Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 07日

1958陸王RT--Ⅱ クラッチ

a0248662_8483585.jpg


陸王さんのクラッチ問題。
元々の組み合わせで組むとまったく切れが悪かったクラッチ。

a0248662_8532540.jpg

a0248662_8485125.jpg
a0248662_8502924.jpg
a0248662_850432.jpg


まずはクラッチハブに溶接されているスチールディスク。
溶接されているためスチールディスク自体が歪んでいる。
純正でこのスチールディスクがハブに溶接されているもの、されていないものとあるらしいのだが、明細は不明。
旋盤に銜え平らに切削。



a0248662_8543874.jpg


引っ張りスプリングである陸王さんのクラッチスプリング。
押しスプリングと違い微調整がしづらいであろうスプリングは、同じ線径、巻き数で製作。


a0248662_855219.jpg

スチールディスク、フリクッションディスクは新品に交換。
もちろんこの辺りのパーツのリプロパーツなどは無く、単品製作しようかと考えていたら、陸王専用のクラッチ周りを作っているマニアの方がいらっしゃいました。
非常に助かりました。


a0248662_8552296.jpg

ハウジングのベアリングは問題ななさそうなのでそのまま使います。


a0248662_902561.jpg
a0248662_904316.jpg

トルク管理しハブ組み付け、プライマリー周り組み付け。


a0248662_931086.jpg

というわけで、試乗。
クラッチは切れ、繋がりともに問題なし。非常によい感じです。
問題なのは、フカしたときに少々白煙が出ていること・・・。
何回か試乗を繰り返し、とまってくれれば良いのだが・・・。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-07 09:16 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)


<< 土曜日の授業風景      1940WL750 T/Mメイ... >>