Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 26日

1981FXS1340 クランク分解・コンロッドビッグエンドベアリングレースラッピング・バランスチェック

エンジンOH依頼でお預かり、Sさんのショベルヘッド。
今日はクランク周りのお話。


a0248662_2174.jpg


a0248662_211745.jpg

まずは分解前にクランクの芯振れっぷりチェック。
ドライブサイド0.01mm、タイミングサイド0.03mmと状態は悪くない。



a0248662_212614.jpg

コンロッドの振れも2mmは振っていない程度。



a0248662_213640.jpg
a0248662_215652.jpg
a0248662_22774.jpg
a0248662_221626.jpg
a0248662_222465.jpg

クランク分解。
で今回はここで苦戦。ドライブサイドフライホイールとクランクピンを抜き際に、びくともしない・・。
これはもしや・・・少々クランクピンテーパー圧入部を暖め抜き取り。
ロックタイトらしきものの跡が・・・テーパーにロックタイト塗ったら抜けなくなりまっせ。
同じくピニオンシャフト・スプロケットシャフトも暖めプレス5トンでやっと抜けました。



a0248662_223592.jpg

無事分解終わり、それぞれチェック・計測作業。

a0248662_225072.jpg
a0248662_23234.jpg

コンロッドスラストワッシャーはベアリングケージ部のあたりありで減っています。
同じくアルミベアリングケージも減っていますのでこちらも交換。


a0248662_23162.jpg
a0248662_232623.jpg
a0248662_233749.jpg


ベアリング・クランクピン・コンロッドベアリングレース計測。
ローラーはSTDサイズのものが少々減っている程度。
R側は0.01mm程度楕円、フロント側は0.03mm楕円になっています。
この楕円がガタ感になっていました。
スモールエンドブッシュはフロント側+0.07mmリア側0.05mm(楕円)と広がっていましたのでブッシュ交換。


a0248662_235194.jpg
a0248662_235997.jpg

コンロッドベアリングレースはラッピングして真円に。
クランクピンは交換するので新しいピンと合わせローラー選択。


a0248662_26666.jpg
a0248662_261785.jpg
a0248662_262929.jpg
a0248662_263895.jpg

現状でのクランクバランスファクター計測。
実測バランスファクター61%で純正の数値。しかしながら左右フライホイールのバランスがでていません。左右釣り合いウエイトの重さの差が59kgあります。やはりこの年式は左右バランスがでていないのですね。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-26 02:34 | 1981FXS1340 | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      水曜日の授業風景 >>