Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 21日

日曜日の授業風景


1978 TRIUMPH T140E

a0248662_8472710.jpg

a0248662_848686.jpg
a0248662_8481810.jpg
a0248662_8483928.jpg
a0248662_849231.jpg
a0248662_8493215.jpg
a0248662_8495991.jpg


Tさんのトライアンフ。
Rブレーキの引きずりがあり、何度目かのRブレーキ周りの作業。
元々がドラムブレーキ設計のものに無理やりRマスターを取り付けた構造のためマウント位置やリリーズアームの位置・リターンスプリングの位置など色々と無理がある。
何回かここの脱着をしたTさんは余裕で分解・組み付けをする、
キャブレーターはコンセントリックMK1を使い、専用マニホールドを使います。このマニ用の専用ボルトを製作し取り付け。次回スロットルケーブル製作となります。






1984FXS1340

a0248662_8501931.jpg
a0248662_8503858.jpg


Sさんのショベルヘッド
前回に引き続き、配線作業で無事終了。
次回、エンジン始動で走行チェックとなります。








UL


a0248662_8505836.jpg
a0248662_8512747.jpg


I君が修理していたULのトランスミッション。オーナーの方が静岡県から車両持ち込みでトランスミッション搭載。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-21 09:02 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 20日

1951TRIUMPH T100 クランク組み付け

今日はHさんのトライアンフのまとめブログ、クランク周りのお話です。



a0248662_229139.jpg
a0248662_2292596.jpg
a0248662_229338.jpg
a0248662_2294223.jpg

a0248662_2333034.jpg


メタル使用のコンロッドが付いていたビッグエンド部。
ビッグエンドジャーナルは状態良く、スモールユニット用の.030”U.Sのメタルを使いクリアランス調整。
手スポだったクランクシャフトはドライブサイド、タイミングサイドともに溶射・肉盛・研磨しベアリングに対して嵌め代に。
もともとの設計でクランクシャフトとベアリングの圧入代の少ないトライアンフはシャフトが減ってしまっていることが多いです。

クランクバランスはT100使用。


a0248662_2295595.jpg
a0248662_230552.jpg
a0248662_2301564.jpg
a0248662_231833.jpg
a0248662_2312511.jpg
a0248662_2313747.jpg

a0248662_232031.jpg


クラックが入っていたクランクボイト部は溶接し、穴修正&座面づくり。
同じくなめていたねじ部はヘリサート加工。


a0248662_2322038.jpg

a0248662_2323421.jpg

a0248662_2374359.jpg

a0248662_232586.jpg
a0248662_233813.jpg


今回はドライブサイドローラーベアリングを使い、タイミングサイドはボールベアリング。
ベアリング取り付け、カムシャフト組み付け、クランク組み付け。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-20 03:05 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 05月 19日

1978FXE1200 エンジン分解作業

今日はMさんのショベルヘッドエンジン分解作業のお話。
以前に色々と手が入ってい車両のようであります。


a0248662_8465611.jpg
a0248662_8473523.jpg
a0248662_8475135.jpg
a0248662_848681.jpg
a0248662_8481514.jpg
a0248662_848429.jpg


まずはヘッド分解。
ロッカーアームバルブとのあたり面は一部修正研磨が必要。
ロッカーシャフトの段減りは無く、ブッシュ交換でいけそうだ。
ヘッドバルブ圧入部は以前に溶接で修正している跡があります。それに伴い鍔部分の厚みでを厚くして高さ調整をしているようです。幸いバルブとガイドのクリアランスは悪くないのでこのまま使用する予定。


a0248662_9152.jpg


シリンダーは.030”ピストンでボーリングが必要です。



a0248662_849565.jpg
a0248662_8494077.jpg
a0248662_85018.jpg
a0248662_8501080.jpg


タイミングギア周り
ピニオンシャフトブッシュは状態良し、カムブッシュは交換が必要。
タペット自体の減りも少なく良好。タペットローラーは以前に交換してある様だ。
ガイドも進行方向一部減りがあるが、ボーリングするほどでも無い。


a0248662_8502945.jpg
a0248662_8503838.jpg
a0248662_8505073.jpg

a0248662_8511986.jpg


クランク周り分解。
問題がコンロッドビッグエンド。ガタがまったく無く、クリアランスゼロ。
分解時ピンが抜けませんでした。またコンロッドのスラストも無い状態。
スプロケット側フライホイールも年式違いのものが使われています。
このあたりは考察が必要です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-19 09:08 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 05月 18日

火曜日・水曜日の授業風景

1955FL1200

a0248662_1023457.jpg
a0248662_10241412.jpg
a0248662_10242346.jpg
a0248662_10243227.jpg

a0248662_10244928.jpg

a0248662_10245889.jpg
a0248662_1025773.jpg


久しぶりに登場のYさん
ライニングを張り替えたRブレーキドラムのあたり調整。
何回もRホイールを脱着するこの作業はなかなか大変です。
リアチェーンも取り付け、遊び調整。
ハンドシフト化したチャンジ周りはロッドを加工し取り付け。








UL TRANSMISSION

a0248662_102519100.jpg


I君はULミッション
加工したラチェットギア取り付け、スラスト調整したキックシャフトクランクを取り付け、キック周りの作動チェック。







1946WR750

a0248662_10253521.jpg
a0248662_10254367.jpg
a0248662_10255310.jpg

a0248662_10262039.jpg
a0248662_10262955.jpg
a0248662_10265020.jpg
a0248662_1027412.jpg



MさんのWR
ベアリング位置のシム調整が終わり、ベアリングとシャフトの圧入っぷり調整。
軸受けがボールベアリングで特に#3、#4カムはケース側、カムカバー側ともにベアリング軸受けのため、シャフトとベアリングの圧入っぷりがキツイと取り外し、組み付けが困難になります。
シャフトベアリング軸部を少々研磨。
前回KR用のバルブスプリング、バルブスプリングカバーを取り付けましたが、WRケースとの相性が悪く、WR用のバルブスプリング&カバーに交換。
バルブ取り付け時のスプリング圧計測。






1981FXS1370

a0248662_10272090.jpg
a0248662_10273379.jpg
a0248662_10274243.jpg
a0248662_10275923.jpg
a0248662_10282713.jpg
a0248662_10283728.jpg


a0248662_10285141.jpg
a0248662_1029277.jpg
a0248662_10291228.jpg


Sさんのショベルヘッドはヘッド周りの作業
ガタがあったロッカーアームはJIMS製のものに交換。
予め内径加工をしておき、ブッシュ圧入、ラインリーミング、ラッピングをしクリアランス調整。
一部ロッカーアームブッシュ圧入部が広がっている部分がありましたので、そこはブッシュ単品製作します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-18 10:46 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 15日

月曜日の授業風景

1978FXE1200

a0248662_8365074.jpg
a0248662_837092.jpg
a0248662_837950.jpg



a0248662_837264.jpg
a0248662_8373845.jpg
a0248662_8374772.jpg
a0248662_8375956.jpg
a0248662_838711.jpg


a0248662_8382350.jpg
a0248662_8384080.jpg



a0248662_839224.jpg
a0248662_8391069.jpg


Mさんのショベルヘッド
ピニオンシャフトベアリングレースラッピングが終わり、スプロケットシャフトベアリングレース圧入。
スラストワッシャーの厚み調整してスラスト調整。
分解し随分と詰まっていたコンロッドビッグエンドベアリング。
ラッピングしベアリングレース内径拡大。STDローラーでフロント、リア側ともに適正クリアランスに。
コンロッドのスラストも詰まり気味でありまして、フライホイールが左右年式違いのものがついていたため、コンロッドワッシャーも銅製のものと鉄製のものがついています。
仮組みしてチェック。スラスト量が少なすぎるので、ワッシャー抜き取り製作します。
ガタが少々あったスモールエンドブッシュも交換。






1979FXS1200

a0248662_8393359.jpg
a0248662_8394467.jpg
a0248662_8395560.jpg
a0248662_840590.jpg



S君のショベルヘッドは配線作業。
純正と同じようにブレーカーを3系統に分け、色分けも同じく純正通りに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-15 08:50 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 14日

日曜日の授業風景


1964 TRIUMPH SMALLUNIT ENGEINE

a0248662_8474327.jpg
a0248662_848736.jpg
a0248662_8482491.jpg
a0248662_8483541.jpg
a0248662_8484525.jpg
a0248662_84977.jpg
a0248662_8492040.jpg


Kさん持込のスモールユニットエンジン
2基目にクランク計測。
サビサビだった予備クランクの錆を落としそれぞれ計測。前回計測したクランクより状態が良くコイツを使うことに。
タイミング側クランクシャフトブッシュは工具製作抜き取り。ケース側ブッシュホールは楕円なく良好です。
アイドラギアスピンドルも抜き取りホール計測。こちらも楕円なく良好。
G/Bのハイギアベアリング・レイシャフトの軸受け部計測。こちらも問題なし。
一番心配だった、タイミング側カムシャフト軸受け部。
ケース直受けの摺動部でここが減っていたらボーリングしブッシュ製作かしらと思っていましたが、寸法良し。
この後ヘッド側の計測作業に。ヘッド側も少々問題がありますがまた次回。





1984FXS1340

a0248662_8494243.jpg

a0248662_8501159.jpg


Sさんのショベルヘッド
車体周りカスタム作業が終わり配線引きなおし作業。





1985FXEF1340

a0248662_8504179.jpg


Tさんの4速エボも配線作業。




UL TRANSMISSION

a0248662_852396.jpg
a0248662_8521790.jpg
a0248662_8523089.jpg
a0248662_8524286.jpg


IクンははULのトランスミッション作業。
キックブッシュ部にクラックが入っていたキックカバーは溶接しボーリング。
溶接時に歪んでしまったキックカバー面はキックシャフト軸部基準にして面研磨。
研磨したキックシャフト、ボーリングしたキックカバーに合わせブッシュ製作し圧入取り付け。
キックシャフトのスラストが無かったのでスラストワッシャー研磨し調整。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-14 09:10 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 13日

1968BSA A65 ケーブル周り・配線作業

既にエンジン始動、車検取得まで終わっているNさんのBSAでありますが、今日はまとめブログ。



a0248662_8462386.jpg


a0248662_8464211.jpg


a0248662_8465413.jpg
a0248662_847886.jpg
a0248662_847263.jpg
a0248662_8474651.jpg



a0248662_8475841.jpg
a0248662_8483896.jpg
a0248662_848474.jpg


a0248662_849462.jpg

a0248662_85034.jpg


まずはケーブル製作
スロットルケーブルは単品製作
元々付いていた、スロットルホルダーに合わせマウント製作し長さ調整して取り付け。
ブレーキケーブルも単品製作。
クラッチケーブルは市販品の長さが合わず一部加工取り付け。


a0248662_8511650.jpg
a0248662_8512693.jpg
a0248662_851358.jpg
a0248662_8514498.jpg
a0248662_8515674.jpg
a0248662_8521815.jpg
a0248662_8522844.jpg
a0248662_8523824.jpg
配線作業
配線も一から引き直し。
点火方式はフルトラ、ペイゾンを使います。
点火合わせ取り付け。
モジュールとレギュラーはバッテリー上部にマウント製作取り付け。
ノーマルのA65ブレーキSWは取り扱いが微妙なので、汎用品SWを取り付け。
イグニッションコイル取り付け位置もA65さんは困ります。サイドカバーが干渉しない位置に取り付け、プラグコード製作。

というわけで、この後始動となります


by sgf1906 | 2018-05-13 09:10 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2018年 05月 12日

1958陸王RT-Ⅱ 試乗

a0248662_1512652.jpg
a0248662_1513819.jpg

Sさんの陸王試乗です。
前回の試乗でダメダメだったクラッチは一新し、全く問題無し。
キャブセッティングは少々濃いめであるが、燻りやクシャミ無く、慣らし中なのでこのぐらいで問題無い。
RT-2のミッションは4速ミッションでロータリーフットシフト。踏んで行くとN-1-2-3-4-Nと変速する。
これは慣れるとなかなか良く、4速で走っていて停車する場合に、すぐにニュートラルに入る。余計なエンブレをせずに済みます。
今回、エンジン、フォーク、ホイール周りのオーバーホールでT/Mはバラしていないので、ギア比は解らないですが、1速から4速まで均等に近いギア比なようで、3速ミッションのWLと比べて、街中でも非常に乗りやすい。
フロントブレーキはほどほどでありますが、リアはしっかり効きます。心配していた陸王オリジナルの自動進角にサーキットブレーカーも問題無し。
とまぁ、色々と書いたらキリがないが、オーナー様が喜んでくれると嬉しいです。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-12 09:14 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2018年 05月 09日

火曜日の授業風景

1940 INDIAN SCOUT


a0248662_727631.jpg
a0248662_7272564.jpg
a0248662_7274894.jpg
a0248662_728980.jpg
a0248662_7282959.jpg
a0248662_7284498.jpg
a0248662_729043.jpg
a0248662_7292023.jpg
a0248662_7293712.jpg
a0248662_72949100.jpg
a0248662_730398.jpg
a0248662_730176.jpg


Mさんのインディアン
問題だったフロントフォークのトップナット部のネジ修正を終わらせ組み付け作業。
まずインナーチューブにロワー側鋳鉄ブッシュ圧入、スプリング取り付けてダンパーロッドを取り付ける。ダンパーロッド引っ張り工具製作し取り付け。変わった形状のロッド取り付けナット用ソケットも製作。
アウターチューブ取り付け、ここでも細めのディープソケットが必要だ。
アッパー側ブッシュを打ち込む前にオイルを入れておき、アッパーブッシュとオイルシール打ち込み。
フォーク取り付け、ブレーキレバー交換に伴いブレーキーブル製作。
初めてやるインディアンのテレスコピックフォークで色々と考えながらの作業でした。






1978FXS1200

a0248662_7304968.jpg
a0248662_7312068.jpg
a0248662_7312962.jpg
a0248662_7314197.jpg
a0248662_7315810.jpg
a0248662_7321070.jpg
a0248662_7322457.jpg


S君のショベルヘッド
まずはスロットルケーブル取り付け。
S&Sツースロートの取り付け部にあわせ、マウント部が角度がついているデロルト用のケーブルを使い、一部加工し取り付け。
クラッチケーブルを取り付け、クラッチ切れっぷり調整。
ポイント取り付け、オイルライン取り付け、マフラー取り付けと随分と形になりました。
次回配線作業。





1940WL750

a0248662_7564912.jpg

a0248662_732547.jpg
a0248662_733669.jpg


I君のWL
タペットボーリング冶具を製作し、タペット内径加工。
それぞれ、.005”オーバーサイズのタペットに合わせクリアランス調整。
内径加工後実際にケースに組みつけ作動チェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-09 08:00 | その他 | Comments(0)
2018年 05月 08日

月曜日の授業風景

1940 INDIAN SCOUT

a0248662_2225481.jpg
a0248662_2226026.jpg
a0248662_2226942.jpg
a0248662_22261977.jpg

a0248662_22273190.jpg

a0248662_22263162.jpg
a0248662_22264026.jpg
a0248662_22265278.jpg

a0248662_749336.jpg


Mさんのインディアン
トップナットのネジ部がやられていた、フロントフォーク。ネジ修正するためにはフロントフォークを分解する必要があり分解。
この車両についているフロントフォークはインディアンのバーチカルツインモデルについていたテレスコピック何点か専用工具を作りフォーク分解。初めて分解するフォークなので考察しながらとなります。







1978FXE1200

a0248662_22274694.jpg
a0248662_2228620.jpg
a0248662_222817100.jpg
a0248662_22282867.jpg
a0248662_2229183.jpg
a0248662_22291331.jpg


Mさんのショベルヘッド
エンジン周りのネジ修正が終わり、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングに。
スプロケット側ベアリング軸受け部を軸にしてラインだしラッピング。
0.02mm程度ラッピングし真円に。
ローラー選択してカムカバーと仮組み回りっぷりチェック。







1940WL750

a0248662_22295355.jpg
a0248662_2230196.jpg
a0248662_2230162.jpg


I君はWLのタペットガイドボーリング冶具を作ってもらっています。
冶具はサイズが同じXLのタペットを使えるように、また旋盤に銜える用の生爪製作。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-08 08:04 | その他 | Comments(0)