Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 22日

火・水曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_1102555.jpg

a0248662_1105235.jpg
a0248662_111451.jpg

a0248662_1112588.jpg

a0248662_1114233.jpg
a0248662_111503.jpg


Iさんのナックルヘッド
キャブボディーが水平になるようにセットし、インテークマニホールド取り付け。
シーリングが固まったところで、エア漏れチェックし問題なし。
排気漏れが無いようにエキパイ取り付け。一旦仮組みして、マウントステー類の位置を確認し取り付け。3ピースエキパイの取り付けは面倒ですね・







1946WR750

a0248662_10544579.jpg
a0248662_10545629.jpg
a0248662_1055880.jpg
a0248662_10552088.jpg
a0248662_1055288.jpg


MさんのWR
KRのシリンダーを取り付けるのですが、ガイド圧入後リーマー加工するのに形状が変わっっているKRのシリンダーべースにあわせ、マウントプレートを製作し固定。
バルブステムに対し適正クリアランスになるようリーマー加工。







1940WL750

a0248662_10562318.jpg
a0248662_10563467.jpg
a0248662_10565317.jpg
a0248662_1057118.jpg


I君のWL
新品(NOS)にした#1カム、#4カムはもともと入っていたギア比べ、やはりギア直径が少々大きい。そのため、特に#4カムギアは大きく、連動する#3カムギアとアイドラーギアとの擦り合わせ調整。特にギア比が違う#4カムギアとアイドラギアの擦り合わせは苦労。
ともあれ、苦労の甲斐あり、ギアの回りっぷりは滑らかに。
それぞれのカムスラストをシム調整し、最終回りっぷりチェックし問題なし。







1980XLH1000

a0248662_116502.jpg
a0248662_117538.jpg
a0248662_117167.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
実用を考え大き目のスポーツスタータンク購入。マウントシテー位置が違うので、新たにステーステー製作し取り付け。
2回目のオイル交換、各部増し締め。





1955FLH1200

a0248662_1193291.jpg
a0248662_119423.jpg
a0248662_1195589.jpg


Yさんパンヘッド
フットチェンジからハンドチェンジに変えるため、交換した左側ガソリンタンク。
シフトゲージ取り付け。シャットオフバルブ取り付け。。。この辺りも苦労したな。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-22 11:53 | その他 | Comments(0)


<< 1927 SUNBEAM MO...      月曜日の授業風景 >>