Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 16日

1976FXE1200 クランク芯だし・組み立て


タイミングギア周りの調整クランクバランスを取り直したHさんのショベルヘッドはクランクの芯だし作業。


a0248662_1013135.jpg

ピニオンシャフトは新品交換。
スプロケットシャフトの締め付けトルクは500N.m以上で締め付けが恐ろしい。




a0248662_10132382.jpg
a0248662_10133881.jpg

クランクを組み付ける前に、左右それぞれのフライホイールの振れっぷり、シャフトの振れっぷりを確認。
この時点で変な振れ方をしていると、組み立て時に芯を出すことが出来ません。


a0248662_10135199.jpg

クランク振れとり、芯だし。
今回はすべて生徒さん自ら振れとりをして、ドライブサイド0.02mm、タイミングサイド0.01mmの振れまでにしました。
振れをとるためにはある程度の経験値が必要でありまして、初めての振れとりで非常に頑張りました。



a0248662_1014542.jpg

クランクの芯だし後、コンロッドのスラストチェック。
クランクピンナットの締め付けで微妙に変わるコンロッドのスラスト量ですが今回は問題なし。


a0248662_10142042.jpg
a0248662_10143081.jpg
a0248662_10145293.jpg
a0248662_10144119.jpg


スプロケットシャフトベアリングレースをケースに圧入。
冶具を使いスプロケットシャフトベアリング(テーパーベアリング)のスラスト量調整。
C型のシムの厚みを変え、スラスト量を“0”に近づけました。




a0248662_1015734.jpg
a0248662_10151682.jpg


テーパーベアリング圧入。選択済みにピニオンシャフトベアリングローラーを取り付け組み付け。




a0248662_10152838.jpg
a0248662_10154040.jpg

スプロケットシャフトベアリングシールも取り付け。
クランク周りの作業終わりであります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-16 10:30 | 1976FXE1200 | Comments(0)


<< 1976FXE1200オイルポンプ      月曜日の授業風景 >>