Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:陸王 ( 50 ) タグの人気記事


2015年 07月 18日

1950 陸王VF1200 クランク芯だし あともろもろ

今日は陸王のクランク芯だし。

a0248662_23511510.jpg


a0248662_23513742.jpg

まずはピニオンシャフトとスプロケットトシャフト締め付け。
マニュアルに規定トルクなどは記載されていないので、分解時に計測した締め付けトルク、1901N.mで締め付け。テーパーの利きも良し。


a0248662_23515981.jpg

Rテックさんで曲がり修正してもらったコンロッド。

a0248662_23523868.jpg

ハーレー製と陸王製のコンロッド、陸王製のほうが粘りがなかったとか・・・。

a0248662_23521576.jpg

フライホイール組み付け。
この年代のコンロッドはフロントがフォーク側、リアがナイフ側が組まれています。


a0248662_2353785.jpg

a0248662_23531741.jpg

a0248662_23532813.jpg

a0248662_23534757.jpg

このフライホイールはドライブ側(厚いほう)がタイミング側より小さいです。
その場いい左右の隙間をシックネスゲージで測っておき、それを目安にして、図Cの進行方向のシャフトの振れを調整します。
私の場合は、図Cの進行方向のシャフトの振れを調整した後に、図A、Bの縦方向の振れを調整します。

a0248662_23541468.jpg

左右フライホイールの隙間と幅を目安にして、偏心検査器でシャフトの触れを見つつ、閉めたり広げたり叩いたり。

a0248662_23544184.jpg

a0248662_23545549.jpg

クランクピンナットは最終的に200N.m+αで締め付け。
このへんもマニュアルには記載なく、もともとも随分緩く止まっていました。

a0248662_23551350.jpg

ドライブ側(スプロケット側)タイミング側(ピニオン側)ともにシャフトの振れ0.01mm程度に。








後はもろもろ製作もの


長江コンロッド・スモールエンドブッシュ

a0248662_2359375.jpg

a0248662_23575749.jpg

a0248662_23581165.jpg

a0248662_23582112.jpg

Hさんのスモールエンドブッシュ、コンロッド径、新たに使うピストンピンに合わせ製作。
程よいサイズのブッシュ材が間に合わず、太めの材料で製作。
圧入しやすいように、“案内”部分を作る。




ケイヒン用スロットルアジャスタースクリュー製作

a0248662_23591914.jpg
a0248662_23592863.jpg

a0248662_23593966.jpg

Hさんようのスロットルアジャスターを真鍮で製作。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-07-18 00:50 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 06月 13日

1950 陸王VF1200 コンロッドスラスト あともろもろ

Tさんの陸王コンロッドスラスト調整

a0248662_8395066.jpg

a0248662_8441833.jpg

a0248662_8404110.jpg

a0248662_841998.jpg

a0248662_841532.jpg

空回りしていたスラストワッシャー、新品1.35mmのワッシャーを入れ仮組みし計測。
スラスト量は0.3mm程度。
芯出しをしていくと縮んでいく傾向があるのでこのワッシャーでいきます。
というわけでフライホイールにかしめる。



a0248662_8444445.jpg

a0248662_84595.jpg

a0248662_8452283.jpg

クランクを組む前に、気になっていたコンロッドの曲がりを冶具を作りチェック。
フォーク側は良いがナイフ側は捻じれがあるようです。
こいつは修正。


a0248662_8453419.jpg

a0248662_8454594.jpg

錆びさびだったFXEのシリンダーはブラスト後お化粧直し。


a0248662_8455972.jpg

お預かりしていたSさんのトライアンフ、車検作業終わり。


a0248662_8461312.jpg

お休みの木曜日はパーツ置き場が無くなった第二ガレージの棚作り。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-06-13 08:58 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 05月 02日

1950 陸王VF1200 コンロッド・ビッグエンドレースラッピング

今日は陸王のコンロッドビッグエンド周りのお話。
楕円や虫食いが多かったベアリングレースをラッピングします。

a0248662_1331470.jpg

a0248662_1332949.jpg

まずはリア側(ナイフ側)から
虫食いなどはないものの、計測すると縦、横で0.02以上に楕円状になっており、レースの真ん中部分と端部分で0.04mmの差があります。逆樽状になっているのです。

a0248662_1334748.jpg

レースに対し与圧がかかる程度にラッパーを広げラッピング。
圧がかかっていないと(ガタがあると)真円に削れていきません。
圧が無くなったらすぐにラッパーを広げ、常に与圧がかかっている状態にします。

a0248662_134775.jpg

逆樽上に変形しているレースは苦労するのですが、うまくいきました。
楕円無くレース内径 38.125mmに。

a0248662_1351622.jpg

続いてフロント側(フォーク側)
こちらも縦横方向で0.04mm楕円に。2連になっているレースは左右で0.03mmサイズが違います。
ちなみにOHVモデルと違い古いサイドバルブはフロント側にフォークコンロッド、リア側にナイフコンロッドとなっています。
フロント側になるフォーク側はオイルが通る加工がされています。


a0248662_1352745.jpg
a0248662_1355866.jpg

リア側も苦労しつつも、ドライブ側レース、タイミング側レース共に38.125mmに。


a0248662_1362377.jpg

欠け虫食いがあったクランクピンはJIMS製新品に交換。

a0248662_1363455.jpg

ローラー径は6.35mm クランクピン径は25.4mmで
クリアランスはフロント、リアともに0.025mmに。

a0248662_1383558.jpg

コンロッドをつけフライホイールを仮組みして、コンロッドスモールエンド部の振れチェック。
フロント側(フォーク側) 0.9mm
リア側(ナイフ側) 0.25mm

というわけでビッグエンドベアリングO.Kです。 





1978FXS1200

a0248662_1385095.jpg


トリニティー卒業生のNさん
早いものでもう2年。軽整備、車検を済ませ、地元の大阪まで帰っていきました。
こっちでは高速道路巡航をほとんどしていなかったため、キャブセッティングをしながらの帰路であったようですが、無事到着し次の日にはFXで大阪の町を流したそうです。

大阪行ったときには宜しくです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-05-02 02:17 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 04月 25日

1950 陸王VF1200 バルブ&バルブガイド シートカット擦り合せ

今日はTさんの陸王バルブ周り。

a0248662_014537.jpg

状態が悪かったバルブは新品に交換。

a0248662_015311.jpg

まずはリアシリンダーから。
新品バルブステム径に対し、ガイド穴径は0.1mm程度のクリアランスだったのでそのまま使うことに。
サイドバルブのバルブガイドとバルブステムのクリアランスは大きめ、構造上バルブステムにオイルが行きづらいためです。
カーボンを落とす程度にリーミング。

a0248662_0152560.jpg

シートカット&擦り合せ。
a0248662_0173098.jpg

インテーク側、エキゾースト側ともにバルブとシートのあたり幅を1.5mm程度に。

a0248662_01844.jpg

ポート内に灯油を入れバルブとシート面から漏れが無いかチェック。


a0248662_0182959.jpg

フロントシリンダー側はガタが多かったのでガイド交換。
鋳鉄ガイドと鋳鉄シリンダーしかも圧入距離の長いサイドバルブのバルブガイド、古い車両だと結構固着しています。今回もインテーク側ガイドは割れてしまいました。
古い鋳鉄ガイドは熱が入り抜く際に割れてしまう事が多いです。鋳鉄ガイドあるあるです。
ともあれ苦労しつつ無事抜き取り。

a0248662_0183974.jpg

ガイド抜き取り後、シリンダー側ガイドホール計測。
ホールは状態良く、STDサイズのガイドでいけます。

a0248662_0185227.jpg

a0248662_019780.jpg

で陸王ガイド用の生爪製作しガイド内径リーマー加工。


a0248662_0191820.jpg

a0248662_0195741.jpg
a0248662_020736.jpg

a0248662_0201840.jpg

ガイド長さ、圧入距離が長いためOHV用の圧入工具が使えない為、工具製作。
ガイド圧入。
圧入距離の長いサイドバルブのガイドはハメ代を多く取ってしまうと入らなくなってしまいます。
お気をつけを。

a0248662_020463.jpg

a0248662_0212449.jpg

ガイド圧入後、縮んだガイド内径をリーマーで真円拡大。
ステムに対し0.08mmのクリアランスに。


a0248662_0215847.jpg

a0248662_0221486.jpg

ガイド内径に合わせて、ピッタリのシートカット工具用のシャフト製作。
圧入したガイドに合わせシートカットしますので、ここがピッタリではないといけません。

a0248662_023869.jpg

a0248662_0222959.jpg

虫食いが合った45度面をカットし45度面をべたあたりに。

a0248662_0232343.jpg

60度面、30度面は少々カットして、バルブの傘面とシート面のあたり幅が1.5mmなるように調整し擦り合せ。

a0248662_023365.jpg

a0248662_0234749.jpg


a0248662_0235850.jpg

灯油チェックしてO.K

a0248662_0241382.jpg

最後にホーニングして仕上げバルブ周りの作業終了です。




後は製作もの


1950EL1000

a0248662_0251739.jpg

a0248662_0253026.jpg

Mさんのパンヘッド用のガイドホールリーマー冶具製作。
サイズ違いのリーマー2本分です。



1955FL1200

a0248662_025456.jpg

寸法違いだったYさんのパンヘッド用のスターターラチェットブッシュ作り直し。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-04-25 01:06 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
2015年 03月 21日

1978FXE1200 ロッカーアームブッシュ あともろもろ

今日はショベルFXEのロッカーブッシュのお話。

a0248662_23532522.jpg

ロッカーアームブッシュは少々のガタが、計測すると0.06~0.09mm。
ブッシュ交換します。

a0248662_23534683.jpg
a0248662_23541397.jpg

a0248662_23544068.jpg

使うJIMS製のブッシュはシャフトに対し0.1mm以上内径が小さめに作られています。
そのまま圧入するとリーマー加工が非常に大変なので、専用生爪に銜え予め内径拡大。
シャフトにブッシュがギリギリ通るぐらいにしておきます。

a0248662_23545245.jpg
a0248662_2355285.jpg

加工後ロッカーアームにブッシュ圧入。
バルブ側はオイル穴を合わせます。

a0248662_23551783.jpg

ブッシュ圧入後、ハメ代分縮んだ内径をラインリーミング。
旋盤に銜えていますが、手回しでリーマーを通します。

a0248662_23553212.jpg
a0248662_23554168.jpg

ラインリーミング後、ロッカーアームとシャフトは通るものの、少々動きが渋いのでラップロッドを使いラッピング。

a0248662_23554967.jpg
a0248662_23555854.jpg

ホーニングをして仕上げ。
ガタ無くスルスル動くロッカーアームに。





1980XLH CLUCH GEAR BUSH

a0248662_2357179.jpg

a0248662_23571122.jpg

こちらはIさんのアイアンスポーツT/Mクラッチギア
このクラッチギアの軸受けは片側ブッシュ、片側は二-ドルベアリング。
ここのニードルベアリングは爪が噛むところが無く抜くのに非常に苦労します。
今回も二ードルベアリングが抜けず破綻。旋盤でクラッチギアに残った保持器部分を切削して薄くし抜き取る。

a0248662_23574749.jpg

a0248662_23575774.jpg

アイアンでは珍しくガタが多かったクラッチギアブッシュを抜く。
クラッチギア内で空回りしていたらしく、クラッチギアが少々磨耗し新品ブッシュとのハメ代が少なく使えない。

a0248662_2358880.jpg

a0248662_23581912.jpg

というわけで、オーバーサイズのクラッチギアブッシュ製作です。





陸王 VALVE GUIDE

a0248662_23583774.jpg

こちらはTさんの陸王(VL)のバルブガイド加工です。
まず、バルブガイドを銜えるための専用生爪製作。

a0248662_2359193.jpg

a0248662_23593658.jpg

バルブガイド内径をインテーク、エキゾーストそれぞれバルブステムに対しクリアランス0.08mmのサイズのリーマーで拡大。(サイドバルブのバルブガイドとバルブステムのクリアランスは大きめで)


a0248662_00086.jpg

a0248662_002165.jpg

a0248662_003591.jpg

VLのバルブガイド内径はOHVモデルのものよりも少々小さめ。バルブステムとガイドの長さもあるため、OHVモデル用のガイド圧入工具が使えないため、工具作り。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-21 00:38 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 03月 17日

1950 陸王VF1200 コンロッド・スモールエンドブッシュ

今日はTさんの陸王スモールエンドブッシュのお話。

a0248662_023546.jpg

エンジン分解時に既にブッシュが手スポだったスモールエンド部。
こりゃコンロッドの穴は楕円だろうな・・・・と計測したところ、ブッシュ抜けてしまっていたF側はもちろん楕円に。ブッシュがちゃんと残っていたR側はもっと酷く部分的に0.19mm以上差異が・・・・。

a0248662_0232521.jpg

これはうちでは手に負えず内燃機屋さんで真円修正。
もちろん変形が酷かったR側は大きめ。


a0248662_0234453.jpg

元々入っていた鉄ピストンは使わず、アルミピストンに変更。
というわけで、加工したスモールエンド部径と使うピストンピン径に合わせブッシュ製作します。

a0248662_0235728.jpg
a0248662_024526.jpg

鉄ピストンの左右ピストンボスの距離(42.7mm)に対し元々付いていたブッシュの全長は39.4mmでスラスト量3.3mmとっていました。

a0248662_0242015.jpg

新たに使うアルミピストンの左右ピンボスの距離は34.4mmで鉄ピストンのよりも距離が少ないです。
ショベルやパンのコンロッドピストンピンボス距離(スラスト量)は4.5mm程度でこの距離を参考にしてブッシュ全長を選定。


a0248662_0243497.jpg
a0248662_0244418.jpg

a0248662_0245669.jpg

というわけでブッシュ製作。一応オイル溝もつけました。
ナックル以降の車両に比べ、コンロッドの肉厚が薄く、ブッシュの肉厚が厚いです。

a0248662_0254141.jpg

でブッシュ圧入。

a0248662_0255138.jpg

ブッシュのでっぷりはこんな感じ。ピストンのスラスト量は4.5mm程度。

a0248662_0261824.jpg
a0248662_0262728.jpg

いつもの様にリーミング後、ホーニング。

a0248662_0264174.jpg

ガタ無くスムーズさんです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

by sgf1906 | 2015-03-17 01:00 | 1950 陸王VF1200 | Comments(0)
2015年 03月 15日

1978FXE1200 クランク  あと、もろもろ

今日はショベル・FXEのクランク周り

a0248662_138885.jpg

まずはコンロッドのガタチェック。
コンロッドのスモールエンド部を計測すると、ビックエンド部のクリアランスをある程度予想することができます。
フロント側は1.0mm以下 R側は0.2mm以下 でクリアランス0.03mm程度と考えられます。
というわけでビッグエンドは問題ないと判断。

a0248662_1382091.jpg

サイドスラストも問題なし。

a0248662_1384137.jpg

左右それぞれ0.03mm程度の振れがあったクランクは芯出し。



ドライブ側、タイミング側ともに0.01mm以下の振れにしました。





陸王スモールエンドブッシュ

a0248662_139163.jpg
a0248662_13926100.jpg
a0248662_1393546.jpg

こちらは陸王VFのスモールエンドブッシュ製作。
コンロッドスモールエンド部の変形がひどかったので、真円修正後コンロッドにあわせブッシュ製作。





1953FL バルブガイド

a0248662_1395367.jpg

a0248662_140148.jpg

a0248662_1402677.jpg

a0248662_1403662.jpg

こちらはパンヘッドのバルブガイド加工
テーパー状に変形していたシリンダーヘッドのバルブガイドホールを真円修正後、ガイドホールに合わせガイド径切削、ガイド内径リーミング。





1962 NORTON 650SS

a0248662_1405584.jpg

a0248662_141818.jpg

a0248662_1411865.jpg

a0248662_1412942.jpg

急遽登場したHさんはギアボックス周り。
メインドライブギアブッシュにオイル溝加工した後、圧入。メインシャフト、レイシャフトそれぞれ組み立て、仮組み。
地獄のような現場が終わり、バイクいじりに幸せを感じていました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-03-15 00:04 | 1978FXE1200 | Comments(0)
2015年 02月 26日

授業風景

今日も平日の授業風景



1963FL1200

a0248662_0285396.jpg

a0248662_0292425.jpg

a0248662_0293662.jpg
a0248662_0294927.jpg

a0248662_0301954.jpg

Sさんのパンヘッド。
仮組みしロッカーアームとバルブのあたりっぷりチェックが終わりヘッド本組み。
新たに使うアルミ製のパンカバーにパッドを付け、パンカバーを組むとヘッドカバースクリューのヘッドのねじ山がナメた様子。急遽ヘリサートしヘッド完成。





1950VF1200

a0248662_0322152.jpg

a0248662_0325352.jpg
a0248662_033556.jpg
a0248662_033171.jpg
a0248662_033259.jpg

a0248662_0333547.jpg

Tさんの陸王。
カムブッシュの加工が終わり、4つのカム、アイドラーギア、ピ二オンギアを仮組みし回りっぷりチェック。
スルスル回りO.Kだったのでスラスト量チェック。
バルブ側に移り、シートカット擦り合わせ開始。




1970TRUMPH T120]

a0248662_0335576.jpg

a0248662_0341596.jpg

a0248662_0344122.jpg

a0248662_035557.jpg

Kさんのトライアンフ。
ケースを組む前になんかんや仮組み。
ミッションを仮組みし、シフトチェンジチェック。
ベアリングを圧入しクランクも仮組み。カムシャフトのスラスト量が少ない、購入したカムギア工具が加工しないと使えない、などなどありながらも、仮組みチェック終わり。次回は本組み。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-26 00:55 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 24日

授業風景

日曜日よりも賑わう最近の平日クラスの授業風景。



1947FL1200

a0248662_134831.jpg

a0248662_14368.jpg
a0248662_141219.jpg

ナックルヘッドのIさんはバルブシートカット&摺り合わせ。
以前にシートリングを打ち替えているようで状態良し。





1963FL1200

a0248662_142684.jpg
a0248662_143567.jpg
a0248662_145821.jpg
a0248662_155157.jpg

パンヘッドのSさん。
ロッカーアームブロックの加工が終わりヘッド本組み。
新品ロッカーアームとバルブのあたりが気になったので仮組みしあたりっぷりチェック。





1950VF1200

a0248662_16675.jpg

a0248662_161941.jpg
a0248662_163323.jpg
a0248662_17415.jpg

Tさんの陸王。
ケース側#1カムブッシュを製作し圧入。カムシャフト径に合わしたラップロッド製作しすり合わせ。
スルスル回るようになりました。
その後、パーツが出ていないカムカバーガスケット製作。






a0248662_1172975.jpg


トリニティー時代にレストアしたE本さんのBMW R12がモトラッドジャーナルに掲載されました。
最新高級BMWが載っている雑誌のページを捲って行くと現れるR12は、なかなかショッキングです。
御覧あれ。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-24 01:27 | その他 | Comments(0)
2015年 02月 16日

授業風景

今日は週末の授業風景



1980XLH1000

a0248662_23472648.jpg

a0248662_23474190.jpg

a0248662_2348455.jpg

Iさんのアイアンスポーツはカムブッシュの圧入が終わり、ラインリーミング。
クリアランス詰め過ぎか4つのカムギアを組むと動きが渋いところがあります。
少々ラッピングが必要です。





1953FL1200

a0248662_23483136.jpg
a0248662_23484863.jpg
a0248662_23485829.jpg

a0248662_234911100.jpg

Nさんのパンヘッドはバルブインナースプリングを仮組みして、アウタースプリングの取り付け長計測。
ロッカーアームシャフトの研磨、ロッカーアームブロックのラッピング真円加工が終わり、規定トルクで締め付けチェック。
ガタ無く、引っかかり無くトュルトュル。新品のものより良い状態なのではないか。





VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_23502113.jpg

a0248662_23503328.jpg

a0248662_23504538.jpg

ベロセットのEさんはマグネトー進角ワイヤーのパーツを製作。
ほとんど私の指導無く、一人でパーツを製作できるようになってしまいました。





1950陸王1200
a0248662_23513511.jpg

a0248662_23515074.jpg

陸王のTさんは圧入したカムブッシュのラッピング。
カバー側、ケース側でサイズが違うカムシャフトにあわせラッピングバーを製作しラッピング。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-16 00:10 | その他 | Comments(0)