Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 09日

1976FXE1200 クランクバランス



a0248662_23423730.jpg
a0248662_2342461.jpg

a0248662_23431733.jpg


Hさんのショベルヘッド・フライホイール
コンロッド上部・下部・ピストン・ピストンピン・リング・クリップ・クランクピンベアリング周りの重量計測をして、まずは現状でのクランクの釣合い重量計測。
計測すると現状の量フライホイールの合計でバランスファクターは55%
問題なのは左右フライホイールに釣り合いがそれぞれ合っていないこと。
もともと開いているフライホイールの穴位置で考えると、当時(ショベル時代)メーカーでは両フライホールを組んだ状態でバランスをだしていたのではないかと考えます。
組んだ状態で穴を開けるため、開いている穴はフライホイール外側に。また、タイミング・上死点マークがあるドライブ側に穴を開けられないため、タイミング側に穴を開け調整という感じだと
思います。
そのため両フライホイールの釣合い率をあわす為には、T側はフライホイールのウエイト側(下部)を軽く、ドライブ側のウエイト側を重くする必要があります。


a0248662_23433517.jpg
a0248662_23434472.jpg
a0248662_23435220.jpg


現状で穴を開けて両フライホイールのバランスをとると、穴ぼこだらけになってしまいますので、現状開いている穴を、タップを立てネジをつくり埋めました。


a0248662_23442234.jpg
a0248662_23443985.jpg
a0248662_2345686.jpg

穴埋めしたフライホイールで改めて、両フライホイール55%での釣合い位置を確認し穴あけ、バランスあわせ。
今回は現状のバランスファクター55%で両フライホイールの釣合いをあわせました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-09 10:26 | 1976FXE1200 | Comments(0)


<< 1976FXE1200 タイミ...      火曜日の授業風景 >>