Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 16日

1968 BSA A65 エンジン腰上組みつけ


先日に引き続き、NさんのBSA A65のまとめブログ
エンジン腰上を組みつけていきます。


a0248662_8355698.jpg
a0248662_836456.jpg

シリンダーはヘッドスタッドを外しヘッド面面研。



a0248662_8361845.jpg
a0248662_8362780.jpg
a0248662_8364365.jpg


GPM製ピストン.040”o.sでシリンダーボーリング
ピストンリングギャップ、クリアランス計測。
ギャップ0.35mm クリアランス0.05mmと適正値。



a0248662_8365589.jpg
a0248662_837333.jpg

タペットガイド部がシリンダー一体となっているBSAのタペット
クリアランス0.05mm~0.06mm程度だったのでそのまま使います。


a0248662_8372442.jpg

a0248662_8374093.jpg


Cクリップ留めびなっているタペットはガイドに入れた後、Cクリップを入れるのが困難なので、Cクリップを使わずクランクケース内に落ちないようにホースで留めておき、シリンダー組みつけ。
シリンダーベースナットはトルク管理し組み付け。


a0248662_838287.jpg
a0248662_8381711.jpg
a0248662_8382697.jpg

ロッカーはヘッド取り付け前に仮組み。
シム調整しロッカーとバルブのあたり位置中心に来るように調整。


a0248662_8393733.jpg

a0248662_8462486.jpg

A65のヘッドはEX側ロッカーを組んでおくとヘッドボルトが締められなくなります。
ヘッドを組みヘッドボルト締め付け後、EX側ロッカーを組み付けます。シムを落とさぬよう組み付けるのに緊張します。
また、IN・EXプッシュロッド組み位置を間違えぬように。



a0248662_8463657.jpg
a0248662_8464933.jpg
a0248662_84711.jpg

インシュレーターを製作しキャブレーター取り付け。
マニホールド面面研済み。キャブはアマルプレミアム930新品です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-16 09:06 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1968BSA A65 エンジ... >>