Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:BSA ( 107 ) タグの人気記事


2017年 11月 18日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_22195466.jpg
a0248662_2220414.jpg
a0248662_22201747.jpg

a0248662_22202977.jpg
a0248662_22204213.jpg


NさんのBSA
サイドカバーのマウント問題も一段落し配線作業へ。
ハイテンションコードは長さを合わせ製作。
また、エレクトリックレギュレーター・ペイゾンのフルトライグニッションを使うため、モジュールとレギュレーターのマウントステー製作。
A65は思いのほか置けるスペースが少ないですね。










1978TRIUMPH T140E

a0248662_22132896.jpg
a0248662_22133971.jpg

a0248662_22135122.jpg
a0248662_22141471.jpg

a0248662_22143568.jpg
a0248662_22145329.jpg

a0248662_2215155.jpg
a0248662_2215253.jpg


Tさんのトライアンフ
まずは清掃作業・化粧直しが終わった、リアブレーキ周り取り付け。
トラのリマブレーキマステー周りはなかなか取り付けが面倒。エンジンマウントステーとリアペダルシャフトとマスターシリンダーが共止め的になっています。
リア周り取り付け、フロントブレーキのブレーキホースを長さを合わせ製作。
エア抜きをしフロントブレーキ周り終わり。






1984FXS1340

a0248662_2244494.jpg
a0248662_2245563.jpg
a0248662_225641.jpg
a0248662_2251832.jpg
a0248662_2253256.jpg
a0248662_2254443.jpg
a0248662_2255587.jpg
a0248662_226473.jpg
a0248662_2262130.jpg
a0248662_226301.jpg
a0248662_2264577.jpg
a0248662_2265432.jpg


Sさんのショベルヘッド
フロントブレーキローターとキャリパーマウントの干渉問題も問題なく、OH済みのキャリパー取り付け。
ハンドルを交換したので、長くなったハンドルに合わせブレーキホース製作。オリーブの取り付けが少々面倒。エア抜きをしてFブレーキO.K
スロットルケーブルも長くなったハンドルに合わせ製作。
スロットル側のアジャスターは元々ついていたものを分解し使います。
まずはアウターケーブルの長さを決め、インナーケーブルの長さを仮組みをしてあわせます。
太鼓を板金半田で取り付け完成。
ブレーキホース・スロットルケーブルともに長さを合わせ気持ちが良いです。

by sgf1906 | 2017-11-18 22:45 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 05日

土曜日の授業風景


1968 BSA A65


a0248662_847484.jpg
a0248662_8474640.jpg
a0248662_8481487.jpg
a0248662_8484436.jpg
a0248662_8491480.jpg
a0248662_8495276.jpg


NさんのBSAはサイドカバー問題。
FRPで作られているサイドカバーは、純正タイプのクイックタイプのマウントスタッドを使うと微妙に位置の違いで留めるとサイドカバーが割れてしまいそう。
プレートタイプのマウントナットを製作し、ボルト化してカバーの位置決めが出来るように。
エアクリナー・イグンッションコイルを付けサイドカバーをそれぞれ干渉しない位置に。










1978TRIUMPH T140E

a0248662_8514896.jpg
a0248662_8521999.jpg

a0248662_8525010.jpg

a0248662_8534421.jpg
a0248662_8543323.jpg
a0248662_8545754.jpg
a0248662_8553394.jpg

a0248662_8555887.jpg


Tさんのトライアンフはブレーキ周り。
フロント・リアマスターシリンダーは分解し清掃・化粧直しして、シール交換。
フロントとリア側は中身の構造はほぼ同じ。リア側のマスターシリンダーは固着が激しく少々分解に苦戦。
キャリパーシールも交換し取り付け。











1984FXS1340

a0248662_8563174.jpg
a0248662_857649.jpg
a0248662_857254.jpg
a0248662_8575213.jpg
a0248662_8582885.jpg
a0248662_8585358.jpg
a0248662_8592493.jpg
a0248662_8594623.jpg
a0248662_90227.jpg

a0248662_91058.jpg


Sさんのショベルヘッドは車体フロント周り。
付いていなかったライザーマウントダンパーを取り付け。ハンドル交換。
インチキカラーが入っていたフロントホイールはベアリングとともにちゃんとしたベアリングカラー取り付け。
フロントキャリパーのシール交換。
手スポになっていたキャリパースタッドは圧入部は溶接肉盛りして切削しオーバーサイズ化。圧入取り付け。
ガタ付いていたブレーキパッドのスタッドもつけ直し。
Fブレーキキャリパーのサポートは上下のマウント穴が随分広がっていたので新品に交換し取り付け。なぜマウント部穴を広げていたことを知ることになる・・・。
というわけでまた次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-11-05 09:29 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 29日

1968BSA A65 クランク周り

今日はNさんのBSAのお話。
以前に書いたネタがタイミングギア周り、ギアボックスの仮組み周りまでだったかしら。
大分、間が開いてしまった。今日はクランク周りのお話。



a0248662_92382.jpg
a0248662_921664.jpg
a0248662_922735.jpg


コンロッドビッグエンド部のメタルあわせクリアランス調整。
芯だしバランス加工の外注から上がってきたクランクさん。
スラッジチューブを入れフライホイールボルトを規定トルク40N.mで締め付け、スラッジチューブボルト取り付け。
コンロッドナットも規定トルク30N.mで締め付け。
BSAのコンロッドナットは締め付け弱め。


a0248662_934673.jpg
a0248662_94924.jpg
a0248662_942148.jpg

a0248662_95271.jpg


クランクケースのスカベンジカバーのスタッド穴は穴埋め、面研済み。
ボール盤に何とかセットし、垂直だし、穴あけ、螺子山製作。


a0248662_952335.jpg
a0248662_953434.jpg
a0248662_954878.jpg
a0248662_96039.jpg


社外品のスカベンジカバーはフィルターとの穴径が合わず、4つ爪で銜え芯だし切削加工。
スタッドボルトも製作。


a0248662_96282.jpg

a0248662_965014.jpg

クランク組み付け作業へ。
BSA A65の問題点、タイミングサイドクランク軸受けクランクシャフトブッシュは交換、クリアランス調整済み。
タイミングサイドにはブッシュスラストワッシャーが入る。

a0248662_971380.jpg
a0248662_973191.jpg

ドライブ側はローラーベアリング
ベアリングの内側にシムが入りスラスト量調整。
このシムは0.13mm 0.25mm 0.08mmと用意されています。
内輪径を削り手スポにしてあるダミーベアリングを使い適正スラスト量に。

a0248662_975794.jpg

BSA A65のスラスト量はなかなか少なめで、調整が微妙。
スラスト量0.05mmに。

この後、使用するベアリングを組み付け本組み。
というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-29 09:42 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2017年 10月 08日

土曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_83995.jpg
a0248662_833144.jpg
a0248662_83433.jpg
a0248662_835772.jpg

a0248662_855424.jpg
a0248662_861666.jpg
a0248662_862670.jpg
a0248662_87942.jpg
a0248662_873096.jpg
a0248662_881536.jpg
a0248662_883441.jpg

a0248662_8183912.jpg


NさんのBSAはケーブル周り。
まずは、スロットルケーブル製作。
使うスロットルホルダーにあわせケーブルカラーを製作しアジャスターを付け、まずアウターケーブルの長さを選定。
アウターケーブルが決まったところで、インナーケーブルを製作。
スライドバルブ側のタイコを付けスロットルバルブに取り付け、レバー側までのケーブル長さを選定し、スロットル側のタイコ取り付け。スロットルホルダーにあわせタイコ形状加工。
スロットルケーブルはこれでO.K
フロントブレーキケーブルはASSY交換済みでありますが、レバー側アジャスターの交換が必要なことと、インナーケーブルが長すぎるためインアーケーブルを詰める。
ハンドルレバー側アジャスターを交換し、パネル側レーバーの働き角度が良い位置になるようにケーブル長調整。







1967TRIUMPH TR6

a0248662_885119.jpg
a0248662_891329.jpg
a0248662_8929100.jpg

a0248662_8112547.jpg

a0248662_810180.jpg

a0248662_8114435.jpg
a0248662_812654.jpg
a0248662_8122936.jpg
a0248662_8124311.jpg

a0248662_813779.jpg


Oさんのトライアンフ
ホイールのセンターだしが終わりタイヤ取り付け。
ローリングシャシー化なのですが、Rアクスルシャフトを締め付けるとタイヤの動きが渋くなる。
スピードメーターギアがアダプターとどっ付いています。これは良くあること。
アイアンのカムシムのサイズが近いのでシムをいれ取り付け。
フロントも取り付けローリングシャシーに。この車両はカスタム作業がありますので、この後TRUE CLASSICさんに行きます。
作業はギアボックッス周りへ。
製作したハイギアブッシュ、レイシャフトローギアブッシュを圧入、ホーニングしクリアランス調整しO.K








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-08 08:38 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 06日

水曜日・木曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_23312125.jpg
a0248662_23314336.jpg
a0248662_23315565.jpg
a0248662_233212100.jpg
a0248662_23323177.jpg
a0248662_23324393.jpg
a0248662_23325685.jpg
a0248662_23331636.jpg
a0248662_23332829.jpg



Iさんのナックルヘッドは先日に引き続き細かな話が続きます。
ブレーキ周りの問題が一段落しプライマリー回りの取り付けに。
プライマリーインナーカバーは前側はクランクケースでマウント、リア側はフレームとオイルタンクでマウントします。
Rチェーンガードと共止めである、プライマリーとオイルタンクのマウント部は以前から無理して留めてあったようで、穴位置が合わないです。
オイルタンク前側のマウントスペーサーを短くしてみたものの、状況はそんなに変わらないので、スペーサーの座面部に角度を付け取り付け、リア側マウント部はスペーサー代わりのシムをいれ調整。
問題なく留まるように。







1946WR750

a0248662_23334999.jpg
a0248662_2334184.jpg
a0248662_23341332.jpg
a0248662_23343175.jpg

a0248662_23345766.jpg
a0248662_23352242.jpg


MさんのWR
WL系のシングルクレードルフレームはダブルクレードルのフレームと比べ、ジャキアップなどがしづらく、タイヤ交換などのメンテナンス時に苦労します。
というわけで今回、サイクルスタンドをつけようとなんやかんや、こちらも細かな作業。
手に入れた中古スタンドはストッパー部が大分減っていて、スタンドを立てると随分寝てしまいます。また、フェンダーをカットしているため、スタンダードのサイクルスタンドマウント位置に付けると、スタンドとタイヤが干渉する恐れが。
この車両に元々付いていた、サイクルスタンドマウント用のステーと思われるものを使い取り付けることに。
このステーはボルト1本留めなので、スタンドを掛け重さがかかった時に動いてしまうので、ストッパー部分を製作し取り付け。








1971 BSA A65

a0248662_23353825.jpg


TさんのBSA A65は中古新規で車検作業です。
初めての埼玉運輸支局にて無事車検取得。
後はオイル交換し、駄目だし試乗・慣らし運転となります。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-06 09:52 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 22日

1971 BSA A65 キャブ・電装・外装取り付け

今日は前回に引き続き、TさんのBSA A65の作業内容をお伝えします。


a0248662_11322462.jpg
a0248662_11323573.jpg
a0248662_11325224.jpg
a0248662_11331498.jpg


新品のアマルコンセントリックプレミアムさんは一応分解し、面チェック・各部チェック。
ツインギャブなので左右フロートレベルを合わせておきます。
ヘッド側マニホールド面も面研磨。
キャブレーター取り付け、スロットルケーブル取り付け調整。



a0248662_1134140.jpg
a0248662_11342750.jpg
a0248662_1136755.jpg

a0248662_11362359.jpg

a0248662_11363279.jpg


配線引きなおし。
一から配線を引きなおすと電気の流れ方を理解できます。
プラグコードも長さをあわせ製作、レギュレーターも今物に交換。
点火システムはペイゾンのフロトラ。点火時期をあわせ取り付け。



a0248662_1136528.jpg
a0248662_11371292.jpg
a0248662_1137229.jpg


オイルインフレームの純正エアクリーナーカバーはインナーカバーが左右共止めで取り付けがなかなか面倒です。
仮組みしてオイルタンク・エアクリナーカバー・サイドカバーともに塗装し美しくなりました。
塗装はトリニティー卒業生のSさんにお友達価格でやってもらっています。





a0248662_11375860.jpg
a0248662_11381023.jpg
a0248662_11382193.jpg
a0248662_11383222.jpg


エキパイ・サイレンサー取り付け。
新品エキパイはやはりスンナリ付かない・・・左側は良いが、右側のエキパイは角度がおかしいので熱して曲げ修正。クローム鍍金前のエキパイって売ってたら良いのに。
サイレンサー位置もマウントステーを加工しなるべく水平に。



a0248662_11384919.jpg
a0248662_1139019.jpg


シフトペダル・Rブレーキフットペダルも熱し曲げちゃんとした位置に修正。




a0248662_11392629.jpg
a0248662_11393819.jpg
a0248662_1139562.jpg

シートも新品に交換。マウントラバーの取り付けに苦戦しつつも取り付け。
グラブバーも取り付け。



a0248662_11414461.jpg

リアチェーン周り、ブレーキ周りの調整を終え、エンジン始動へと到る。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-22 12:12 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2017年 09月 20日

1971 BSA A65 シリンダー・シリンダーヘッド組み付け



今日はだいぶ前の事になりますが、TさんのBSAエンジン腰上組みつけのことを紹介しておきます。

a0248662_23264320.jpg
a0248662_23265414.jpg

+.020”のピストンでボーリング加工済みのシリンダーさん
ピストンリングのギャップとクリアランスチェックし問題なし。

a0248662_2327466.jpg
a0248662_2327136.jpg

ヘッド側面は面研磨。


a0248662_23343565.jpg

a0248662_23272481.jpg

シリンダー自体にタペットホールが開いているBSA A65
タペットを取り付けた状態でタペット頭部分にCクリップをつけ、タペットが落ちないようになっていますが、タペットをシリンダーに取り付けた状態でCクリップを取り付けるのは非常に大変でありますので、ホースを使いタペットが落ちないように留めておきます。



a0248662_23273496.jpg
a0248662_23274572.jpg

ピストンを取り付け、シリンダー組みつけ。
71年からシリンダーベーススタッドは5/16”から3/8”に変わっています。
締め付けトルク27N.m-38N.m
規定トルクで締め付け。


a0248662_23275678.jpg
a0248662_23281016.jpg
a0248662_23281886.jpg


シリンダーにシリンダースタッドをつけヘッド取り付け。
ヘッドスタッドナット、ヘッドボルトを順番どおり規定トルクで締め付け。
締め付けトルク43N.m-46N.m



a0248662_23354387.jpg

a0248662_23362430.jpg

a0248662_23283263.jpg

ヘッドボルトが取り付けられないので、BSAはヘッドを取り付けてから、ロッカーアームをヘッドに取り付けます。
ロッカーアームのスラストワッシャー・スプリングワッシャーが落ちないようにドキドキしながら取り付け。



a0248662_23284725.jpg
a0248662_23291230.jpg

プッシュロッド取り付け。
長い方がEX、短い方がIN
タペット外側にインテーク、内側エキゾーストがくるように組みます。(あるマニュアルにはこれが逆に書かれています)



a0248662_23292148.jpg

タペットアジャスターは摺動部がドーム型したものに交換。
タペットクリアランスはIN0.2mm EX0.25mmとBSAさんはクリアランス多めです。



a0248662_23365621.jpg








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-20 09:11 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2017年 09月 17日

土曜日の授業風景

a0248662_8382895.jpg

a0248662_8481757.jpg
a0248662_8484478.jpg

土曜日はTさんの愛犬アーニー君も授業に参加




1968 BSA A65

a0248662_8391991.jpg
a0248662_8394088.jpg
a0248662_8404883.jpg
a0248662_841834.jpg

NさんのBSA
チェックごとが終わったキャブレーター取り付け。
インシュレーターを取り付けたいのですが、パーツを注文したところでどの厚みのインシュレーターが来るかわかりませんので、在庫してある何種類かの厚みのベークライトから厚みを選出し製作。
インシュレーターを製作したのは久しぶりだな。
エキパイは新品を購入済みでありますが、元々ついていたものに比べ新しいものはアールが美しくない。元々ついていたものを使うかということで磨き作業。










1967 TRIUMPH TR6

a0248662_8423571.jpg
a0248662_843034.jpg
a0248662_8432951.jpg
a0248662_8435279.jpg
a0248662_844253.jpg

a0248662_8474821.jpg


Oさんのトライアンフ
前回フロントフォークのOH作業が終わり、車体に仮組み。
フォークをつけたところで、フロント・リアホイールを取り付けセンターだし。
次回タイヤをつけるとして、製作したカムブッシュにオイル穴を開け圧入。








1985 FXEF 1340

a0248662_8441968.jpg
a0248662_8445178.jpg
a0248662_8451691.jpg
a0248662_8453421.jpg
a0248662_8455878.jpg


Tさんの4速エボ
この年式からSHOWAのフォークは微妙に変わり、銅系のアッパー側ブッシュがアウターチューブに軽圧入、鉄系のロワー側ブッシュがインナーチューブにつくようになる。
インナーチューブにアッパー・ロワー側ブッシュをつけておき、アウターチューブにインナーチューブを入れた状態でアッパー側ブッシュとシールを圧入します。
今回はブッシュは問題なさそうなのでそのまま使用。シール交換。
ネックベアリングもチェック。次回三又回りを交換する予定もあるので今回はグリスアップして組み付け。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-17 09:22 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 12日

日曜日・月曜日の授業風景

1971 BSA A65

a0248662_7513654.jpg


TさんのBSA
ロッカー周りの音問題も解消し試乗。
一回目の試乗ではキャブのニードルが外れかかって燻るトラブルがありつつも、他は問題なし。
卒業が見えてきました。





1985FXEF1340

a0248662_75211100.jpg
a0248662_752322.jpg
a0248662_7525924.jpg
a0248662_7531983.jpg


Tさんの4速エボ
サスペンシャンピボット部がオフセットし付けられているスイングアームのサスペンション取り付け部を補強の溶接し、余計なステー類は削り落とし、塗装作業。
フレーム周りもタッチアップ的に塗装。
リアホイールのベアリングチェック。状態が良かったのでそのまま使い、シール交換、スラストチェック。
この年式になるとホイールスペーサーが改良されてすね。




1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_7535168.jpg
a0248662_7541552.jpg
a0248662_7544095.jpg
a0248662_755566.jpg
a0248662_7552845.jpg


Yさんのトライアンフはギアボックッス周り。
シムを少々研磨しレイシャフトのスラスト調整。
5速ミッションの取り付け方を憶え取り付け。
カムプレートとオペレーティングクアドラントの位置決めをして取り付け。



1939EL1000

a0248662_7561948.jpg
a0248662_7564392.jpg
a0248662_7571792.jpg


Wさんのナックル
車検をとり、ハンドル交換、エキパイ交換を終わらせ試乗したところ、燻る現象が・・・。
改めてマグネトーチェック、点火時期チェック、キャブチェック。





1964XLCH900

a0248662_7575040.jpg
a0248662_7581038.jpg
a0248662_7583953.jpg
a0248662_759022.jpg


Sくんのアイアンスポーツ
調子良く走っていたアイアンでありますが、マグネトーマウントボルトが緩み雌ねじ部が終了しました。
というわけで、カムカバーを取り外し冶具に取り付け、垂直セットアップしてヘリサート。
ここにネジはNO.12-24山であります。





1951TRIUMPH T100

a0248662_7593894.jpg
a0248662_80170.jpg
a0248662_802998.jpg
a0248662_81140.jpg
a0248662_812655.jpg
a0248662_82066.jpg
a0248662_822614.jpg


Hさんのトライアンフはタイミングギア周りの取り付け。
専用工具を使いカムギアを取り付け、ピニオンギア、インターメディエイトギア取り付け、回りっぷりチェックし問題なし。
オイルポンプのチェックごとを済ませ取り付け。
オイルを入れクランキングしオイルの流れっぷりチェック。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-12 08:37 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 10日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_813253.jpg
a0248662_8133868.jpg
a0248662_8135757.jpg
a0248662_8162684.jpg
a0248662_8164585.jpg

a0248662_8171063.jpg
a0248662_8173767.jpg
a0248662_8175656.jpg


NさんのBSA
A65用のシリンダーベースナット、シリンダーヘッドボルトのトルクアダプターを製作してトルク管理し取り付け。
ローカーアーム取り付け、タペットクリアランス調整。
新品アマルさんの修正・チェック作業に。








1978TRIUMPH T140E

a0248662_8182132.jpg
a0248662_8183816.jpg
a0248662_8185572.jpg
a0248662_8192162.jpg
a0248662_8193838.jpg
a0248662_8195956.jpg
a0248662_8214675.jpg
a0248662_822616.jpg
a0248662_8222586.jpg
a0248662_822436.jpg


Tさんのトライアンフ
オフセットが多いリア側ホイールの振れとりが終わり、フレーム側へ。
スイングアームは状態が良かったのでグリスアップし取り付け。
ネックベアリングは交換し三又取り付け。
OH作業が終わっているフロントフォーク取り付け、組み終わったホイールを取り付けセンターだし。タイヤ取り付け棟上。







1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_823948.jpg
a0248662_823321.jpg
a0248662_8251783.jpg
a0248662_8262896.jpg

a0248662_8272067.jpg

a0248662_8265621.jpg


Yさんのトライアンフはフロントブレーキ周り
マスターシーリンダーのシール周り交換。実はピストンシールの向きを間違え一回目は失敗。
ブレーキホースを新品に交換し取り付け。
キャリパーシールも交換してエア抜き。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-10 08:40 | その他 | Comments(0)