Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 19日

1940WL750カムブッシュ

a0248662_844174.jpg

a0248662_8442317.jpg


今日はI君のWL、カムブッシュのお話。
計測作業が終わり、カムシャフトに対しガタがあったケース側のカムブッシュ4個、カバー側の#3、#4ブッシュ、ピニオンシャフトブッシュを交換することに。


a0248662_8454810.jpg
a0248662_8461435.jpg
a0248662_8462875.jpg

今回はI君自らカムブッシュ製作するということで、寸法をしっかり書き、一個づつ単品製作。
クランクケース側のカムブッシュは上部にオイル溝加工。


a0248662_8465853.jpg
a0248662_8471038.jpg
a0248662_847204.jpg

ピニオンシャフトブッシュはなかなか大変です。
オイル溝加工とオイル穴をエンドミルを使い製作。



a0248662_8473315.jpg
a0248662_8474767.jpg


ダウエルピン穴も冶具を使い加工。

a0248662_848440.jpg

カムカバー側#3ブッシュは鍔部分のギアの逃げ加工もして、7個完成。
単品製作で7個のブッシュを作るのはなかなか大変なことです。


a0248662_8482257.jpg
a0248662_8483689.jpg
a0248662_8485910.jpg
a0248662_8501584.jpg


カムカバー、クランクケース側ともに、冶具を使いブッシュ圧入。


a0248662_851313.jpg
a0248662_8512183.jpg

ラインを通しラッピング作業し、それぞれのカムが単品で回ることを確認し、スラストチェック。

a0248662_8513727.jpg
a0248662_8515096.jpg

4個のカム、ピニオンシャフトを通し、回りっぷりチェック。
今回、カム山が終了していた#1、#4カムはNOSもの新品カムに交換。
やはり、新品カムはギア山が厚い傾向があり、擦り合わせ必要です。
この辺りのお話はまた次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-19 09:09 | 1940WL750 | Comments(0)


<< 月曜日の授業風景      1976FXE1200オイルポンプ >>