Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 15日

1951TRIUMPH T100 フレーム



今日はHさんのトライアンフ・タイガーのフレーム周りのお話をしておきます。



a0248662_12001642.jpg
a0248662_12002425.jpg
a0248662_12003139.jpg
分解し清掃作業。
怪しいところがないかチェック。
随分と錆びていたフレーム連結ボルト達はこの後すべて交換となる。



a0248662_12003884.jpg

分解清掃し見てきた錆で巣穴状態になったいた部分(バッテリー液等で錆びてしまっていたと思われる)
溶接肉盛り整形する。




a0248662_12004863.jpg
後付け、螺子止めのプロップスタンドマウントは溶接し固定。




a0248662_12013058.jpg
a0248662_12013732.jpg
a0248662_12014630.jpg
ガタがあったスタンドピボット部ですが、ピボットボルトがロウ付けされ抜けません・・・。
研磨しピボット部中心をだし、穴あけ抜きとり。





a0248662_12015547.jpg
a0248662_12020333.jpg
フレーム側、スタンド側ともにピボットボルト軸受け穴を同寸で拡大。

a0248662_12021017.jpg
a0248662_12021924.jpg
a0248662_12182394.jpg
a0248662_12022728.jpg
拡大したピボット部に合わせオーバーサイズピボットボルト製作し取り付け。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







# by sgf1906 | 2018-11-15 12:20 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 11月 13日

土・日・の授業風景



1951 TRIUMPH T100

a0248662_01493047.jpg
a0248662_01493727.jpg
a0248662_01535692.jpg


Hさんのトライアンフ
エンジン始動間近なところから、エアかみでオイルリターンがしなかったりプラグキャップ不良で点火が悪かったり、キャブのニードルバルブを入れ忘れていたりと足踏みしていたタイガーさんですが無事エンジン始動。
非常に調子良さそうです。







1958 VEROCETTE VENOM


a0248662_01505444.jpg
a0248662_01513856.jpg
a0248662_01522166.jpg
Iさんのベロセットはバルブガイド交換後シートカット。
打ち変えているものか、銅合金のバルブシートは随分沈み段が付いており、カットに苦戦。








1955 TRIUMPH 6T
a0248662_01543106.jpg
UさんはエンジンOHした車両を持ち込み最後の調整作業。







1972XLH1000

a0248662_01552253.jpg
a0248662_01553190.jpg
a0248662_01554444.jpg
a0248662_01555199.jpg
a0248662_01565483.jpg
Oさんのアイアンスポーツ
シリンダーヘッド燃焼室内のカーボンをしっかり除去しバルブガイド抜き取り計測。
これでエンジン周りの計測作業が終わり、車体周りの分解作業へ。
状態が良かったエンジン周りに比べ、車体周りは錆との戦いになりそうだ。






1958 FLH1200

a0248662_01581706.jpg
a0248662_01583082.jpg
a0248662_01583784.jpg
a0248662_01584641.jpg
a0248662_01590305.jpg
a0248662_01591432.jpg
a0248662_01592092.jpg
a0248662_01592745.jpg
a0248662_01593752.jpg
a0248662_01594604.jpg
a0248662_01595311.jpg
a0248662_02000107.jpg
ミッションOHで入学のHさん
ねじ山が潰れてしまっていたシャットオフバルブのタンク側ねじ部を単品製作し半田で取り付け。
クラックが3箇所あったギアボックスは溶接肉盛りし、面研磨作業。
なめてしまっていいたキックカバースタッド部の雌ねじもヘリサート加工。
その後、カウンター側ギア周り、1ST、2NDのフローティングブッシュ交換し、それぞれスラストチェック。カウンターシャフトも交換し3&4速ギアのベアリングクリアランス調整。
3&4速ギアのスラスト量シム調整。








1986 HARRISBONNEVIL

a0248662_02011257.jpg
a0248662_02012008.jpg
a0248662_02013771.jpg
a0248662_02014524.jpg
a0248662_02015574.jpg
a0248662_02020577.jpg
エンジン持込の新入生Iさんのハリボン
以前やったハリボンと同じようにクランクメインシャフトベアリングはロックタイトで留められていたため、レースに橋渡しをして抜き取り。
一部手でまわっていたカムブッシュも抜き取り計測。
T140ES、つまりスターターモデルと同じようなつくりのインターメディエイトギアスピンドル圧入部も分解時に手スポで抜けたようで、ここの部分は機械加工が必要です。
前回もそうでしたが、ハリボンさんの鋳物加工がちょっと残念です。







1968BSA A65
a0248662_02065261.jpg
卒業生NさんのBSAは慣らし運転中。
ホーンスイッチの不良が用ですが、他は問題なく好調なようでなによりです。
私も慣らし終了後の詩情が楽しみ。







1984FXS1340

a0248662_02070145.jpg
此方も卒業生Sさんのショベルヘッド
車体周りとクラッチ周り、あと少々カスタムごとをやった車両です。
以前の状態と比べ随分と乗りやすくなったはずです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2018-11-13 02:38 | その他 | Comments(0)
2018年 11月 11日

1951TRIUMPH T100 ギアボックッス組み付け2


Hさんのトライアンフギアボックス周りのお話。
前回まででブッシュ製作ブッシュの組み付け作業までの話は終わっていたんだな。。。
ということギアボックを本組みしていきます。

a0248662_08303427.jpg
a0248662_08303979.jpg
a0248662_08314239.jpg
a0248662_08314980.jpg
a0248662_08315419.jpg
ハイギアベアリングは新品に交換。
シール取り付け、スプロケット、ナットロックタブ取り付け。
このあたりも新品に交換。



a0248662_08315954.jpg
クラッチプッシュロッドブッシュ交換し擦り合わせ。



a0248662_08320644.jpg
a0248662_08321145.jpg

メインシャフトベアリング取り付け、スピードメーターギア取り付け。



a0248662_08321896.jpg

構造理解しつつギア周り取り付け。



a0248662_08322250.jpg

ギアチェンジクアドラントまわりもスプリング交換し取り付け。



a0248662_08322842.jpg
インナーカバー仮組みし、ギアチェンジクアドラントとギアチェンジカムプレートギアの入り位置チェック。





a0248662_08324102.jpg
a0248662_08324613.jpg
距離に問題があったキックラチェットギアのスペーサーは長さ調整しキックラチェットギア組み付け。




a0248662_08325679.jpg
a0248662_08331318.jpg
一旦は仮組みして、ギアチェンジ、キックの作動チェック。
問題なく本組み。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2018-11-11 08:50 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2018年 11月 10日

1978FXE1200 クランク芯だし・組み付け


今日はMさんのショベルヘッドのお話。
クランクバランスどりが終わり芯だし作業。



a0248662_00510916.jpg
随分と傷が付いていたスプロケットシャフトは新品に交換。
ドライブ側フライホイールは71年以降のものが使われていたので、シャフトの70年~71年のものに。





a0248662_00511979.jpg
スプロケットシャフト、ピニオンシャフトを組み付けそれぞれシャフトの振れ、フライホイールの振れをチェック。
この時点で振れが多いものは問題があるのだが、こいつは無事。





a0248662_00512890.jpg
a0248662_00513772.jpg
組み付け芯だし作業。
ドライブ側、タイミング側ともに0.15mmの振れに。









a0248662_00515627.jpg
a0248662_00520433.jpg
a0248662_00521194.jpg
スプロケットシャフトベアリング組み付け。
シム調整しエンドプレイを0.02mmに。




a0248662_00540478.jpg



a0248662_00522036.jpg

a0248662_00565223.jpg

既に調整済みのタイミングギア周り、オイルポンプを組み付け、腰下完成となりました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純






# by sgf1906 | 2018-11-10 01:09 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2018年 11月 08日

1973XLH1000 ステアリイングヘッド、フロントフォーク、フロントホイール周り


今日はKさんのアイアンスポーツ車体周りのお話。
スィングアームを取り付けたところまでで話が終わっていたんだな。
a0248662_02101473.jpg
やられていたネックカップは随分固着していて外すのに苦労しました。




a0248662_02102841.jpg
a0248662_02103561.jpg
抜き取りに苦労したネック部は無事。
アッパーベアリングとロワーベアリングの距離が短いアイアンはここの部分が進行方向に楕円になっているものが多いです。
できればロングフォークは避けた方が良いと思います。
今回はテーパーテーパーベアリングにコンバートします。




a0248662_02104198.jpg
社外のテーパーベアリングにコンバートする場合、ネックカップがフレームの一部に干渉する場合がありますので、干渉部分を削っておきます。



a0248662_02104755.jpg
冶具を使い垂直圧入。



a0248662_02105335.jpg
a0248662_02105967.jpg
ベアリング取り付け、ネック周りO.K



a0248662_02110896.jpg
a0248662_02111320.jpg

a0248662_02112321.jpg

a0248662_02111921.jpg
フロントフォーク組みつけ。
清掃し、なめていたフェンダーマウント雌螺子部をヘリサートしシール取り付け。




a0248662_02113429.jpg
a0248662_02114060.jpg
この年式は元々付いていない、ダンパースプリングを一個取り付け、組み付け。
私的にはダンパースプリングを一つ付けたぐらいのフォークの長さが好みです。




a0248662_02115658.jpg
a0248662_02132556.jpg
話はフロントホイールへ。
ホイールベアリングは交換。


a0248662_02133377.jpg
a0248662_02133912.jpg
スポークは新品に交換しリム組み
すべてのスポークが内がけのフロント側はスポークの組みつけが少々面倒。
すべてスポークをハブに組んだ状態でリムに組んで行きます。





a0248662_02134614.jpg
組み付け、振れとり。
一部リムの変形しているところがあるものの0.5~0.6mmの振れに。



a0248662_02140180.jpg
スラストチェックしシール取り付け。





a0248662_02145132.jpg
a0248662_02145653.jpg

フレームにホイールを仮組みして、リムのセンターだし。
棟上が終われば、エンジン腰下、ヘッド周りは終わっていますので一気にバイクの形になります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純













# by sgf1906 | 2018-11-08 02:43 | 1973XLH1000 | Comments(0)