Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:WL ( 67 ) タグの人気記事


2017年 08月 01日

月曜日の授業風景


1939EL1000

a0248662_8153770.jpg
a0248662_8161996.jpg
a0248662_8164514.jpg


Wさんのナックルヘッド
ハンドル交換に伴い、ボッシュのインナースロットル取り付け。
ハンドルの長さ調整しカット、インナースロットルを加工し溶接取り付け。








1946WR750

a0248662_8171526.jpg
a0248662_8174215.jpg
a0248662_8183061.jpg
a0248662_8184399.jpg


MさんのWRは段減りしていたコンロッドスラストワッシャー抜き取り。
ダミーワッシャーを作り、仮組み、適正スラスト量にするためのコンロッドスラストワッシャーの厚みを逆算するのだが、コンロッドが変わったため帳尻が合わず苦戦。












1979FXS1200

a0248662_8191914.jpg
a0248662_8271648.jpg
a0248662_8274944.jpg
a0248662_8283519.jpg
a0248662_8285610.jpg
a0248662_8291412.jpg

a0248662_849437.jpg


S君のショベルヘッドはクランク周り分解。
まずオイルポンプ分解ですが、ボディー内壁がずいぶんやられています。。。これは使い物にならないです。
コンロッドビッグエンド部のガタは良好だったのですが、クランクシャフトの振れっぷりが0.1mm以上ありましたので、クランク分解。で清掃開始。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-01 08:50 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 31日

日曜日の授業風景


WL ENGINE

a0248662_21365711.jpg


a0248662_21374155.jpg
a0248662_2138102.jpg
a0248662_21382870.jpg
a0248662_21384441.jpg


MさんのWL
マグネトー取り付け点火時期調整ですが、調整しろが足りずアダプタープレートを加工し取り付け。また、取り付けづらいマウントボルトも加工。
ヘッド面、マニゴールド面面研しヘッド取り付け。バルブ周りがゴッツンコしないかチェック。
マニホールドもPEEKSEALを使い取り付け。








1951TRIUMPH T100

a0248662_2139853.jpg

a0248662_21392267.jpg
a0248662_21393960.jpg
a0248662_2140147.jpg
a0248662_21415116.jpg
a0248662_21421577.jpg
a0248662_21423034.jpg
a0248662_21424971.jpg


Hさんのトライアンフ
もともと付いていたバルブスプリングは4本それぞれスプリング圧が違ったので新品に交換。
計測すると、新品スプリングは付いていたものに比べると大分スプリング圧が強い。スプリングがヘタっていました。というわけで、IN/EXそれぞれスプリング圧をあわせ取り付け。
これでヘッドは終わり。
クラックが入っていたクランクケースボルト穴部分は溶接し、合わせ面面研磨し、ボルト座面部座面修正。溶接が溶け込んでいるボルト穴部もエンドミルを使い穴修正。あとは程よく外側を修正してやります。









1985FXEF1340

a0248662_21435387.jpg

a0248662_21371540.jpg

a0248662_21441033.jpg
a0248662_21455767.jpg
a0248662_21461643.jpg
a0248662_21475953.jpg

a0248662_21465618.jpg



Tさんの4速エボはギアボックッス分解。
ギア自体は問題なしで、メインシャフト、カウンターシャフト周りチェック&計測。
メインドライブギアブッシュは減り少なくこのまま使えます。
キックラチェトギアブッシュはシャフト側が少々磨耗していますので、研磨し研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。
カウンター側はニードルベアリングは交換するので抜きとり。またローギア、セカンドギアのフローティングブッシュは交換します。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-31 08:48 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 27日

1958陸王RTⅡ バルブタイミング

今日はSさんの陸王RT‐Ⅱのお話。
シリンダーがボールング加工から上がってきました。シリンダー下面は前後シリンダーの長さを合わせ面研してもらっています。また、ガンコート塗装済み。
初めてやる車両なので、仮組みしてバルブタイミングのチェックをしておきます。



a0248662_1142470.jpg
a0248662_11434113.jpg
a0248662_11435587.jpg

まずはバルブ組み付け。
バルブシートカット擦り合わせ済みです。

分解時4本ともそれぞれ2.4mm圧のカラーが入っていました。スプリング圧を増すために付けられていたものと思われます。一応カラーをいれ組み付け。

a0248662_1144711.jpg
a0248662_11442079.jpg
a0248662_11443237.jpg
a0248662_11444429.jpg

それぞれシールを入れバルブ組み付け。



a0248662_1145118.jpg
a0248662_11451296.jpg

陸王さんのバルブタイミングのデータはありません。
WLと同じデータと思われますが、INバルブ径が違ったり、カムギアの形状が違ったりとRT-Ⅱはタイミングギア周りがWLとは異なるので計測してみます。

a0248662_1145262.jpg

WLのカムタイミングデータを見ると

IN OPEN 5/32"-7/32" BTDC
IN CLOSE 37/64"-45/64" ABDC
EX OPEN 37/64"-45/64" BBDC
EX CLOSE 5/32"-7/32" ATDC

これもをメートリックに変えると
INオープン 3.96mm-5.55mm 上死点前
INクローズ 14.67mm-17.85mm 下死点後
EXオープン 14.67mm-17.85mm 下死点前
EXクローズ 3.96mm-5.55mm 上死点後
となります。


a0248662_11454021.jpg
a0248662_1146098.jpg
a0248662_11461987.jpg
a0248662_11463235.jpg


上記のタイミングデータはピストン位置で表したもので、それぞれ上死点・下死点のピストン位置からの移動距離となります。
上死点・下死点でのピストン位置を測っておき、それぞれ逆算しその位置でのピストン位置をクランク位置度数化すると

IN OPEN 20度ー25度 BTDC
IN CLOSE 50度ー60度 ABDC
EX OPEN 50度ー60度 BBDC
EX CLOSE 20度ー25度 ATDC

となります。


a0248662_1147152.jpg

a0248662_12421260.jpg

a0248662_1146586.jpg

ロッカーアームをかいしてバルブを押すOHVモデルとは異なり、バルブを直接押すサイドバルブはタペットのチェッキングクリアランスは無いと思われますので、タペットクリアランスはランニングと同じIN 0.1mm EX 0.15mmでバルブタイミング実測。

FRONT
IN OPEN 25度 BTDC
IN CLOSE 65度 ABDC
EX OPEN 55度 BBDC
EX CLOSE 25度 ATDC

REAR
IN OPEN 25度 BTDC
IN CLOSE 60度 ABDC
EX OPEN 50度 BBDC
EX CLOSE 25度 ATDC

ということになりました。
結果的にWLのバルブタイミングと同じということになります。



a0248662_11473790.jpg
a0248662_11475187.jpg

点火タイミングもチェック。
陸王RTーⅡは点火のタイミングマーク進角位置ではなく、フロントの上死点位置にあります。
WLは上死点マークは無く、進化位置の点火タイミングマークがあります。

WLの点火位置は
BTDC 1/4"-9/32" 上死点前6.35mm-7.14mm 度数でいうと25度-30度でタイミングホールにタイミングマークが出ます。

陸王RTーⅡは点火方式が自動進角になっていますので、上死点位置で点火時期を調整しろということでしょう。
ハーレーの進角度数(遅角から進角までの度数)はほぼ30度程度なので、遅角位置が上死点(0度の位置)だとすると進角位置はクランク30度の位置と思われます。
ともあれ、サーキットブレーカーを組む際に確認します。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-27 13:00 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2017年 07月 18日

月・火曜日の授業風景



1948WL750

a0248662_2241930.jpg
a0248662_22412033.jpg
a0248662_22413592.jpg

a0248662_224157100.jpg

a0248662_2243478.jpg
a0248662_2244094.jpg
a0248662_22441377.jpg

a0248662_22442757.jpg



MさんのWL
シリンダーのボーリング加工が終わりましたのでシリンダー組みつけです。
ピストンリンクのギャップ&クリアランスをチェックし、シートカット加工済みのバルブ取り付け。
シリンダー取り付け、インテークマニホールドの位置合わせをしてシリンダーベースナットをトルク管理し取り付け。
タペット調整し、次回点火時期調整しヘッドをつけたらエンジン終了です。









1965 NORTON 650SS

a0248662_22454777.jpg
a0248662_2246810.jpg
a0248662_22462675.jpg
a0248662_22465652.jpg

a0248662_22471345.jpg
a0248662_224730100.jpg
a0248662_22474653.jpg
a0248662_224813100.jpg

a0248662_22483042.jpg


Hさんのノートンドミネーター
フォークブッシュ、シール交換が終わったフロントフォークを三又に組み付け。
フォークチューブカバーを予め取り付けなければならないため、フォークの取り付けに少々苦戦。
フォーク取り付け、フロント、リアともにベアリング交換。
前後ともにホイール片側のベアリングはダブルローベアリング(ボールベアリングが複列になっているもいの)が使われ、フロント側はブレーキ側、リア側はスプロケット側(ドラム側)と負荷がかかるところに使われています。また、ダブルローベアリングが入る部分は鉄が鋳込んであり(アルミハブある)圧入っぷりも良い。非常に好感がもてます。
というわけで、ホイール周り取り付け。



a0248662_224927100.jpg
a0248662_22502744.jpg
a0248662_2251095.jpg

ノートンさんの車体周りの作業が終わり、持込のトライアンフのヘッドシートカット作業。









1946WR750

a0248662_22512852.jpg
a0248662_22514710.jpg
a0248662_22521871.jpg
a0248662_22523875.jpg
a0248662_22525135.jpg

a0248662_2256791.jpg

a0248662_22533696.jpg

a0248662_2254522.jpg

a0248662_22542869.jpg


MさんのWR
シャフトとギアが別々だった#2カムはシャフトを研磨し嵌め代調整、周り止めピンも製作し圧入。
新品ベアリングの内径調整しカムシャフト圧入。
ケースのベアリング圧入部は手スポなので、カムカバーとともに加工が必要でありますので、加工前準備作業です。
考えることが多い車両で、なんやかんや文章にしていたらキリが無いのでまた改めて詳しくお話します。






1964XLCH900&1979FXS1200

a0248662_2257334.jpg

a0248662_22575337.jpg
a0248662_22581930.jpg
a0248662_22583622.jpg


S君はOHが終わったアイアンの2回目オイル交換とマジ締め作業。
一通り終わり、ショベルのヘッド周りの計測作業。
IN側のガイドはガタが多かったので抜き取り。EX側は使うバルブを確認したうえで判断します。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-18 23:50 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 14日

1943WLC750 T/Mカンターシャフト取り付け、そして卒業

ちょっと前のお話ではありますが。今日はHさんのWLCギアボックスの組み立て作業のお話。
以前のお話でメインシャフトのチェックまで終わっていますので、カウンターシャフトから。

a0248662_2305296.jpg


a0248662_231776.jpg
a0248662_2312227.jpg
a0248662_2313595.jpg

WLのカウンターシャフトはキックシャフトも兼ねています。
そのため、カウンターシャフトの軸受けブッシュはキックシャフトの軸受けブッシュとなります。
Dスプロケット側のブッシュはスプロケットに“逃げ”のため、変わった形状のブッシュです。
そのため、真直ぐ入れる為の冶具を製作し圧入。


a0248662_2315048.jpg
a0248662_232397.jpg

シャフトを通し軽くラッピングしO.K。

a0248662_2321918.jpg

カウンターシャフトのニードルベアリングはライトサイド.114”、レフトサイド.152”とサイズが違うので混乱します。
ローラーサイズを変えクリアランス調整。


a0248662_2324175.jpg
a0248662_233038.jpg

レフトサイドには半周ごとギアと連結するキックチャットギアが付きます。
またカウンターシャフトはスプリングに押されているためスラスト調整不要。


a0248662_2334078.jpg
a0248662_2335456.jpg
a0248662_234742.jpg

メインシャフトとカウンターシャフト組み付け。
新品に交換したクラッチギアのスラストベアリングレースが厚すぎ、カウンターギアと干渉・・・。
残念ですがもともと付いていたものを使います。

a0248662_2373110.jpg


a0248662_2382210.jpg
a0248662_2383267.jpg

シフターフォーク取り付け、シフターギアとシフターカムの位置あわせをして取り付け。


a0248662_2384652.jpg

a0248662_2385920.jpg


ギアチェンジチェックしギアボックッス完成。


a0248662_239225.jpg

エンジン&ギアボックスをVMSでOHし、地元北海道で自ら組み付け。
完成したようです。
組み付け時になんやかんやトラブルがあったようですが、OH前よりもパワフルになったとのことで良かった良かった。

動画を送ってもらったのでアップします。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-14 11:06 | 1943WLC750 | Comments(0)
2017年 07月 02日

1946WR750 クランク分解作業・計測・考察

先日、エンジンOHで入学したMさんのWR。
エンジン腰下はWR、腰上はKモデルというもので、なんやかんや勉強・考察が必要です。


a0248662_7551485.jpg

a0248662_7553650.jpg

シリンダーをバラシた状態でコンロッド部のガタチェック。
フロント側(ナイフロッド側)は4mm以上の振れでガタガタ。
また、コンロッド自体のスラスト量、クランク自体のスラストも結構あります。

a0248662_756377.jpg
a0248662_7562173.jpg

分解するまでは、このエンジン本当にWR?とオーナーさんの疑念もありましたが、分解してみるとクランク軸受けベアリングがボールベアリングになっていますので、WRのものでしょう。
また、ドライブ側のオイルスリンガーも形状が違います。


a0248662_758593.jpg

a0248662_7573183.jpg
a0248662_757452.jpg

a0248662_7564533.jpg
a0248662_7565727.jpg

クランクケース分解。
両サイドボールベアリングですので、ケース分解に苦労すると思われましたがスンナリ抜けてしまいました。
クランクシャフトとベアリングの圧入が弱く手スポであります。
また、WLと違いベリングレースが入っていないので、レースの鍔部分が無く、スラストが量が多いようで通常入るクランクスラストワッシャーのほかにスペーサー的のものが入っていました。このあたりもなにゃかんや考える必要があります。



a0248662_824787.jpg
a0248662_83756.jpg
a0248662_832026.jpg

ケースさんを洗浄し、ベアリング抜き取り・計測。
分解時抜けかかっていたドライブ側のベアリングは簡単に抜けました。
ドライブ側、タイミング側共にケースとベアリングの嵌め代は少々弱め。
新品ベアリングの外径加工が必要になると思います。
また、シャフト側との圧入も弱いので新品シャフトを確認後検討します。
幸い、このベアリングはメートリックサイズで直ぐに手に入ります。良かった、良かった。


a0248662_833953.jpg

a0248662_841319.jpg

a0248662_843135.jpg

クランク分解
やはりガタが多かったビッグエンド・クランクピンはご臨終。


a0248662_845759.jpg

もともと付いていたクランクピンは1”のもの(画像左)でWL用のもの。
でWR用のものは1-1/4”のもので大きくなっています。(画像右)。
オーナーさんが所有していたWR用のクランクピン、コンロッドを使いたいのですが、なんやかんやあります。

a0248662_852470.jpg
a0248662_8514518.jpg

WL用とWR用コンロッド
随分肉抜きされているWR用のコンロッドはレース内径1-5/8”に対しWL用コンロッドレース内径は1-1/2”。
アイアンスポーツと近いサイズだが、ナイフ側ベアリングレースの長さがWRの方が短いです。
レースが駄目だったら、アイアンのレースを加工する必要があります。


a0248662_85402.jpg

コンロッドベアリングローラーもWL1/4”サイズからWR3/16”に。
よく使う3/16”径のローラーですがこちらもアイアンのローラーサイズが近いものの、SHORT側のローラー全長が短い。
このあたりもWR用のものが簡単に手に入らないと思われますので、ローラー加工が必要と思われます。
ともあれ、なんやかんやと調べて考えて行きます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-02 09:02 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 06月 10日

1943WLC750 T/Mメインシャフト

今日はHさんのWLCトランスミッションのお話。
前回クラッチギア周りのお話をしましたので、続きのメインシャフト周り調整組み立て。


a0248662_7312314.jpg
a0248662_731432.jpg
a0248662_7321853.jpg
a0248662_7324349.jpg
a0248662_733339.jpg
a0248662_7332476.jpg

メインシャフト1STギア、2NDギアブッシュは抜き取り工具を製作し、抜き取りシャフト径、ギア径にあわせブッシュ単品製作。オイル溝も作っています。

a0248662_7522041.jpg
a0248662_7524019.jpg

ギアに圧入し、縮まったブッシュ内径はホーニングしクリアランス調整し取り付け。



a0248662_7345099.jpg

a0248662_7373333.jpg

a0248662_735963.jpg

ライトサイドのメインシャフト軸受け部はT/Mカバーのレース部は楕円など無く良好でラッピングは無し。ローラーサイズで調整しクリアランス0.04mmに。



a0248662_7385989.jpg
a0248662_7393123.jpg



a0248662_7395688.jpg
a0248662_7401733.jpg

a0248662_741819.jpg

a0248662_7404465.jpg

クラッチギアにはクラッチプッシュロッドのシールと共に、スプリングが入り常にメインシャフトを押しシャフトに位置決めをします。そのためクラッチギアにはスラストベアリングが付き、クラッチギアベアリングレース側面はベアリングの受けになっています。
というわけで、シール・スプリングを取り付け。



a0248662_7415879.jpg
a0248662_7421932.jpg
a0248662_742365.jpg
a0248662_742559.jpg

メインシャフトを仮組みして、メインシャフトのスラスト量チェック調整。
シムの厚みを変え調整。


a0248662_7435798.jpg

また、1ST・2NDギアのスラスト調整。
画像では解りづらいですが2NDギアはケース側に付いているブラケットにより位置決めされます。
その上で2NDギアと1STギアの距離をシム調整します。

というわけでメインシャフト周りの調整ごと終わりであります。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-10 08:07 | 1943WLC750 | Comments(0)
2017年 06月 07日

平日の授業風景

1939EL1000

a0248662_9131690.jpg
a0248662_9134013.jpg
a0248662_9135698.jpg


Wさんのナックルヘッド。
オープンロッカー取り付け後、試乗をし問題なさそうであります。
車検準備をしつつ、旋盤突っ切りバイトを製作。
美容室経営のWさんは何処に向かっているのか?(笑)







1964XLCH900

a0248662_9141874.jpg
a0248662_914551.jpg
a0248662_915108.jpg
a0248662_915342.jpg
a0248662_9155987.jpg

a0248662_916141.jpg

a0248662_9163349.jpg

a0248662_9165681.jpg


Sくんのアイアンスポーツはシリンダー、シリンダーヘッド組みつけ。
ピストンは純正ピストンにWPC処理をしてシリンダーボーリング済み。
シリンダーは上面・下面ともに面研済み。
で純正ピストンのピストンリング、リングギャップ・クリアランスチェックしトルク管理し組み付け。
また、シリンダーヘッドとロッカーカバーもトルク管理し取り付け、シリンダーヘッドをマニホールドの角度を合わせ、トルク管理し取り付け。









1946WL750

a0248662_9171825.jpg
a0248662_9173836.jpg
a0248662_9175665.jpg

a0248662_9181393.jpg


a0248662_918318.jpg
a0248662_9184719.jpg
a0248662_919470.jpg
a0248662_9192042.jpg
a0248662_9195661.jpg


MさんのWLは部分修理で入学。
今回はロッカーアームのガタ、フロントブレーキ周りのガタの改善。
フロントホイールをとり、Fブレーキパネルチェック。
シャンクルバーブッシュとスタッドはえらくガタガタ・・・。ですがパネル自体が状態が悪く、シャンクルスタッド部の曲がりやパネルの穴あきもあったので、パネルは良品に交換するということで次回。
ロッカーアームはシャフトの減りは少なかったもののブッシュ側は大きいところでクリアランス0.5mm~0.6mmとガタが大分あるので交換。
ブッシュ抜き取りロッカーブッシュホール内径計測。楕円や広がっているもの無く、STDサイズのブッシュでいけます。良かった。
ここは車両重量がかかるところなので、酷いものは楕円になりつつ広がり、加工が大変なことになります。
というわけで、新しいブッシュ圧入し取り付け。
というわけで今回はここまで次回、パネル入手後にブレーキ周り、フォーク周りをやります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-07 09:38 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 22日

1943WLC750 T/Mクラッチギア周り

今日はHさんのWLのトランスミッション、クラッチギア周りまとめブログです。

a0248662_8161469.jpg

まずはクラッチギアブッシュ抜き取り計測。
クラッチギアブッシュはリプレイス品が使えそうなので、単品製作せずに使います。


a0248662_817679.jpg
a0248662_8172115.jpg

a0248662_8174529.jpg

とわいうものの、内径はシャフトよりも小さめに作られているので、専用生爪にブッシュを銜え内径拡大。クラッチギアに圧入し縮む分も考え、シャフトに対し0.05mmのクリアランスに。



a0248662_8181659.jpg

a0248662_8212015.jpg
a0248662_8213651.jpg

クラッチギアにブッシュ圧入。
シャフトとブッシュのクリアランスは良いがメインシャフトクラッチギア摺動部が一部段磨耗していましたので、旋盤に銜え研磨し、ガタなく入るように。

a0248662_823521.jpg
a0248662_824325.jpg

a0248662_8243233.jpg

こちらはクラッチギアのベアリングレース。
スラスト側に虫食いがあったレースは新品に交換。
もともとのレース抜き取り、計測。
新品レースとの嵌め代は0.05mmで良好。圧入しレース内径は役0.02mm程度縮む。

a0248662_8244844.jpg
a0248662_8245930.jpg

クラッチギアベアリングレースラッピング工具は市販されていなかったので製作しました。
詳しくはこちらへ



a0248662_8251569.jpg

a0248662_8255788.jpg

a0248662_8253368.jpg
a0248662_8262080.jpg

ベアリングレースラッピング。
ラッピングし0.02mm程度内径拡大し、新品STDローラーを入れクリアランス0.03mmに。
というわけでクラッチギア周りO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-22 08:46 | 1943WLC750 | Comments(0)
2017年 05月 04日

水曜日の授業風景



1973XLCH1000

a0248662_9213974.jpg
a0248662_9215460.jpg
a0248662_92282.jpg
a0248662_9222059.jpg
a0248662_9223826.jpg
a0248662_9225139.jpg
a0248662_923510.jpg

a0248662_9565027.jpg

a0248662_9231872.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
先日スプロケットベアリングを取り付け、スラストチェック終わってますので、ドライブ側、タイミング側両ケースを合わせ、ピニオンシャフトベアリングレースラッピング。
ケースボルトのネジ修正を行い組みつけ。物によってはケースボルトの入りっぷりが悪く出し入れにストレスを感じるものがありますは、こいつはすんなり入ってくれました。
ピニオンベアリングレースラッピングし錆が酷く感じられたレースですが問題無し。
オーバーサイズローラーでクリアランス調整しカムギア、ピニオンシャフト、ピニオンギアを組み回りっぷりチェックし問題なし。
タイミングギア周りのチェックが終わり、コンロッド側へ。
コンロッドベアリングレースはR側レースは最終段階まで広がっていまして、F側は深い虫食いがありましたので、レース交換することに。
レース抜き取り、嵌め代チェック後、新しいベアリングレースを圧入。
ここは嵌め代が多いのでその分、レース交換するとラッピングする量が多いです。
次回、地獄のラッピング作業。








HONDA Chaly

a0248662_9235167.jpg


WLエンジンをオーバーホール中のMさんでありますが、今日はシャリーさんの配線引き直し作業。
日本車をいじるときは和の心持で正座で作業しています。
無事、引き直し作業終わり帰っていきました。










1943WLC750

a0248662_9241393.jpg

a0248662_9243126.jpg


北海道から5日連続でお越しだったHさんのWLC
ミッションの組み立て作業が終わり、梱包し北海道へ発送。
これで、エンジン、ミッションとOH終了。組み直したエンジンがどう変わるか、楽しみですね。
Hさんお疲れ様でした。
またいつでもご連絡ください。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-04 09:55 | その他 | Comments(0)