Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BSA ( 90 ) タグの人気記事


2016年 11月 07日

日曜日の授業風景

1976XLCH1000

a0248662_904153.jpg
a0248662_91450.jpg

a0248662_921948.jpg

a0248662_924783.jpg
a0248662_912262.jpg


Z君のアイアンスポーツ
TRUE CLASSICのDAI君に出張いただきシーシーバー製作取り付け。
ガスタンクを交換したため、スロットルケーブルの取り回しが悪くなったのでステー交換、新しいスターに合わせスロットルケーブルを詰め調整。





1971BSA A65

a0248662_935534.jpg
a0248662_944518.jpg
a0248662_955369.jpg


TさんのBSA A65は外装周り取り付け&配線作業
穴径が合わない新品シートとクッションラバーや新品組み合わせのリアフェンダー、テールライト、グラブバーの帳尻が合わず取り付けに苦戦。





1973XLCH1000

a0248662_9112158.jpg

a0248662_914058.jpg
a0248662_9142814.jpg
a0248662_9145085.jpg
a0248662_9151558.jpg


Kさんのアイアンスポーツはシリンダーヘッド周りの清掃計測
こびりついたカーボンを徹底除去。こいつが時間がかかるのです。
でガイド内径計測、随分と広がってしまっていたのでガイド交換。
バルブガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測、STDガイドでいけそうです。





1985FXEF1340

a0248662_916993.jpg
a0248662_9161912.jpg

a0248662_9164869.jpg
a0248662_917964.jpg


Tさんの4速エボはスタッドが曲がってしまった、クラッチハブ交換しプライマリー、組み付け。
ひび割れていたフロントタイヤ交換、クラックが入っていたブレーキローターも交換です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-07 09:39 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 06日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_8485971.jpg

a0248662_8493071.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
サイヤミーズマフラーを手に入れ、エキパイ取り付け。エキパイクランプの中折れしたボルトの抜き取りに苦戦
電装周り取り付け。





1985FXEF1340

a0248662_850184.jpg

a0248662_8515812.jpg

a0248662_8503585.jpg


Tさんの4速エボはひび割れが酷かったタイヤ交換。
クリップタイプのシールチェーンはクリッププレートが圧入になっているので、抜くにつけるにせよ工具が必要です
ホイール取り付け、チェーン遊び調整






1968BSA A65

a0248662_854285.jpg

a0248662_8542335.jpg
a0248662_8544423.jpg

a0248662_8555174.jpg

a0248662_8562186.jpg

NさんのBSA A65はサイレントブロックを交換したスイングアーム取り付け
サイレントブロック両面とフレームの距離が合うように調整し、サイレントブロックのインナーカラーの芯が出るようにシャフト取り付け。

a0248662_8564596.jpg

a0248662_857590.jpg
a0248662_8573979.jpg
a0248662_8571967.jpg

a0248662_8575994.jpg

ネックベアリングも交換。
フレーム側にアウターレースを垂直に圧入し、インナーレースを圧入した三又取り付け。
アッパー側のインナーレースはステムシャフトとしっかりとした圧入されるので、ひ弱なアジャスタースクリューが壊れないように回すのにドキドキ。
ともあれ無事取り付け。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-06 09:14 | その他 | Comments(1)
2016年 10月 28日

1971 BSA A65 プライマリー周り


今日は先日に引き続き、TさんのBSA A65プライマリー周りのお話。

a0248662_2265060.jpg

a0248662_2271997.jpg

a0248662_2273854.jpg

a0248662_2275588.jpg

クランク、ギアボックス、タイミングギア周りを本組みしたエンジン腰下をフレームに搭載。
エンジンマウント部はエンジン組み付け前に確認済み。
エンジン下側のフレームマウント部はシム調整。


a0248662_221223.jpg

ダンパーラバーが入っているクラッチセンター。もちろんラバーは駄目だったので交換。

a0248662_2215698.jpg

a0248662_222191.jpg

の前にネジ山が痛んでいたクラッチセンターのプレートのヘリサート加工。
この年式のクラッチセンターは前年式の皿ネジタイプではなく、プレート側にネジが切ってあり、長いボルトで両フプレートを留めます。

a0248662_21595477.jpg

a0248662_2213056.jpg

ギアボックッスメインシャフトにクラッチハブ、クラッチセンターを組み固定し、クラッチセンターを回しダンパーゴムを入れ込み。



a0248662_2224110.jpg
a0248662_223461.jpg
a0248662_2231955.jpg


クラッチハブ、ローラー、スラストワッシャー、クラッチ、スプロケット、クラッチセンターを組み今の内にクラッチスプロケットのスラストをチェック。
ここのスラスト量が多いとクラッチの切れが悪くなります。


a0248662_229990.jpg
a0248662_2293445.jpg
a0248662_2210182.jpg

a0248662_22103568.jpg

a0248662_22105671.jpg

プライマリーチェーン、クラッチセンターまで組み付け、プライマリーチェーンのチェーンライン確認。
クラッチセンターナット規定トルクで締め付け。83N.m~90N.m


a0248662_22114947.jpg

a0248662_22122020.jpg

a0248662_22138100.jpg

クラッチプレート組み付け。
ノーマルではスチールプレート、フリクッションプレート共に6枚づつでありますが、今回は7プレートを使います。フリクッションプレートが1枚分増え、摩擦面積が増え滑りが少なくなるというもの。ノーマル6プレートよりそれぞれ薄く作られています。
新品パーツの常でそのまま付けると動きが渋いので、少々研磨。



a0248662_22135936.jpg

a0248662_22142965.jpg

オルタネーターは新品に交換。
ステーターとローターの隙間を干渉が無いかチェックし、ローターボルトを規定トルクで締め付け。80N.m

a0248662_22144671.jpg

a0248662_2215556.jpg

クラッチコントロール周りのパーツを組み付け、クラッチスプリングと遊び調整。プレッシャープレートが均等に開くように調整します。
また、70年からクラッチリリーズは3個のボールベアリングが入るスラストプレートタイプのものに変わっています。

というわけで、プライマリー周り完了です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-28 12:50 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 10月 26日

1971 BSA A65 タイミングギア・オイルポンプ周り

今日はTさんのBSA、タイミングギア周りとオイルポンプのお話。


a0248662_094957.jpg

カムブッシュ、アイドラギアブッシュは状態が良かったのでそのまま使います。
カムギア、アイドラギア、ピニオンギアを組み付け、45度づつまわし、それぞれギアのバッククラッシュ、渋さが無いかチェック。

a0248662_0101276.jpg

ピニオンギアはオイルポンプギア、ピニオンギアナットともの逆ネジ。
規定トルク48N.mで締め付け。

a0248662_0103071.jpg
a0248662_0104540.jpg

アイドラギアの印は2本対角上にあるので、上下はありません。
タイミングを合わせ組み付け。



a0248662_0113668.jpg

a0248662_0112128.jpg

a0248662_0115361.jpg

a0248662_0123663.jpg

オイルポンプはオイルの流れを確認し取り付け。
オイルフィード側にチェックバルブが入ります。
この年式のオイルポンプボディーは鉄製で60年代の鋳造アルミボディーと違い歪みが少なく、動きが非常に良いです。

a0248662_0134198.jpg

オイルパイプユニオンはケースに干渉していたので、少々整形。

a0248662_143478.jpg

クランクケースのオイルリターンパイプのボールバルブ。
こいつが動かないと、オイルが戻りません。この車両も固着していました。お気をつけを。

a0248662_0125540.jpg

オイルポンプで加圧された、オイルはクランクケース・タイミングサイドクランクシャフトの軸受けブッシュにオイルが行き、タイミングサイドクランクシャフトブッシュを潤滑。またタイミング側クランクシャフトにオイル穴が開いていますので、シャフトを通りコンロッドビッグエンドジャーナルを潤滑。
クランクケースに落ちたオイルはサンプカバーに溜まりスカベンジパイプから吸い上げられオイルタンクに戻る。
ヘッドへはリターン側オイルパイプユニオンから分岐ロッカーアームを潤滑。
右側クランクケース前方にあるリリーフバルブは、オイル圧送量をコントロールする。
回転が上がり圧送量が上がると、リリーフバルブが開き余計なオイルをバイパスする。




a0248662_0131132.jpg

オイルポンプボルトを規定トルク11N.m~14N.mで締め付け。

a0248662_0135535.jpg

a0248662_014919.jpg

オイルを流し、ビッグエンドジャーナルを潤滑していることを確認。
というわけで、タイミングギア・オイルポンプ周りO.K。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-26 01:28 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2016年 10月 24日

土曜・日曜日の授業風景

土日はアイアン、A65DAYでありました。その授業模様です。



1970XLH900

a0248662_11541423.jpg

a0248662_11544973.jpg
a0248662_11551039.jpg
a0248662_11552840.jpg


Tさんのアイアンスポーツ
バルブガイド外径調整、圧入が終わり、圧入分縮んだガイド穴をリーマー通し。
バルブシートカット、擦り合わせ作業突入。







1980XLH1000

a0248662_11555143.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
配線作業前の電装品、ライト周り、スイッチ周り取り付け。
この辺りに来ると、外装品の選定に悩み眺める時間が増えてくる。







1968BSA A65

a0248662_11561646.jpg

a0248662_11565318.jpg

a0248662_11573188.jpg

a0248662_11574423.jpg

a0248662_11581153.jpg

a0248662_11583978.jpg
a0248662_11585152.jpg


NさんのBSA
ギアボックッス、ギアケースインナーカバーを取り付け、ギアチェンジチェックし問題なしでありますが、ギアチェンジクアドラントに問題ありで交換。
エンジン周り腰下周りのチェックごとが終わりましたので、車体周りの作業に突入。

サイレントブロックと呼ばれるBSAのスイングアームピボット。ラバーマウントのスリーブが入っていて、ゴムのしなりでスイングします。
サイレントブロック圧入し次回、シャシー周り組み立てです。






1971BSA A65

a0248662_121184.jpg

a0248662_122971.jpg

a0248662_12495.jpg

a0248662_1244017.jpg

a0248662_125444.jpg

a0248662_1252792.jpg

a0248662_1254412.jpg


TさんのBSA
連結パイプが付くタイプのエキパイ取り付けで苦戦。
左側はよいものの、右側エキパイは取り付けるとカチ上がってしまっているので、アセチレンであぶり曲げ調整。両サイレンサーを付け高さをあわせます。
その他、アウタータイミングカバーに干渉していたシフトペダル、プライマリーカバーに干渉していた、リアブレーキペダルも曲げ調整。
サイレンサーマウントプレート共止めする汎用品のタンデムステップも加工し取り付け。







1939EL1000


a0248662_1315371.jpg

a0248662_132826.jpg

a0248662_132217.jpg

a0248662_1323339.jpg


Wさんのナックルヘッドはまさに現在作業中の投稿です。
マフラー製作位置決めが終わり、ステップのステー製作です。ステップの位置決めそして、マフラーだったり、ブレーキロッドだったりを逃げながらのステー作りでなかなか面倒です。
こちらももちろんTRUE
CLASSIC
監修です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-24 13:13 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 17日

日曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_124986.jpg

a0248662_124324.jpg
a0248662_1245152.jpg

a0248662_125615.jpg


TさんのBSAは配線作業
レギュレーター、ペイゾン、イグニッションコイルを取り付け、発電周り、点火周りの配線作業。
プラグコードは製作。
次回ライト周りの配線作業です。




1970XLH900

a0248662_12612.jpg
a0248662_1262490.jpg

a0248662_1265948.jpg

a0248662_127111.jpg

a0248662_1272758.jpg

a0248662_1284269.jpg

a0248662_127447.jpg


Tさんのアイアンスポーツ。
ガタがあったキックスタンドは修正しガタは無くなったものの、以前にスタンドのピボット穴部分が加工されていてピボットピンとガタがある。スタンドは交換しておいたほうが良いでしょう。
車体周りの作業は終わり、ヘッド周りの作業へ。
ヘッドのガイドホールを軽くホーニングした後に内径計測。ガイドホールにあわせ適正嵌め代プラスしてバルブガイド外径研磨。
ヘッドにガイド圧入し、次回ガイドリーマー加工、シートカットとなります。





1979FXE1200

a0248662_129646.jpg

a0248662_12111185.jpg

a0248662_12115959.jpg


Iさんのシャベルは油圧タペット交換。
4本中1本だけ違うメーカーのもの入っており、他のものとサイズが違います。
4本全部交換し、アイドリング時のタペット音解消。
オイル交換しこれで、VMSでの作業はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-17 12:47 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 11日

日曜日・月曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_23441613.jpg

a0248662_23444585.jpg
a0248662_2345438.jpg

a0248662_2358948.jpg

a0248662_23454993.jpg


TさんのBSAは外装、電装も周りを取り付け終わり、点火時期調整。
点火システムはフルトラ、ペイゾンを使います。クランク側フル進角時期34度にあわせ、ピックアップ位置決め。
ヘリサート加工が終わったアウタータイミングカバーを取り付け、クラッチワイヤー取り付け、クラッチ調整。
次回、配線作業です。





1968BSA A65

a0248662_23492466.jpg

a0248662_23461335.jpg
a0248662_23463413.jpg

a0248662_23483137.jpg
a0248662_23484385.jpg

a0248662_23485332.jpg


NさんのBSAはクランク仮組みし、タイミングギア周り仮組み。
カムギアとタイミングギアの一部に引っかかりがあったので少々擦りあわせ。
その後クラッチ周り、清掃チェック。クラッチセンターのダンパーゴムは交換。クラッチフリクッションプレートは面研磨、スチールプレートは歪みチェック。








1973XLH1000

a0248662_23494531.jpg

a0248662_2350245.jpg

a0248662_23502386.jpg


Kさんのアイアンスポーツはタペット、タペットガイド、ローラー計測後、トランスミッション分解清掃、計測。
タペットガイドは広がっているので新品に交換予定。
エンジン周りは決して良いいえる状態ではなかったので心配しいたトランスミッションは無事でシャフトギアともに交換無しで使えます。








1976XLCH1000

a0248662_23504717.jpg

a0248662_23511427.jpg

a0248662_23513957.jpg

a0248662_2352436.jpg


Z君のアイアンスポーツは配線作業
フェンダーにブレーカーサポートをリベット留めし、配線を3系統にします。
まだ、加工、製作ごとが終わっていないリア周り以外の配線は引き終わり、まとめ点灯チェック。





1939EL1000

a0248662_23524228.jpg

a0248662_2353955.jpg
a0248662_23532975.jpg
a0248662_2353525.jpg

a0248662_23541275.jpg

a0248662_23543740.jpg


Wさんのナックルヘッドは引く続きマフラー製作。
今日もまたTRUE CLASSICのDAI君に協力頂き、擦っていたフロントマフラーを上に上げ、曲がり角度調整、エキパイがなるべく上に来るように、ブレーキオぺダルブラケットは加工。
ナックルはヘッドとエキパイのマウントが無いのでマフラーにステーを溶接し2点で留める。
というわけでフロント側にエキパイはOK。前後エキパイの平行、水平も綺麗に出ています。




1979FXE1200

a0248662_2357614.jpg


Iさんのショベルヘッドは前回、ネック周りの調整、引きずっていたフロントキャリパーのシール交換が終わったので試乗。
ブレーキの引きずりも無くなり取り回しも軽くなり、ハンドルをとられるような症状も無くなり、「手離し運転をしても真っ直ぐ進みます」と無事解消。
残念なのは調整して一箇所だけタペット音がしているので、油圧ユニットを交換してみます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-11 01:52 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 09日

土曜日の授業風景


1970XLH900

a0248662_2339641.jpg
a0248662_23391785.jpg
a0248662_23392824.jpg
a0248662_2339554.jpg

Tさんのアイアンスポーツは車体周りの作業。
スプロケットは大分磨耗し、段減りしていたリアドラムはTさんが所有していた良品ドラムに交換。
ついでにリアホイールベアリング分解、清掃。ベアリングは状態良かったのでそのまま使います。
ドラム交換したのでブレーキシューのあたりっぷりチェックし組み立て。

a0248662_23401839.jpg
a0248662_23403191.jpg

a0248662_23404964.jpg

スイングアーム分解し、ベアリング部チェック。
ベアリング、スイングアームシャフトともに以前に交換済みで問題なし。
清掃、グリスアップし独特なアイアンのスイングアームの構造、調整法を理解し組み立て。






1973XLH1000

a0248662_23421322.jpg

a0248662_23423729.jpg

新入生Kさんのアイアンスポーツは第一回目の計測作業。
初めてのマイクロメーター、シリンダーゲージの扱いに苦戦しつつ100分台の計測。
コンロッドベアリングレースはフロント側は虫食いあり、リア側のドライブサイドのレースは大分広がっています。また、ブッシュが抜けてしまっていたフロント側スモールエンド部は0.2mm近く楕円になっています。
タイミングサイドクランクベアリングレースにも少々虫食いはあるが、ラッピングでいけそう。

a0248662_2343667.jpg

a0248662_23434135.jpg

a0248662_23444317.jpg

カムギアは虫食い減りが酷く交換決定。
カムブッシュも#2、#3ブッシュは抜けかかっていて交換決定。
ピニオンシャフトブッシュはシャフトに対し0.12mmのクリアランスがありブッシュ交換決定。

とまぁ今回のこの車両も色々と盛りだくさんとなりそうです。







1955FLH1200


a0248662_2346462.jpg

a0248662_234733.jpg

ショベルヘッドで卒業したHさん。
今回はもう一台所有している55年パンヘッドのヘッド、クランクを購入し、持ち込み清掃、点検作業であります。




1971BSA A65

a0248662_2347272.jpg

a0248662_2348137.jpg
a0248662_23483782.jpg
a0248662_23485493.jpg

a0248662_23491531.jpg

a0248662_23494381.jpg


アウタータイミングカバーのクラッチケーブルアダプター受け部分がクラックが入っていたTさんのBSA。
溶接しクラックを埋めヘリサート作業。
タイミングカバーをイケールにセットし、スタッドボルトを使いネジ部が垂直になるように、ボール版のテーブルの角度を変えセットアップ。
ネジをきった後、そのままのセットアップで座面だし。コイルを入れ完成。
後は生徒さんに成形してもらいます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-09 00:30 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 02日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_8293077.jpg

a0248662_8294643.jpg

a0248662_8313372.jpg
a0248662_8314310.jpg

Iさんのアイアンスポーツはプライマリー周りの組み付け作業。
ダンパー機能を持たないこの年式のアイアンスポーツにコンペンセータースプロケットを移植できるよう加工しました。このあたりのお話はまた次回として、トルク管理しコンペンセータースプロケット、クラッチハブ取り付け、クラッチ組み付け、ケーブルを通しチェック。






1970XLH900

a0248662_8321772.jpg

a0248662_8322940.jpg

a0248662_8324787.jpg

a0248662_8332552.jpg

a0248662_8333873.jpg
a0248662_833581.jpg

Tさんのアイアンスポーツはタイミングギアボックッス、トランスミッション本組み。
ガタが多かったタペットガイドは新品。しかしながら組み付け前は問題ないのだが、ケースに組みつけマウントボルトを締めると、#2ガイドだけ動きが渋くなる。ケース側が歪んでいて取り付けると微妙に変形するようです。ケースに組み付けて状態でホーニングしスムーズに動くようにして、カムギア周り本組み。
仮組みが終わっているトランスミッションもシール周りを取り付け本組み。




1971 BSA A65

a0248662_8342446.jpg

a0248662_8344328.jpg

a0248662_835141.jpg

TさんのBSAはドライブチェーン取り付け、外装周りを取り付け。
新品パーツを取り付けていきますが、もちろんスンナリ付きませんので、ネジ修正しつつ、穴を拡大しつつ取り付け。次回は配線作業ですね。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-02 08:49 | その他 | Comments(0)
2016年 09月 20日

日、月曜日の授業風景


1971 BSA A65

a0248662_23272738.jpg

a0248662_23302616.jpg
a0248662_23304841.jpg

a0248662_23315291.jpg

TさんのBSA
不良だったスロットルホルダーを新品に交換し、スロットルケーブル取り付け、左右キャブレーターの同調をとる。
それぞれ穴径がおかしかったロッカーアームワッシャーは新しいものに交換し、改めてタペット調整。
付けるのを忘れていた、ロッカーアームのオイルラインに付く、オイル流量を調整すると思われるUピンを取り付け。







1968BSA A65

a0248662_2332588.jpg

a0248662_23332380.jpg
a0248662_23334191.jpg

a0248662_23345762.jpg

a0248662_23355490.jpg

NさんのBSA
スラスト調整、ベアリング交換、ハイギアブッシュの交換が終わったギアボックスを取り付け、ギアのチェンジチェックし問題なし。
ドライブ側クランクベアリングを交換し、以前ダミーベアリングを取り付け、シム選択は終わらせているのでシムを取り付け、ケースを組みスラストチェック。
ブリーザーのロータリーバルブを付け、カムシャフトを組むとバルブの動きが渋い、すり合わせしスルスル回るように。







1963FLH1200

a0248662_23361773.jpg

Sさんのパンヘッド
オイルポンプのチェックバルブの手直しが終わり、最後の試乗。
これで、卒業ということになります。
9月末で地元の京都に帰るということになったSさん。なんだか寂しいですが、地元でガンガン乗って下さい。








1943WLC750

a0248662_2339542.jpg
a0248662_234012100.jpg
a0248662_23413349.jpg

a0248662_2343633.jpg

a0248662_23431959.jpg

a0248662_23465715.jpg

a0248662_23473450.jpg

a0248662_23474853.jpg
a0248662_2348264.jpg
a0248662_23481795.jpg

a0248662_23492272.jpg

北海道からお越しのHさんは4日間続けての作業。
フィード側、リターン側のオイルポンプを仮組みして回りっぷチェックし問題なし。
オイルポンプギア(ブリーザーギア)のタイミング合わせオイルポンプ組み付け、オイルをまわしチェック。
シリンダー、ピストンはホーニング作業、シリンダー下面の面研済み、ピストンリングのリングギャップクリアランスをチェックし、シートカットすり合わせ済みのバルブを組み付け。
タペット、シリンダーを組み付け、大分形になりました。







1970XLH900

a0248662_23525481.jpg

a0248662_2350262.jpg
a0248662_23532379.jpg

Tさんのアイアンスポーツ
クランクケースを本組みし、オイルポンプ本組みですが、前回チェックして問題なかったオイルポンプの回りっぷりが悪く、苦戦。
位置決めダウエルピンが付いているものの、微妙に動くポンプボディーのため、微妙な位置のずれでギアの動きが渋くなる。また今回はフィード側のギアに干渉があったため渋くなってしまったようだ。
毎回ながら、アイアンのギア式ポンプはなかなか神経質です。
ともあれ、変な引っかかり無くスムーズに回るようになりました。







1979FXE1200

a0248662_23533977.jpg


軽整備コースで入学したIさんのショベルヘッド。
作業ごとは終わり試乗し問題なし。また、今回一番の目的であるプライマリー周りからのオイル漏れも大丈夫そうです。というわけでIさんも卒業ということになります。次回はアイアンですかね(笑)








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-09-20 00:39 | その他 | Comments(0)