Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 04日

火曜日の授業風景

1946WR750

a0248662_8231126.jpg
a0248662_8233722.jpg
a0248662_8234877.jpg
a0248662_824074.jpg


MさんのWR
クリアランスかきつめだったRコンロッドベアリングレースのクリアランス調整して、コンロッドスラスト調整。
WL用STDサイズのスラストワッシャーを使ったものの、スラスト詰まり気味。
コンロッドは中古のWR用、クランクピンWR用新品、フライホイールもまた別の中古WR用と、微妙に辻褄が合わないのかもしれない。
スラストワッシャーを研磨しますが、もちろん焼きが入ってるもので苦戦。






1978FXS1200

a0248662_824567.jpg
a0248662_8253627.jpg
a0248662_8254596.jpg

a0248662_8261643.jpg
a0248662_8262854.jpg
a0248662_826369.jpg


Hさんのショベルヘッド
コンロッドベアリングレース、フロント側は0.03mm楕円、リア側は0.01mm~0.02mm楕円だったものをラッピングし真円加工。
スモールエンドブッシュもピン径に対し縦方向0.06mmと少々ガタがでていましたのでブッシュ交換。
リーマーを通しホーニングしクリアランス調整。







1978FXE1200

a0248662_827336.jpg
a0248662_8271431.jpg
a0248662_8273458.jpg
a0248662_827439.jpg
a0248662_8275384.jpg


Mさんのショベルヘッド
分解計測作業。
タペット分解計測。タペットローラーは以前に交換されているようで、ガタは良好。
ガイドとタペットはタペットガイドは少々磨耗があるようだ。
ロッカーアーム分解計測。
ロッカーアーム自体は段付磨耗はしておらず問題なし。しかし、ロッカーアームとブッシュのガタは0.1mmあるところもありよう交換。
ロッカーアームバルブとの当たり面も段減りありなので、研磨が必要です。
写真を撮り忘れましたが、この後トランスミッション分解開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-04-04 08:49 | その他 | Comments(0)


<< 1940WL750 T/Mメイ...      1951TRIUMPH T10... >>