Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 19日

土・日・月曜日の授業風景




1976FXE1200

a0248662_01203335.jpg
a0248662_01203929.jpg
a0248662_01204489.jpg
a0248662_01205120.jpg
a0248662_01205614.jpg
a0248662_01210347.jpg
a0248662_01222798.jpg
a0248662_01223228.jpg
a0248662_01234654.jpg
a0248662_01234166.jpg
a0248662_01224496.jpg
a0248662_01225099.jpg


北海道Hさんのショベルヘッド
まずはピニオンギアから。ピニオンシャフトベアリングレースラッピング、ベアリング選択、クリアランス調整済み。
ピニオンギアとカムギアサイズをあわせ、仮組み、回りっぷりチェック。
ヘッド周りの作業へ。
内径・外径加工を済ましているバルブガイド圧入、圧入後リーマー加工しバルブステムとのクリアランス調整。
バルブシートカット
以前にカットしてあると思われるシートだがEX側の虫食いがひどい。
IN側バルブとシートのあたり幅1.3mm、EX側は1.5mmとしシートカット擦り合わせ。
灯油チェックしO.K
バルブインナースプリングを仮組みして、バルブスプリングの取り付け長チェックし、スプリング圧チェック。













1946WR750

a0248662_01242306.jpg
a0248662_01242860.jpg
a0248662_01243360.jpg
a0248662_01243878.jpg
a0248662_01253219.jpg
a0248662_01244480.jpg
a0248662_01244917.jpg
a0248662_01245535.jpg
a0248662_01250132.jpg

MさんのWR
クランク周りの作業。
クランクケースのクランクシャフトベアリング圧入部は溶射・研磨・左右ケース芯だし済みでベアリングとの嵌め代調整済み。
使うC3ベアリングを圧入しクランクシャフトを圧入。シャフトを圧入したときのベアリングの回りっぷりチェック。圧入っぷりにより、シャフトの周りが渋くなったら嫌ですからね。ともあれ、回りっぷりは問題なし。
シャフト周りのチェックを終わらせクランク組み立て。
バランスどりが終わったフライホイールに両クランクシャフト圧入。偏芯検査器でフライホイールとシャフトの垂直度チェック。
クランク組み付け芯だし開始。










1977FLH1200

a0248662_01261697.jpg
a0248662_01262369.jpg
a0248662_01262917.jpg
a0248662_01263559.jpg

K君のショベルヘッド
メインシャフト、カウンターシャフトの調整ごと済みで、ギア周り本組み。
キックラチェットギアブッシュは単品製作し圧入・ホーニングしクリアランス調整し組み付け。
キックカバー取り付け、回りっぷりチェック。クランクギアの位置調整。













1960 TRIUMPH T120

a0248662_01353801.jpg


新入生Sさんのトライアンフ
ご自分で新規輸入した車両で、まずは走れるよう整備。
とりあえず現状で、マグネトーは火が飛び、エンジン始動。電装も一応発電し問題なし。








1972XLH1000

a0248662_01362794.jpg

a0248662_01380167.jpg
a0248662_01363367.jpg

a0248662_01365715.jpg
a0248662_01370421.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
コンロッドスモールエンドブッシュは交換済み、ビッグエンドベアリングレースは真円加工済み。
クランクピンはJIMS製のものに交換。
JIMS製のアイアン用クランクピンは純正のものと比べ0.02~0.03mm大きく作られており、STDサイズのローラーでもクリアランスが少なすぎとなりました。
改めて、STDサイズのローラーを使い適正クリアランスになるようにベアリングレースラッピング。クリアランス調整。
仮組みして、コンロッドの振れっぷりチェック。
空回りしていたコンロッドワッシャーは抜き取り、ダミーワッシャーを入れコンロッドのクリアランスチェック。











1986 TRIUMPH HARRISBONNEVILLE

a0248662_01383249.jpg
a0248662_01383738.jpg
a0248662_01384256.jpg
a0248662_01384808.jpg
a0248662_01385507.jpg
a0248662_01390010.jpg
a0248662_01390838.jpg
a0248662_01391427.jpg
a0248662_01391966.jpg

Iさんのトライアンフ
ガタがあったIN側タペットガイドは交換。
タペットガイドの外径加工し、シリンダーに圧入。シリンダーはボーリング加工に。
仮組みを済ませてあるギアボックスは本組み。ギアチェンジチェック、キック作動チェックしO.K
プライマリー周りの取り付けへ。
クラッチセンターのダンパーラバーは交換済み。
クラッチスプロケットのエンドプレイもチェックし組み付け。











1974XLCH1000

a0248662_01395810.jpg
a0248662_01400494.jpg
a0248662_01401611.jpg
a0248662_01402187.jpg
a0248662_01402556.jpg
a0248662_01403170.jpg
北海道Kさんのアイアンスポーツ
ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし、ローラー選択、クリアランス調整。
ピニオンシャフトブッシュラッピング
毎回苦戦するアイアンスポーツのカムギア周り。
今回は分解時にカムカバーダウエルピンが入っていなかった車両。
この年式のアイアンは元々1本のダウエルしか入っていないのですが、位置決めダウエルが入っていないため、ラインを出しラッピングする際の基準が無い。
あるべきところにダウエルピンを入れると、ピニオン含めそれぞれカムギアが動かなくなります。
以前ばらした方も、そこに悩みダウエルピンを抜いたのでは・・・・
地獄の帳尻あわせが必要です。










1976FXE1200


a0248662_01442560.jpg
a0248662_01443489.jpg
a0248662_01444796.jpg
a0248662_01451858.jpg
a0248662_01453542.jpg
a0248662_01454082.jpg
a0248662_01454474.jpg
a0248662_01454912.jpg
a0248662_01455555.jpg


Hさんのショベルヘッド
カムギア新品交換、ピニオンギアは元々の中古ギアでありますが、ギアの寸法が合っていましたのでピニオンギアはそのまま使います。
しかし、寸法はよいものの、そこはやはり中古ギアで回りっぷりチェックすると一部渋いところがあります。(ての感覚で微妙な渋さではありますが・・・)
ギア同士擦り合わせし渋みが無い状態に。
話は変わり、T/Mのキック周りへ。
キックラチェットギアはブッシュ製作し圧入、クリアランス調整。
また、キックシャフトブッシュも製作し圧入、ラッピングしクリアランス調整。
キッククランクギアを取り付け、回りっぷりチェック。
クランクギアストッパー部に少々問題ありで次回修正。











1937EL1000


a0248662_01505289.jpg
a0248662_01505897.jpg
a0248662_01512025.jpg
a0248662_01512417.jpg
a0248662_01512978.jpg
a0248662_01513417.jpg
a0248662_01514012.jpg
Wさんのナックルヘッド
今回S&SのLキャブを付ける予定でありますが、Lキャブ用マニホールドをつけるにはOリングタイプのマニホールドニップルをつける必要があります。
しかしながら、EL用のOリングタイプマニホールドニップルが無いため、今回単品製作します。
で、まずELにマニホールドニップルのネジ山(1-5/8”-20)を作るための馬鹿でかいダイスのホルダー製作。
いつものことではありますが、Wさん自ら製作です。















1981FXS1340


a0248662_01514714.jpg
a0248662_01515228.jpg
エンジン修理依頼でお預かりしていたショベルヘッド
車検を取り試乗、クラッチ周り調整、一回目の増し締め、オイル交換。















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2019-03-19 02:58 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 17日

月・火・水曜日のVMS


1927 SUNBEAM MODEL9

a0248662_02104904.jpg
a0248662_02105565.jpg
a0248662_02110019.jpg
a0248662_02110460.jpg
a0248662_02112602.jpg
a0248662_02113685.jpg
a0248662_02114196.jpg
a0248662_02114844.jpg
a0248662_02115390.jpg
a0248662_02115975.jpg

Oさんのサンビーム
クランクケースのオイル溜り加工を済ませ、クランクケースとの干渉がないかチェック。
製作済みのクランクシャフトダミーベアリングをつけスラストチェック。
また、フライホイール位置(コンロッドのセンターがクランクケースのセンターに来ているか)をチェック。
クランクケースのベアリング圧入部は元々ベアリング手スポ、ポンチ攻撃をされていましたが、溶射・研磨・ラインボーリング済み
ベアリングレースとの嵌め代は0.02mm~0.03mmになるようになっています。
本番用の使用するベアリングレースをケースに圧入、クランクシャフトにベアリングローラー圧入しクランク組み付け。
でありましたが、ドライブ側内側のベアリングとレースが入らない・・・。
改めて、2セットあるベアリング達を計測するとそれぞれ、レース外輪・内輪・ベアリングとサイズが違う・・・。
ベアリングの加工が必要です。

















1978FXS1200

a0248662_02130628.jpg
a0248662_02131290.jpg
a0248662_02131739.jpg
a0248662_02133076.jpg
a0248662_02132495.jpg
a0248662_02135264.jpg
a0248662_02135804.jpg
a0248662_02140368.jpg
a0248662_02140928.jpg
a0248662_02141656.jpg
a0248662_02142190.jpg

Hさんのショベルヘッド
ロッカーのスラスト調整が終わり、ロッカーボックス本組み。
でクランク周りの作業へ。クランクケース周りの螺子修正を螺子サイズ用を見つつ行い、タイミングギア周りの作業へ。
もともと付いていたカムは一部カム山に剥がれがありましたので、新品Jカムに交換。
新品カムギアの計測し、中古ピニオンギア計測。
幸い中古ピニオンギアが少々減っていたことで、新品カムギアとのサイズが良さそうだ。
ピニオンシャフトベアリングレースラッピングしローラー選択、クリアランス調整。
カムニードルベアリング交換。カムギアスラストチェックシム調整。
カムシャフト、ピニオンギアシャフト仮組みして回りっぷりチェック。
ほんの少しギアの微調整は必要でありますが、よい感じです。











WL BRAKE&FORK


a0248662_02163070.jpg
a0248662_02163481.jpg
a0248662_02164654.jpg
a0248662_02165145.jpg
a0248662_02165646.jpg
a0248662_02170468.jpg
OさんのWL
まずはブレーキペダルのブッシュ交換をこころ見ましたが、元々入っていた鉄ブッシュとペダルとの肉厚が薄く、ブッシュ交換不可能として断念。
フロントブレーキパネルのシャンクルバーピボットスタッド交換。溶接取り付け。
フロントフォーク・ロッカーアームブッシュ交換。












1963 TRIUMPH T120

a0248662_02251884.jpg
a0248662_02252363.jpg
a0248662_02252951.jpg
a0248662_02253428.jpg
a0248662_02254082.jpg

Yさんのトライアンフ
クラッチセンターの清掃を終わらせ、ダンパーゴム取り付け。
クラッチハブベアリングローラーは新品、またスラストワッシャーも新品にしクラッチスプロケット、ハブ、クラッチセンターを付け、スラストチェック、回りっぷりチェックしO.K
年式的に短いキックスタータースピンドルが付いていまして、キックアームがアウターカバーに干渉するため、後年式の長いタイプのスピンドルに交換。
以前のスピンドルにあわせブッシュ製作をしていたため、ブッシュラッピングしクリアランス調整。











1978FXE1200

a0248662_02270054.jpg
a0248662_02270516.jpg
a0248662_02272817.jpg
a0248662_02273587.jpg
a0248662_02274274.jpg
a0248662_02274852.jpg
a0248662_02275469.jpg
a0248662_02280184.jpg
a0248662_02280741.jpg
a0248662_02281384.jpg
a0248662_02282133.jpg

Mさんのショベルヘッド
まずは前回取り付けたFブレーキのエア抜き作業。
また、Rブレーキリターンスプリングの引きっぷりが悪かったので再調整し取り付け。
フレームにエンジン腰下搭載、マウントボルトを前側、後側をそれぞれ留め、エンジンマウント部の隙間チェック。
前側に隙間が開くので、シムの厚み調整しクランクケース取り付け。

















1958 陸王RT2


a0248662_02310853.jpg
a0248662_02311938.jpg
a0248662_02311333.jpg
a0248662_02312580.jpg
a0248662_02315693.jpg
a0248662_02320116.jpg
a0248662_02320684.jpg
a0248662_02321115.jpg
a0248662_02322146.jpg
a0248662_02321637.jpg


Sさんの陸王は手直し作業
まずはリクエストがあったスロットル周り。
スロットルローラーとスパイラルにガタがあると思われたが、それ程でもない。ローラーをベアリングタイプのものに交換し、スムーズな動きに。
また、スパイラルのエンドプレイ調整で仮にシムを入れガタを無くします。幸い内径がスターハブのシムと合うので適正シム厚をチェックしシム製作。
もう一つリクエストがあったクラッチプッシュロッド部にシール加工。
元々のシール抜き取り。
手前側から、フェルト・ゴムシール・コルクシール・鉄スリーブ・コルクシールと入っています。
これだけ入っていても、クラッチ側にはオイルが漏れていました。
プッシュロッドサイズに合うシールを購入し外輪スリーブ製作。
軽圧入で入れるため、抜き取れるように螺子をきったスリーブを製作しておき入れて起きます。一旦仮組みして、抜き取れるかチェックしO.K
これで漏れなければ良いのだが。











1980 SHOVEL ENGINE


a0248662_02373530.jpg
a0248662_02371219.jpg
a0248662_02375035.jpg
a0248662_02380223.jpg
a0248662_02380736.jpg
I君はバッシーエンジニアリングへの修理依頼、ショベルヘッドエンジンの計測作業。










a0248662_02401068.jpg
a0248662_02401535.jpg
a0248662_02402293.jpg
今週のPIZZA MATUURA
今回はシェフがパスタのゆでっぷりを失敗したということで、なんと1食¥100、お替り付き!
失敗と言っていましたが、全然おいしく頂きました。
VMSでのいろんな物が揃っていない状況で、5~6人分の食事を作るのは大変ですね。
本当いつも有難う御座います。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2019-03-17 03:39 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 11日

土・日曜日の授業風景


1927 SUNBEAM MODEL9

a0248662_00563876.jpg
a0248662_00564469.jpg
a0248662_00565014.jpg
a0248662_00565681.jpg
a0248662_00570355.jpg
a0248662_00570892.jpg
a0248662_00571295.jpg

Oさんのサンビーム
30年台のオイルポンプを使い、オイル経路をトータルロスからリターンするようにします。
オイルインジケーターからのオイル漏れがあるので、シール加工とスプリング圧は考える必要があります。
タイミングチェーンカバーにマウントホールを作りマウントしオイル流れっぷりチェック。
また、クランクケース側にはリターンのオイル溜りを作るべく、アルミパテを使い谷的なものを作りました。











1946WR750

a0248662_00555890.jpg
a0248662_00560509.jpg
a0248662_00561191.jpg
a0248662_00561627.jpg
MさんのWR
前回、アイドラギアスピンドルマウントのダミーを製作し取り付けし、バッククラッシュチェックし問題まりませんでした。
というわけで、今回本番製作。
アルミでマウント部製作し圧入。
図面を書き旋盤で製作、マウントボルトねじ穴製作と自ら考え、自ら製作してます。
ご自身で語っていたことですが、VMS入学時と比べると凄い成長です。
新たに作ったアイドラギアはスタンダードのものと比べると少々厚く、カムカバーに干渉するためギアの追加工します。














1977FLH1200

a0248662_00545335.jpg
a0248662_00545975.jpg
a0248662_00550485.jpg
a0248662_00551097.jpg
a0248662_00551430.jpg
a0248662_00552064.jpg
a0248662_00552507.jpg
a0248662_00553381.jpg
a0248662_00553982.jpg
a0248662_00554533.jpg
a0248662_00555052.jpg

K君のショベルヘッド
メインドライブギアベアリングレース交換、クリアランス調整、メインドライブギアブッシュ交換を済ませているギアボックス。
スプロケットをつけエンドプレイチェック。
メインシャフトの3RDギアのエンドプレイをシム調整しメインシャフトを入れ、回りっぷりチェックし問題なし。
話はカウンターシャフトへ。
ギアケースは新たに入手したもので、カウンターシャフトブッシュは入っていませんでした。
STDサイズのブッシュを少々加工し圧入。
カウンターシャフト3rd&4thギアベアリングは交換済み、1st2ndブッシュは交換、2ndギアのスラストチェック、1stギアのスラストは製作してある厚めのスラストワッシャーを研磨し適正スラストに。
また同じく、3rd&4thギアのエンドプレイもワッシャー調整し適正スラストに。











COTTON/TRIUMPH

a0248662_00473726.jpg
a0248662_00474365.jpg
a0248662_00474876.jpg
a0248662_00475436.jpg
KさんのCOTTON/TRIUMPH
ホイール組み付け。もともとついていたリムから新たなリムに交換しますが、新たなリムのニップリ穴位置の変化により、微妙にスポークの組みっぷりが変わり、組み方を何パターンか変えつつ組み付け。
何とか組めそうで何より。
同じくフロント側もリムが変わっているので苦労しそうだ。












1949FL1200

a0248662_00481074.jpg
a0248662_00481549.jpg
a0248662_00482007.jpg
a0248662_00482591.jpg
a0248662_00482981.jpg
a0248662_00483497.jpg
Oさんのパンヘッド
まずはヘッド周りの計測。
バルブステムとバルブガイドには多めのクリアランスでガイドの交換が必要です。
ロッカーアーム自体は状態よし。ロッカーアームブッシュは少々クリアランス大きめなので加工が必要。
シリンダーはずし計測。
ピストンには傷とともに謎の打跡があるものの、シリンダーは悪い状態ではない。
コンロッドスモールエンドの振れっぷりは、ビッグエンド部にクリアランスが無いのではと思えるぐらいガタが無い。
また、クランクの回りっぷりも渋く、何かがありそうだ。














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純












# by sgf1906 | 2019-03-11 01:51 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 07日

火・水曜日の授業風景


1976FXE1200

a0248662_11140453.jpg
a0248662_11141188.jpg
a0248662_11141755.jpg
a0248662_11143700.jpg
a0248662_11144274.jpg
a0248662_11144837.jpg
a0248662_11145689.jpg
a0248662_11150147.jpg
a0248662_11150675.jpg



Hさんのショベルヘッド
先日、ドライブギアブッシュ交換メイン3RDギアのスラストチェック済み。で、メインシャフト仮組みして回りっぷりチェックしO.K。
メインシャフト本組み、また調整済みのカウンターシャフト本組み。
シフターフォーク位置調整
メインドライブシール取り付けし、ミッション本組み。
キック回りを除き、T/M完成。
ヘッド周りの作業へ。
ヘッドのねじ修正後、ヘッド面面研
ロッカーアームブッシュはブッシュ交換済み、バルブとの摺動面研磨、組み付け、スラストチェック。














1940 INDIAN SCOUT

a0248662_11165273.jpg
a0248662_11171185.jpg
a0248662_11171747.jpg
a0248662_11172326.jpg
a0248662_11173783.jpg
a0248662_11181672.jpg
a0248662_11182149.jpg






a0248662_11235584.jpg
a0248662_11240092.jpg

Mさんのインディアン
以前調整したフロントホイールですが、サスペンションが沈んだときに、タイヤとアッパーフォークチューブが干渉します。
タイヤサイズ4.00でフォークチューブとのクリアランスがタイトです。
改めて、オフセット調整&振れ取り。
干渉問題が終わり、エンジン始動へ。
もともと走っていた車両でありまして、クラッチ回りの問題でVMS入学、エンジン回りは問題ないかと思われましたが、色々あります。
プライマリーとT/M共用のオイルを入れようとしたところ、T/Mのテーパードレンボルトが固着し抜けない。
四角頭のテーパーボルトが固着してるとなかなかきついです。
どうにか、抜き取りオイルを入れ始動。
エンジンの始動は問題ないのですが、しっかりと2次エアを吸っています。
この辺りはしっかりとやり直します。

















1970 TRIUMPH

a0248662_11243607.jpg
a0248662_11243255.jpg
a0248662_11244135.jpg
a0248662_11245577.jpg

トリニティー卒業生のTさん
フロントブレーキシュー交換。
2リーディングの左右それぞれのあたり位置調整。
また、ライニングが厚くなったことにより、ブレーキケーブル(インナー)の長さが合わなくなったので、調整・製作。
















33.4フロントフォーク

a0248662_11253359.jpg
a0248662_11253942.jpg
a0248662_11254443.jpg
修理依頼、33.4mmフロントフォークのブッシュ抜き取り
専用の冶具を使いブッシュ抜き取り。
今回のブッシュは固着がひどく、抜き取りに苦戦。
このブッシュはブッシュ抜き取りが大変で、特にロワー側ブッシュが固着していると、アウアターチューブを壊すのではないか、とビビリながらの作業。本当はあまり修理で受けたくない・・・。
ともあれ、無事ブッシュ抜き取り。
アウアターチューブは曲がりが酷く再使用不可とみなし、新品のものに交換します。


















1981FXS1340


a0248662_11274562.jpg
a0248662_11274909.jpg
a0248662_11275657.jpg



エンジンOHでお預かりしているショベルヘッド
キック回りの問題も片付き、ガタが酷かったキックアームとキックシャフトは四角部分、溶接肉盛して削りガタなしさんに。
オイルをまわしエンジン始動。
あっけなく始動し問題なさそう。
オーナーさんが塗装したであろうマフラーからは煙が出ています。
ともあれ、車検をとり試乗です。

















1946WR750

a0248662_11320565.jpg
a0248662_11321151.jpg
a0248662_11321642.jpg
a0248662_11322174.jpg
a0248662_11322755.jpg
a0248662_11323219.jpg


MさんのWRは引き続きタイミングギア回り。
WRのアイドラギアの軸受けシャフトは専用のものがつき、ダイナモマウント部にマグネトーがつくようになっています。
この車両は公道用のため、ダイナモをつけるため、アイドラギアまわりのなんやかんや。
ダイナモモデルのギアサイズで、WR用の軸受けスピンドルつけられ、尚且つボールベアリング使用にするためギア製作。
で、以前に加工されていたケースに合うように、アイドラスピンドルマウントカラー製作。また留め螺子加工し取り付け。
で、アイドラギア取り付け、#4カムギアとダイナモギアとのバッククラッシュチェック。
また、カムカバーとの干渉チェック。
残念ながらカバーとの干渉があったため、要加工。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







# by sgf1906 | 2019-03-07 14:13 | その他 | Comments(0)
2019年 03月 05日

月曜日の授業風景 




1937EL1200


a0248662_00465818.jpg
a0248662_00471355.jpg
a0248662_00473500.jpg
a0248662_00474803.jpg
a0248662_00481112.jpg
a0248662_00482902.jpg

Wさんのナックルヘッド
ガタガタだったクラッチロッカーのブッシュ抜き取り計測。
Wさん自らブッシュ製作。
圧入、ホーニングしクリアランス調整し、ガタ無くスムーズに。












1963 TRIUMPH T120

a0248662_00492972.jpg
a0248662_00493468.jpg
a0248662_00494037.jpg
a0248662_00494921.jpg
a0248662_00500491.jpg
a0248662_00570442.jpg
a0248662_00501445.jpg
Yさんのトライアンフ
前回、G/B周り仮組みしギアチェンジチェックまでO.K
こちらもYさん自ら製作したキックスピンドルブッシュを圧入・ホーニングしクリアランス調整。
大分磨耗していたキックスターターピニオン・スターターラチェットは交換。
組み付け、キックの回りっぷりチェックですが、回りが渋い。
クリアランスつめ気味だったためアウターカバーをしっかり留めると、カバーが歪み渋くなったようだ。
ラインだしラッピングし取り付け。スムーズに回るようになり、キック回りっぷりチェックしO.K。
ギアボックス回りの仮組み作業が終わり、プライマリー回りの作業へ。



















1976FXE1200

a0248662_00514963.jpg
a0248662_00521305.jpg
a0248662_00522815.jpg
a0248662_00523731.jpg
a0248662_00525421.jpg
a0248662_00532140.jpg
a0248662_00533532.jpg
a0248662_00535666.jpg
Hさんのショベルヘッド
ナメていたキックカバースタッド部のねじ穴をヘリサート加工。メインドライブギアベアリングレースで位置決めして垂直を出しセットアップ。
メインドライブギアブッシュは専用生爪を使い予め内径加工し圧入。
ラッピングしクリアランス調整。
メインドライブギアを仮組み、エンドプレイチェック。
また、メインシャフトを入れ回りっぷりチェック。芯ずれなくスムーズに回りO.K
メインシャフト3RDギアもスラストチェック。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







# by sgf1906 | 2019-03-05 01:16 | その他 | Comments(0)