タグ:A65 ( 3 ) タグの人気記事


2017年 03月 06日

1968BSA A65 バルブガイド

今日はNさんのBSA A65のバルブガイドのお話。

ガタがあったバルブガイドは抜き取り、ヘッド側バルブガイドホール内径計測。
楕円、傷など無く良好で径も広がっておらず、EX側12.71mm~12.72mm IN側12.70mmでSTDサイズのバルブガイドでいけます。

a0248662_81450.jpg

a0248662_815389.jpg

a0248662_81408.jpg

a0248662_812951.jpg

使うバルブとバルブガイドはkibblewhite製。
粘り硬いアルミ青銅製のバルブガイドはヘッド側ガイドホールに合わせ外径研磨。
専用生爪に銜え。あらかじめ内径拡大。粘り硬いので0.01mm刻みのリーマーを使い、ステム径+クリアランス分のサイズまで拡大。



a0248662_82326.jpg
a0248662_825515.jpg
a0248662_83744.jpg

前加工を済ましたバルブガイドをヘッドを良く暖め圧入。
圧入後、嵌め代分縮んだ内径をリーマーで内径拡大。
これがなかなか大変で、粘り硬い分すんなり切れてくれません。
こちらも0.01mm刻みでリーマーを使い内径拡大。



a0248662_834732.jpg

100分台のリーマーは切れすぎ防止か切れづらく、リーマーを通したものの内径が広がっていない場いいがありますので、リーマーを通した後内径計測し確認。
問題なくO.Kで、バルブシート周り加工となります。



a0248662_8195484.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study


東京都足立区入谷1-22-14
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-03-06 08:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 11月 08日

1968BSA A65 スイングアーム

a0248662_10462152.jpg

a0248662_1048150.jpg

今日はNさんのBSA A65のスイングアームのお話
68年までのBSAのスイングアームピボットはサイレントブロック(ゴムダンパー)が使われています。
スイングアームに圧入される外輪スリーブとシャフトの受けとなる内輪スリーブの間にゴムが注入されているものです。
殆ど稼動距離のないスイングアームのピボットとしては、ゴムで受けているためベアリングなどと比べると持ちも良く、スラスト方向のガタも出ないので良いと思われますが、交換時期が良くわからない。
ゴムが破綻すれば交換なのでしょうが、ゴムの劣化としては、柔らかくなっていくよりも、硬くなっていく方向だと思われます。ということは硬化すると動きが悪くなっていくのでしょうが、初めて扱うサイレントブロックのスイングアームで正常ののものが解りません・・・。
というわけで今回新しいものに変えてみることに。



a0248662_10464020.jpg
a0248662_10465380.jpg

というわけで、抜き取り、圧入工具製作。


a0248662_10471315.jpg

a0248662_10472953.jpg

a0248662_10474976.jpg

まずは内輪側のスリーブをプレスを使い抜き取り。
で外輪側はスイングアーム側に止まりの段付きとなっていますので押し込んで抜くことが出来ない・・・。
外輪内側にフラットバーを溶接して橋渡しをして外側に抜き取り。
こいつの抜き取りに非常に苦戦しました。




a0248662_12113395.jpg

a0248662_12115441.jpg

分解しに曲がっていたスイングアームはフレーム修正屋さんで修正済み。
塗装もパウダーコート済みで組み付け作業。


a0248662_10483933.jpg

a0248662_10493563.jpg

外輪スリーブを押す圧入工具で圧入。
ここの嵌め代は0.1mm以上でなかなか圧入がきついです。



a0248662_1049297.jpg
a0248662_10495232.jpg

サイレントブロックの内輪の長さとフレーム側スイングアーム受けのプレートの距離をあわせるため調整。


a0248662_1050137.jpg
a0248662_1050355.jpg

a0248662_1050553.jpg
a0248662_1051665.jpg

圧入したサイレントブロックの左右内輪に芯があっていません。ゴムで受けている内輪スリーブであたりまえですね。
先端をテーパーにしシャフトと合うように尻側を凸にした棒を使いシャフト取り付け。
というわけでなんやかんや苦労したスイングアーム完成です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-08 12:21 | 1968BSA A65 | Comments(0)
2016年 02月 29日

日曜日の授業風景

今日はBSA A65DAY ねじ周な一日でした。



1971BSA A65


a0248662_8412374.jpg

a0248662_8414035.jpg

a0248662_842062.jpg
a0248662_8421174.jpg
a0248662_8422256.jpg

久しぶりに登場のTさんのBSA
まずはクラッチセンターのリテーニングプレートのねじ山ヘリサート。
溶接されていたクラッチスリーブは新品にしてクラッチ周り仮組みして、チェーンホイールのスラストチェック。

a0248662_914776.jpg

a0248662_8424182.jpg

a0248662_8425964.jpg
a0248662_843995.jpg
a0248662_8432364.jpg
a0248662_8433472.jpg

こちらはカムプレート・プランジャープラグ部分のねじ山修正。
信用できる面がないケースをどうにか斜めにセットして、穴部分の垂直をだす。
下穴を開け、ヘリサートタップでねじ切り、座面を出し、コイル注入。
うまくいって一安心。





1968BSA A65

a0248662_8443799.jpg

a0248662_8444883.jpg
a0248662_845572.jpg

a0248662_8452563.jpg

a0248662_84619.jpg

a0248662_8461478.jpg

a0248662_8462690.jpg

NさんのBSA、こちらもケース周りの螺子修正。
スカベンジカバーのスタッドは中折れしたボルトを残したまま位置をずらし、メートリックのスタッドボルトをぶち込まれていました。中折れしていたスタッドを削り取り、次回穴埋めしてねじ山を作ります。
先ほどの70年代のBSAはケース周りの螺子穴がアメリカインチに対し60年代のこちらはイギリスインチ。
タイミングカバー側・プライマリーカバー側のねじ山はBSC。ケースボルトのねじ山はBSF。以前にメートリックをぶち込まれているところもある。
という感じで混乱しつつ、ひとつひとつ螺子を確認しながら螺子修正な一日でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-02-29 09:18 | その他 | Comments(0)