Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

1951TRIUMPH T100 クランク組み付け

今日はHさんのトライアンフのまとめブログ、クランク周りのお話です。



a0248662_229139.jpg
a0248662_2292596.jpg
a0248662_229338.jpg
a0248662_2294223.jpg

a0248662_2333034.jpg


メタル使用のコンロッドが付いていたビッグエンド部。
ビッグエンドジャーナルは状態良く、スモールユニット用の.030”U.Sのメタルを使いクリアランス調整。
手スポだったクランクシャフトはドライブサイド、タイミングサイドともに溶射・肉盛・研磨しベアリングに対して嵌め代に。
もともとの設計でクランクシャフトとベアリングの圧入代の少ないトライアンフはシャフトが減ってしまっていることが多いです。

クランクバランスはT100使用。


a0248662_2295595.jpg
a0248662_230552.jpg
a0248662_2301564.jpg
a0248662_231833.jpg
a0248662_2312511.jpg
a0248662_2313747.jpg

a0248662_232031.jpg


クラックが入っていたクランクボイト部は溶接し、穴修正&座面づくり。
同じくなめていたねじ部はヘリサート加工。


a0248662_2322038.jpg

a0248662_2323421.jpg

a0248662_2374359.jpg

a0248662_232586.jpg
a0248662_233813.jpg


今回はドライブサイドローラーベアリングを使い、タイミングサイドはボールベアリング。
ベアリング取り付け、カムシャフト組み付け、クランク組み付け。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-20 03:05 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)


<< 日曜日の授業風景      1978FXE1200 エンジ... >>