Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:WL ( 71 ) タグの人気記事


2018年 02月 19日

1940WL750カムブッシュ

a0248662_844174.jpg

a0248662_8442317.jpg


今日はI君のWL、カムブッシュのお話。
計測作業が終わり、カムシャフトに対しガタがあったケース側のカムブッシュ4個、カバー側の#3、#4ブッシュ、ピニオンシャフトブッシュを交換することに。


a0248662_8454810.jpg
a0248662_8461435.jpg
a0248662_8462875.jpg

今回はI君自らカムブッシュ製作するということで、寸法をしっかり書き、一個づつ単品製作。
クランクケース側のカムブッシュは上部にオイル溝加工。


a0248662_8465853.jpg
a0248662_8471038.jpg
a0248662_847204.jpg

ピニオンシャフトブッシュはなかなか大変です。
オイル溝加工とオイル穴をエンドミルを使い製作。



a0248662_8473315.jpg
a0248662_8474767.jpg


ダウエルピン穴も冶具を使い加工。

a0248662_848440.jpg

カムカバー側#3ブッシュは鍔部分のギアの逃げ加工もして、7個完成。
単品製作で7個のブッシュを作るのはなかなか大変なことです。


a0248662_8482257.jpg
a0248662_8483689.jpg
a0248662_8485910.jpg
a0248662_8501584.jpg


カムカバー、クランクケース側ともに、冶具を使いブッシュ圧入。


a0248662_851313.jpg
a0248662_8512183.jpg

ラインを通しラッピング作業し、それぞれのカムが単品で回ることを確認し、スラストチェック。

a0248662_8513727.jpg
a0248662_8515096.jpg

4個のカム、ピニオンシャフトを通し、回りっぷりチェック。
今回、カム山が終了していた#1、#4カムはNOSもの新品カムに交換。
やはり、新品カムはギア山が厚い傾向があり、擦り合わせ必要です。
この辺りのお話はまた次回。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-19 09:09 | 1940WL750 | Comments(0)
2018年 02月 13日

月曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_8245448.jpg

a0248662_8251024.jpg
a0248662_8252468.jpg
a0248662_8253316.jpg
a0248662_8254419.jpg


MさんのWR
今回はWRの腰下にKRのシリンダーを取り付けようという話。でKRのバルブステム径はKモデル、WLのものよりも細く7.9mmで、ガイド圧入をするため専用工具製作。
外径加工済みのガイドを圧入しO.K
日頃やることのないモデルの作業で、まだまだ特殊冶具を作る必要がある。







NORTON COMMANDO

a0248662_826152.jpg
a0248662_8262581.jpg
a0248662_8263567.jpg


Yさんのノートンコマンド
クラッチ回り組み付けて、ギアボックッスシフター周り、キックシャフト周り組み付け。
仮組みして、シフター周りの組みなおしをしつつ組み付けO.K
この後オイルを入れ試乗、ギアボックスは問題無さそう、クラッチは少々手直しが必要です。








1979FXS1200

a0248662_8264814.jpg


S君のショベルヘッド
ミッション取り付け、リアブレーキ周り取り付け、ホースフィッティングをし、エア抜き作業でありますが、Rマスターシリンダーに問題ありで、次回考察。








1933 SUNBEAM MODEL8

a0248662_827591.jpg
a0248662_8271414.jpg
a0248662_8272442.jpg



ヘッド周りの作業後問題なく走っているサンビームさん。
キックの戻りが悪いということで、見てみればスプリングポッキリ。こいつは単品製作。
サンビームのキックスターターはクラッチハウジングを回すことでクランキングする仕組みで、車体右側にあるキックアームからクラッチハウジングに伸びるキックシャフトは長く、また、その長いキックシャフトを受けているスリーブはひ弱なギアボックスで受けています。
この仕組みはあまり良いと思えず、パドリング(押しがけ)でエンジンをかけたほうが良いのではと本気で考えます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-13 08:58 | その他 | Comments(0)
2018年 02月 07日

火曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_0513074.jpg
a0248662_0514687.jpg
a0248662_0521089.jpg

a0248662_0525315.jpg
a0248662_053735.jpg

a0248662_0533965.jpg


MさんのWR
シリンダーはKRのものを使うため、中古シリンダーを手に入れ、スリーブ加工済み。
R側のバルブガイドホールは変形無く内径もほぼ広がっていない状態だが、F側のガイドホールはIN、EXともに“剥がれ”があり加工が必要です。
バルブシートを軸に垂直リーマー冶具を使い変形が無くなり真円になるまでリーマー加工。
バルブガイドは0.02”オーバサイズのものを仕入れそれぞれのシリンダーバルブガイドホールに対し適正嵌め代になるよう、バルブガイド圧入部を切削&研磨。








1976FXE1200

a0248662_0542226.jpg
a0248662_0543393.jpg

a0248662_0544827.jpg

a0248662_0545791.jpg


Hさんのショベルヘッド
クランクの組み付けが終わり、以前に仮組み作業が終わっているオイルポンプ本組み。
タイミングギア周りも以前に仮組み、スラスト調整済みでありますので組み付け。
シール取り付け、エンジン腰下完成。






UL TRANSMISSION

a0248662_054134.jpg

a0248662_0522420.jpg


S君はULのミッションのねじ周り修正作業。
ドレンボルトのねじ山はヘリサート加工し座面面出し。
キックカバースタッド雌ネジも同じくヘリサート加工。
キックカバー、キックブッシュ部のクラックとミッションマウントスタッド部のクラックの処理に頭を悩ます。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-02-07 01:23 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 26日

月・火・水曜日の授業風景

a0248662_9254028.jpg


今週は週初めの大雪により月曜日は早めに授業を終わらせ、火曜日は午前中雪かきと、なんとなくバタバタしていましたが、生徒の皆さんは休むことも無く、雪かきまで手伝って頂いて助かりました。
店の前は日当たりが悪く解けた雪が固まっていますので、VMSへお越しの際はお気をつけください。


1979FXS1200

a0248662_925547.jpg
a0248662_926391.jpg
a0248662_9261579.jpg


S君のショベルヘッド
ネックベアリング交換・フロントフォークのシール、スプリング交換済みで組み付け。
ホイールもベアリング交換、シム調整済みでタイヤ取り付けローリングシャシーに。



a0248662_9263374.jpg
a0248662_926434.jpg








1946WR750

a0248662_9265954.jpg
a0248662_9272269.jpg



MさんのWR
T/Mスプロケットカバーのクラッチアームピボット部が随分と楕円になっていたため溶接。
スプロケットカバーの形状上、機械加工が出来ず手作業で溶接肉盛り部分を研磨しクラッチアームのピボット部ブッシュ圧入。クラッチアームのガタが無くなりました。






4SPEED MECANICAL TOP GEAR BOX

a0248662_927402.jpg
a0248662_9275879.jpg
a0248662_9281258.jpg


I君はULのトランスミッション・シフター周り考察。
ラチェットトップだったシフター周りをメカニカルトップに移植したらギアチェンジが出来なくなったというもの。
シフタードラム自体の位置が片側に寄ってしまっていて(約2mm)シフターフォークのシム調整では、ドッグギアの位置調整は難しそう。良品のシフタードラムと見比べてみることに。




1947FL1200

a0248662_1049229.jpg
a0248662_10493249.jpg
a0248662_10494340.jpg
a0248662_10495668.jpg


Iさんのナックルヘッド
シリンダーのボーリング作業が終わり戻ってきましたので、組み付けまえにお化粧直し。
また、配線の手直し作業。






1955FLH1200

a0248662_10501148.jpg
a0248662_10502157.jpg


Yさんのパンヘッド
お仕事が忙しく久しぶりに登場で、オイルラインとエキパイの取り付け。




1948WL750

a0248662_1050335.jpg


MさんのWLは外装周りのカスタム作業。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-26 14:26 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 17日

月・火曜日の授業風景

a0248662_855521.jpg






1979FXS1200

a0248662_8551977.jpg
a0248662_8553711.jpg
a0248662_8554517.jpg
a0248662_8555318.jpg
a0248662_856233.jpg
a0248662_8561224.jpg
a0248662_8562143.jpg
a0248662_856291.jpg
a0248662_8563656.jpg
a0248662_8564487.jpg


S君のショベルヘッドは車体周り。
スイングアームベアリング交換。元々ついていスイングアームは錆が酷く使わず、新たに仕入れて中古スイングアームなので、曲がりチェックし問題なし。
フロントフォークもしーる交換、スピリング交換、カラーの長さ調整して組み付け。








1976FXE1200

a0248662_903916.jpg
a0248662_904964.jpg
a0248662_905865.jpg
a0248662_912062.jpg
a0248662_91968.jpg

a0248662_92165.jpg

a0248662_913441.jpg

a0248662_925954.jpg

a0248662_914416.jpg
a0248662_915473.jpg

a0248662_95012.jpg

a0248662_952566.jpg

a0248662_953476.jpg


Hさんのショベルヘッド
も同じく車体周り、スイングアームベアリング交換。先日ホイールベアリングは交換済み。
仮組みをしたオイルポンプのオイル流れっぷりチェック。また、チェックバルブの擦り合わせをして、灯油漏れチェック。
クランクのバランス調整。左右フライホイールのバランスが随分ずれていますので、元々開いていた穴埋め作業から。








1940WL750


a0248662_98325.jpg
a0248662_981469.jpg
a0248662_982246.jpg

a0248662_983168.jpg

a0248662_984036.jpg

a0248662_984813.jpg


I君のWL
すべて自分で製作したタイミング周りのブッシュを圧入済み。
まずピニオンシャフトベアリングサイズ選択後、カムカバー取り付けピニオンシャフトの回りっぷりチェック。
#1.#2のカムブッシュラッピングし同じく回りっぷりチェック。









1946WR750


a0248662_9105859.jpg
a0248662_911753.jpg
a0248662_9111897.jpg
a0248662_9112413.jpg


MさんのWR
穴埋めしたフェンダーのパテ埋め。スプロケットカバークラッチアーム軸受け部がガバガバになっていましたので、溶接・肉盛りをして切削作業と地味な作業が続きます。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-17 09:24 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 15日

日曜日の授業風景


1984FXS1340

a0248662_912891.jpg
a0248662_915073.jpg
a0248662_92141.jpg

a0248662_922132.jpg

a0248662_924096.jpg
a0248662_925521.jpg
a0248662_932294.jpg

a0248662_992963.jpg

a0248662_934475.jpg


Sさんのショベルヘッドはリアホイール18”化
もともとついていた16”スポークは錆付きニップルが回せないのでスポーク切断し分解。
新品18”リム・スポークを組み付け振れとり。
車体に取り付け、リムのオフセットチェックしタイヤ取り付け。








1976FXE1200

a0248662_943216.jpg
a0248662_945370.jpg
a0248662_951452.jpg
a0248662_954457.jpg
a0248662_973399.jpg


Hさんのショベルヘッド
前後ホイールのベアリング交換。
テーパーベアリングのスラスト調整はクリアランス0地点を見つけるのが難しい・・・。
一旦0.2mmのシムを入れ、スラストが出ていることを確認し、テーパーベアリングに少々与圧がかかるぐらいで組み付け。





1948WL750

a0248662_983941.jpg


MさんのWLはドライブチェーンを取り付け、リアフェンダー・オイルタンク取り付け考察。
色々と作り物が多くなりそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-15 09:23 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 09日

月曜日の授業風景

1979FXS1200

a0248662_825853.jpg
a0248662_83975.jpg

a0248662_842943.jpg

a0248662_832632.jpg
a0248662_834481.jpg
a0248662_844168.jpg
a0248662_85644.jpg
a0248662_852273.jpg
a0248662_853420.jpg
a0248662_854967.jpg


S君のショベルヘッドはトランスミッション、キック周り。
減っているメインシャフトにあわせ単品製作したラチェットギアブッシュはギアに圧入しホーニングクリアランス調整し組み付け。
また、カバー側が少々変形していたキックシャフトブッシュも同じくブッシュ単品製作し圧入。
ラッピング・ホーニングしクリアランス調整し組み付け。
というわけでミッションの組みつけ作業終了。
作業は車体周りへ、ネックベアリングを交換し取り付け。











1976FXE1200

a0248662_861413.jpg
a0248662_863531.jpg
a0248662_865683.jpg
a0248662_87225.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブスプリングの取り付け長チェックは終わり、ヘッド本組み。
ロッカーのスラスト調整も終わり、トルク管理しヘッドとロッカードッキング。












1946WR750

a0248662_88285.jpg
a0248662_881754.jpg
a0248662_882955.jpg
a0248662_884195.jpg
a0248662_885127.jpg

a0248662_8441755.jpg

a0248662_892786.jpg


MさんのWR
フェンダーの穴位置を変えピリオンパッド位置変更、テールランプ配線穴あけ。
オイルタンクのステーを製作したのでタンク組み付け。
ハンドルにキルスイッチ取り付け、またケーブル類も新品に交換。ケーブルマウント取り付け。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-09 08:24 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 08日

あけましておめでとうございます。

いよいよ2018年が始まりましたね。
私事でありますが昨年は、住居・店舗の移転や息子の誕生などバタバタと忙しいながら嬉しいことがあった年でありました。
今年は工作機械も増やし、より一層作業の出来る幅を増やしていこうと考えています。
今年もよろしくお願いします。

というわけで、日曜日の授業風景です。





1948WL750

a0248662_352287.jpg

a0248662_353554.jpg

a0248662_314033.jpg
a0248662_315563.jpg
a0248662_32718.jpg
a0248662_32263.jpg
a0248662_324757.jpg


MさんのWL
T/Mスプロケットは新品に交換、トルク管理し取り付け。
クラッチハブもトルク管理し取り付け、ハブベアリングはノーマルのボールベアリングを一旦取り付けたものの、ガタが多いので、ビッグローラーを取り付けてガタ問題なし。
歪んでいたフリクッションディスクは交換し、クラッチ取り付けスプリング調整。









1968 BSA A65

a0248662_362387.jpg
a0248662_363321.jpg
a0248662_365340.jpg
a0248662_37183.jpg


Nさんは最近手に入れたホンダCS90の計測作業と螺子修正、クラッチ周りの点検をしつつ、BSAさんの点火時期調整。






1985FXEF1340


a0248662_384733.jpg
a0248662_3904.jpg
a0248662_391342.jpg


Tさんの4速エボはI君にお手伝い頂き外装のカスタム作業。





1951 TRIUMPH T100

a0248662_3114142.jpg
a0248662_3115312.jpg
a0248662_312949.jpg


トライアンフのHさんは塗装作業。







1976FXE1200

a0248662_316303.jpg
a0248662_3164386.jpg
a0248662_3165328.jpg
a0248662_317571.jpg
a0248662_317164.jpg
a0248662_317342.jpg


Hさんのショベルヘッド
バルブシートカット・擦り合わせが終わり、バルブスプリング仮組みして取り付け長チェック。
取り付け長でのスプリング圧計測。









1971 BSA A65

a0248662_3193280.jpg


先日卒業したTさんは50Km走行後、2回目のオイル交換。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2018-01-08 04:24 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 28日

月・火・水曜日の授業風景

1976WR750

a0248662_10412176.jpg
a0248662_10413066.jpg
a0248662_10415060.jpg

a0248662_1042357.jpg

a0248662_10421313.jpg


MさんのWR
オイルタンクマウント位置が悪く、現状の取り付けステーでは取り付け、取り出しが非常に大変でしたので、マウント位置変更、取り付けマウントステー製作。












1940WL750

a0248662_10462677.jpg

a0248662_10463992.jpg

a0248662_10491987.jpg

a0248662_10465149.jpg


I君のWL
タイミングギア周り、T/M周りのブッシュをひたすら単品製作。
100分台の精度を必要とするブッシュの単品製作は旋盤の勉強になります。








1976FXE1200

a0248662_10531676.jpg
a0248662_10533365.jpg

a0248662_10541930.jpg
a0248662_10543366.jpg
a0248662_10544440.jpg
a0248662_105563.jpg
a0248662_10554466.jpg
a0248662_1056750.jpg
a0248662_10562590.jpg
a0248662_10564127.jpg


Hさんのショベルヘッド
トランスミッションの本組みを終わらせ、ヘッド周りの作業。
外径、内径加工済みのバルブガイドを圧入し100分の1刻みリーマーで内径加工。
シートカット擦り合わせして、シートあたり幅、あたり位置調整。
灯油漏れチェック。










1979FXS1200

a0248662_1102510.jpg

a0248662_1113086.jpg

a0248662_1104072.jpg

a0248662_1114552.jpg
a0248662_112676.jpg
a0248662_1122633.jpg
a0248662_1123992.jpg

a0248662_11134998.jpg

a0248662_113166.jpg


Sくんのショベルヘッドはミッション組み付け。
カウンター周りのスラストは調整済み。
メインドライブギアのスラストチェックし取り付け。シールはサンダンスさんのものを使います。
メインシャフトベアリングのリテーナープレートは曲がっていましたので修正し取り付け。、
メインシャフトを取り付け回りっぷりチェックし問題なし。
カウンターシャフトを取り付け、シフター周り取り付け。
ケージ利用し、シフター位置チェック。ドラム式のシフターと違い、カムプレートタイプのものはゲージが無くても問題ないですね・・・。
ロータリートップを仮組みしそれぞれドッグギアの入りっぷりチェックしシフターフォークのシムでフォーク位置調整。














1940 INDIAN SCOUT



a0248662_11201480.jpg
a0248662_11202814.jpg
a0248662_1120481.jpg
a0248662_11211361.jpg


Mさんのインディアンは外装周りの作業
リアホイール取り外し、穴あけ加工しシート・ピリオン取り付け。
ハンドル交換に伴い、インディアンバーチカルモデルのフロントフォークトップナット位置につけるハンドルライザーをとめようとするもフォーク螺子側が駄目そう。
次回、このフロントフォークを考察する必要がありそうだ。












1973XLCH1000

a0248662_11341422.jpg
a0248662_11343590.jpg


Kさんのアイアンスポーツ
フレーム塗装のためフレーム剥離。スイングアームベアリング左側ベアリングレースロックリングが固着し苦労、破壊し取り外し。












1985FXEF1340

a0248662_11392525.jpg
a0248662_11394431.jpg
a0248662_1140835.jpg


Tさんの4速エボは外装周りの作業
フラットフェンダー取り付けに伴い、マウントステー製作。
私は溶接作業をやりませんので、在校生I君にお手伝いいただき、なんやかんやと。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-28 11:45 | その他 | Comments(0)
2017年 12月 20日

火曜日の授業風景


1951TRIUMPH T100

a0248662_746475.jpg
a0248662_7473240.jpg
a0248662_7551197.jpg


Hさんのトライアンフ
前回ローリングシャシーになりましたが、気に入らないところがあり、一旦分解・塗装作業に。





1946WR750

a0248662_7552813.jpg
a0248662_7555252.jpg
a0248662_756698.jpg
a0248662_7561961.jpg
a0248662_7563392.jpg
a0248662_7564475.jpg


MさんのWR
ネックステム、ステアリングダンパーアジャスターボルトが入る雌ねじ側修正。
ここの螺子サイズは5/8”-14山UNSタップを立て、ステアリングダンパー取り付け。
フロントブレーキ周りの修正作業に。









1940WL750

a0248662_7583085.jpg

a0248662_7571913.jpg
a0248662_7573430.jpg


WLのI君はひたすらブッシュ製作作業。








1940 INDIAN SCOUT

a0248662_7591669.jpg
a0248662_7593938.jpg
a0248662_7595247.jpg
a0248662_80819.jpg
a0248662_802678.jpg
a0248662_804139.jpg
a0248662_805860.jpg


静岡からお越しのMさんはインディアンの部分修理。
クラッチの調子が悪いということで分解作業。クラッチプレッシャープレートとアウターカバーに干渉の跡あり。
クラッチハウジングのスラスト方向の動きが非常に大きい。クラッチハウジングを留めているナットが緩んでいるのだろう。
インディアンはクラッチハウジングベアリングのギアボックス側からハウジングをマウントしている。このスカウトのギアボクスはチーフと違い蓋的のものが無く、ナットを締めるにはメインシャフトごと抜き必要がある。
というわけで、キックラチェットギアを外し、ダイナモチェーン外し、インナープライマリーものとも分解。
クラッチハウジジングナットは綺麗にねじ山が無い状態でした。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-12-20 08:18 | その他 | Comments(0)