人気ブログランキング |

Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1972XLH1000( 1 )


2018年 11月 06日

1972XLH1000 授業開始・エンジン分解作業

a0248662_02224777.jpg

新入生Oさんのアイアンスポーツ授業開始!
10年近く動かしていなかった車両のようですが中身はいかに。



a0248662_02225436.jpg
a0248662_02230020.jpg
ヘッド分解し軽く清掃後、計測作業。
バルブガイドとバルブのクリアランスはそれなりにあり、またEX側のバルブガイドは昔ながらの螺旋溝が切っあるタイプでガイド交換します。




a0248662_02230527.jpg
ロッカーアームとシャフトのクリアランスは状態良し。
ロッカーとバルブの摺動面も状態良し。



a0248662_02231189.jpg
ピストンはSTDのものが入っていました。
クリアランスは少々多目でボーリング予定。



a0248662_02233154.jpg
a0248662_02233613.jpg
プライマリー分解作業。
クラッチは73年以降タイプのクラッチスプリングをアジャスター螺子で調整するタイプで、74年以降のスペーサーで調整するタイプに交換予定。



a0248662_02240356.jpg
a0248662_02241287.jpg
a0248662_02241841.jpg
トランスミッション分解。
ギアボックスも状態良しでメインシャフトベアリングレースも殆ど減っていないです。
ブッシュ類、ニードルベアリング交換します。




a0248662_02244506.jpg
a0248662_02245052.jpg
a0248662_02245600.jpg
a0248662_02250343.jpg

タイミングギア周り分解。
カムシャフトは状態良し、またカムブッシュの状態も良くブッシュ交換無し。
アイアンはこの辺りの作業がないだけで随分楽な感じがします。


a0248662_02252751.jpg
a0248662_02253210.jpg
a0248662_02253773.jpg

クランク周り分解。
コンロッドビッグエンド部には少々ガタありでラッピング&オーバーサイズベアリングでクリアランス調整します。
コンロッドワッシャーは動いてしまっていますので交換。



a0248662_02254490.jpg
a0248662_02254892.jpg
a0248662_02255464.jpg
ピニオンシャフトベアリングレース&シャフトは虫食いが・・・
シャフトは交換したほうが良いでしょう。


a0248662_02255988.jpg
ともあれ印象としては状態良しのエンジンであります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純








by sgf1906 | 2018-11-06 02:43 | 1972XLH1000 | Comments(0)