Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BSA ( 90 ) タグの人気記事


2016年 09月 12日

日曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_955831.jpg
a0248662_961427.jpg
a0248662_96382.jpg
a0248662_97120.jpg


TさんのBSA
キャブはアマルプレミアを使います。チェックごとを済ませ組み付け。
残忍ながらスロットルホルダーに問題があり、ケーブル周りは取り付けられず。
リアブレーキ周りを取り付け。




1968BSA A65

a0248662_99420.jpg
a0248662_99211.jpg

a0248662_994641.jpg

a0248662_910496.jpg

a0248662_9102561.jpg
a0248662_9103828.jpg


NさんのBSAはギアボックス周り組み付け作業。
単品製作したハイギアブッシュのラッピング&ホーニング作業を済ませ、両サイドのギアボックスシャフトベアリング交換。
レイシャフトのスラストシムの厚みを確認しスラストチェック。




1973XLCH1000

a0248662_91124100.jpg

a0248662_9115524.jpg

a0248662_9121822.jpg
a0248662_9123066.jpg

a0248662_9125266.jpg

a0248662_9132628.jpg


今日から授業開始の新入生Kさん。
アイアンスポーツのエンジン持込で入学です。
もともと自分でオーバーホールしようと不動車を購入しバラシたものであります。
とりあえずクランク周りから分解し、清掃作業。状態はいかに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-12 09:26 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 07日

1971 BSA A65 ギアボックス周り

今日も昨日に引き続きTさんのBAS・A65、ギアボックス周りのお話。
此方も少々前に行った作業なので思い出しながらアップになります。



a0248662_23573347.jpg

a0248662_23523333.jpg

a0248662_0134085.jpg

a0248662_23525264.jpg

BSAのハイギアブッシュは2連で付いています。
ここのブッシュがプラマリー側、バックプレートのシールの受けとなりますので、ブッシュのでっぷり調整します。
でハイギアをケース側ベアリングに圧入。

a0248662_2353842.jpg
a0248662_23532186.jpg

a0248662_23533322.jpg

レイシャフト周り。
レイシャフトには両サイドスラストワシャーが入ります。1STギア側には2.91mmのハイギア側は2.985mm、3.015mm、3.22mm、3種類のシムが用意され、シムの厚みでスラスト調整します。
1番厚いシムを入れスラスト量0.3mmに。



a0248662_23543227.jpg

a0248662_23544678.jpg

ギアボックスカバーにシフターカム、ギア周り取り付け。シフターフォークはメインシャフト側、レイシャフト側を間違えないように。
画像を取り忘れましたが、メインシャフト1stギアの圧入っぷりで3rdギアとのスラスト量調整。スラスト量0.2mmに。


a0248662_2355793.jpg

a0248662_23553061.jpg

ギアボックスアッセンブリーをクランクケースに組み付け。
クラッチセンターを仮組みしてメインシャフトが回らないようにロックし、キックギア周り組み付け。
キックギア周り取り付けることで、メインシャフトの位置が決まります。


a0248662_23555495.jpg

a0248662_034142.jpg

a0248662_23561592.jpg

ギアチェンジクアドラント、キックスタータースピンドルを組み付け、インナータイミングカバー取り付け。
シフトペグ、ギアチェンジリターンスプリングを取り付けギアチェンジチェック。
このギアチェンジリターンスプリングとアンカーピン、ストッププレートの位置関係が悪いとシフトの戻りっぷりが悪くなります。なかなか調整が面倒です。
ともあれギアボックス周りはO.Kであります。


a0248662_2354885.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-07 00:51 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 09月 06日

1971 BSA A65 クランク周り

今日は先日に引き続き、BSA・A65ネタでありますが、今回はTさんのBSA。
此方も気がつけば全然ブログに上げていなかったので、思い出しつつのアップであります。

この車両も色々と問題があった車両で、元々付いていたコンロッドの長さが左右違っていたり、クランクケースドライブ側軸受け部の溶接が酷かったりと、頭を抱えることが多き車両でありました。

a0248662_004543.jpg

a0248662_014514.jpg

まずはクランクのお話から。
元々組まれていたクランクのビッグエンドジャーナル径は42.00mmで、この寸法は一番最小のアンダーサイズのビッグエンドメタルを使っても、適正クリアンスにならないほど減っていました。
また、ドライブサイドのクランクシャフトベアリング圧入部も減ってしまっていて、ベアリング内径に対し0.03mm小さく、手スポでベアリングが入ってしまうものでありました。
こりゃ使い物になりませんな・・・ということでNOSのクランクを入手。

また、左右長さが違っていたコンロッドもNOSのものを入手。


a0248662_022536.jpg
a0248662_02405.jpg
a0248662_025318.jpg
a0248662_03695.jpg

NOSクランクを清掃し、それぞれ計測。
タイミング側クランクシャフト径 38.06mm
ドライブ側クランクシャフト径 28.57mm
でマニュアルに載っている寸法と同じで問題なし。
ビッグエンドジャーナル LRともに42.83mmでSTDサイズのメタルでいけますが少々虫食いが。


a0248662_033147.jpg

a0248662_035793.jpg
a0248662_041754.jpg

内燃機屋さんでビッグエンドメタル合わせ、クランクバランス取り完了。
虫食いが少々あったジャーナル部分は研磨せずWPC処理。スモールエンドブッシュはガタ無くそのまま使います。
コンロッド組み付け。
コンロッドキャップがアルミのためかBSA・A65のコンロッドボルトの締め付けは少々弱めの30N.m



a0248662_094574.jpg

a0248662_095818.jpg

ここからはクランクケース
元々組まれていたクランクケースはドライブ側クランク軸受けベアリング部が溶接され、左右クランク軸のセンターを出すのが困難だったため、クランクケースも中古で入手。
71年からシリンダーバレルスタッドサイズが5/16”から3/8”になっっています。A65が生産されていたのが72年までなので、2年間だけ作られていた3/8”シリンダーバレルスタッドのクランクケースを探すのに苦労したようです。


a0248662_0102147.jpg

a0248662_0111257.jpg

a0248662_0103936.jpg

a0248662_0113248.jpg

ケース清掃し、ベアリング類交換。
固着しなかなか抜けなかったドライブサイドクランクシャフトベアリングレースはフラットバーを溶接し抜き取り。


a0248662_013314.jpg
a0248662_014770.jpg

ベアリング類は錆が酷かったものの、ブッシュ周りの状態は悪くない。
タイミングサイドクランクシャフトブッシュはシャフトに対し0.05mmのクリアランス。
カムブッシュはドライブサイドはシャフトに対し0.07mm、タイミングサイドは0.06mmクリアランス。
ブッシュはホーニングしてこのままでいきます。


a0248662_0115139.jpg
a0248662_0124182.jpg

a0248662_0125439.jpg

なめてしまっていた、ギアボックスカムプレートプランジャーボルトの螺子部はへりサート処理。


a0248662_021564.jpg

a0248662_022846.jpg

a0248662_0223211.jpg

a0248662_0224916.jpg

a0248662_023872.jpg

クランクのスラスト調整。
クランクシャフトドライブサイド軸受けローラーベアリング、タイミングサイドブッシュのBSAはクランクのスラスト調整が必要なのですが、マニュアル上0.038mm~0.076mmとなかなかタイトな数値です。

生爪を製作、芯をだし中古ベアリングの内径を拡大して、スラスト調整用の冶具をつくり、スラスト調整。

シムを使いスラスト調整。0.27mm、0.08mm、0.13mm、3種類のシムが販売されています。
また、当時純正のベアリングにはシムリテーニングなるもの(厚み0.6mm)が使われていて、シムとリテーニングをつけ調整するようになっていますが、シム無しでスラスト計測したところ0.4mmのスラスト量。
シムリテーニングは使わず、0.27mm、0.08mmのシムを入れスラスト量0.05mm。
これでいきます。


というわけで、そろそろ疲れてきたので今日はここまで。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-06 01:54 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 09月 03日

1968BSA A65 フロントフォーク

気がつけば、BSA A65のブログネタを随分上げてなかったな・・・ということで、今日はNさんのBSA・フロントフォーク周り、今回は不幸自慢的なお話です。

この車両のフロントフォークはVMSに来た時点で固着し動いていおらず、分解するのもままならない状態のものでありました。

a0248662_2213672.jpg

a0248662_2225174.jpg
a0248662_2233755.jpg

a0248662_224470.jpg

とにかく、どうにかこうにかフロントフォーク分解。
熱をかけつつ分解したものの、片側のダンパーチューブ部分は錆で一体化し分解というよりも、壊してバラすという表現の方が正解。


a0248662_22152417.jpg

この車両は68年式ということですが、67年、68年式のA65は変換期でどちらの年式のパーツが付いているか微妙です。とりあえずアウターチューブはアウターチューブ自体にアクスルシャフトの螺子か切ってあるもので、アウターチューブは前期のものと思われるので、それを頼りにパーツを発注。



a0248662_225230.jpg
a0248662_227159.jpg

トラヴィスサイクルスの栗崎君に無理を言ってパーツを揃えてもらいました。
アウターチューブは新品が出ていないので、錆々だったチューブ内はサンドブラストし外側は再塗装。
他、インナーチューブ、スプリング、ブッシュや細かなパーツはパーツ交換。アウターチューブ以外はほぼ交換です。
ダンパーチューブは新品と中古の見分けだつかず・・・。


a0248662_2272272.jpg
a0248662_2273542.jpg
a0248662_2274879.jpg
a0248662_228431.jpg

まずはダンパーチューブ周りの作業から。新品が出なかったダンパーロッドは製作。


a0248662_2282430.jpg

ダンパーバルブ周りのパーツ取り付け。

a0248662_2285990.jpg

a0248662_2292258.jpg

a0248662_2294017.jpg

ダンパーロッドブッシュ(ロッドのガイドとなるもの)はダンパーチューブにクリップ止めとなる。
片側のクリップはロッドブッシュが上に抜けないように、片側のクリップはロッドブッシュが下がらないように固定する。ロッドブッシュの入りが悪かったので、ダンパーチューブホーニングし取り付け。
新品2本中1本はダンパーバルブ周りを中に入れると随分動きが渋いので、状態が悪くなかったほうの中古ダンパーチューブを使う。

a0248662_22103722.jpg

ともあれダンパーチューブはO.K。

a0248662_2211655.jpg

ここからはブッシュ周りのお話。
アッパー側のブッシュはシールホルダーに締め付けられることで、アウターチューブに固定されインナーチューブを摺動する。ロワー側ブッシュはインナーチューブにプラグボルトで固定され、アウターチューブ内を摺動する。

a0248662_22114067.jpg

アッパー側ブッシュは問題なかったのですが、ロワー側はアウターチューブ内で動きが渋い。
ブッシュ外径研磨アウターチューブ内でスムーズに動くようにする。

a0248662_2212128.jpg

片側のアウターチューブはチューブ内中間部分が一部変形していて、その一部分だけ動きが渋くなってしまう。
こんな長もので止まり穴のアウターチューブをボーリングするのは至難の業なのでガタは少々大きくなってしまうが、泣く泣くブッシュ外径を小さくし対処する。


a0248662_22124210.jpg

a0248662_2213836.jpg

a0248662_2214712.jpg

シールホルダー螺子は部分はメッキで太り、入りが渋かったので螺子修正しオイルシール取り付け。
アッパー側ブッシュとシールの間のスペーサーもメッキで太り、インナーチューブに入らなかったので内径拡大し取り付け。

a0248662_22142528.jpg

a0248662_23172236.jpg


他にも、もろもろありながらとりあえず組み付け完了。
大変であった割に、パーツでお金がかかった割りに、残念ながら100%の出来とはいえない、まさに旧車のレストアという感じであります。









1970TRUMPH TR6

a0248662_2216532.jpg

a0248662_22162660.jpg
a0248662_22164452.jpg


a0248662_22171419.jpg

a0248662_22172917.jpg


Tさんのトライアンフはギア欠けしていたレイシャフトハイギア交換作業でしたが、レイシャフトのニードルベアリングに消耗が酷いことに気がつきベアリング交換。
写真では解りづらいですが、ローラー一本分の隙間が開いています。
ニードルローラーは一本一本隣合わせで組まれていますので、ローラー同士で磨耗していきj細くなり、隙間が開いてしまったのでしょう。このまま使っていると、ローラーがバラバラになり惨事が起きるところでありました。
ともあれれギアボックス、プライマリー周りみ終わり作業終了です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-03 23:27 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 08月 29日

日曜の授業風景


1971 BSA A65


a0248662_13512238.jpg
a0248662_13514719.jpg

a0248662_13523614.jpg


a0248662_1354193.jpg

a0248662_13564552.jpg

a0248662_13571587.jpg

a0248662_13584564.jpg

a0248662_1402837.jpg



久しぶりに登場のBSAのTさん。
随分久しぶりなので、どこまで作業が進んでいたか思い出しつつ進めていきます。
まずはクラッチセンターを規定トルクで締め付け、クラッチプレーと取り付け。
純正はスチール、フリクッシンディスクともに6枚づつでありますが、Tさんが所有していた新品フリクッションディスクは7プレートのもの。6プレートのものよりフリクッシンディスクの厚みが薄く、1枚多く入れることでフリクッションとスチールディスクの接触面積を増すというもの。(クラッチが滑りづらくなる)このプレートの良し悪しは解りませんがとりあえず付けてみます。
オルターネーター取り付け、ローターとステーターの隙間チェック後、ローターボルトを規定トルクで締め付け、プライマリー周りO.K


ボーリング加工済みのシリンダーをピストンリングギャップ、クリアランス確認後、取り付け。
シリンダーベースナットを規定トルクで締め付け、今日はここまで。







1976XLCH1000

a0248662_1404890.jpg

a0248662_1411657.jpg
a0248662_1413825.jpg


Z君のアイアンスポーツは引き続き外装周りの加工・製作作業。
今回もTRUE CLASSICのDAI君に出張してもらい、フェンダー周りの取り付けステー製作、取り付け作業。
まだまだ時間がかかりそうですな。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-29 14:31 | その他 | Comments(0)
2016年 08月 18日

平日の授業風景


1939EL1000

a0248662_1342542.jpg

a0248662_1385770.jpg

a0248662_1391699.jpg


Wさんのナックルヘッドは先日に引き続き、外装周りの作業。
TRUE CLASSICさんにお手伝い頂き、シーシーバー単品製作中。現物合わせの作業、大変ですね。






1955FL1200

a0248662_1395519.jpg

a0248662_1402022.jpg

a0248662_1403873.jpg

Yさんのパンヘッド。
シリンダーヘッドを取り付け後、フットチェンジからハンドチェンジの変更のため、ガスタンク交換。
手に入れたタンクは年式違いのためヘッド周りの"逃げ”部分が無く、加工手直し。
また、フレームマウント部分も位置が合わず加工し、仮組み。







1965TRUMPH TR6

a0248662_137119.jpg

a0248662_1411025.jpg
a0248662_1414263.jpg

Eくんのトライアンフはエンジン腰下部分の仮組み、チェックごとが終わりましたので、本組みする前にフレームに仮組みし、各部チェック。本組み前の下準備。







1968 BSA A50

a0248662_1422740.jpg

a0248662_142493.jpg

a0248662_1444837.jpg
a0248662_1443611.jpg

a0248662_145105.jpg


SさんのBSAは配線引きなおし。
レギュレーター交換。点火はペイゾンのフルトラに。フューズは点火系と電装系、2系統つくり、電装系のトラブルでも点火はするようにしました。
点火時期を合わせ、配線引きなおし終わり。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-18 02:07 | その他 | Comments(0)
2016年 08月 07日

土・日の授業風景

1992長江750

a0248662_2234658.jpg

a0248662_224169.jpg

a0248662_2241789.jpg
a0248662_2243158.jpg
a0248662_2244417.jpg
a0248662_2245952.jpg
a0248662_2251040.jpg

a0248662_22152312.jpg


Hさんの長江
バルブシートカット、ボーリング加工が終わっているシリンダーを取り付け。
ピストンリングのギャップ、クリアランスをチェック後取り付け。
ちなみのこのピストンはコンプレッションリングが2つ、オイルリングが2つ付くタイプで、トップリングはバレルフェースタイプ、2ndリングはアンダーカットタイプ、1番目のオイルリングはワンピースタイプの摺動面がテーパーになっているもの、2番目(ピストンスカート部)につくオイルリングは同じくワンピースタイプで摺動面がバレルフェースとなっています。
というわけで取り付けなのですが、片側のピストンリングを折ってしまうというアクシデントありで、とりあえず片側だけシリンダー取り付け。
落ち込んでいてもしょうがないので、点火時期調整。
長江さんの遅角位置はピストン上死点前6度。最大進角は上死点前36度。新品デストリビューターを取り付け(りプロ品が出るのですね)ですが、このデストリビューターのガバナーが一番開く位置で最大進角位置36度で合わせると遅角位置が上死点後10度になってしまいます。つまりガバナーの開く量が1.5倍大きいのです。ギア自体のバッククラッシュも大分あるので、とりあえず遅角位置6度で組んで様子を見てみます。

話は変わりますが、未だに看板が無いVMSを哀れみ鉄看板を作ってくれました。
これで少しはお店っぽくなるかしら。Hさん有難う御座いました。







VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_226079.jpg
a0248662_2263510.jpg
a0248662_2265377.jpg


久しぶりに登場のEさんのベロセット。
久しぶりの作業のブランクを感じつつ、抜き差しするたびに気を使うダイナモマウントバンドのボルトをスタッド化。サイドスタンドストッパー部分が痩せ細り、リアブレーキロッドと干渉していましたので、溶接肉盛りし位置合わせをしつつ整形作業。






1970XLH900

a0248662_2272313.jpg
a0248662_2273673.jpg


Tさんのアイアンスポーツは前回に引き続きクランクの芯だし作業。
左右クランクシャフトで0.02mmの振れまでいったものの、もう少しもう少しと追い込んでいたらハマッてしまった・・・。1から見直しが必要であります。






1968BSA A65

a0248662_2275672.jpg

a0248662_2291291.jpg

a0248662_2293241.jpg
a0248662_2294360.jpg


NさんのBSAはフロント側に続き、リア側のドラムブレーキ調整。
張り替えたライニングが少々厚くドラムに入らないので、ブレーキカムとの摺動面を左右均等に削り、ドラムに収まるようにした後、ライニングとドラムの当たりっぷりを見つつ、なるべく面当りになるようにライニングを削り調整。
その後フロントフォーク組みつけ作業に。
状態が悪かったフロントフォークは新品パーツテンコ盛りでありますが、いきなりオイルシールホルダーのねじ部がメッキがのりアウターチューブに入らない・・・と新品パーツの洗礼を受ける。28山のタップを使いシコシコと削り取り付け。







1968 BSA A50

a0248662_2210948.jpg


卒業生SさんのBSAは配線引きなおし。
以前はエンジン・ミッションのOHだったので、電気周りをやるのは今回が初めて。
改めて電気回りのお勉強です。
点火システムはペイゾン、レギョレーターも新品に交換。






1979FXE1340

a0248662_22104549.jpg

a0248662_22111570.jpg

a0248662_22115583.jpg

a0248662_22133843.jpg

a0248662_2214371.jpg


部分修理で入学のIさんのショベルヘッド。
写真を撮り忘れましたが、空回りしてしまっていたクラッチハブのスタッドはガタは無かったのでカシメ部分を溶接し取り付け。スタッドが回ってしまった原因のクラッチスプリングアジャスターナット(ネジが渋い)は、硬いのでタップで修正ができないので新品に交換。
クラッチハブ、コンペンセータースプロケットナットを規定トルクで締め付け、チェーンラインチェック。
タペット音が出ていましたので、プシュロッド周り分解、油圧タペットチェックです。






1978XLH1000

a0248662_22144014.jpg

修理依頼のアイアンスポーツは夜が更けるのを待ち、気温が下がったところで試乗、駄目だし。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-08-07 23:29 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 31日

土曜日の授業風景


1980XLH1000

a0248662_1372493.jpg
a0248662_1374094.jpg
a0248662_1375214.jpg
a0248662_138295.jpg

a0248662_1381738.jpg
a0248662_138444.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
リアブレーキペダルブッシュ交換、マスターシリンダー清掃作業終わり、リアキャリパー取り付け。
このリアキャリパー、フローティングマウントボルト部分とナットの部分が非常にガタガタでありました。
私はここまで悪いのは初めてで、何をやったらここまで駄目になるのかしら?
というわけで、駄目もとでスリーブ加工、オーバーサイズナットを製作し取り付け。







1968BSA A65

a0248662_139593.jpg

a0248662_1403679.jpg

a0248662_1412647.jpg


NさんのBSA
外注から上がってきた塗装部品をなんやかんや仕分け後、ブレーキ周りの組み付け。
ライニング張替えをしたブレーキシューを取り付け、あたりっぷりチェック&調整。





1970XLH900

a0248662_1414987.jpg
a0248662_142376.jpg


Tさんのアイアンスポーツはクランク組み付け。クランク芯だし開始。
とりあえず左右シャフトで0.02mmづつの振れまで来ました。次回もうちょっと詰めて終われるか。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-31 02:02 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 23日

金曜日なんやかんやと


1978XLH1000

a0248662_92311100.jpg
a0248662_9232232.jpg
a0248662_9233445.jpg
a0248662_9234659.jpg
a0248662_92404.jpg

修理依頼のアイアンスポーツ。
オーナー様に言われていたコントロールボックスの配線周り手直し。
取り回しが悪かったマイナス側のバッテリーケーブル作り直し。
前後タイヤ交換後、雨が止むのを待ち試乗。








1968BSA A65

a0248662_9242737.jpg
a0248662_9244473.jpg

a0248662_9251513.jpg
a0248662_9253217.jpg
a0248662_9255586.jpg
a0248662_9262289.jpg
a0248662_9264584.jpg
a0248662_9265814.jpg

NさんのBSA、ギアボックスハイギアブッシュ製作。
BSAは2連ブッシュでシャフトを受けます。ハーレーやトラの一本ものの長いブッシュを作るより気楽です。
外径はギアに対し嵌め代を考え、内径はシャフト径+圧入し縮む分を考え寸法を決め製作。
毎回でありますが、嵌め代に対しブッシュがどれぐらい縮むか、ブッシュの厚みなどにより代わりので難しいです。
というわけでブッシュ圧入。プライマリーのシールの受けになりますので先端側のブッシュは13mm程度だしておきます。
圧入後計測。片側はシャフトに対し0.03mmのクリアランスでO.K。片側はシャフトに対しクリアランスほぼ0。計算通りいかんな。
というわけで専用ラッピングロッドを製作。こいつで帳尻あわせします。









1976FX1200

a0248662_9271971.jpg
a0248662_9273461.jpg

a0248662_9275096.jpg

a0248662_928993.jpg

a0248662_9282482.jpg

a0248662_9283814.jpg

a0248662_9285294.jpg


こちらはK君のショベルヘッド。
虫食いが多かったピニオンシャフトベアリングレースはラッピングし虫食いを取りきり、MAXオーバーサイズのローラー(.002”o.s)を使い適正クリアランスのサイズに。
しかしながら、ピニオンシャフトブッシュリーマー冶具(JIMS製)がレースが大きくなりすぎて使えrません。
この冶具はテーパーになっていて先端部と末端部で0.1mm程度サイズが違い、大きさの違うレースに対応できるようになっています。がここまで大きくなったレースに対応していませんでした。
というわけで冶具製作。
元の冶具の寸法を目安に角度計算しテーパーの角度選定。最近はネットで計算式がすぐに出るので楽チンですね。
まず、リーマーが通る部分の穴径をぴったりに出し、冶具の外径を最大値で切削。
刃物代の角度を変え(線一本分)テーパーに加工。先端部44.52mm、末端部44.64mmというサイズに。
リーマー径ぴったりにしておいた穴部はホーニングし仕上げ出来上がり。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-23 09:56 | その他 | Comments(0)
2016年 07月 18日

日曜日の授業風景

1968BSA A65

a0248662_22414188.jpg
a0248662_22415563.jpg
a0248662_22422083.jpg

a0248662_22435815.jpg

a0248662_22451780.jpg

a0248662_22441773.jpg
a0248662_22442735.jpg

NさんのBSAはトランスミッションの構造を理解し、分解各部チェック。
ハイギアブッシュはシャフトに対し0.1mm以上ガタがあったのでブッシュ交換。ブッシュは製作します。
メインシャフト3rdギア、レイシャフト2ndギアのガタ良好。またそれぞれのスラスト量も0.01mm程度でo.k
レイシャフト1stギアブッシュのクリアランスも0.05mmでo.k
予め内径外径加工しておいたバルブガイド圧入。








1976XLCH1000

a0248662_2246139.jpg
a0248662_22461835.jpg
a0248662_22462954.jpg

Zくんのアイアンスポーツはマフラー取り付けで二転三転。
ヘッド側、サイレンサー側の2点留めではなく、エキパイもマウントするべくステー考察。
Fサイレンサーステー曲げ、サイレンサーとエキパイの入りが悪い為、エキパイを削ったり。






1979FXE1200

a0248662_22472318.jpg

新入生EさんのショベルFXE。
試乗させてもらいましたが状態は悪くないので、プライマリー周りを中心に、部分修理、調整、メンテナンスという感じでやって行きます。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-07-18 01:17 | その他 | Comments(0)