人気ブログランキング | 話題のタグを見る

BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~





BSA A65のバルブスプリングはプログレッシブスプリング(不等間ピッチ)が使われています。
多分サージング防止のために使われていると思いますが、乗っていて普通のスプリングとの違いを実感することは無いでしょう。
ただ、作動はじめは柔らかく縮むごとにスプリングが強くなるプログレッシブの場合、実はカムへのダメージが少ないのではないか?
など考えつつ月曜日の授業風景です。











1969 BSA A65



BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07371993.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07373068.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07373633.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07375443.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07380144.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07381363.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07381985.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07383780.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07384316.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07385909.jpg


HさんのBSA

インテーク側のシートカットが終わり、擦り合わせ。
あたり幅1.3mm程度になり、灯油漏れチェックし問題なし。
バルブシート周りに作業が終わり、バルブスプリングに。
仮組して取り付け長計測。
0.6mm~0.8mm程度差異があり、シム調整が必要だがA65のシムストックは無いので製作します。
取り付け長は約35mmでマニュアル値とほぼ同等で、バルブの突き出し量も問題ないと推定する。
トラインフと共にBSAもマニュアルには適正バルブ突き出し量は記載が無い。
取り付け長でのバルブスプリング圧力チェック。
4本で差異があったためスプリング交換。

















1972 TRIUMPH TR6



BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07393980.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07395270.jpg

BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07394665.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07395907.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07400602.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07403086.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07403754.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07405210.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07405905.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07410610.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07411224.jpg

Hさんのトラアインフ

既に後家ケースだよねって事は分かっているHさんのトライアンフはエンジン腰下分解。
まずはギアボックス分解。
あれ、プランジャーが無い?インナーカバーを外すとリーフスプリングが付いている。
そうか、71年以降の650ユニットはリーフスプリングタイプだったね。
ドライブサイドのケース番号を見ると、ドライブ側は70年式、タイミング側は71年or72年という事になるか。
ギアボックス分解、タイミングギア周り分解。この辺りは改めてチェック、計測します。
クランクケース割、クランクお目見え。
懸念していた通り、ドライブサイド、タイミングサイド共にベアリングは手スポ。
また、タイミングサイドベアリング内輪には謎のシムが挟まっています。
やはり色々とドラマがありそうだ。


















1969 TRIUMPH T120



BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07421068.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07423561.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07425644.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07430399.jpg


Sさんのトライアンフ

前後共にリム分解。
スポークは純正のバテットスポーク。状態が良いのでこいつを再メッキし取り付けすることに。
分解しスポークミガキ。

















1959 PARILLA 175



BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07433461.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07434095.jpg

Mさんのパリラ

フロントフェンダーのマウントステーを製作中。
















1966 FLH 1200



BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07440404.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07441047.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07441759.jpg
BSA A65 のバルブスプリングはプログレッシブスプリング ~月曜日の授業風景~_a0248662_07532705.jpg


Hさんのショベルヘッド

元々付いていたソリッドタペット用プッシュロッドは使い物ならず。
別のソリッドプッシュロッドに交換でありますが、新たなプッシュロッドアダプターがタペットに入らず。これ結構あるあるです。
アダプターを研磨し取り付け。
タペットクリアランス調整、点火時期調整、マフラー取り付けという感じで次回始動ですかね。


























レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。

スクール営業日
月曜日・火曜日・土曜日・日曜日 A.M10:00~P.M6:00





Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純




by sgf1906 | 2021-11-23 08:40 | その他 | Comments(0)

ビンテージモーターサイクルレストアスクール         「Vintage Motorcycle Study」 東京都足立区入谷1-22-14 sgf1906@nifty.com     奈良 純


by sgf1906