Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 18日

1979FXS クランクバランス・芯だし


今日はS君のショベルヘッド・クランク周りのおはなし。


a0248662_849968.jpg
a0248662_8491979.jpg
a0248662_8493285.jpg
a0248662_8494282.jpg
a0248662_8495274.jpg


分解時に現状のバランスファクター計測。バランスファクターは59%でパーセンテージこの数値でいきます。
しかし、左右フライホイールのバランスがでていませんので、それぞれ左右バランスをあわします。
以前にもお話したとおりショベルヘッド中期あたりから、クランクバランスはクランクを組んだ状態でとっていたようで、左右のバランスは出ていないことが多いです。

使用するピストン含めそれぞれ計測し、59%になるボブウェイト選出。
選出したボブウェイトをつけ、フライホイールがどこでも止まる様に穴あけ加工。







a0248662_8503358.jpg
a0248662_8504393.jpg


クランクのバランスどりが終わりクランク芯だし
ピニオンシャフト・スプロケットシャフトを組み付け、それぞれフライホイールのリムの振れを見ておきます。ピニオン・スプロケットシャフトにテーパー入りっぷりが悪いと、いつまでたっても芯は出ません。
両フライホイール組み付けクランク芯だし。
ドライブ側0.01mm タイミング側0.015mmの振れに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-18 09:04 | 1979FXS1200 | Comments(0)


<< 1979FXS エンジン仮組み...      1979FXS ヘッド周り >>