Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 04日

1937EL1000 キックカバー&キックシャフトブッシュ



今日はWさんのナックルヘッドT/Mキックカバーのお話。
なんやかんやと加工が必要だったキックカバーのお話です。


a0248662_02430478.jpg



a0248662_02430975.jpg
まずはマウント部の欠けがありまして、溶接肉盛り。


a0248662_02431347.jpg

a0248662_02463260.jpg
a0248662_02463936.jpg
冶具を製作して平面研磨機にセットし肉盛り部研磨。


a0248662_02431838.jpg
a0248662_02432271.jpg
穴位置確認してスタッドを開け、座面作り。
この後、周りの余計な溶接部をリューターで研磨し化粧直し。



a0248662_02433028.jpg
a0248662_02433411.jpg
0.1mm近く楕円になっていたキックシャフトブッシュホールはボーリングし真円加工。




a0248662_02433994.jpg


a0248662_02435824.jpg



a0248662_02440462.jpg
ボーリングしたキックカバーブッシュホールにあわせオーバーサイズのキックブッシュ製作。
問題はカバー側が広くなっているのでシールの嵌りが悪くなってしまいます。
片側のブッシュは段付加工しシールのあたりを良くしました。





a0248662_02440887.jpg
a0248662_02441454.jpg



a0248662_02442209.jpg
a0248662_02442858.jpg
ブッシュ圧入しラッピング&ホーニングし使うキックシャフトにあわせクリアランス調整。
シールの効きっぷりも良い感じです。






ストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





by sgf1906 | 2018-09-04 03:05 | 1937EL1000 | Comments(0)


<< 1978FXE1200 オイルポンプ      1976FXE1200 ブッシ... >>