Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 05日

1978FXE1200 オイルポンプ

今日はMさんのショベルヘッド
オイルポンプのお話

a0248662_12441096.jpg

a0248662_12441585.jpg



a0248662_12442153.jpg

もともとついていたオイルポンプはアイドラギアシャフトがテスポ・・・。
ボディー内壁にもキズがありますのでオイルポンプを交換することに。
使うオイルポンプボディーは80年以降の純正オイルポンプ良品。







a0248662_12443257.jpg
a0248662_12443709.jpg
a0248662_12444301.jpg
80年以降のオイルポンプはリリーフバルブ不圧穴の経路が以前のモデルと違いますので、冶具を使いケースにドリル加工。何時ものやつです。




a0248662_12444992.jpg
a0248662_12445597.jpg
フィード側、リターン側のギアとボディーの隙間チェック。ギアのでっぷりは0.1mm~0.15mmと良好。
またチェックバルブも光明丹であたりっぷりチェック。




a0248662_12450196.jpg
ジェームス製の黒ガスケットを使い、オイルポンプの締め付けトルクは10N.m
で締め付けてみると、一箇所ねじ山がナメてしまいました・・・。
まぁ10N.mでナメてしまったんであれば仕方がない。


a0248662_12451362.jpg
a0248662_12451881.jpg
a0248662_12452494.jpg


クランクケース分解してボール盤に垂直セットアップしヘリサート加工。







a0248662_12450786.jpg
a0248662_12453782.jpg
a0248662_12453179.jpg
気を取り直して改めてオイルポンプ組み付け。
規定トルクえ締め付けオイルポンプの回りっぷりチェックし問題なし。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-05 22:10 | 1978FXE1200 | Comments(0)


<< 土・日・の授業風景      1937EL1000 キックカ... >>