Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 17日

月・火曜日の授業風景

a0248662_855521.jpg






1979FXS1200

a0248662_8551977.jpg
a0248662_8553711.jpg
a0248662_8554517.jpg
a0248662_8555318.jpg
a0248662_856233.jpg
a0248662_8561224.jpg
a0248662_8562143.jpg
a0248662_856291.jpg
a0248662_8563656.jpg
a0248662_8564487.jpg


S君のショベルヘッドは車体周り。
スイングアームベアリング交換。元々ついていスイングアームは錆が酷く使わず、新たに仕入れて中古スイングアームなので、曲がりチェックし問題なし。
フロントフォークもしーる交換、スピリング交換、カラーの長さ調整して組み付け。








1976FXE1200

a0248662_903916.jpg
a0248662_904964.jpg
a0248662_905865.jpg
a0248662_912062.jpg
a0248662_91968.jpg

a0248662_92165.jpg

a0248662_913441.jpg

a0248662_925954.jpg

a0248662_914416.jpg
a0248662_915473.jpg

a0248662_95012.jpg

a0248662_952566.jpg

a0248662_953476.jpg


Hさんのショベルヘッド
も同じく車体周り、スイングアームベアリング交換。先日ホイールベアリングは交換済み。
仮組みをしたオイルポンプのオイル流れっぷりチェック。また、チェックバルブの擦り合わせをして、灯油漏れチェック。
クランクのバランス調整。左右フライホイールのバランスが随分ずれていますので、元々開いていた穴埋め作業から。








1940WL750


a0248662_98325.jpg
a0248662_981469.jpg
a0248662_982246.jpg

a0248662_983168.jpg

a0248662_984036.jpg

a0248662_984813.jpg


I君のWL
すべて自分で製作したタイミング周りのブッシュを圧入済み。
まずピニオンシャフトベアリングサイズ選択後、カムカバー取り付けピニオンシャフトの回りっぷりチェック。
#1.#2のカムブッシュラッピングし同じく回りっぷりチェック。









1946WR750


a0248662_9105859.jpg
a0248662_911753.jpg
a0248662_9111897.jpg
a0248662_9112413.jpg


MさんのWR
穴埋めしたフェンダーのパテ埋め。スプロケットカバークラッチアーム軸受け部がガバガバになっていましたので、溶接・肉盛りをして切削作業と地味な作業が続きます。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-17 09:24 | その他 | Comments(0)


<< 1976FXE1200 シリン...      日曜日の授業風景 >>