Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:陸王 ( 46 ) タグの人気記事


2014年 10月 30日

1950陸王VF1200 クランク回り分解・計測

Tさんの陸王のクランク回りのお話。

a0248662_215336.jpg
a0248662_22945.jpg
a0248662_221812.jpg

正確な締め付けトルクが解らない車両、クランクピンナットを緩める前にどれぐらいの締め付けトルクで締まっていたか確認し分解。
140N.mで締まっていたクランクピン、少々弱いです。

a0248662_224824.jpg

スプロケットシャフトは190N.mコチラは良いです。

a0248662_253028.jpg
a0248662_254698.jpg

で、ビッグエンドベアリング計測。
ビッグエンドベアリングレース、フロント側(この車両はフォーク側がフロント、ナイフ側がリア)は0.04mm楕円、リア側は0.03mm楕円。しかしレース自体はそんなに減っておらず。
クランクピンは段付き無し。

この車両はレース、クランクピンがそんなに減ってない割にはビッグエンド部にガタがありました。
もちろんローラーが大分減っていたのですが、車両によってレース側が減っているもの、ローラー側が減っているもの、ピンが減っているものそれぞれです。減り方の違いに何か原因はあるのでしょうか?


a0248662_26356.jpg
a0248662_264478.jpg

スプロケットシャフトベアリング計測。
レースは楕円無くシャフト段付き無しで良好。



a0248662_2134399.jpg

卒業生のNさん久しぶりに登場。
6年前にレストアしたアイアンスポーツ。タイミングホールのねじ山がナメて、泣く泣くエンジンを降ろさずヘリサート加工。今回はどうにか出来ましたが、ちゃんとやるにはケースを割らなければなりません。


a0248662_2142766.jpg

a0248662_2144923.jpg

コチラもトリニティー卒業生仲良し3人組。
元気に走っております。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-30 03:01 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2014年 10月 27日

授業風景

週末の授業風景

a0248662_2326747.jpg




1975XLH1000

a0248662_23264569.jpg
a0248662_23271054.jpg
a0248662_23283965.jpg
a0248662_23291172.jpg

Oさんのアイアンスポーツ。
クラックが入ってしまったオイルポンプボディー、NOSのボディーが届いたので交換。
オイルポンプのアイドラーギアシャフトを入れ替え、ギアとボディー面のクリアランスチェック、チェックバルブの漏れチェックをして、組み付け。
エンジンをフレームから降ろさず、エンジンを浮かせた状態での作業で、不安定なエンジンにドキドキしながら、ポンプギアを組みました。




1953FL1200

a0248662_23304054.jpg
a0248662_23305247.jpg
a0248662_23311246.jpg
a0248662_2331217.jpg

Nさんのパンヘッドは引き続き、ミッション組み立て。
楕円になっていて、虫食いがあったメインベアリングレースラッピング。
元々大分広がっていた、レースは楕円と共にテーパー気味。ラッピングし真円になったものの市販のオーバーサイズローラーではクリアランス過多に。レース交換です。
カウンター側はオーバーサイズローラーを組みサイドスラスト調整。





1950陸王VF1200

a0248662_2334070.jpg
a0248662_23345775.jpg
a0248662_2337491.jpg
a0248662_23372674.jpg
a0248662_23373875.jpg

Tさんの陸王はダイナモ最終調整後、フロントホイール分解。
変な引きずり方をしていたフロントブレーキはピボット部とドラム壁面に擦った跡が。
ドラム側のローラーベアリングはケージが粉砕しています。
VLホイールの軸受けは片側はドラム側、片側はホイール側についており、スプラインで結合しています。
ドラム側のベアリングが駄目になったことで、ドラムが動きブレーキパネルのピボットと干渉していたのでしょう。





1992長江
a0248662_23381666.jpg

a0248662_23384299.jpg

a0248662_23403716.jpg

a0248662_23405759.jpg

Hさんの長江は分解作業。
テーパー結合されているクラッチハウジング(フライホイール)はテーパーがきつく非常に苦労。
同じくテーパー結合のオルタネーターもプーラーを引っ掛けるところも無く、特殊工具も無いため悩む。
BMWの専門家に聞いてみるも「BMWの構造とちと違う」とBMWの特工は使えず・・・。
オルタネーターを破壊して、溝を作りつめを引っ掛けプーラーで抜く。
初めてやるエンジン、悩みながらの作業です。





1971XLH900
a0248662_23433768.jpg

a0248662_23435235.jpg

Hさんのアイアンスポーツは純正マフラーに交換。
排気漏れしていたR側のクランプは社外の強力クランプに交換。
この後キャブセッティングです。




a0248662_23462079.jpg

a0248662_23464495.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-27 00:27 | その他 | Comments(0)
2014年 10月 04日

授業風景~計測天国~

今日は3人とも清掃&精密計測ごと
マイクロメーター、シリンダーゲージの扱いも大分慣れ、終盤にはちょっとしたハイ状態に。

a0248662_22443264.jpg






1980XLH1000

a0248662_2246247.jpg

a0248662_2245691.jpg
a0248662_22452490.jpg

アイアンスポーツのタイミングギア回りシリンダー回りの計測。
ピニオンギア、#2ギアブッシュは交換決定。





1953FL1200

a0248662_22462145.jpg

a0248662_22475370.jpg

a0248662_22465842.jpg
a0248662_2247930.jpg

Nさんのパンヘッドはヘッド回りとシリンダー回り計測。
数値的のは良かったのですが、カーボンを落とした燃焼室にはショッキングなことが・・・。





1950VF1200

a0248662_22481078.jpg
a0248662_22482918.jpg
a0248662_2248467.jpg

Tさんの陸王はコンロッド回り、シリンダー計測。
コンロッドはスモールエンド、ビッグエンド共に楕円が酷い。
鉄ピストンにしてはクリアランス多いな~。



a0248662_224956.jpg

バイク1台1台、カルテ的にデータを取っているのですが、一気に3台精密計測だとノートが書ききれません・・・。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-04 23:14 | その他 | Comments(0)
2014年 09月 25日

1950陸王VF1200 エンジン分解作業

今日はTさんのエンジン分解作業のお話。

a0248662_0531430.jpg
a0248662_0534184.jpg

まずはバルブ回り分解。
バルブの傘は大分減っています。コイツは交換予定。

a0248662_0541546.jpg

フレームからエンジン腰下を降ろし、分解していきます。

a0248662_0535223.jpg

ハーレーでは34年~36年までの2年間使われていたオイルポンプ。
フィード側だけでリターンはしません。アクセルワイヤーと連動し、アクセル開度によりオイル送り量が変化します。
私のVLDもこのオイルポンプです。

a0248662_0543731.jpg
a0248662_0544627.jpg

フロントコンロッドは三菱製、リアコンロッドはハーレー製が付いていました(笑)

a0248662_0545823.jpg
a0248662_055862.jpg

カムカバーを開け、専用工具でたぺットを抜く。
#3カムには2つのタイミングマークが。仮組み時にカムタイミングを測ってみます。

a0248662_0552183.jpg

ピニオンギアを抜き、クランクケースをわります。
ピニオンギアとピニオンシャフトの嵌めあいは良好。

a0248662_0553455.jpg
a0248662_0554443.jpg

タイミング側のクランクシャフトの軸受けはブッシュです。
コイツはなかなか問題があるつくりで、オイルポンプから圧送されたオイルは、ピニオンシャフトを通りクランクピンへ行きビッグエンドベアリングを潤滑するのですが、こいつはピニオンシャフトにオイル穴が開いており、ブッシュを潤滑しています。その為ブッシュとシャフトにガタがあると、ブッシュ側に油圧が逃げ、ビッグエンド部へのオイル圧送量が減ってしまいます。

a0248662_0555539.jpg

清掃後、計測地獄となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-25 00:56 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)
2014年 09月 16日

授業風景

1939EL1000

a0248662_8311594.jpg

Wさんのナックルヘッドは、初めのオイル交換(50Km走行後)増し締めを済まし試乗。
エンジン、キャブ、シャシー回り共に問題ないでしょう。
ワタクシも乗せてもらいましたが、軽やかに回るエンジンでパンチもある。1000ccのELいいですね。
右バンクで擦ってしまうフロントマフラーの取り付け位置を変えれば、非常に楽しめるのでは。





1975XLH1000

a0248662_8321836.jpg

a0248662_8322838.jpg

Oさんのアイアンスポーツ
段付いてしまっていたRドラム面研間し、ブレーキ回り調整。





1979FLH1340

a0248662_8324059.jpg

Fくんのショベルヘッドはトラブルでガソリンタンクの塗装が剥がれてしまう・・・。
剥離で落とし再塗装。





陸王VF1200

a0248662_8325315.jpg
a0248662_8331293.jpg

陸王のTさん
鉄ピストンとピストンピンの嵌めあいが非常に硬く、大先輩H氏所有のピストンピンプーラーで抜き取る。
バルブを抜き清掃、カーボン除去。





a0248662_833312.jpg
a0248662_8334615.jpg

3連休最後の夜、新入生Tさんの歓迎会も兼ねて、足立区の「つきじ」でお酒をたしなみました。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-16 08:56 | その他 | Comments(2)
2014年 09月 15日

陸王1200授業開始

Tさん陸王VF1200授業開始。
この車両はワタクシが所有しているVLの陸王版。
エンジンは陸王、シャシーはハーレーのVLです。

a0248662_830526.jpg
a0248662_8303181.jpg

憧れのCORBINメーターが付いている。

a0248662_8311841.jpg

クランクケースには三菱のマークが。

a0248662_8305849.jpg

鉄ピストンが入っていました。
オイルリング無くコンプレッションリングが3本。ピストンにはシリンダー内壁潤滑の為のオイル穴が開いています。

a0248662_8313194.jpg






a0248662_914525.jpg

a0248662_92911.jpg
a0248662_922193.jpg

近所の氷川神社のお祭り。
ガレージ前に並べたバイクが倒されないかドキドキしつつ、秋葉原時代の神田明神のお祭りを思い出します。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-15 09:08 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)