Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 24日

火曜日・水曜日の授業風景




1978FXE1200



a0248662_10322296.jpg

a0248662_10323133.jpg
a0248662_10323811.jpg
a0248662_10325299.jpg
a0248662_10325916.jpg
a0248662_10330564.jpg
a0248662_10331128.jpg
a0248662_10331755.jpg

Mさんのショベルヘッド
クランクの芯だし作業が終わり、クランクピンナット本締め。
芯が出た後のクランクピンナットのロックタブ位置を出すのが嫌ですね。
クランク仮組みして回りっぷりチェックし問題なし。
オイルポンプの作業に移ります。
もともと付いていたオイルポンプはアイドラギアシャフトが抜けてしまっていた状態でボディー内壁にも傷ありということでオイルポンプボディー交換します。
80年以降の良品純正オイルポンプボディーを使用します。
例によってリリーフバルブ負圧抜き穴加工。
次回オイルポンプ仮組み。











1947FL1200



a0248662_10373890.jpg


a0248662_10370751.jpg
a0248662_10371344.jpg
a0248662_10371836.jpg
a0248662_10372357.jpg
a0248662_10374305.jpg
a0248662_10374881.jpg
a0248662_10380766.jpg
Iさんのナックルヘッド
シートTバーフロント側ブッシュはガタがあったのでスリーブ側をオーバーサイズ製作。
ブッシュ側はアジャスタブルリーマーで真円加工。
シートポストブッシュも入れ替え済みなので、サドルシートの不快なガタが無くなりました。
ガソリンタンク取り付け&フェーエルライン取り付け。
キャブインシュレーターを取り付けたことにより、フェーエルラインを少々加工し取り付け。
















1968FLH1200


a0248662_10412801.jpg


a0248662_10412238.jpg
a0248662_10413416.jpg
Hさんのショベルヘッド
リアチェーン取り付けて、チェーンラインが出ているかチェック。
チェーンラインは問題ないが、ホイールのセンターが出ていなかったのでタイヤを取り外し、リムのセンター出し。











1982FXS1340




a0248662_10425701.jpg
a0248662_10430339.jpg
a0248662_10430950.jpg
a0248662_10432183.jpg
a0248662_10431603.jpg
a0248662_10453726.jpg

Oさんのショベルヘッド
キックラチェットギアのブッシュは磨耗少なくそのまま使用。
キックシャフトブッシュは少々ガタありで単品製作。
圧入、ラッピング&ホーニングしクリアランス調整、取り付け。
ロータリートップも本組みして、シフトフォーク位置確認。
T/M本組み。










1959PARILLA175


a0248662_10460007.jpg
a0248662_10460870.jpg








Mさんのパリラ
切られていた配線周りは引きなおし。
付いていなかったブレーキSWなども付け、オイル交換、エンジン始動。











アイアンフロントフォークブッシュ交換



a0248662_10464164.jpg
a0248662_10464799.jpg
a0248662_10465389.jpg

アイアンのフロントフォークブッシュ交換
インナーチューブ、付いたブッシュ内径計測後、ブッシュ抜き取り。
ブッシュ単品製作。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







by sgf1906 | 2018-08-24 11:30 | その他 | Comments(0)


<< 1968 BSA A65 完成      土・日・月曜日の授業風景 >>