Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 09日

火曜日の授業風景

1940 INDIAN SCOUT


a0248662_727631.jpg
a0248662_7272564.jpg
a0248662_7274894.jpg
a0248662_728980.jpg
a0248662_7282959.jpg
a0248662_7284498.jpg
a0248662_729043.jpg
a0248662_7292023.jpg
a0248662_7293712.jpg
a0248662_72949100.jpg
a0248662_730398.jpg
a0248662_730176.jpg


Mさんのインディアン
問題だったフロントフォークのトップナット部のネジ修正を終わらせ組み付け作業。
まずインナーチューブにロワー側鋳鉄ブッシュ圧入、スプリング取り付けてダンパーロッドを取り付ける。ダンパーロッド引っ張り工具製作し取り付け。変わった形状のロッド取り付けナット用ソケットも製作。
アウターチューブ取り付け、ここでも細めのディープソケットが必要だ。
アッパー側ブッシュを打ち込む前にオイルを入れておき、アッパーブッシュとオイルシール打ち込み。
フォーク取り付け、ブレーキレバー交換に伴いブレーキーブル製作。
初めてやるインディアンのテレスコピックフォークで色々と考えながらの作業でした。






1978FXS1200

a0248662_7304968.jpg
a0248662_7312068.jpg
a0248662_7312962.jpg
a0248662_7314197.jpg
a0248662_7315810.jpg
a0248662_7321070.jpg
a0248662_7322457.jpg


S君のショベルヘッド
まずはスロットルケーブル取り付け。
S&Sツースロートの取り付け部にあわせ、マウント部が角度がついているデロルト用のケーブルを使い、一部加工し取り付け。
クラッチケーブルを取り付け、クラッチ切れっぷり調整。
ポイント取り付け、オイルライン取り付け、マフラー取り付けと随分と形になりました。
次回配線作業。





1940WL750

a0248662_7564912.jpg

a0248662_732547.jpg
a0248662_733669.jpg


I君のWL
タペットボーリング冶具を製作し、タペット内径加工。
それぞれ、.005”オーバーサイズのタペットに合わせクリアランス調整。
内径加工後実際にケースに組みつけ作動チェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-05-09 08:00 | その他 | Comments(0)


<< 1958陸王RT-Ⅱ 試乗      月曜日の授業風景 >>