Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:1976FXE1200( 11 )


2018年 04月 22日

1976FXE1200シリンダー・シリンダーヘッド組み付け

今日はHさんのショベルヘッドのまとめブログ
エンジン腰上組み上げのお話。


a0248662_0302540.jpg
a0248662_0301716.jpg

分解時シリンダー計測時。
ピストンにはDの刻印。「おっ!これはSTDピストンじゃないですか!」と喜んだのは束の間、の割にはシリンダーが薄いな・・・。
計測してみるとピストン径は88.77mm。1340cc用のSTDが入っていたようだ。
しかもシリンダーはスリーブを打ち変えてある。以前になにがあったのだろうか?




a0248662_030395.jpg

スリーブが入っていてシリンダー径は88.84mmでもうこれ以上掘りたくない。
1200cc用.060”ピストンでホーニング仕上げ。シリンダー上下面研。


a0248662_131811.jpg

a0248662_0305084.jpg

ピストンリング・クリアランスチェック
最近のHASHINGピストンリングにはリングの説明が無く困ります・・・。



a0248662_031756.jpg

a0248662_0311920.jpg

a0248662_033230.jpg
a0248662_0331119.jpg

でここでひとつ問題が。
新たにとった社外ピストンにはスカート部の“逃げ”部分が無い。以前にはちゃんとあったのだが・・・。
スタンダードサイズの小さい径であれば問題ないと思われるが、.060サイズともなると1mm以上も多きく、シリンダー径も広がっているわけで、両ピストンが下に下がっているときに内々(インテーク側)が干渉してしまいます。実際気が付かず組んでしまい干渉・・・。
逃げ部分を削り対処しました。



a0248662_0342736.jpg
a0248662_0343664.jpg

話が変わりタペット回り。
タペットガイドは以前に交換されていたようで、タペットとガイドのクリアランスは問題なし。
タペットローラーは交換。


a0248662_0341356.jpg


シリンダータペットをトルク管理し取り付け。

a0248662_0345171.jpg

a0248662_132515.jpg


a0248662_035348.jpg

シリンダーヘッドもトルク管理し組み付け。
プッシュロッド・オイルライン取り付け、エンジンほぼ完成。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-22 01:32 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 03月 31日

1976FXE1200車体周り

Hさんのショベルヘッド
エンジン、ミッションをメインでの作業でありますが、車体周りも一部チェック。

a0248662_8354276.jpg



a0248662_8355671.jpg
a0248662_836683.jpg
a0248662_8363757.jpg


前後ホイールベアリング交換、シール交換、スラスト調整。


a0248662_8364877.jpg
a0248662_83755.jpg
a0248662_8371460.jpg
a0248662_8372433.jpg


スイングアームベアリング交換。


a0248662_8383244.jpg

a0248662_8384479.jpg


ブレーキ周りのチェック、Dスプロケットも交換。


a0248662_8385945.jpg
a0248662_839883.jpg


オイルタンクも清掃し取り付け。

a0248662_8392057.jpg

エンジン腰下、トランスミッションフレームに搭載。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-03-31 08:45 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 02月 17日

1976FXE1200オイルポンプ


Hさんのショベルヘッドのオイルポンプ。
分解時にはオイルポンプギアが手では回らないぐらい渋い状態で、オイルポンプボディーの内壁も傷が多くオイルポンプボディー交換です。


a0248662_923051.jpg

a0248662_925013.jpg

a0248662_931432.jpg

a0248662_932621.jpg


新たに使うオイルポンプボディーは80年以降の純正。カバーの形状からするとプライマリー側へのオイルラインが無いものでありましたので、FXBのものと思われます。
80年以降とうことは、リリーフバルブの圧抜き穴がタイミングギアボックスに向かい開いています。(図の9A)79年以前のものに使う場合はこの穴を開ける必要があります。



a0248662_963262.jpg
a0248662_964315.jpg

まず、ギアはもともと付いていたものを使うので、ギアとボディーとの高さチェック。
フィード・リターンともに問題なし。



a0248662_97557.jpg
a0248662_971587.jpg

チェックバルブも擦り合わせをして、漏れチェック。


a0248662_973034.jpg
a0248662_974290.jpg
a0248662_975182.jpg
a0248662_98363.jpg


穴位置を確認しクランクケースの穴あけ加工。3mm程度の穴で斜めに開いていくため、開ける時は緊張します。


a0248662_982046.jpg
a0248662_983027.jpg

規定トルクで締め付け、ギアの回りっぷりチェック。
今回はどうしても、一部ガスケットがギアに干渉してしまうため、一部ガスケットを切り取り付け。
ドライブギアがどこでもスルスル回る状態に。

a0248662_910343.jpg
a0248662_9101728.jpg
a0248662_9103052.jpg


調整ごとが終わっているタイミングギア周り組み付けて、オイルポンプ本組み。


a0248662_9105374.jpg
a0248662_911480.jpg

オイルラインを仮付けしてオイル回りっぷりチェック。
ヘッド、タペット、ビッグエンドへのフィード、リターンも問題なく、オイルポンプ周りO.Kです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-17 09:28 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 02月 16日

1976FXE1200 クランク芯だし・組み立て


タイミングギア周りの調整クランクバランスを取り直したHさんのショベルヘッドはクランクの芯だし作業。


a0248662_1013135.jpg

ピニオンシャフトは新品交換。
スプロケットシャフトの締め付けトルクは500N.m以上で締め付けが恐ろしい。




a0248662_10132382.jpg
a0248662_10133881.jpg

クランクを組み付ける前に、左右それぞれのフライホイールの振れっぷり、シャフトの振れっぷりを確認。
この時点で変な振れ方をしていると、組み立て時に芯を出すことが出来ません。


a0248662_10135199.jpg

クランク振れとり、芯だし。
今回はすべて生徒さん自ら振れとりをして、ドライブサイド0.02mm、タイミングサイド0.01mmの振れまでにしました。
振れをとるためにはある程度の経験値が必要でありまして、初めての振れとりで非常に頑張りました。



a0248662_1014542.jpg

クランクの芯だし後、コンロッドのスラストチェック。
クランクピンナットの締め付けで微妙に変わるコンロッドのスラスト量ですが今回は問題なし。


a0248662_10142042.jpg
a0248662_10143081.jpg
a0248662_10145293.jpg
a0248662_10144119.jpg


スプロケットシャフトベアリングレースをケースに圧入。
冶具を使いスプロケットシャフトベアリング(テーパーベアリング)のスラスト量調整。
C型のシムの厚みを変え、スラスト量を“0”に近づけました。




a0248662_1015734.jpg
a0248662_10151682.jpg


テーパーベアリング圧入。選択済みにピニオンシャフトベアリングローラーを取り付け組み付け。




a0248662_10152838.jpg
a0248662_10154040.jpg

スプロケットシャフトベアリングシールも取り付け。
クランク周りの作業終わりであります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-16 10:30 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 02月 10日

1976FXE1200 タイミングギア周り

a0248662_1595979.jpg
a0248662_201031.jpg
a0248662_202256.jpg


今日は昨日に引き続きHさんのショベルヘッド、タイミングギア周りの作業のお話。
まずは、ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし、ベアリングレース真円加工。


a0248662_203997.jpg
a0248662_205074.jpg
a0248662_21869.jpg


ピニオンシャフトのベアリング摺動部は残念ながら剥がれがありましたので、JIMS製のピニオンシャフトに交換。
ラッピングしたベアリングレースに合わせローラー選択しクリアランス0.03mmに。


a0248662_213637.jpg
a0248662_214792.jpg

入っていた純正Hカムのカム山も残念ながら酷い状態。
アンドリュース製Jカムに交換。


a0248662_22486.jpg

ニードルベアリングはもちろん交換。


a0248662_222151.jpg
a0248662_223268.jpg
a0248662_22511.jpg
a0248662_231346.jpg
a0248662_232668.jpg

カムブッシュは新しいカムシャフト、カムカバーに合わせ単品製作。
ダウエルピン溝、オイル穴を加工。
ピニオンシャフトブッシュは状態良くそのまま使います。


a0248662_234885.jpg
a0248662_24251.jpg

a0248662_265579.jpg

カムカバーにカムブッシュ圧入ラインリーミング。
ホーニングしクリアランス調整。


a0248662_272049.jpg
a0248662_273217.jpg

カムカバーガスケットをつけ、カムのスラストワッシャーの厚み選択しスラスト調整。


a0248662_275318.jpg
a0248662_28616.jpg

カムギア・ピニオンギア径を計測し、ピニオンギアサイズ選択。
今回は偶然にも少々減ったピニオンギアと新品カムギアのサイズが合いましたのでそのまま使います。

a0248662_283047.jpg
a0248662_284262.jpg

タイミングギア周りを組み付け、回りっぷりチェックし問題なし。
ということでカム周りの作業終わり。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-10 02:32 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 02月 09日

1976FXE1200 クランクバランス



a0248662_23423730.jpg
a0248662_2342461.jpg

a0248662_23431733.jpg


Hさんのショベルヘッド・フライホイール
コンロッド上部・下部・ピストン・ピストンピン・リング・クリップ・クランクピンベアリング周りの重量計測をして、まずは現状でのクランクの釣合い重量計測。
計測すると現状の量フライホイールの合計でバランスファクターは55%
問題なのは左右フライホイールに釣り合いがそれぞれ合っていないこと。
もともと開いているフライホイールの穴位置で考えると、当時(ショベル時代)メーカーでは両フライホールを組んだ状態でバランスをだしていたのではないかと考えます。
組んだ状態で穴を開けるため、開いている穴はフライホイール外側に。また、タイミング・上死点マークがあるドライブ側に穴を開けられないため、タイミング側に穴を開け調整という感じだと
思います。
そのため両フライホイールの釣合い率をあわす為には、T側はフライホイールのウエイト側(下部)を軽く、ドライブ側のウエイト側を重くする必要があります。


a0248662_23433517.jpg
a0248662_23434472.jpg
a0248662_23435220.jpg


現状で穴を開けて両フライホイールのバランスをとると、穴ぼこだらけになってしまいますので、現状開いている穴を、タップを立てネジをつくり埋めました。


a0248662_23442234.jpg
a0248662_23443985.jpg
a0248662_2345686.jpg

穴埋めしたフライホイールで改めて、両フライホイール55%での釣合い位置を確認し穴あけ、バランスあわせ。
今回は現状のバランスファクター55%で両フライホイールの釣合いをあわせました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-09 10:26 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 02月 03日

1976FXE1200 バルブシートカット・ロッカーアーム



a0248662_827571.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブガイドの圧入・リーマー加工が終わり、シートカットから。


a0248662_8315252.jpg
a0248662_832798.jpg
a0248662_8323731.jpg

まずはEX側から
EX側は虫食いが多く、虫食いが無くなるまでしっかり45度面カット。
バルブシートとバルブ傘面のあたり位置は上目だが、当たり位置を下目(バルブフェース真ん中)にもってくるには45度面を随分削る必要があり、無理に位置合わせはせず。
60度面、少々30度面カットしてあたり幅1.5mmに。


a0248662_833198.jpg
a0248662_8331160.jpg


IN側は45度面は状態が良かったので60度面カットして、あたり幅調整し1.3mm幅に。またあたり位置もバルブフェース真ん中ぐらいに調整。
45度面は擦り合わせ。


a0248662_8332345.jpg
a0248662_8333956.jpg


擦り合わせをして、ポート内に灯油を入れ漏れちぇっく
仕上げにホーニングし完了。


a0248662_8335442.jpg
a0248662_834388.jpg
a0248662_8341760.jpg


ここからはロッカーアームブッシュのお話。
使うロッカーアームブッシュはJIMS製。ロッカーアームシャフトよりも小さめに作られていますので、専用生爪に銜え予め内径拡大。


a0248662_8344167.jpg
a0248662_8345050.jpg

オイル穴を合わせつつ、ブッシュ圧入後、ラインリーミング。
ラッピングロッドを使い微調整をして、仕上げにホーニング。

a0248662_835975.jpg

仮組みしスラストチチェック。シムを使いスラスト調整。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-03 19:08 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 01月 19日

1976FXE1200 シリンダーヘッド(バルブガイド)

a0248662_947318.jpg

a0248662_9482198.jpg
a0248662_9484837.jpg
a0248662_949865.jpg

今日はHさんのショベルヘッド、バルブガイド周りのお話。
ガタがあり抜き取った純正鋳鉄ガイド、リアエキゾースト側は入れた時のものか、抜いた時のものか、アルミが齧った跡があります。
幸いにホーニング程度で傷は消え、ヘッド側ガイドホールの楕円も無く問題無し。
インテーク側は.001o.s エキゾースト側は.002o.sのガイドを外径調整して使います。



a0248662_951103.jpg
a0248662_9512897.jpg

a0248662_9514535.jpg


ガイドを入れる前に両ヘッド面研
ナメてしまっていたエキパイマウント部のネジ穴を垂直だしヘリサート加工。


a0248662_9495161.jpg
a0248662_950751.jpg
a0248662_9502621.jpg
a0248662_9504255.jpg

バルブガイド加工
使うバルブガイドはKPMI製のアルミ青銅ガイド
粘り硬いアルミ青銅のガイドはヘッドに圧入前に内径を前加工。また、外輪をヘッド側ホールに合わせ+ハメ代分のサイズまで研磨。






a0248662_9543456.jpg
a0248662_9545176.jpg

a0248662_9551055.jpg
a0248662_9552990.jpg
a0248662_9554982.jpg


ヘッドをよく温め垂直治具を使いバルブガイド圧入。
圧入後、ハメ代分縮んだ内径を.001mm刻みのリーマーで内径拡大して、使うバルブステム径に対し適正クリアランスにします。
粘り硬いアルミ青銅ガイドですので、リーマーが通っても切れきれて無い場合がありますので計測しながらの作業です








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2018-01-19 12:42 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2018年 01月 10日

1976FXE1200 コンロッド

今日はHさんのショベルヘッド・コンロッドまわりのお話。


a0248662_9112457.jpg
a0248662_911362.jpg
a0248662_9115341.jpg
a0248662_912373.jpg

ローラーの磨耗もあり、0.07mm~0.08mm程度ガタがあったビッグエンド部
ベアリングレースも0.01mm~0.02mm楕円になっていましたのでラッピングし真円に。
真円になったベアリングレースにあわせベアリングローラーサイズ調整、フロント側.0008o.sローラー、リア側.0002o.sローラーを入れフロント側クリアランス0.02mm、リア側クリアランス0.03mmに。
仮組みしてコンロッドのガタチェック。
スモールエンド部の振れでフロント側0.5mm、リア側0.3mmに。

a0248662_9122789.jpg

ついでにコンロッドのスラストチェック。
規定トルクで締め付け0.6mm程度と少々多めでありますが、本組みしていきクランクの芯が出てくると少なくなっていく傾向がありますんで一旦このままで行って見ます。

a0248662_9124662.jpg
a0248662_913054.jpg
a0248662_9131249.jpg
a0248662_913252.jpg

こちらも0.07mm程度方ガタがあったスモールエンドブッシュも交換。
スモールエンドブッシュの圧入嵌め代は多めでありますので、圧入時にブッシュの剥がれが起きないように、コンロッド側にしっかり“案内”としてC面加工しておきます。
オイル穴あわせ圧入し専用リーマーで内径拡大。
ホーニングし仕上げて、ピストンピンに対しクリアランス0.02mmに。

というわけでコンロッド周りの作業終わりであります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-10 09:28 | 1976FXE1200 | Comments(0)
2017年 12月 26日

1976FXE1200 トランスミッション その2

a0248662_094195.jpg
a0248662_095451.jpg
a0248662_01086.jpg
a0248662_0101937.jpg

今日はHさんのショベルヘッド、トランスミッション組み立てのお話の続き。
メインドライブギアブッシュの摺動部が0.06mmも段減りしていたメインシャフトはアンドリュース製のものに交換。
で新品シャフトとメインドライブギアブッシュのクリアランスを計測すると0.08mmのクリアランス。マニュアルでの上限値ですがブッシュ交換しておきます。
JIMS製のメインドライブギアブッシュ、内径が0.1mm近く小さめに作られていて、そのまま圧入してリーマー加工となると非常に大変なので、予め内径拡大をしておき、ラッピング・ホーニングしてクリアランス調整。


a0248662_0104514.jpg

a0248662_0112770.jpg

メインドライブギアベアリングレースはほとんど減っていないので、そのまま使用。
レース内径47.77mm・メインドライブ径41.39mm・STDローラー径3.165mm
STDローラー(3.165mm)を使いクリアランス0.05mm
スプロケット・スペーサーを仮組みしてスラストチェック。
0.3mmのスラスト量で基準内。

a0248662_012430.jpg
a0248662_012172.jpg

メインシャフト仮組みして、クルクルチェックし問題なし。
メインシャフトベアリングのリテーニングプレートは曲がっていましたのでプレスで押し、少々面研磨しまっすぐにして取り付け。
クラッチのプレッシャーいよりメインシャフトが押されプレートは曲がってしまうことがあります。


a0248662_0124243.jpg
a0248662_013143.jpg
a0248662_013171.jpg

調整済みのカウンターシャフトを取り付け、オイルシール取り付け。

a0248662_0144625.jpg

a0248662_0141778.jpg
a0248662_0142949.jpg

弓なり状で取り付けられるパウルキャリアスプリングは折れていましたので交換し、凹部分をあわせシフト位置を合わせシフター周り組みつけ。

a0248662_0145797.jpg

a0248662_0151063.jpg

a0248662_0152296.jpg
a0248662_0153231.jpg

a0248662_0564158.jpg

錆付いていたメイン側シフターフォークは新品に交換。
冶具を使いドッグギア位置調整。
専用冶具はニュートラルポジションでのドッグギアに位置調整しかできませんので、一工夫して1速~4速それぞれのドッグギア位置確認。
一部位置が悪かったのでシフターフォークの位置をシム調整。


a0248662_016758.jpg

a0248662_0185858.jpg

a0248662_0164760.jpg
a0248662_0171914.jpg

キックラチェットギアブッシュも新たなシャフトにあわせ製作。
圧入後、ホーニングしクリアランス調整。


a0248662_0191462.jpg
a0248662_0192625.jpg
a0248662_0195762.jpg
a0248662_0194540.jpg

a0248662_0225263.jpg
a0248662_023475.jpg


キックシャフトブッシュもシャフトに対し0.15mmと大分ガタになっていましたのでブッシュ交換。少々減っているキックシャフトにあわせ単品製作。
カバーに圧入しラッピング&ホーニングしクリアランス調整し組み付け。
スローアウトベアリングも崩壊寸前という感じでレースがやられていましたので新品に交換し取り付け。


a0248662_023512.jpg
a0248662_024644.jpg


というわけで組み付け、トランスミッション完成です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-26 01:05 | 1976FXE1200 | Comments(0)