人気ブログランキング |

Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 22日

火・水曜日の授業風景



1946WR750


a0248662_02132486.jpg
a0248662_02133383.jpg
a0248662_02134262.jpg
a0248662_02134975.jpg
a0248662_02135654.jpg
MさんのWR
マグネトーの進角ケーブル位置、コントロールアーム位置を考察中。ケーブルのマウント位置を変える予定。
エンジンマウントブラケット仮組み。ヘッドボルトと共留めですので、ブラケットがヘッドを引っ張ってしまわないようにシム調整。
このマウントブラケットは非常につけづらい。
スロットルケーブルも墓のものに干渉しないよう取り付け。











1977XLCH1000

a0248662_02141509.jpg

部分修理のM君のアイアンスポーツ
Rブレーキの調整終わり、試乗Rブレーキは問題なし。
キャブは微調整は必要であるが、とりあえず走行には問題なし。
とりあえずFブレーキはそのままで、ここまで。乗りながら少しづつ直していきましょう。














1947FL1200

a0248662_02143226.jpg

a0248662_02143985.jpg
a0248662_02144622.jpg
a0248662_02145485.jpg
a0248662_02150190.jpg
a0248662_02150862.jpg
a0248662_02151534.jpg
a0248662_02152242.jpg
a0248662_02152995.jpg
a0248662_02154908.jpg
a0248662_02155857.jpg
a0248662_02160648.jpg
a0248662_02161298.jpg

Eさんのナックルヘッド
スプリンガーフォーク分解しチェック。スプリング周りは問題なし。
ネックベアリングは以前にレースベアリングともに交換済みなようで問題なし。しかし、ロワーベアリングガードが付いていませんでした。
ロッカーアームはブッシュの嵌め代が弱い。ロッカーブッシュ圧入部が荒れて広がっているようだ。穴の真円加工が必要だ。
Rドラムは研磨しようとセットしちょっと削ってみたが随分と偏芯している。
肉厚も随分薄いので研磨はやめ交換することに。
Rブレーキピボット部はシャフト側は問題なし。ペダル側ブッシュをいれクリアランス調整します。
ブレーキクロスシャフトブッシュも交換。











1965 TRIUMPH TR6
a0248662_02162185.jpg
a0248662_02162993.jpg
a0248662_02163742.jpg
a0248662_02164495.jpg

Oさんのトライアンフ
フェンダーエンド部のブラケットが行方不明で仮組みだったスイングアーム。
ブラケットが見つかり、一旦バラシ本組み。
製作中のフェンダーマウント部カラー製作など製作もの中心。












1976FXE1200



a0248662_02181352.jpg
a0248662_02182185.jpg
a0248662_02182702.jpg
a0248662_02183558.jpg


Hさんのショベルヘッド
チョークケーブル取り付け、配線周りはほぼ終わり。
FXS用が付いていたRヘンダーストラッド、FXE用のものを在校生から譲ってもらい、フェンダー取り付け。
純正タイプのハンドル吊り下げ形のウィンカーマウントの社外品は生産中止に・・・。
最近ショベル細かなリプロパーツの生産中止が多いな。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2019-09-22 08:06 | その他 | Comments(0)
2019年 09月 19日

月曜日の授業風景





1966FLH1200


a0248662_10014630.jpg
a0248662_10015373.jpg
a0248662_10020218.jpg
a0248662_10025113.jpg
a0248662_10030568.jpg
新入生Kさん今日から授業開始。
すでに授業を始めているT君のおじさんにあたります。つまり家族でVMSに入学ということになります。
卒業後は家族でオールドハーレーツーリングなかなかお目にかかれない光景です。
というわけで、もろもろ外装周り分解、オイル周り抜いた後、エンジン分解作業開始。
エンジン腰上、プライマリー周りまで分解作業終わり。
コンロッドはS&S製に交換済み、つまり既にそれなりには手が入ってるものものですね。
以前触った人の良し悪しで状態が大体決まることになりますが、まぁ全バラ予定ですのでひつひとつ見ていきます。
















1937EL1000

a0248662_10050709.jpg
a0248662_10051628.jpg
a0248662_10052426.jpg
a0248662_10053217.jpg
a0248662_10053935.jpg
a0248662_10054621.jpg

Wさんのナックルヘッド
メインシャフト交換のため分解したT/M。メイン3rdギアスラスト量調整し直したので、一応3・4速ギア位置のチェックをして本組み。
改めて、エンジンミッションをフレームに搭載しチェーンラインチェック。
チェーンラインは問題ないが、またもうひとつ問題が・・・
修正済みであるというフレームに随分と色々やられています。















1977FLH1200

a0248662_10060394.jpg
a0248662_10061166.jpg
a0248662_10061956.jpg
a0248662_10063723.jpg
Tくんのショベルヘッド
今日は一日溶接DAY。
仕事で溶接をしているT君、バッシーから溶接講習を受け自ら溶接作業。
ヘリサートが曲がって入っていたドレンボルトはヘリサート抜きとり、垂直に穴あけ後、溶接で蓋をするような感じで片側の穴を埋め、アルミロウを使い、全体の穴埋め。
またクラックが入っていたトップカバーも修正。
次回整形作業であります。
















1970 TRIUMPH T120
a0248662_10090684.jpg
a0248662_10091401.jpg
a0248662_10092182.jpg
a0248662_10092773.jpg

Nさんのトライアンフ
前回ハンドル交換に伴い、ハンドルSW周りの配線作業をやっていましたが、SW自体の問題があったり、メインSWの不良を発見したりりと問題がありましたので、ハンドル周りヘッドライトのディップスイッチ、ウィンカー・ホーンSW一新。
また、メインSWも交換、動きが悪かったアンメーターも交換。














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純









# by sgf1906 | 2019-09-19 10:38 | その他 | Comments(0)
2019年 09月 18日

土曜日・日曜日の授業風景



1977FLH1200


a0248662_08521390.jpg
a0248662_08465026.jpg
a0248662_08470303.jpg
a0248662_08470878.jpg
a0248662_08471551.jpg
a0248662_08472404.jpg
a0248662_08473044.jpg
a0248662_08473776.jpg
K君のショベルヘッド
いつも使っているカムカバーガスケットから高級ガスケットに変更。そのため、カムギア・ブリーザーギアのエンドプレイ調整し直し。
前回組んだオイルポンプのオイル流れっぷりチェック。
カムギアは最大サイズ、ピニオンギアは最小サイズの組み合わせ(カラーコードイエロー)でこれ以上クリアランスを出せないピニオンギア&カムギアはギアバッククラッシュが少なすぎる感じ。
すり合わせしバッククラッシュチェック。
クランクスプロケットシャフトベアリングシール取り付け。
ボーリング済みのリングギャップ・クリアランスチェック。オイルリング圧力チェック。
エンジン・トランスミッション持込のK君、すでにヘッド、トランスミッションは完成していまして、あとは自宅で自身で組み付け作業となりますんで、ここで卒業となります。
分離すべり症という爆弾を腰に抱えた状態で、バイクをOHしている場合じゃないのに、やりきってくれました。ありがとう!
手術の成功をいのっています。
お疲れ様でした。


















1976FXE1200



a0248662_08474372.jpg
Hさんのショベルヘッド
を卒業生S君が行っている状態。
エンジン始動を済ませ、試乗手直しです。
S君もそろそろ卒業で、次の挑戦が待っています。











1972XLH1000


a0248662_08481769.jpg

a0248662_08482390.jpg

a0248662_08483235.jpg
a0248662_08483735.jpg
a0248662_08484413.jpg
a0248662_08485081.jpg
a0248662_08490664.jpg
a0248662_08491296.jpg
Oさんのアイアンスポーツ
キックラチェットギアブッシュは単品製作し圧入・クリアランス調整。
忘れていたカムカバー#2カム部のシール受け部分ガバガバ問題。次回、スリーブ製作。
エンジン腰したはフレームに搭載、プライマリー周り組み付け作業。














1949FL1200

a0248662_08493234.jpg
a0248662_08493766.jpg
a0248662_08494240.jpg
a0248662_08495090.jpg
a0248662_08495682.jpg
a0248662_08500441.jpg
a0248662_08500992.jpg
a0248662_08501547.jpg
Oさんのパンヘッド
クランクバランスチェック。
フライホイール自体は左右ともにバランスがまぁまぁとれている状態。
がバランスファクターを考えるとパーセンテージが随分と低い状態だ。
純正のパーセンテージにしようとすると随分と穴を開けることになります。
付いている社外製のS&Sコンロッドとクランクピンとの重量バランスの問題もあるらしい。
もうちょっと悩んでみます。












1948 INDIAN CHIEF

a0248662_08502634.jpg
a0248662_08503972.jpg
a0248662_08504653.jpg
a0248662_08505554.jpg
a0248662_08510597.jpg


Tさんのインディアン
フレームに圧入されているキックスターターのピボットシャフトはフレームを結構暖め抜き取り。
Rスプロケットも随分減っていましたのでリベットもみ分解。
ホイール周りのチェック作業、分解作業へ。




















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2019-09-18 08:24 | その他 | Comments(0)
2019年 09月 16日

1938 VELOVCETTE MAC プライマリー組み立て

a0248662_08100405.jpg
a0248662_08094393.jpg
a0248662_08095003.jpg
a0248662_08103151.jpg

Kさんのベロセット
ギアボックスの仮組み、作動チェックが終わり本組み。
フレームに搭載。
このとき予めプライマリーチェーンの長さを踏まえ、ギアボックス位置を出しておくと後が楽です。











a0248662_08103716.jpg
クラッチリリーズのスラストベアリング交換、共に前後レースも交換。










a0248662_08105727.jpg
a0248662_08110291.jpg
a0248662_08111218.jpg
a0248662_08111792.jpg
a0248662_08112437.jpg
オーバーサイズ化されていたインナープライマリーマウント螺子部はそのまま使用しますので、専用のオーナーサイズマウントボルト製作。
このボルト完璧にインナープライマリーをマウントするものではなく、ギアボックスが動く程度の固定をしますので、段つきになっています。
また、クラッチASSYと干渉する恐れがありますので頭薄めでマイナス溝、ワイヤー固定穴が開いていまして、少々面倒。




a0248662_08113254.jpg
a0248662_08115226.jpg
インナープライマリーのコルクガスケット
厚みの問題(ここの厚みがあるとギアボックスが動かなくなる)もありますので、市販されているものは使わず、耐油コルクガスケットで単品製作。
インナープライマリーをつけ、ちゃんと螺子を締めた状態でギアボックスが動くか(プライマリーチェーンが動くか)チェック。







a0248662_08115893.jpg
a0248662_08120610.jpg
ギアボックスの動きは問題なく、クラッチASSYが干渉無いかチェック。
問題なかったので、マウントボルトはワイヤーロック。



a0248662_08122215.jpg
エンジンダンパースプロケットのダンパースプリングは随分と縮んでいましたので交換。(画像で一目瞭然)
ダンパーナットも工具引っかかり部が随分やられていましたので交換。




a0248662_08123164.jpg
a0248662_08123924.jpg
a0248662_08124454.jpg
入っていたクラッチスプリングも交換。
またスラストワッシャーも交換。
新しいスプリングは少々線径が細い


a0248662_08141391.jpg
スリーブギアナット固定のロッキングプレートはもともと付いていませんでした。
でよく見ると螺子が中折れしている模様。


a0248662_08150999.jpg
a0248662_08151558.jpg
ドリルでもんで無事摘出。
このボルト1/8”-40BSC なかなか使うサイズではありません。




a0248662_08155509.jpg
a0248662_08160306.jpg
a0248662_08163781.jpg
a0248662_08164246.jpg
a0248662_08164758.jpg
プライマリー回り組み付け。チェーン遊び調整。
新品ロックプレート、新品スプロケットの組み合わせでやはり、干渉ありプレートの干渉部削り解消。



a0248662_08170233.jpg
アウタープライマリー取り付け。
クラッチ作動し、クラッチアウターがプライマリーカバーに干渉しないかチェック。
またチェーン自体が干渉しないかチェック。
問題なくO.K
プライマリー周りがとにかく薄っぺらく作られているベロセット。このあたりの干渉問題を解消するの大変だ。
また、クラッチ調整も一発で済んでくれれば良いのだが。















レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純







# by sgf1906 | 2019-09-16 09:10 | 1938 VELOCETTE MAC | Comments(0)
2019年 09月 14日

水曜日の授業風景


1980FLH1340


a0248662_08330514.jpg
a0248662_08332050.jpg
a0248662_08333070.jpg
a0248662_08333918.jpg
a0248662_08334784.jpg
a0248662_08384180.jpg

Kさんのショベルヘッド
クランクの芯だしが終わり、スプロケットシャフトベアリングのエンドプレイチェック。
高年式のものにコンバートしたオイルポンプも仮組み、回りっぷりチェック。
タイミングギア周り仮組みして、クランクの回りっぷりチェックし問題なし。
実測でのカムギアのバッククラッシュ量、またクランクケース組み付け時でのピニオンシャフト先端部での振れチェック。
というわけで、Kさんの東京遠征はここまで。


あまりこのブログで触れていなかったが、Kさんは熊本のバイクショップオーナーである。
もう3年以上前にショベルのエンジン腰下を2基持ち込みOHした。
今回は3基目で腰上を含むエンジンすべて自分でやったことになる。
もう10年以上バイク屋を運営しつつ、嫁さん、子供がいる中、自分の知識、見聞を広げるため東京まで勉強しに来ることは、本当に頭が下がります。
これでなかなか会う事が無くなると思いますが、何かありましたらいつでもご連絡ください。
お疲れ様でした。















1979FLH1340


a0248662_08342410.jpg
a0248662_08343237.jpg
a0248662_08344056.jpg
a0248662_08345715.jpg
a0248662_08351033.jpg
Iさんのショベルヘッド
ホイール清掃後、スプロケット・ローター交換。
ホイール周りはこれでひと段落。
シートポスト分解・清掃。ブッシュの磨耗は酷くなくそのまま使えます。
ネックベアリング・スイングアームベアリングは交換。
















1948 INDIAN CHIEF

a0248662_08354531.jpg
a0248662_08355450.jpg
a0248662_08353773.jpg
a0248662_08363791.jpg
a0248662_08365534.jpg

Tさんのインディアン
クラックがあり溶接・肉盛をしたクランクケースの整形作業。
溶接不良のところがありますので、一部やり直し。
フレーム清掃、化粧直しをしつつブランジャーサスペンション分解。














レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純





# by sgf1906 | 2019-09-14 09:29 | その他 | Comments(0)