Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 12日

1978 TRIUMPH T140E シリンダーヘッド周り その1


先日、エンジン始動したTさんのトライアンフですが、改めてブログのまとめ欄(1978TRIUMPH140E)を見てみると殆ど記事をあげていないことに気がつきまして・・・
今日はヘッド周りのお話からして行きます。
覚えているかしら・・・



a0248662_01291384.jpg
a0248662_01292739.jpg
a0248662_01300364.jpg

ヘッド分解して計測作業。
IN側のバルブとバルブガイドのクリアランスは大きいところで0.13mm
EX側バルブガイドとバルブのクリアランスは大きいところで0.15mm
とラッパ状にに広がっていますのでバルブガイド交換です。











a0248662_01295858.jpg

a0248662_01301221.jpg
a0248662_01305226.jpg
a0248662_01304774.jpg
a0248662_01305910.jpg
バルブガイド抜き取り。
ヘッド側ガイドホールは軽くホーニング
燃焼室内徹底洗浄したおかげで、残っておるカーボンもなくガイドホールは深い傷なく無事。
楕円などなくSTDサイズのバルブガイドで行けます。








a0248662_01310936.jpg
a0248662_01311869.jpg
a0248662_01312250.jpg


KIBBLE WHITH製のバルブガイド&バルブを使います。
バルブガイド内径はIN・EXそれぞれバルブステム径にあわせ適正クリアランスになるよう予めリーマー加工。
何回も言っていますが、先にリーマー加工をしておかないと、バルブガイド圧入後のリーマー加工が大変になります。
外径切削しヘッドガイドホールに対し適正な嵌め代サイズに。
ガイドホールの圧入部の長さにあわせ、ガイド側の圧入代の長さも調整しています。







a0248662_01312921.jpg
a0248662_01313470.jpg


バルブガイド圧入前にヘッ面ド面ロッカー面、面研磨しておきます。











a0248662_01313861.jpg
a0248662_01314337.jpg
a0248662_01314809.jpg
a0248662_01315378.jpg
a0248662_01311317.jpg


a0248662_01315819.jpg




バルブガイド圧入し、嵌め代分縮んだバルブガイド内径をリーマーで切削し適正クリアランスに。
粘り硬いアルミ青銅製のバルブガイド、リーマーしっかり切れきっていない時がありますので、計測が必要です。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-12 02:04 | 1978TRIUMPH T140E | Comments(0)


<< 1978 TRIUMPH T1...      土・日・の授業風景 >>