Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 19日

1976FXE1200 シリンダーヘッド(バルブガイド)

a0248662_947318.jpg

a0248662_9482198.jpg
a0248662_9484837.jpg
a0248662_949865.jpg

今日はHさんのショベルヘッド、バルブガイド周りのお話。
ガタがあり抜き取った純正鋳鉄ガイド、リアエキゾースト側は入れた時のものか、抜いた時のものか、アルミが齧った跡があります。
幸いにホーニング程度で傷は消え、ヘッド側ガイドホールの楕円も無く問題無し。
インテーク側は.001o.s エキゾースト側は.002o.sのガイドを外径調整して使います。



a0248662_951103.jpg
a0248662_9512897.jpg

a0248662_9514535.jpg


ガイドを入れる前に両ヘッド面研
ナメてしまっていたエキパイマウント部のネジ穴を垂直だしヘリサート加工。


a0248662_9495161.jpg
a0248662_950751.jpg
a0248662_9502621.jpg
a0248662_9504255.jpg

バルブガイド加工
使うバルブガイドはKPMI製のアルミ青銅ガイド
粘り硬いアルミ青銅のガイドはヘッドに圧入前に内径を前加工。また、外輪をヘッド側ホールに合わせ+ハメ代分のサイズまで研磨。






a0248662_9543456.jpg
a0248662_9545176.jpg

a0248662_9551055.jpg
a0248662_9552990.jpg
a0248662_9554982.jpg


ヘッドをよく温め垂直治具を使いバルブガイド圧入。
圧入後、ハメ代分縮んだ内径を.001mm刻みのリーマーで内径拡大して、使うバルブステム径に対し適正クリアランスにします。
粘り硬いアルミ青銅ガイドですので、リーマーが通っても切れきれて無い場合がありますので計測しながらの作業です








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2018-01-19 12:42 | 1976FXE1200 | Comments(0)


<< 1958陸王RTⅡエンジン始動      月・火曜日の授業風景 >>