Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:WL ( 48 ) タグの人気記事


2017年 10月 11日

1946WR750 Fブレーキパネル周り

a0248662_913690.jpg
a0248662_915871.jpg
a0248662_921173.jpg

MさんのWR
曲がってしまっていたシャンクルバーは新しいものに交換。
シャンクルスタッドにグリスラインがあるものではなかったので、シャンクルバー
側にグリスニップル穴加工。


a0248662_922899.jpg
a0248662_924535.jpg
a0248662_925919.jpg
元々付いていたフロントブレーキパネルは捩れ穴が開いていた状態だったので良品に交換。
パネル側にカシメて付いてるシャンクルバースタッドは大分磨耗していましたので、カシメ部分を削り抜き取り。
交換は次回。
a0248662_931089.jpg




a0248662_935942.jpg

a0248662_941516.jpg

a0248662_95998.jpg

a0248662_955275.jpg



何時ものと同じ、ガタガタだったオペレーティングカムの軸受け部はパネル側を拡大・真円にして、カムシャフト径に合わせ片肉0.5mmのブッシュ製作。
圧入しホーニングクリアランス調整し今日はここまで。


a0248662_982645.jpg
油圧プレスが終了事件があり意気消沈しつつ、床の仕上げは終わり、
新しい未来も見えてきました。
M さん有難う御座いました。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-10-11 14:18 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 10月 09日

日曜日の授業風景

1948WL750

a0248662_812654.jpg
a0248662_8123553.jpg
a0248662_813094.jpg
a0248662_8133322.jpg
a0248662_8135334.jpg
a0248662_814145.jpg
a0248662_81432100.jpg
a0248662_814528.jpg


MさんのWL
3速ミッションから4速ミッションのギア周り交換するため、ギアボックスカバーを加工。
メインローギアがカバーに干渉するため、冶具を製作しカバーを切削。
カバー側のカウンターシャフトブッシュを交換。
スプロケット(チェーン)に逃げがあるブッシュは圧入時一工夫してある専用工具を使いブッシュ圧入。
専用で作ってあるラッピングロッドを使いラッピング。
新品カウンターシャフトがガタ無くスルスル回るように。














1951TRIUMPH T100

a0248662_8152264.jpg
a0248662_8153991.jpg
a0248662_8155675.jpg
a0248662_8161478.jpg
a0248662_8163471.jpg
a0248662_8165413.jpg
a0248662_8173810.jpg

a0248662_818174.jpg
a0248662_8181992.jpg

a0248662_8184095.jpg

a0248662_8191060.jpg
a0248662_8193330.jpg
a0248662_8194892.jpg
a0248662_820463.jpg
a0248662_8201815.jpg


Hさんのトライアンフ
前回レイシャフトブッシュを入れスラストがほぼゼロだったので、インナーカバーのガスケット製作し取り付け、レイシャフトのスラスト調整。
シフターカムシャフトのブッシュはオイル漏れが無いよう、止まり穴ブッシュを製作。
ブッシュの“でっぷり”でシフターカムの位置が決まりますので、シフターシャフト・フォークを仮組みし確認。
ギアチェンジスピンドルブッシュもインアー側アウター側ともに製作し交換。
圧入後、専用ラッピングロッドでラッピング。ガタ無しスルスルに。
キックシャフトブッシュも製作し交換。
キックシャフトは段付き磨耗していましたのでシャフト交換。新品シャフトにあわせブッシュ製作し取り付け。ホーニングしクリアランス調整。














1969XLCH900

a0248662_8203545.jpg
a0248662_821461.jpg
a0248662_821233.jpg


Mさんのお友達Kさんのアイアンスポーツ。
1年以上前にエンジンがかからなくなり放置してあったようです。
急遽1日講習。
エンジンがかからなかったこと自体は、マグネトーのキルスイッチ(ON/OFFのスイッチがついていた)が悪さをしていたようで、スイッチを取り除き始動で問題なし。
ついでにエンジンオイル交換と、螺子が終了していたブレーキレバーマントボルト部をウェルド君で埋め、新しいねじ穴製作。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-09 08:52 | その他 | Comments(0)
2017年 10月 06日

水曜日・木曜日の授業風景

1947FL1200

a0248662_23312125.jpg
a0248662_23314336.jpg
a0248662_23315565.jpg
a0248662_233212100.jpg
a0248662_23323177.jpg
a0248662_23324393.jpg
a0248662_23325685.jpg
a0248662_23331636.jpg
a0248662_23332829.jpg



Iさんのナックルヘッドは先日に引き続き細かな話が続きます。
ブレーキ周りの問題が一段落しプライマリー回りの取り付けに。
プライマリーインナーカバーは前側はクランクケースでマウント、リア側はフレームとオイルタンクでマウントします。
Rチェーンガードと共止めである、プライマリーとオイルタンクのマウント部は以前から無理して留めてあったようで、穴位置が合わないです。
オイルタンク前側のマウントスペーサーを短くしてみたものの、状況はそんなに変わらないので、スペーサーの座面部に角度を付け取り付け、リア側マウント部はスペーサー代わりのシムをいれ調整。
問題なく留まるように。







1946WR750

a0248662_23334999.jpg
a0248662_2334184.jpg
a0248662_23341332.jpg
a0248662_23343175.jpg

a0248662_23345766.jpg
a0248662_23352242.jpg


MさんのWR
WL系のシングルクレードルフレームはダブルクレードルのフレームと比べ、ジャキアップなどがしづらく、タイヤ交換などのメンテナンス時に苦労します。
というわけで今回、サイクルスタンドをつけようとなんやかんや、こちらも細かな作業。
手に入れた中古スタンドはストッパー部が大分減っていて、スタンドを立てると随分寝てしまいます。また、フェンダーをカットしているため、スタンダードのサイクルスタンドマウント位置に付けると、スタンドとタイヤが干渉する恐れが。
この車両に元々付いていた、サイクルスタンドマウント用のステーと思われるものを使い取り付けることに。
このステーはボルト1本留めなので、スタンドを掛け重さがかかった時に動いてしまうので、ストッパー部分を製作し取り付け。








1971 BSA A65

a0248662_23353825.jpg


TさんのBSA A65は中古新規で車検作業です。
初めての埼玉運輸支局にて無事車検取得。
後はオイル交換し、駄目だし試乗・慣らし運転となります。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-10-06 09:52 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 26日

月曜日の授業風景

1939EL1000

a0248662_857213.jpg
wさんのナックルヘッド
一回フロートレベルの調整をした、フロートバルブ紛失事件などありつつ、調整し直し試乗、キャブセッティング。
問題無さそうで、次回長めの試乗駄目だしとなります。








WL ENGINE

a0248662_858353.jpg


a0248662_8583926.jpg
a0248662_8591477.jpg
Mさんのサイドバルブ
エンジン、ミッション持ち込みのMさんは自宅でローリングシャシー組み付け持ち込み。
ブレーキ周りチェックをしてエンジン搭載、ヘッドトルク管理して組み付け。
その他新たに持ち込んだマグネトー分解チェック。S





1979FXS1200

a0248662_8594989.jpg
a0248662_901435.jpg


S君のショベルヘッド
面チェックとネジ周りの修正
ひとつひとつ自らネジサイズを確認しタップダイスを選択する事で、駄目なネジ山を発見出来る事とともに、ネジサイズのお勉強になります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純


by sgf1906 | 2017-09-26 14:10 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 31日

1946WR750 リアホイール周り

今日はMさんのWR,リアホイール周り。
前回、ホイールベアリング周りのことをやり、16”リムから18リム化し組み付けですが、なんやかんやありましたというお話。


a0248662_10381051.jpg
a0248662_10382266.jpg
a0248662_10383221.jpg
a0248662_10395138.jpg

16”ホイール分解し、18”リム・スポーク組み付け。
リムは純正品、スポークはカドミウムメッキされている新品です。
縦方向、横方向の振れを0.1mm以内にして、フレームに仮組みしセンターだし。


a0248662_10404951.jpg
a0248662_1041621.jpg

a0248662_10411746.jpg

ホイールを組み付けようとすると、フレームが広がっていて、アクスルシャフトが締められません。
リアチェーンアジャスターの受けにもなる、アクスルスリーブのカラー(フレームの外側につける)がもともとフレーム内側に組まれていました。
フレームのがもともと広がっていた為、以前組んだ方がスペーサー位置を間違えたのでしょう。
ともあれ、強制的にフレームを縮めホイール組み付け。




a0248662_10421040.jpg
a0248662_10423512.jpg

まず、リアチェーンラインを確認し問題なし。
リムのオフセット量を調整し、リムのセンターだし。



a0248662_1042584.jpg

a0248662_10443326.jpg

リムの調整ごとが終わり、タイヤ取り付け。
スピードメーターギアドライブのマウント部が破綻していたブレーキパネルは良品に交換。
また、もともとBT用の長いリターンスプリングがついていて、ドラムと干渉していましたので、WL用の短いスプリングを取り付け。




a0248662_10451942.jpg

スペードメーターギアドライブ交換。
もともとついていたものと、Mさんが持っていたもの。
ギアがそれぞれ、ナイロン製、ベークライト製のものがついていて、交換用のギアは真鍮製。
それぞれ、微妙に(0.3mm)シャフト径が違いますので、良い組み合わせで使います。


a0248662_10453114.jpg

a0248662_10454546.jpg

カシメられて留まっているベークライトのギアを切削し取り外しシャフトを研磨し綺麗に。
シャフトケーブル側はスリーブが圧入、ギアも圧入されることでギアハウジング内で位置決めされます。


a0248662_1046053.jpg

a0248662_10461255.jpg

ケーブル側スリーブの内径加工をしてシャフトに圧入・位置決め。


a0248662_10463512.jpg

a0248662_10481951.jpg

ギア側はシャフトの段つき位置まで圧入しO.k
ケーブル側のスリーブ位置の調整でスラストがありシャフトがスルスル回るとことにします。


a0248662_10483439.jpg

というわけで、ホイール組み付け、フェンダー周り取り付け。
ドラム位置も正しいところになり、干渉していたブレーキロッドもちゃんと作動するようになりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-31 11:42 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 08月 28日

日曜日の授業風景

VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_7114772.jpg
a0248662_711598.jpg
a0248662_7121039.jpg


TさんのBSA
プライマリー周りの干渉音がしていましたので、プライマリーチェーン交換。
また、ヘッドカバーを取り付けると、打音がしカバーをとると音が収まる音問題を考察。









1971 BSA A65

a0248662_7125699.jpg
a0248662_713682.jpg


Eさんのベロセット
薄め高性能ドライブチェーンの使用を試みるも、チェーン周りのクリアランスが少ないベロセットさんはやはりプライマリーカバーと干渉してしいました・・・。ということはやはりレイノルドさんにお世話になることにして、取り付け調整。
もろもろ試乗前準備をして、次回試乗予定。












WL ENGINE

a0248662_7132494.jpg
a0248662_7133692.jpg


MさんのWL
持ち込んだトランスミッションはギア周りが随分やられていましたので、4速ミッションギアを組み込みます。欠品パーツが大分あるので、仮組みして必要部品チェック、また加工部分をチェック。
新品4速ミッションのメインシャフトのギアブッシュは少々渋めに作られていますので、ホーニングしクリアランス調整。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-28 07:32 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 14日

月曜日の授業風景


WL TRANSMISSION

a0248662_22552843.jpg

a0248662_2257677.jpg

a0248662_22555156.jpg
a0248662_22572470.jpg

a0248662_2313190.jpg
a0248662_2315418.jpg

a0248662_2319119.jpg


MさんのWL
まずは、ジェネレーターの修理。
以前にコミュテーター清掃、セグメント溝のカーボン除去済み。ブラシは厚みがまだあるのでそのまま使います。
ベアリングマウントであるエンドプレートのベアリングホールがガバガバ・・・
鉄板を巻かれてベアリングが入っていたのですが、随分前に分解していたため忘れていました・・・。
幸い中古のエンドプレートのストックがありましたので新品ベアリング取り付け。
12Vのジェネレーターのため、マウントボルト雌ネジ部が5/16”-24山。WLのマウントボルトは1/4”-24山UNSなので、1/4”-24山のヘリサートコイルを要れWLに使用できるようにします。
写真を撮り忘れましたが、組み付け完成。
ミッション分解。
元々バスケット状態で買った車両、ミッションもなかなかきています。
メンシャフト1STギアは大分減っているので使い物にならず。リバース含め1ST~3RDギア一体式のカウンターシャフトギアも1STギア部分が破損しており使い物になりません。
また、カウンターシャフトもベアリング軸受け部の虫食いが酷くこちらも使い物にならず、ブッシュ回りもガタガタ・・・
いっそのこと4速ミッションにコンバートするか?などと考えつつ保留。
このミッションも手が掛かりそうです。











1967 TRIUMPH TR6

a0248662_22581677.jpg
a0248662_22583598.jpg
a0248662_2259034.jpg

a0248662_23284987.jpg

a0248662_22591936.jpg


Oさんのトライアンフ
フロント側は終わり、今日はリア側のリム触れとり。
フロント側と打って変りリア側は苦労しつつも1mm程度の振れに。
その後フロント・リアともにドラムブレーキのあたりっぷりチェック。
こちらも、リア側の引きずりがあり、擦っているところを削りつつ調整。
これでホイール回りの作業は終わり。
で、フォーク回りの加工作業。
アウターチューブの摺動部径に合わせロワー側ブッシュを製作したものの、アウターチューブ上部入り口部が0.05mm程度楕円になっているため、ブッシュが入りません。入るようにブッシュ外径を削ってしまうと、実際の摺動部ではガタガタになっています。
というわけで、アウターチューブ入り口部分を削り過ぎないようにフラップホイルを使って研磨。
時間が掛かりましたが削りすぎることなくブッシュが入るようになりました。
この後、研磨した入り口部に合わせアッパー側のブッシュ製作します。













1978 TRIUMPH T140E


a0248662_2303249.jpg

a0248662_2259399.jpg
a0248662_230824.jpg


Tさんのトライアンフハギアボックス分解。
クランクの状態が良さそうなのでクランクは分解しませんが、ギアボックス・タイミングギア回りはチェックしておこうということで分解。
ギア問題無しで、少々隙間ができていたニードルベアリング交換、シール交換だけで済みそうです。
清掃し、ネジ修正まで済ませました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-14 23:51 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 09日

火曜日の授業風景


1973XLCH1000

a0248662_8571542.jpg
a0248662_8573251.jpg
a0248662_857466.jpg
a0248662_8581882.jpg
a0248662_8583625.jpg
a0248662_8585141.jpg

Kさんのアイアンスポーツ。
まず、キックスターターのクランクギアスラストチャックし問題なし。
キックラチェットギアとクラッチシェル側のギアのあたりっぷりチェック。
トランスミッション、キックギアの調整、チェックが終わり車体周りへ。
F・Rのホイール分解。
Rドラムは随分と段付きに減っていますのでドラム交換。
またFブレーキローターは錆がひどいので研磨にだします。
同じく錆が酷いスポークは全交換で分解。








1975XLH1000

a0248662_8592161.jpg
a0248662_8593527.jpg
a0248662_8595569.jpg
a0248662_91352.jpg

a0248662_92550.jpg

a0248662_911961.jpg
a0248662_913365.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
まずはタイミングギア周りの計測続きから。
タペットとタペットガイドのクリアランスチェックとタペットローラーのクリアランスチェック。
ヘッド分解し、燃焼室内のカーボン徹底除去後、ガイドとバルブのクリアランスチェック。
ガタが多かったのでガイド抜き取り。









1946WR750

a0248662_923193.jpg


MさんのWR
午後からの出席のため、細かなことを。
オイルタンクを取り出し清掃作業でありますが、カスタムオイルタンクのためシムやらステーやらカラーやらと分解・取り付けに苦戦。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-09 09:17 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 05日

1958陸王RTⅡ シリンダー取り付け(圧縮比測定・バルブスプリング考察)

a0248662_7462874.jpg
a0248662_7464329.jpg

今日はSさんの陸王のお話。
先日バルブタイミング計測して、今回はまず圧縮計測。
はじめてやる車両はデータを取っておく必要があります。

もともと付いていた0.3mmの厚みのヘッドガスケットを使い、液体注入法(燃焼室内に圧縮上死店時に灯油をいれ体積を調べる)で計測。
燃焼室内には88cc入る。
今回使ったピストンは71.62mm
ストローク量は96.83mmですので、シリンダーの体積計算すると
(35.81+35.81)×96.83×3.14=389,895となりシリンダー体積389ccとなる。
先ほどの燃焼室内の88ccとシリンダー389ccを足し88で割ってやると5.4
というわけで実測圧縮比 5.4:1ということになります。




a0248662_7471649.jpg
a0248662_7475858.jpg

a0248662_7482521.jpg
a0248662_7484829.jpg
a0248662_7491144.jpg
a0248662_7492477.jpg


バルブスプリング考察
カラーがはいていたバルブスプリングでありますが、WL用のスプリングと比べると約11m短い。
バルブスプリングの線径・巻き数は同じ。
陸王のバルブガイドは段付き加工されていて、WLのものと比べると約8.4mm取り付け長が短くなります。入っていたスプリングカラーの厚みは2.5mmなので、カラーの厚み、ガイドの段付き部の長さ、スプリングの長さを足すとWLバルブスプリング長をほぼ同じになります。
つまり、スプリングを短くしてサージング防止をしているものと思われます。陸王の改良点だと思われる。
というわけで、カラー取り付け本組み。



a0248662_7495314.jpg

a0248662_7502089.jpg

a0248662_8293291.jpg
a0248662_7505894.jpg

a0248662_7534558.jpg

バルブタイミング計測も終わっているので、サーキットブレーカーのシールを交換しカムカバー本組み。
でサーキットブレーカー組みつけ。
陸王さんのサーキットブレーカーは奥側にポイントコンデンサーがつくプレートが付き、ブレーカーカム、ガバナースプリングが付くガバナープレートの順番でつきます。
ガバナープレート側に位置決めのキー溝が開いていますが、350度逆でも組めてしまので、圧縮上死点位置で組みます。
先日もお話したとおり、陸王さんのタイミングは上死店位置に記印がありますんで、遅角位置で点火時期を合わせいます。
ポイントが奥、ガバナーが手前にあるため点火時期を合わせづらい・・・。
このあたりは、配線を通し電気が通った状態で改めてチェックします。

クランクをフレームに搭載。
クランクマウント部は平行が出ていたので、シム調整など無くすんなり。



a0248662_7524978.jpg
a0248662_754152.jpg
a0248662_7551820.jpg

リングギャップ、リングクリアランスのチェックをしてピストン取り付け。


a0248662_7565512.jpg

a0248662_7553920.jpg
a0248662_7571046.jpg

シリンダー取り付け、マニホールド部の平行をチェックし、シリンダーベースナットをトルク管理し本組み。
陸王さんのマニホールドはWLのY形状のものと異なり、T形状のものです。

というわけで今日はここまで。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-05 08:40 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2017年 08月 03日

1946WR750 スプリンガーフォーク


今日はMさんのWRスプリンガーフォークのお話。
ロッカーアームブッシュは以前に交換済み。

a0248662_1655845.jpg
a0248662_1661477.jpg

a0248662_1664328.jpg

a0248662_1662618.jpg

分解しそれぞれ清掃。
ブッシュ、スピンドルともに部分的に磨耗していますので、ブッシュ・スピンドル交換。
ブッシュを抜き取り、ロッカーアーム側のブッシュ圧入部計測。
楕円・磨耗無くSTDサイズのブッシュでいけます。




a0248662_1665819.jpg
a0248662_1671223.jpg
a0248662_1672589.jpg

スピンドル・ブッシュはすでにMさんがNOSものを入手済みで、ブッシュ圧入し取り付けO.K。



a0248662_1674191.jpg
a0248662_1675230.jpg
a0248662_168437.jpg

でここからが本題です。
スプリング交換のためスプリンガーフォークを分解したのですが、そんな簡単なもんじゃない。というお話。
ネックベアリングカップは問題なく、このまま使えます。
ベアリングはせっかくなので新品に交換。



a0248662_168229.jpg
a0248662_1683373.jpg

a0248662_1685327.jpg

リジットフォークにテーパー圧入されているスプリングロッドですが、ずいぶんひん曲がっています。
新品のスプリングロッドを入れてみると、明らかにハの字になっています。
これではスプリングフォーク側のスプリングロッドブッシングの受け部に通りません。
ロッカーマウント部を見てみても、スプリングフォーク側のロッカーマウント部より広がっていましたので、リジットフォーク自体がハの字に広がっています。

リジットフォークが曲がってしまい、スプリングロッドが入らなくなってしまったのでロッドを曲げたと思われます。

a0248662_1691264.jpg
a0248662_1692465.jpg

a0248662_16101064.jpg

というわけで、リジットフォークの鋳物の部分が曲がっているようなので、熱をかけ修正。
左右ロッドは真っ直ぐになり、ロッドブッシングマウント部にもすんなり入るようになりました。



a0248662_16102555.jpg
a0248662_16105080.jpg
a0248662_161117.jpg

というわけで、スプリングを付けない状態で一旦ロッカーアームを取り付け、ロッカーアームの動きをチェックし問題なし、でスプリング取り付け本組みです。
ついでに、ハンドル交換をし動かせるようにホイール取り付け。
ホイール周りは18”に交換予定ですので、また改めてホイールベアリング、ブレーキ周りはチェックします。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-03 16:49 | 1946WR750 | Comments(0)