.07mmリア側0.05mm(楕円)と広がっていましたのでブッシュ交換。


a0248662_235194.jpg
a0248662_235997.jpg

コンロッドベアリングレースはラッピングして真円に。
クランクピンは交換するので新しいピンと合わせローラー選択。


a0248662_26666.jpg
a0248662_261785.jpg
a0248662_262929.jpg
a0248662_263895.jpg

現状でのクランクバランスファクター計測。
実測バランスファクター61%で純正の数値。しかしながら左右フライホイールのバランスがでていません。左右釣り合いウエイトの重さの差が59kgあります。やはりこの年式は左右バランスがでていないのですね。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-26 02:34 | 1981FXS1340 | Comments(0)
2018年 05月 24日

水曜日の授業風景



1976FXE1200

a0248662_1373978.jpg
a0248662_1374819.jpg
a0248662_138113.jpg
a0248662_1381064.jpg
a0248662_1392257.jpg
a0248662_1393964.jpg
a0248662_1310096.jpg
a0248662_13102796.jpg
a0248662_13104219.jpg



Mさんのショベルヘッド
社外のケース・メイン側は76年以前、カウンター側は76年以降の組み合わせで組まれているトランスミッション。問題はないのでこのまま進めます。
まずメインドライブギア。
メインドライブギアベアリングレースはクリアランス的には問題ないのですが、0.02mm楕円になっていましたので、ラインラッピングして真円加工。ローラー選択。
多かったスラストはシム調整して調整。シャフトも入れまわりっぷりチェックし問題なし。
ベアリングが飛び出していたことで、スラストがなく左右両スラストワッシャーが削れてしまっていたカウンター側。
ベアリング交換してライト・レフト量スラストワッシャー交換、厚み調整して適性スラスト量に。







1940 INDIAN SCOUT

a0248662_13105618.jpg
a0248662_13111110.jpg
a0248662_13111938.jpg


フロントフォークの組みつけが終わったMさんのインディアンですが、車体をリフトから降ろしタイヤを着座させるとどうもタイヤが斜めに立つ感じ。
フォーク・三又を分解し、フォーク三又の捩れチェック。フレームネック部の曲がりチェック。








a0248662_13114134.jpg


I君はXTのリアヤリアー加工取り付けのバイト中。




a0248662_13115544.jpg


Yさんは3TAのフレーム持込。
錆付いて固着したスイングアームピッボットスピンドル抜き取り。
また、同じく固着したネックベアリングレース抜き取り、三又とインナーチューブ抜き取り。
錆付き固着多数でこれぞレストアという感じ。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-24 13:30 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 23日

火曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_847611.jpg
a0248662_8472375.jpg
a0248662_8474112.jpg
a0248662_847525.jpg
a0248662_848489.jpg


a0248662_849277.jpg

a0248662_8483728.jpg


MさんのWR
一部ガタガタだったタペットガイドは新品に交換。
新しいWR用タペットガイドはホワイトブロンズで作られていました。
タペットSTD外径18.56mmに対しこのガイドの内径は15.67mmでピッタリで作られています。
ホワイトブロンズ製で膨張することも考えつつ、少し大きめのクリアランスになるようホーニングしクリアランス調整。
同じくガタがあったタペットローラー交換のため抜き取り。







1978FXS1200

a0248662_8493362.jpg
a0248662_8494775.jpg
a0248662_850459.jpg
a0248662_8502214.jpg

a0248662_8503460.jpg
a0248662_85047100.jpg
a0248662_8505832.jpg


Hさんのショベルヘッドはバルブ周り。
EX側はバルブ側、シート側ともに虫食いが多くバルブ交換。シートカット作業。擦り合わせし灯油漏れチェック。
IN側は45度面の状態も良くバルブも使えましたので、45度面擦りあわせ、あたり幅調整で60度面シートカット。
ロッカーカバースタッドねじ部が駄目で抜けてきてしまっていたので、ヘリサート加工。






UL

a0248662_8512792.jpg
a0248662_8514060.jpg
a0248662_8515021.jpg


TさんのUL
ハンドシフト化に伴いシフトロッド加工、ベルトプライマリーから、チェーンプライマリーへコンバートに伴い、プライマリーカバー周りの合わせ、フットクラッチのペダル位置調整などなど、3日間の突貫作業でどうにか形になり、無事静岡に帰っていきました。
TさんI君お疲れ様でした。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-23 09:05 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 22日

月曜日の授業風景


1937EL1000

a0248662_94101.jpg
a0248662_951424.jpg
a0248662_952774.jpg
a0248662_953626.jpg


久しぶりに登場のWさん。
ロッカーアームブッシュ交換しロッカーシャフトをNOSものに交換したスプリンガーフォーク組み付け。
この後トランスミッションの組み付け作業だが、カウンター2ndギアフローティングブッシュに苦戦。




1979FXS1200


a0248662_955912.jpg
a0248662_96768.jpg
a0248662_961698.jpg


S君のショベルヘッド
配線引きなおし作業もそろそろ終わりです。






1978FXS1200

a0248662_963227.jpg


Hさんのショベルヘッド。
ヘッド、バルブ周りのカーボン除去作業が終わり、擦り合わせ。
今回はガイド交換無しでいきますので擦り合わせは楽なのですが、EX側はバルブ、シートともに虫食いが酷いのでバルブ交換、シートカット作業となりました。

Hさんには機械を取りに行って頂き非常に助かりました。







UL

a0248662_964386.jpg


TさんのUL
ミッション取り付けに伴い、パン用ライトサイドガスタンクをつけハンドチェンジ化。
また、オープンプライマリーからプライマリーチェーン&プライマリーカバー化することで色々と加工ごとが必要です。







a0248662_965632.jpg


NEWマシーンがいたぞ。
皆様、搬入を手伝っていただき有難う御座いました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-22 09:19 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 21日

日曜日の授業風景


1978 TRIUMPH T140E

a0248662_8472710.jpg

a0248662_848686.jpg
a0248662_8481810.jpg
a0248662_8483928.jpg
a0248662_849231.jpg
a0248662_8493215.jpg
a0248662_8495991.jpg


Tさんのトライアンフ。
Rブレーキの引きずりがあり、何度目かのRブレーキ周りの作業。
元々がドラムブレーキ設計のものに無理やりRマスターを取り付けた構造のためマウント位置やリリーズアームの位置・リターンスプリングの位置など色々と無理がある。
何回かここの脱着をしたTさんは余裕で分解・組み付けをする、
キャブレーターはコンセントリックMK1を使い、専用マニホールドを使います。このマニ用の専用ボルトを製作し取り付け。次回スロットルケーブル製作となります。






1984FXS1340

a0248662_8501931.jpg
a0248662_8503858.jpg


Sさんのショベルヘッド
前回に引き続き、配線作業で無事終了。
次回、エンジン始動で走行チェックとなります。








UL


a0248662_8505836.jpg
a0248662_8512747.jpg


I君が修理していたULのトランスミッション。オーナーの方が静岡県から車両持ち込みでトランスミッション搭載。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-21 09:02 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 20日

1951TRIUMPH T100 クランク組み付け

今日はHさんのトライアンフのまとめブログ、クランク周りのお話です。



a0248662_229139.jpg
a0248662_2292596.jpg
a0248662_229338.jpg
a0248662_2294223.jpg

a0248662_2333034.jpg


メタル使用のコンロッドが付いていたビッグエンド部。
ビッグエンドジャーナルは状態良く、スモールユニット用の.030”U.Sのメタルを使いクリアランス調整。
手スポだったクランクシャフトはドライブサイド、タイミングサイドともに溶射・肉盛・研磨しベアリングに対して嵌め代に。
もともとの設計でクランクシャフトとベアリングの圧入代の少ないトライアンフはシャフトが減ってしまっていることが多いです。

クランクバランスはT100使用。


a0248662_2295595.jpg
a0248662_230552.jpg
a0248662_2301564.jpg
a0248662_231833.jpg
a0248662_2312511.jpg
a0248662_2313747.jpg

a0248662_232031.jpg


クラックが入っていたクランクボイト部は溶接し、穴修正&座面づくり。
同じくなめていたねじ部はヘリサート加工。


a0248662_2322038.jpg

a0248662_2323421.jpg

a0248662_2374359.jpg

a0248662_232586.jpg
a0248662_233813.jpg


今回はドライブサイドローラーベアリングを使い、タイミングサイドはボールベアリング。
ベアリング取り付け、カムシャフト組み付け、クランク組み付け。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-20 03:05 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 05月 19日

1978FXE1200 エンジン分解作業

今日はMさんのショベルヘッドエンジン分解作業のお話。
以前に色々と手が入ってい車両のようであります。


a0248662_8465611.jpg
a0248662_8473523.jpg
a0248662_8475135.jpg
a0248662_848681.jpg
a0248662_8481514.jpg
a0248662_848429.jpg


まずはヘッド分解。
ロッカーアームバルブとのあたり面は一部修正研磨が必要。
ロッカーシャフトの段減りは無く、ブッシュ交換でいけそうだ。
ヘッドバルブ圧入部は以前に溶接で修正している跡があります。それに伴い鍔部分の厚みでを厚くして高さ調整をしているようです。幸いバルブとガイドのクリアランスは悪くないのでこのまま使用する予定。


a0248662_9152.jpg


シリンダーは.030”ピストンでボーリングが必要です。



a0248662_849565.jpg
a0248662_8494077.jpg
a0248662_85018.jpg
a0248662_8501080.jpg


タイミングギア周り
ピニオンシャフトブッシュは状態良し、カムブッシュは交換が必要。
タペット自体の減りも少なく良好。タペットローラーは以前に交換してある様だ。
ガイドも進行方向一部減りがあるが、ボーリングするほどでも無い。


a0248662_8502945.jpg
a0248662_8503838.jpg
a0248662_8505073.jpg

a0248662_8511986.jpg


クランク周り分解。
問題がコンロッドビッグエンド。ガタがまったく無く、クリアランスゼロ。
分解時ピンが抜けませんでした。またコンロッドのスラストも無い状態。
スプロケット側フライホイールも年式違いのものが使われています。
このあたりは考察が必要です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-19 09:08 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 05月 18日

火曜日・水曜日の授業風景

1955FL1200

a0248662_1023457.jpg
a0248662_10241412.jpg
a0248662_10242346.jpg
a0248662_10243227.jpg

a0248662_10244928.jpg

a0248662_10245889.jpg
a0248662_1025773.jpg


久しぶりに登場のYさん
ライニングを張り替えたRブレーキドラムのあたり調整。
何回もRホイールを脱着するこの作業はなかなか大変です。
リアチェーンも取り付け、遊び調整。
ハンドシフト化したチャンジ周りはロッドを加工し取り付け。








UL TRANSMISSION

a0248662_102519100.jpg


I君はULミッション
加工したラチェットギア取り付け、スラスト調整したキックシャフトクランクを取り付け、キック周りの作動チェック。







1946WR750

a0248662_10253521.jpg
a0248662_10254367.jpg
a0248662_10255310.jpg

a0248662_10262039.jpg
a0248662_10262955.jpg
a0248662_10265020.jpg
a0248662_1027412.jpg



MさんのWR
ベアリング位置のシム調整が終わり、ベアリングとシャフトの圧入っぷり調整。
軸受けがボールベアリングで特に#3、#4カムはケース側、カムカバー側ともにベアリング軸受けのため、シャフトとベアリングの圧入っぷりがキツイと取り外し、組み付けが困難になります。
シャフトベアリング軸部を少々研磨。
前回KR用のバルブスプリング、バルブスプリングカバーを取り付けましたが、WRケースとの相性が悪く、WR用のバルブスプリング&カバーに交換。
バルブ取り付け時のスプリング圧計測。






1981FXS1370

a0248662_10272090.jpg
a0248662_10273379.jpg
a0248662_10274243.jpg
a0248662_10275923.jpg
a0248662_10282713.jpg
a0248662_10283728.jpg


a0248662_10285141.jpg
a0248662_1029277.jpg
a0248662_10291228.jpg


Sさんのショベルヘッドはヘッド周りの作業
ガタがあったロッカーアームはJIMS製のものに交換。
予め内径加工をしておき、ブッシュ圧入、ラインリーミング、ラッピングをしクリアランス調整。
一部ロッカーアームブッシュ圧入部が広がっている部分がありましたので、そこはブッシュ単品製作します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-18 10:46 | その他 | Comments(0)