Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 17日

1979FXS ヘッド周り


今日はS君のショベルヘッドのまとめブログ、ヘッド周りのお話。
バルブガイドの入れ替え作業が終わり、バルブシートカット、バルブスプリング取り付け。



a0248662_1473399.jpg



a0248662_1474615.jpg
a0248662_1475622.jpg
a0248662_148533.jpg
a0248662_1481636.jpg


まずはヘッドシリンダー面面研磨。
ナメていたエキゾーストパイプ取り付けネジ穴、ボール盤にセットしてヘリサート加工。
変形していたエキパイ座面部面だし。


a0248662_1483392.jpg
a0248662_1485050.jpg
a0248662_149055.jpg
a0248662_149883.jpg


インテーク・エキゾーストともに虫食いがひどかったバルブシート。
しっかり45度面カット後、IN側はバルブ傘面外側にあたり面が来るように60度面、30度面シートカット。EX側はバルブ傘面の中心に当り面がくるようにシートカット。
IN側はあたり幅1.3mm、EX側は1.5mmに。



a0248662_1505168.jpg
a0248662_151431.jpg

今回バルブリフトが純正のものより多いいS&S514カムを使いますので、バルブスプリングも74S&Sの.550”リフト用のものを使います。
インナースプリングを取り付け、バルブスプリング取り付け長を計測。


a0248662_1511977.jpg
a0248662_1514022.jpg
a0248662_1515264.jpg


計測したバルブスプリング取り付け長でスプリング圧計測。
.550”リフト用スプリングは純正のものと比べインナースプリングの圧力が倍近く強い。
アウター側はさほど変わらない。インナー側が強いため合計で圧力は強い。リフト量を増やした分、サージング予防でインアー側の形状、圧力を変えてると思われる。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-17 02:12 | 1979FXS1200 | Comments(0)


<< 1979FXS クランクバラン...      ショベルロッカーアーム >>