Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 01日

1946WR750 フライホイール・コンロッドスラストワッシャー

a0248662_112471.jpg
a0248662_11242054.jpg
a0248662_11242914.jpg
a0248662_11243742.jpg
a0248662_11244641.jpg


MさんのWR
元々入っていたフライホイールはWL用。新たに手に入れたWR用のフライホイールと見比べる。
重量自体はそれほど変わらず、ウエイトの比率大分違うようです。
この辺りはバランスチェックのときに判るはず。


a0248662_11253598.jpg
a0248662_11254775.jpg


付いていなかったコンロッドスラストワッシャー
WL用の焼入れ鉄のSTDワッシャー(1.55mm)を入れてみるとコンロッドのスラストは無くなる・・・。
研磨を試みてみてみましたが、このワッシャー非常に硬く研磨が困難です。


a0248662_1126072.jpg
a0248662_11262550.jpg
a0248662_11263897.jpg
a0248662_11264815.jpg
a0248662_11265847.jpg


というわけで、アルミ青銅を使いアンダーサイズのスラストワッシャー製作。
専用の生爪に銜え厚み選定。
スラストワッシャー製作はフライホイールにより個体差があると同時に圧入気味でフライホイールに入れたいので、微調整が面倒です。
クランクの芯だしをするとスラストが少なくなっていく傾向があるので、スラスト量は少々多めに考え製作しました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-06-01 10:23 | 1946WR750 | Comments(0)


<< 1978FXE1200 T/M...      日曜日の授業風景 >>