Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BSA ( 104 ) タグの人気記事


2016年 03月 31日

なんやかんや製作もの。

今日は生徒さんがお休みDAYだったので、こーゆー日に出来ることを。


a0248662_151093.jpg

a0248662_1511295.jpg

まずは55年~65年のFL、クランクケースレフトサイドベアリングレースの圧入工具製作。
JIMS製の工具が使えるようにしました。


a0248662_1515137.jpg

a0248662_152494.jpg

こちらはBSA A65用のカムブッシュラッピングロッド製作。
前回、カムブッシュ圧入、リーミング加工したNさんのBSAですが、カムの周りが渋かったので次回、こいつで少々ラッピング。



a0248662_1523245.jpg
a0248662_1524390.jpg

こちらもBSA A65
コンロッド小端部にあわせ、圧入代を考え外径を決め、内径は使うピストンピンにあわせスモールエンドブッシュ製作。




a0248662_153327.jpg

a0248662_2142215.jpg

でこちらもBSA A65のスイングアームブッシュ(サイレントブロック)の抜き取り、圧入工具製作。

a0248662_1532414.jpg

a0248662_1535267.jpg

この年代のBSAはサイレントブロック(ラバーブッシュ)が使われています。
内筒と外筒の間にラバーが圧入(加硫接着?)されています。潤滑が必要無く、ゴムがへたるまで使えるのでハーレーのテーパーベアリングのものより、よっぽど持つでしょう。


a0248662_1543245.jpg

a0248662_155054.jpg

a0248662_1544728.jpg

というわけで、抜き取り。このブッシュを抜き取るのは初めてです。
とりあえず外筒を押してみる。これで左右もろとも抜けてくれらば良いのだが、ゴゴッと少し動いてからそれ以上動かない。これは中に何かありますな。
ということで、内筒を押し抜き取りゴムを剥がす。やはりスイングアーム内側は段つきになっています。
外輪に内爪をかけプレスで押し抜き取り。
交換してはいけなかったのかしら、と思わせるぐらい面倒でありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-31 02:37 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 28日

日曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_0332962.jpg

a0248662_0335763.jpg

TさんのBSAは本組み作業。
ガスケットを塗りケースを閉じたですが、本組みしたらカムシャフトの回りが少々渋くなりました。
クランク上部のケーススタッドのナットを締め付けると渋くなるようです。仮組みの際に閉めっぷりが弱かったのか・・・。とにかく一回バラし、ラッピングし直し。


a0248662_0353100.jpg

a0248662_0354311.jpg

a0248662_0361329.jpg

a0248662_0364635.jpg

ミッション本組み。
こちらも以前に仮組みしたのですが、本組みするとメインシャフトの周りが渋くなりました。
圧入されているメインシャフトローギアの圧入っぷりが悪く、ベアリングカバープレートを本締めするとメインシャフトがハイギアを押し周りが悪くなっていたようです。こちらも仮組みのときにベアリングカバープレートナットの締め付けが弱かったのでしょう。
ローギアの圧入をしなおし、3rdギアとのスラスト量をチェックし組み付け。






1968BSA A65

a0248662_038452.jpg

a0248662_039291.jpg

前回カムブッシュを交換したNさんのBSA。
圧入しラインリーミングしたものの、カムシャフトを入れると動きが渋いです。
専用ラッピングロッドを作って次回ラッピング予定。


a0248662_03928100.jpg

アイドラギアブッシュ交換。
ブッシュ抜き取り後、ケース側ホール計測。楕円傷などなく、リプロブッシュが使えます。

a0248662_0394323.jpg

a0248662_0395650.jpg

ケース側のブッシュ圧入。

a0248662_0401977.jpg

a0248662_0403398.jpg

a0248662_0404676.jpg

カバー側のブッシュは座面部の逃がし加工がされてうなかったので、逃がしをつくり、オイル穴も開け圧入。
次回リーミング。


a0248662_041726.jpg

コンロッドスモールエンドブッシュ抜き取り計測。
コンロッド側の穴は楕円、傷なく問題ないですが、新品ブッシュは圧入代が少なく使えなそうです・・・。
スモールエンドブッシュは製作します。








1974XLH1000

a0248662_0414294.jpg

先日から引き続き、Kさんのアイアンスポーツはヘッド周りの作業。
ガイド圧入後、リーマーを通しバルブシートすり合わせ。

a0248662_0421142.jpg

a0248662_0422847.jpg

IN・EXともにカットは必要なく擦り合わせだけでO.K。


a0248662_043358.jpg

a0248662_0431660.jpg
a0248662_0432653.jpg

仕上げのホーニング作業後、インナーバルブスプリングを組みアウタースプリングの取り付け長計測。

a0248662_0434855.jpg

a0248662_044528.jpg

シム調整を取り付け長をあわせ本組み。
腰上O/HのKさんのVMSでの作業はここまで。後はご自宅で本組みするそうです。
Kさんお疲れ様でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-28 01:24 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 14日

日曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_0425447.jpg

a0248662_043911.jpg
a0248662_043193.jpg
a0248662_0435097.jpg

TさんのBSAはクランク、タイミングギア周り、ミッションの仮組み、作動チェックが終わり、本組みです。
本組みする前にフレームに乗せ、マウントプレートの位置チェックと、エンジン下部分のマウントボルトのシム調整。
ギアボックススプロケト、シール周りを取り付けクランクケース本組み・・・なのですが仮組みして作動チェックしたカムシャフトの動きが渋くなる・・・なぜかしら・・・ともあれ分解してもう一度チェック。






1968BSA A65

a0248662_045365.jpg
a0248662_0455075.jpg
a0248662_046115.jpg
a0248662_046187.jpg
a0248662_046309.jpg
a0248662_046411.jpg
a0248662_0465660.jpg

NさんのBSAは午前中、トラヴィスさんからたくさん来たパーツ周りをチェック。日頃やらないパーツに混乱。
でケースを内燃機屋さんに出す前にカムブッシュ周りの作業。
まず2連で付くタイミング側ケースのブッシュケース側のブッシュホールに圧入代を合わすためブッシュ外径研磨語ブッシュ圧入。
ドライブ側ケースのブッシュはオイル穴を開け圧入。ケースをあわせラインリーミング。







1992長江


a0248662_0471573.jpg

a0248662_0474470.jpg
a0248662_0475410.jpg

Hさんの長江。
分解時、固着が酷くドリルでもんで抜き取ったボルトの荒れた座面部分をエンドミルで座面を作り、シール周りを取り付けタイミングカバー取り付け。
クラッチハウジングでもあるフライホイールを取り付け、エンジン周り大分出来てきました。






a0248662_0482711.jpg

a0248662_0483947.jpg

今日は卒業生が遊びに来る日でありました。
アイアンスポーツの二人はこのくそ寒い日も元気に走っています。




a0248662_0494384.jpg

a0248662_0504383.jpg
a0248662_0505572.jpg

こちらは卒業生Oさんが最近購入したAJS BIGPORT 350 1925年あたりの車両かしら。
私も乗らせてもらい、初AJSでしたが350ccのわりにトルクフルなエンジンで非常に扱いやすい。
3速ミッション特有のの2から3の離れっぷりは中途半端な速度域では気を使うものの非常に乗りやすい車両でした。F21R20インチの乗り味は面白いですね。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-14 01:34 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 05日

土曜日の授業風景

1968BSA A65

a0248662_19543131.jpg
a0248662_19545012.jpg
a0248662_1955231.jpg

a0248662_2012450.jpg

NさんのBSA。
螺子穴が終了していたスカベンジカバースタッドの穴はウエルド君で穴埋め。
盛り上げた部分をある程度修正し、タイミング側クランクシャフト軸受けブッシュの加工もあるので内燃機屋さんへ。

a0248662_19552550.jpg
a0248662_19553671.jpg
a0248662_19555238.jpg

で車体周りの作業。
片側は錆で一体化して使い物にならないフロントフォークダンパーチューブ。
栗先輩に色々調べてもらい、ロッド以外はパーツが出ることが判明。生きていろバンパーチューブを参考にロッド製作します。







1970XLH900

a0248662_1957443.jpg
a0248662_19571681.jpg

Tさんのアイアンスポーツはエンジンクランク周り分解。

a0248662_1957382.jpg

a0248662_1958268.jpg

a0248662_19582856.jpg

オイルポンプボディーは酷い傷なく良好。
タイミングホールは素晴らしくやられています。これはヘリサートじゃ駄目かもな。

a0248662_19585385.jpg

a0248662_1959548.jpg

クランク分解。
大分ガタがあったコンロッドのガタ計測。
フロント3mm、リア1mm ビッグエンドのクリアランスは0.1mm近くあるでしょう。

a0248662_19592671.jpg

その後清掃作業。





1971・1976FX1200

a0248662_19594461.jpg

熊本のKさん、バクサンのカバンに夢と希望を詰め込み2度目の来VMS。

a0248662_200642.jpg

a0248662_2002118.jpg

2台分コンロッド・スモールエンドブッシュ交換。
ブッシュ抜き取りコンロッド側のブッシュホール計測。
どちらとも楕円無く良好。
少々ホーニングし、圧入時にブッシュが毟れないようにC面加工。

a0248662_200443.jpg

a0248662_201636.jpg

圧入しリーマー加工。

a0248662_2013727.jpg

リーマー通し後、ピストンピンの入りっぷりが少々渋い。
リーマーが消耗してきたか?

a0248662_2015574.jpg
a0248662_20246.jpg

ホーニングし帳尻合わせをし、ピンに対しクリアランス0.03mmに。
コンロッドベアリングレース・ピニオンベアリングレースラッピング作業です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-03-05 22:55 | その他 | Comments(0)
2016年 02月 29日

日曜日の授業風景

今日はBSA A65DAY ねじ周な一日でした。



1971BSA A65


a0248662_8412374.jpg

a0248662_8414035.jpg

a0248662_842062.jpg
a0248662_8421174.jpg
a0248662_8422256.jpg

久しぶりに登場のTさんのBSA
まずはクラッチセンターのリテーニングプレートのねじ山ヘリサート。
溶接されていたクラッチスリーブは新品にしてクラッチ周り仮組みして、チェーンホイールのスラストチェック。

a0248662_914776.jpg

a0248662_8424182.jpg

a0248662_8425964.jpg
a0248662_843995.jpg
a0248662_8432364.jpg
a0248662_8433472.jpg

こちらはカムプレート・プランジャープラグ部分のねじ山修正。
信用できる面がないケースをどうにか斜めにセットして、穴部分の垂直をだす。
下穴を開け、ヘリサートタップでねじ切り、座面を出し、コイル注入。
うまくいって一安心。





1968BSA A65

a0248662_8443799.jpg

a0248662_8444883.jpg
a0248662_845572.jpg

a0248662_8452563.jpg

a0248662_84619.jpg

a0248662_8461478.jpg

a0248662_8462690.jpg

NさんのBSA、こちらもケース周りの螺子修正。
スカベンジカバーのスタッドは中折れしたボルトを残したまま位置をずらし、メートリックのスタッドボルトをぶち込まれていました。中折れしていたスタッドを削り取り、次回穴埋めしてねじ山を作ります。
先ほどの70年代のBSAはケース周りの螺子穴がアメリカインチに対し60年代のこちらはイギリスインチ。
タイミングカバー側・プライマリーカバー側のねじ山はBSC。ケースボルトのねじ山はBSF。以前にメートリックをぶち込まれているところもある。
という感じで混乱しつつ、ひとつひとつ螺子を確認しながら螺子修正な一日でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-29 09:18 | その他 | Comments(0)
2016年 02月 21日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_2230646.jpg
a0248662_223124.jpg

a0248662_22312994.jpg
a0248662_22314078.jpg
a0248662_22315227.jpg
a0248662_2232453.jpg

Iさんのアイアンスポーツ。
エンジン腰下の本組み作業が終わり、フレームにエンジンを乗っけます。
強化版のPINGEL製エンジンハンガーに交換した為、マウントボルトが長くなりました。マウントボルトをぴったりに製作し取り付け。
リア側のエンジンハンガーとフレームを取り付けエンジンとフレームの位置決めしてから、フロントマウントプレートを取り付けます。その際エンジン下部をジャッキで支えておき、エンジンハンガーに力がかからないようにします。フロントエンジンプレートマウントボルトも随分長かったので切って調整。





1968BSA A65

a0248662_22322894.jpg
a0248662_22324291.jpg


a0248662_2233125.jpg
a0248662_22332682.jpg


a0248662_22335985.jpg
a0248662_22342069.jpg


a0248662_22344340.jpg
a0248662_22345578.jpg


NさんのBSA
タイミングギア回りを計測。ブッシュはすべて交換となり、ブッシュ抜き取り計測作業。
以前に作った特性プーラーを使い、カムギアブッシュ、タイミングギアブッシュ抜き取り。
BSA A65のカムブッシュはタイミング側2連でそれぞれ唾が外向きに付いています。
また、ドライブ側は止まり穴の薄いブッシュ。どちらも抜き取るのが少々面倒。
ドライブ側ブッシュの内径はトラのドライブ側カムブッシュと一緒なのでトラの工具が使えました。
抜き取り、ケース側ホール計測。ともに楕円や変形、傷など無く良好。
社外パーツのブッシュが使えたら良いのだが。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-21 00:00 | その他 | Comments(0)
2016年 01月 31日

1968BSA A65 エンジン腰下周り計測作業

今日はNさんのBSA A65の計測地獄作業、腰下編です。

a0248662_1947762.jpg
a0248662_19473610.jpg
a0248662_1948170.jpg

スラッジチューブプラグが固着し抜けなかったので、六角棒をプラグに溶接し抜き取り。
スラッジチューブ内清掃し、計測開始。

a0248662_19481798.jpg

ビッグエンドジャーナルは大きな傷など無く良好。ドライブサイド42.83mmタイミングサイド42.84mmでほとんど減っていないです。

a0248662_19483237.jpg

コンロッドビッグエンドメタルボア計測。
コンロッドナットを規定トルク30N.mで締め付け計測。
タイミング側、ドライブ側ともにクリアランス0.05mm~0.09mm横方向(進行方向)が広がってしまっています。こいつはメタル交換。

a0248662_19484380.jpg

ピストンピンブッシュ計測。ピンに対し0.02mm~0.06mm縦方向に楕円になっています。
こちらもブッシュ交換。

a0248662_1949452.jpg

BSA A65の肝の部分、タイミングサイドのクランクシャフト。
タイミング側のクランクシャフト軸受けがブッシュのA65、オイルポンプから圧送されたオイルはブッシュから受けのクランクシャフトを通りビッグエンドジャーナルを潤滑します。
シャフトとブッシュのクリアランスが多くなるとビッグエンドへのオイル量が少なくなってしまいます。

というわけで計測。
クランク外側38.06mmクランク内側は38.02mm内側は0.04mm磨耗しています。
38.06mmは磨耗していないSTDサイズ。(真ん中溝の部分がオイルライン)
シャフトの研磨が必要ですな。 

a0248662_19492285.jpg

ブッシュボア計測シャフト系に対し0.06mm~0.11mmのクリアランスでこちらも駄目。
シャフト研磨後、アンダーサイズブッシュで対応します。

a0248662_19493896.jpg

カムシャフト計測。
ドライブサイド側は20.57mm タイミングサイド側は22.20mmでこちらはほぼ減っていない。

a0248662_19494977.jpg

a0248662_1950731.jpg

カムブッシュ側も計測。
タイミング側は+0.08mm ドライブ側は+0.27mm随分広がっています。


a0248662_19523658.jpg

アイドラギアシャフト&ブッシュもシャフト径18.43mmに対し+0.08mm

タイミングギア周りのブッシュはすべて交換ということになります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-31 23:56 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 01月 18日

日曜日の授業風景



1976XLCH1000

a0248662_21125789.jpg

a0248662_21264042.jpg

a0248662_21293677.jpg

Z君のアイアンスポーツ
プッシュロッド取り付け調整後、オイルラインを取り付け。面研磨したキャブレーターを仮組みして、キャブレーターマウントステー製作。
その後オイルタンク清掃。やばいぐらいのスラッジと鉄粉が出てきました。





1968BSA A65

a0248662_2127068.jpg

a0248662_21271591.jpg
a0248662_21272569.jpg
a0248662_21273437.jpg

NさんのBSA。
車体周りの交換パーツを確認後、計測作業へ。
シリンダーはタイミング側とドライブ側で0.05mmサイズが違い、ドライブ側はクリアランスがずいぶん小さめ。ドライブ側だけ抱きついていた訳がわかりました。
タペットはガイド側(BSAはシリンダーと一体)状態良し。タペットは少々減っているので交換したほうがよいかしら。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-01-18 00:15 | その他 | Comments(0)
2015年 12月 28日

日曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_22535713.jpg

a0248662_22541389.jpg

a0248662_22543825.jpg

a0248662_22545941.jpg
a0248662_22551810.jpg

今日はBSA DAY
というわけで、TさんのBSAはカムギア、アイドラギア、クランクピニオンギアを仮組みして、ギア回りっぷりチェック。その後ギアボックス、レイシャフトスラスト量チェック・調整。ミッション仮組み。





1968BSA A65

a0248662_22553451.jpg

a0248662_2255536.jpg

a0248662_2256487.jpg

a0248662_22562133.jpg

コチラはNさんのBSA
エンジン分解、清掃後計測作業へ。
まずはヘッド周り計測。バルブの状態は良いものに、ステムとガイドのガタは0.1mm以上、多いところでは0.014mmと広がっていたので、ガイド交換。
ガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測。ガイドホールは変形無く状態良し。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-28 00:10 | その他 | Comments(0)
2015年 12月 21日

1978BSA A65 分解作業(エンジン)

今日は新入生NさんのBSA A65のエンジン分解作業。

a0248662_2317336.jpg


a0248662_23171550.jpg

a0248662_23172769.jpg

まずはヘッド分解。
シングルカムでシリンダーの後ろ側から4本のプッシュロッドが延びているBSA。
EX側のロッカーアーム下にヘッドボルトがあるため、ロッカーを抜き取り、ヘッドボルトを抜きヘッドを下ろす。


a0248662_23173940.jpg
a0248662_23174818.jpg

シリンダー抜き取り。
入っていたピストンはSTDだが残念ながら、ドライブ側のピストンが抱きつき気味の傷。


a0248662_2317592.jpg

スモールエンド部とビッグエンド部のガタは悪くなさそう。

a0248662_23181352.jpg

バルブ抜き取り。



a0248662_23182587.jpg

a0248662_23183763.jpg

タイミング側分解。
ガバナーはガタが使えないでしょう。

a0248662_23185442.jpg

タイミング側分解。

a0248662_23352182.jpg

評判が良くないアルミボディーのオイルポンプはどんなものか。
次回分解してチェックしてみます。

a0248662_2319661.jpg

ピニオンギアナットは逆ねじ。

a0248662_23193819.jpg


a0248662_23201391.jpg

a0248662_23202344.jpg

でギアボックス側分解。
シフトペダルが溶接されていたクアドラントコンプリート(カムプレートを動かす爪)は交換。


a0248662_23203468.jpg

キックスターターのラチェットギアは磨耗が酷く交換。

a0248662_23204574.jpg

a0248662_23205683.jpg

ギアボックス抜き取り。
ギア類は状態よさそう。

a0248662_2321869.jpg

フィルターカバーにスタッドは無理やりぶち込まれていました・・・。

a0248662_23212055.jpg

a0248662_23214240.jpg

クランクケース分解。
残念ながらドライブ側クランクシャフトベアリングは手スポ。
この後徹底分解して計測作業です。





38VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23221298.jpg

a0248662_2322231.jpg

ほぼキャブセッティングが終わったベロセット。
今日はオーナー様が試乗しに来てくれました。作業内容の説明とキックスタートと操作のコツを伝授(笑)
お待たせしましたが今年中に引渡し出来そうです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-12-21 00:04 | 1968BSA A65 | Comments(0)