Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 29日

日・月・火曜日の授業風景

1973XLCH1000

Kさんのアイアンスポーツ
スイングアームの取り付けが終わり、フロント周りへ
ネックベアリングはバラ球ボールベアリングからテーパーベアリングにコンバート
ネックカップ径とフレーム径を計り問題なしでベアリングカップ圧入。
ベアリング取り付け。
フォーク周りはシール交換済み。1”のアンパースプリング取り付け、フォーク組み付け。
段減りが酷かったRドラムは新品に交換し組み付け、リアホイールのセンターだし作業。



a0248662_08483203.jpg
a0248662_08490265.jpg
a0248662_08490661.jpg
a0248662_08491534.jpg
a0248662_08492039.jpg
a0248662_08492568.jpg
a0248662_08492902.jpg
a0248662_08493513.jpg
a0248662_08493983.jpg













1978 TRIUMPH T140E

Tさんのトライアンフ
サイドカバーマウントステー製作しエンジン始動。
エンジンは一発始動したものの、製作したスロットルワイヤーが少々短かったため、アイドリング調整ができず・・・・
次回、ワイヤーを作り直し。
a0248662_08505172.jpg
a0248662_08505933.jpg


















1984FXS1340

エンジン・ミッション以外の車体周り、配線作業を行ったSさんのショベルヘッドも卒業となりました。
キャブのセッティングがまだドンピシャという感じではないので、乗りながらの調整が必要でありますが、とりあえず乗って帰って調子をみつつとなります。

a0248662_08531231.jpg



















33.4mmアイアンフォーク

S君は33.4mmフォークのブッシュ単品製作。
製作したブッシュを圧入しラッピング&ホーニング作業、クリアランス調整しガタなくスムーズに動くように。

a0248662_08535354.jpg
a0248662_08535990.jpg
a0248662_08540326.jpg













1933 SUNBEAM M8 ダイナモ

M君のサンビーム
コミュテーター部が破綻したアーマチュアコイルの新品が来たので取り付け。
もともとのアーマチュアと寸法が微妙に違うらしく、組み付けるとアーマチュアコイルの動きが悪い。
シム調整して取り付け。もちろんベアリングも新品に交換。
モータリングチェックし問題なし。





a0248662_08553860.jpg
a0248662_08554451.jpg
a0248662_08561777.jpg
a0248662_08563085.jpg
a0248662_08563504.jpg
a0248662_08564052.jpg














1978FXE1200

Mさんのショベルヘッドはオイルポンプ周り。
80年以降のオイルポンプボディーにコンバートで各部チェックし問題なかったのですが、本組み自にボディーマウントボルト雌ネジがナメてします・・・。
ケース分解しボール盤にセットしヘリサート加工。
気を取り直してオイルポンプ組み付け。


a0248662_08575379.jpg
a0248662_08575947.jpg
a0248662_08580442.jpg
a0248662_08581040.jpg
a0248662_08581525.jpg
a0248662_08581948.jpg
a0248662_08582334.jpg
a0248662_08582831.jpg
a0248662_08583302.jpg












1975XLCH1000

久しぶりに登場のKさんのアイアンスポーツ。
久しぶりに過ぎてどこまでやっていたか忘れる・・・。
クランクケースの洗浄を終え、ネジ修正作業にエンジンドレンボルトは回るが空回りしボルトが外れない状態。
ボルトを壊し、雌螺子側ヘリサート加工。
他の螺子部もナンヤカンヤ加工が必要なところが沢山あり、この作業がまだまだ続きそう。



a0248662_08593292.jpg
a0248662_08590738.jpg
a0248662_08593757.jpg
a0248662_08594382.jpg








1976FXE1200

Hさんのショベルヘッド
T/Mからのオイル漏れがあるということでミッションを見てみたのですが・・・
随分と溶接された跡が有り、カウンターブッシュ軸受け部にクラックが残っています。
ここからオイルが漏れていたと思われる。
ともあれこのケースは使い物にならずで新しいケースを探します。



a0248662_09002406.jpg
a0248662_09002936.jpg
a0248662_09003590.jpg
a0248662_09004172.jpg









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






by sgf1906 | 2018-08-29 09:59 | その他 | Comments(0)


<< 1976FXE1200 ブッシ...      1968 BSA A65 完成 >>