Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BSA ( 113 ) タグの人気記事


2016年 07月 31日

土曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_1372493.jpg
a0248662_1374094.jpg
a0248662_1375214.jpg
a0248662_138295.jpg

a0248662_1381738.jpg
a0248662_138444.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
リアブレーキペダルブッシュ交換、マスターシリンダー清掃作業終わり、リアキャリパー取り付け。
このリアキャリパー、フローティングマウントボルト部分とナットの部分が非常にガタガタでありました。
私はここまで悪いのは初めてで、何をやったらここまで駄目になるのかしら?
というわけで、駄目もとでスリーブ加工、オーバーサイズナットを製作し取り付け。







1968BSA A65

a0248662_139593.jpg

a0248662_1403679.jpg

a0248662_1412647.jpg


NさんのBSA
外注から上がってきた塗装部品をなんやかんや仕分け後、ブレーキ周りの組み付け。
ライニング張替えをしたブレーキシューを取り付け、あたりっぷりチェック&調整。





1970XLH900

a0248662_1414987.jpg
a0248662_142376.jpg


Tさんのアイアンスポーツはクランク組み付け。クランク芯だし開始。
とりあえず左右シャフトで0.02mmづつの振れまで来ました。次回もうちょっと詰めて終われるか。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-31 02:02 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 23日

金曜日なんやかんやと


1978XLH1000

a0248662_92311100.jpg
a0248662_9232232.jpg
a0248662_9233445.jpg
a0248662_9234659.jpg
a0248662_92404.jpg

修理依頼のアイアンスポーツ。
オーナー様に言われていたコントロールボックスの配線周り手直し。
取り回しが悪かったマイナス側のバッテリーケーブル作り直し。
前後タイヤ交換後、雨が止むのを待ち試乗。








1968BSA A65

a0248662_9242737.jpg
a0248662_9244473.jpg

a0248662_9251513.jpg
a0248662_9253217.jpg
a0248662_9255586.jpg
a0248662_9262289.jpg
a0248662_9264584.jpg
a0248662_9265814.jpg

NさんのBSA、ギアボックスハイギアブッシュ製作。
BSAは2連ブッシュでシャフトを受けます。ハーレーやトラの一本ものの長いブッシュを作るより気楽です。
外径はギアに対し嵌め代を考え、内径はシャフト径+圧入し縮む分を考え寸法を決め製作。
毎回でありますが、嵌め代に対しブッシュがどれぐらい縮むか、ブッシュの厚みなどにより代わりので難しいです。
というわけでブッシュ圧入。プライマリーのシールの受けになりますので先端側のブッシュは13mm程度だしておきます。
圧入後計測。片側はシャフトに対し0.03mmのクリアランスでO.K。片側はシャフトに対しクリアランスほぼ0。計算通りいかんな。
というわけで専用ラッピングロッドを製作。こいつで帳尻あわせします。









1976FX1200

a0248662_9271971.jpg
a0248662_9273461.jpg

a0248662_9275096.jpg

a0248662_928993.jpg

a0248662_9282482.jpg

a0248662_9283814.jpg

a0248662_9285294.jpg


こちらはK君のショベルヘッド。
虫食いが多かったピニオンシャフトベアリングレースはラッピングし虫食いを取りきり、MAXオーバーサイズのローラー(.002”o.s)を使い適正クリアランスのサイズに。
しかしながら、ピニオンシャフトブッシュリーマー冶具(JIMS製)がレースが大きくなりすぎて使えrません。
この冶具はテーパーになっていて先端部と末端部で0.1mm程度サイズが違い、大きさの違うレースに対応できるようになっています。がここまで大きくなったレースに対応していませんでした。
というわけで冶具製作。
元の冶具の寸法を目安に角度計算しテーパーの角度選定。最近はネットで計算式がすぐに出るので楽チンですね。
まず、リーマーが通る部分の穴径をぴったりに出し、冶具の外径を最大値で切削。
刃物代の角度を変え(線一本分)テーパーに加工。先端部44.52mm、末端部44.64mmというサイズに。
リーマー径ぴったりにしておいた穴部はホーニングし仕上げ出来上がり。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-23 09:56 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 18日

日曜日の授業風景

1968BSA A65

a0248662_22414188.jpg
a0248662_22415563.jpg
a0248662_22422083.jpg

a0248662_22435815.jpg

a0248662_22451780.jpg

a0248662_22441773.jpg
a0248662_22442735.jpg

NさんのBSAはトランスミッションの構造を理解し、分解各部チェック。
ハイギアブッシュはシャフトに対し0.1mm以上ガタがあったのでブッシュ交換。ブッシュは製作します。
メインシャフト3rdギア、レイシャフト2ndギアのガタ良好。またそれぞれのスラスト量も0.01mm程度でo.k
レイシャフト1stギアブッシュのクリアランスも0.05mmでo.k
予め内径外径加工しておいたバルブガイド圧入。








1976XLCH1000

a0248662_2246139.jpg
a0248662_22461835.jpg
a0248662_22462954.jpg

Zくんのアイアンスポーツはマフラー取り付けで二転三転。
ヘッド側、サイレンサー側の2点留めではなく、エキパイもマウントするべくステー考察。
Fサイレンサーステー曲げ、サイレンサーとエキパイの入りが悪い為、エキパイを削ったり。






1979FXE1200

a0248662_22472318.jpg

新入生EさんのショベルFXE。
試乗させてもらいましたが状態は悪くないので、プライマリー周りを中心に、部分修理、調整、メンテナンスという感じでやって行きます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-18 01:17 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 17日

土曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_1414718.jpg

a0248662_1423264.jpg
a0248662_1424744.jpg
a0248662_143973.jpg
a0248662_143231.jpg

クランク、クランクケースともに内燃機屋さんから上がってきたNさんのBSA。
コンロッドナット、フライホイールボルトを規定トルクで締め付け、スラッジチューブナット取り付け。
ドライブ側のクランクシャフトベアリングレースを取り付け、クランク側にダミーベアリングを取り付け、クランク仮組みして、クランクのスラスト量チェック。
シム調整し0.05mmのスラスト量に。





1970XLH900

a0248662_150491.jpg

a0248662_1443416.jpg

a0248662_1513138.jpg

a0248662_1445216.jpg
a0248662_1451177.jpg
a0248662_1452491.jpg

a0248662_1454270.jpg
a0248662_1455468.jpg

Tさんのアイアンスポーツは製作したキックシャフトブッシュ、キックラチェットギアブッシュを圧入しホーニングしクリアランス調整。
抜けやすいキックラチェットギアは光明丹をつけあたりっぷりチェックし、クラッチスプロケット、クラッチハブ、キッククランクギア、ラチェエットギアを仮組みし作動チェック。
クラッチスプロケットスペーサーの長さやキックシャフトの曲がりなど問題多し。






1973XLH1000


a0248662_146168.jpg

a0248662_1482014.jpg

a0248662_1492941.jpg

Iさんのアイアンスポーツはコンロッドビッグエンドベアリングレースに続き、虫食っていたピニオンシャフトベアリングレースのラッピング作業。
がんばってラッピングしたもの虫食いは取りきれず・・・・。ベアリングレース交換ということになります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-17 02:14 | その他 | Comments(0)
2016年 06月 14日

週末の授業風景


1980XLH1000

a0248662_23391246.jpg

a0248662_23393712.jpg
a0248662_23394776.jpg

a0248662_23401627.jpg
a0248662_2340327.jpg
a0248662_23404812.jpg
a0248662_23411114.jpg
a0248662_23414856.jpg
a0248662_23415826.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
プライマリーチェーンアジャスタースタッドの受け部分が割れてしまっていたプライマリーカバーは交換。
新たなプライマリーカバーにはシフターブッシュが入っていなかったためブッシュシフターブッシュ製作。
リアブレーキのマスターシリンダー分解・清掃。ブレーキペダルブッシュも随分ガタがあったのでブッシュ製作。







1968BSA A65

a0248662_23425044.jpg

a0248662_23431068.jpg

a0248662_23434419.jpg

a0248662_2344410.jpg

a0248662_23441311.jpg


a0248662_23444390.jpg
a0248662_2345167.jpg
a0248662_23451342.jpg

NさんのBSA。
まずフロントホイールリム組み後振れ取り。振れっぷりは1mm以内といったところ。
片側のダンパーチューブが錆付き動いていなかったフロントフォーク周り。
パーツがでなっかったダンパーチューブロッドは製作。
新品ダンパーチューブは元々付いていたダンパーと見栄えが変わらず。
ダンパーチューブ内でダンパーバルブの動きが悪いため、ホーミングし組み付け。








1970XLH900

a0248662_23485665.jpg
a0248662_2349752.jpg

a0248662_2349392.jpg
a0248662_23495114.jpg

a0248662_23501211.jpg
a0248662_23502530.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
ガタが多かった#2カムブッシュ製作。
ダウエルピン穴を加工し圧入し、カムカバーとケースをあわせラインを出しラッピング。
4つのカムが手で回しちゃんと動くことを確認後、カムギアのスラスト調整。





1975XLH1000

a0248662_23518100.jpg

a0248662_23532594.jpg

a0248662_23513451.jpg


卒業生Oさんのアイアンスポーツ。
先日スペシャルなスターターラチェットギアスプリングを付け、ギア抜け問題が解消したと思われたのですが、まだ抜けるようです。
クラッチスプロケットについているスタータークラッチギアとラチェットギアの噛みっぷりチェック。
問題点は2つで、スタータークラッチギアが減りあたり面が斜めになっていると。
スタータークラッチギアとラチェットギアの9つのギアが均等にあたっていない。
光明丹を付け、それぞれのギアのあたり方をチャックしつつギアを削る。
仮組みし、今のところ抜けなく問題なし。







1937EL1200

a0248662_23542823.jpg
a0248662_23543931.jpg

Wさんは2基目のナックルヘッドのエンジン持込。
シリンダー周りの清掃後計測。また新たなドラマが始まります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-14 00:25 | その他 | Comments(0)
2016年 04月 30日

金曜日なんやかんやと

ゴールデンウィークが始まった金曜日。
スクールがお休みの金曜日は相変わらず溜まっている製作物を。


お知らせ
明日4月30日(土)は親戚の結婚式出席のためお休みさせて頂きます。
5月1日から通常営業です。




WL CAM BUSH LAPROD

a0248662_1342988.jpg

a0248662_1145914.jpg

a0248662_1151258.jpg


まずはWLのカムブッシュ、#1カム、#3、#4カム用のラッピングロッド製作。



BSA A65 VALVE GUIDE

a0248662_1153776.jpg
a0248662_1155117.jpg

a0248662_116490.jpg


こちらはBSA A65用のバルブガイドの前加工。
KPMI製のオーバーサイズバルブガイドの外径をヘッド側バルブガイドホールにあわせ+嵌め代分のサイズまで研磨。IN、EXそれぞれ適正外径に。
外径加工後、専用生爪に銜え小さめに作られているガイド穴を使うバルブステムに合わせ+クリアランス分までリーミング。
アルミ青銅で作られているこのガイドは粘り固いため、0.01mmづつリーまーサイズを大きくしていき切って伊いきます。



TRUMPH GEARBOX HIGH GEAR BUSH

a0248662_1162732.jpg
a0248662_1164489.jpg

a0248662_131283.jpg

a0248662_116581.jpg

a0248662_117918.jpg


トライアンフのギアボックスハイギアブッシュ製作。
長く片肉が薄いハイギアブッシュの製作は面倒であります。
トラのハイギアブッシュは一本ものでありますが、実際の摺動面は両端40mm程度で真ん中はシャフトに当たらないように段つきになっています。
ブッシュのサイズを出した後に段つき加工。螺旋オイル溝切り。
クラッチ側にはオイルが行かないようにオイル溝を止めてあります。



1978FXS1200

a0248662_1232782.jpg
a0248662_1234279.jpg

Sさんのショベルヘッド。
冷間時にクラッチのジャダーがでていたので前回調整をこころみたものの、変化無し。
温まったらジャダーが収まるので、もともと付いていたアルミ製のプレッシャープレートが悪さをしていると考え、純正タイプ、スチールのプレッシャープレートに交換。
ついでにスチールプレート、フリクッションプレートも一新。
というわけでジャターも無事収まりました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-30 02:00 | その他 | Comments(0)
2016年 04月 11日

日曜日の授業風景

a0248662_7581351.jpg





1971 BSA A65

a0248662_758343.jpg
a0248662_7585430.jpg
a0248662_80445.jpg

a0248662_803174.jpg


TさんのBSA
エンジン腰下の組み付け作業が終わり、フレームにエンジンを乗せます。
乗せる前にFブレーキのチェックをし、ケーブル取り付け。(ケーブルの長さは後から調整)
フレームとエンジンマウント周りは以前に仮組みしてあるので、すんなり取り付け。
プライマリー周り取り付け開始。









1976XLCH1000

a0248662_805528.jpg

a0248662_81978.jpg

a0248662_814035.jpg


Z君のアイアンスポーツはオイルタンクマウントステー製作。
ロワー側のステーを曲げたり、高さを変えたりしつつ、タンク位置を決めアッパー側のステー製作。
こうゆう作業が結構時間がかかります。








1955FL1200

a0248662_841276.jpg
a0248662_842338.jpg

a0248662_843485.jpg
a0248662_844465.jpg

a0248662_845998.jpg
a0248662_851071.jpg


Yさんのパンヘッドは垂直冶具を使いスプロケットシャフトベアリング取り付け。
クランクを組む前に冶具を使いスラスト量チェック、調整。
クランクとケースを仮組みして回りっぷりチェック。
問題なく、タイミングギア周りも仮組みして回りっぷりチェックし問題なし。
次回クランク本組み、オイルポンプチェックです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-11 08:20 | その他 | Comments(1)
2016年 04月 10日

土曜の授業風景


1980XLH1000

a0248662_834375.jpg

a0248662_8345428.jpg

a0248662_8351162.jpg

a0248662_8354657.jpg

a0248662_8361218.jpg

Iさんのアイアンスポーツ
社外のシリンダーのため、ベースナットにメガネレンチが入らない(シリンダーに干渉する)ため、スパナタイプのアダプターを使いトルク管理して、取り付け。
シリンダーヘッドもインテークマニホールドの角度を合わせトルク管理し取り付け。
ヘッドとフレームのマウントステー取り付け。
このタイプにステーは大体、加工が必要です。







1968BSA A65

a0248662_8364570.jpg

a0248662_8382044.jpg

a0248662_8371150.jpg
a0248662_8372129.jpg

NさんのBSA
車体周りの細かなパーツを取り外し、塗装準備。








TRUMPH T140 RICKMAN

a0248662_8385220.jpg

a0248662_839955.jpg

Oさんのトライアンフは配線作業が終わり、無事帰っていきました。







1965TRUMPH TR6

a0248662_8393981.jpg
a0248662_8395648.jpg

a0248662_8402635.jpg
a0248662_8403519.jpg

Eさんのトライアンフ。
ホイール、フォーク、ブレーキ周りの分解・チェック。
16”のリムがついていたRホイールは分解し、リム交換します。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-10 08:53 | その他 | Comments(0)
2016年 04月 03日

土・日曜日の授業風景。


1971 BSA A65

a0248662_2032439.jpg

a0248662_203321.jpg
a0248662_20331260.jpg
a0248662_2034140.jpg

a0248662_2034173.jpg

a0248662_20343298.jpg

2日連続で登場のTさんのBSA。
ギアボックスの組み立てが終わり、タイミングギア回り組み付け。
まずオイルポンプから。
オイルの流れを確認し、チェックバルブ取り付け、規定トルクでナットを締め付け取り付け。
オイルポンプウオームギア・ピニオンギアを規定トルクで締め付け。カムギア・アイドラギアを取り付け。
ホースを取り付け、オイルを入れ流れっぷりチェック。

a0248662_20345329.jpg

a0248662_20352456.jpg

キックギア回り組み付け。
ぼろぼろになっていたラチェットギアは新品に交換。
キックギアシャフトはカバー側にあらかじめシャフトとリターンスプリングを取り付けておき、カバーごとつけると、やりやすい。


a0248662_20354236.jpg

a0248662_2036219.jpg

a0248662_2036199.jpg

a0248662_20363848.jpg

ギアチェンジ・シフト周り組み立て。
新品のリターンスプリングはストッププレートのL字のアームとの当たりっぷりが悪く、ギアシフトの戻りが悪くなる。もともとついていたスプリングは問題なしでこっちを使います。
というわけで、エンジン腰した周りが終わったので、フレームに乗っけます。








1970XLH900

a0248662_20374122.jpg

a0248662_20375932.jpg

a0248662_20381463.jpg

a0248662_20383037.jpg


a0248662_20392489.jpg

a0248662_20393830.jpg

a0248662_20395472.jpg

Tさんのアイアンスポーツはケース周りの修正ごと。
まずスプロケットシャフトベアリングを専用工具で抜き取り。
ぶっ壊れると面倒なプライマリー側のワンウェイバルブは抜き取りメクラボルトを作ります。
いつも外すのに苦労するワンウェイバルブは今回は無事抜けました。
でねじ周りをタップダイスをたて修正。駄目な部分のねじ穴チェック。
プライマリードレン、オイルポンプスタッド穴、タペットガイドマウントボルト穴、タイミングホールなどなどヘリサート加工が必要な部分が盛りたくさんです。







TRUMPH T140 RICKMAN

a0248662_20402960.jpg

a0248662_2041025.jpg

a0248662_20404357.jpg

Oさんのトライアンフは引き続き配線作業。
カウル周りの配線は独立してまとめ、コネクターで本体と連結するようにし、シートカウル周りの作業で終わり。次回、点灯チェックし配線をまとめます。








1968BSA A65

a0248662_20414380.jpg

a0248662_20425024.jpg

a0248662_2043630.jpg

前回タイミングギア周りのブッシュ交換をしたNさんのBSA。
まずはカムブッシュ。
前回ラインリーミング加工したものの、カムシャフトの動きが渋いため、ラッピングロッドを製作し、ラッピング。
スルスル動くように。


a0248662_20432165.jpg

a0248662_20434088.jpg

a0248662_2044043.jpg

a0248662_20441471.jpg

a0248662_20442856.jpg

a0248662_2045883.jpg

a0248662_20452551.jpg

a0248662_20454975.jpg

アイドラギアブッシュリーミング。
元々小さめ作られていたアイドラブッシュは圧入したらシャフトが入りません。
まず片側のブッシュを垂直冶具を使いリーミングし、ケースとカバーをあわせラインンリーミング。
ガスケットを取り付け、アイドラギア取り付け、スラストがまったくなくギアが動きません。
新品ブッシュの鍔部分が厚すぎです。
というわけでブッシュ鍔部分を面研しスラスト調整。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-04-03 21:21 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 31日

なんやかんや製作もの。

今日は生徒さんがお休みDAYだったので、こーゆー日に出来ることを。


a0248662_151093.jpg

a0248662_1511295.jpg

まずは55年~65年のFL、クランクケースレフトサイドベアリングレースの圧入工具製作。
JIMS製の工具が使えるようにしました。


a0248662_1515137.jpg

a0248662_152494.jpg

こちらはBSA A65用のカムブッシュラッピングロッド製作。
前回、カムブッシュ圧入、リーミング加工したNさんのBSAですが、カムの周りが渋かったので次回、こいつで少々ラッピング。



a0248662_1523245.jpg
a0248662_1524390.jpg

こちらもBSA A65
コンロッド小端部にあわせ、圧入代を考え外径を決め、内径は使うピストンピンにあわせスモールエンドブッシュ製作。




a0248662_153327.jpg

a0248662_2142215.jpg

でこちらもBSA A65のスイングアームブッシュ(サイレントブロック)の抜き取り、圧入工具製作。

a0248662_1532414.jpg

a0248662_1535267.jpg

この年代のBSAはサイレントブロック(ラバーブッシュ)が使われています。
内筒と外筒の間にラバーが圧入(加硫接着?)されています。潤滑が必要無く、ゴムがへたるまで使えるのでハーレーのテーパーベアリングのものより、よっぽど持つでしょう。


a0248662_1543245.jpg

a0248662_155054.jpg

a0248662_1544728.jpg

というわけで、抜き取り。このブッシュを抜き取るのは初めてです。
とりあえず外筒を押してみる。これで左右もろとも抜けてくれらば良いのだが、ゴゴッと少し動いてからそれ以上動かない。これは中に何かありますな。
ということで、内筒を押し抜き取りゴムを剥がす。やはりスイングアーム内側は段つきになっています。
外輪に内爪をかけプレスで押し抜き取り。
交換してはいけなかったのかしら、と思わせるぐらい面倒でありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-31 02:37 | その他 | Comments(0)