Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 14日

1968BSA A65 エンジン腰下搭載・プライマリー周り

今日はNさんのBSA A65のまとめブログ
前回オイルポンプ周りまでのお話は終わってるんだよな・・・。
今回はエンジンをフレーム搭載、プライマリー周りの組み付け。


a0248662_3265043.jpg




a0248662_3271993.jpg

a0248662_3272931.jpg

クランク組み付け前にケースをフレームに仮組みして、ケース下のマウント部のシム調整済み。


a0248662_3292966.jpg
a0248662_3293849.jpg
a0248662_3295070.jpg

ギアチェンジクアドラント、キックシャフト&スプリング組み付け。
キックアーム仮組みして作動チェック。



a0248662_330940.jpg
a0248662_3301789.jpg
a0248662_3302678.jpg
a0248662_3304287.jpg

 
エンジン前、エンジン下、エンジン後ろのマウントプレートを付けエンジン腰下搭載。
エンジン後ろ側のプレートは組み付けの順番がありまっせ。


a0248662_331338.jpg
a0248662_3312221.jpg
a0248662_3313814.jpg


ここからはプライマリー周り。
話は前後しますがギアボックッス組み付け前にクラッチセンターダンパーゴム交換。
メインシャフトに組み付けた状態で行います。
また、クラッチチェーンホイールとクラッチセンターのスラストチェック。


a0248662_3315971.jpg
a0248662_3321018.jpg
a0248662_3322042.jpg


エンジンスプロケットのディスタンスピース(スプロケットシールの受けでもある)はものが無かったので単品製作。
チェーンラインが変わってしまうので、逆算して厚み選定。



a0248662_3325395.jpg
a0248662_333646.jpg
a0248662_3332390.jpg


エンジンスプロケット、クラッチチェーンホイール、プライマリーチェーンを組み付けチェーンラインチェックし問題なし。プライマリーチェーンは新品に交換。


a0248662_3334993.jpg


オルタネーターはステーターコイル、ローターコイルは新品に交換。
ステーターとローターの隙間チェック。


a0248662_3341772.jpg
a0248662_3342768.jpg
a0248662_3344070.jpg
a0248662_3345999.jpg


クラッチフリクッションディスクは研磨して再利用。
フリクッション・スチールディスクの平行面は問題なし。
で組み付け。


a0248662_3351372.jpg
a0248662_3354270.jpg
a0248662_3355568.jpg
a0248662_33695.jpg


クラッチのプランジャー、コネクターなどリリーズ周りは元々変なものが付いていたので、スタンダードのものに一新。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-14 09:08 | 1968BSA A65 | Comments(0)


<< 1968 BSA A65 エン...      火曜日の授業風景 >>