Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:車体 ( 56 ) タグの人気記事


2017年 09月 07日

1967TRIUMPH TR6 フロントフォーク

a0248662_15582745.jpg

今日はOさんのトライアンフ・フロントフォークのお話。
錆が酷かったインナーチューブは新品に交換。
ローダウンのため切られていたスプリング交換。
シール類ももちろん交換で、ガタが多かったブッシュも交換します。
で、トライアイフの新品フロントフォークブッシュはものによりサイズがまちまちのようで、単品で購入してもサイズが合うと限りません。
トライアンフ専門店であれば大量のブッシュを在庫しているでしょうが、うちではそういうわけには行かないので、単品製作します。





a0248662_1557127.jpg

a0248662_15585032.jpg

a0248662_1635248.jpg

a0248662_1559226.jpg

まずはロワー側ブッシュ製作。
このモデルのトラのフォークはアッパー側ブッシュは鍔付ブッシュでアウターチューブにシールホルダーにより固定され、インナーチューブと摺動。ロワー側はインナーチューブに固定されインナーチューブとともに上下運動しアウターチューブ内で摺動します。
ですので、ロワーブッシュの外径はアウターチューブ内径にあわせクリアランスを考え製作するのですが、アウターチューブ自体の内径がバラバラであります。
特に入り口はアウターチューブ内よりも0.05mm以上縮んでいて楕円になっています。
ここに入るようにブッシュをつくってしまうと中でガタガタとなるので入り口部を研磨して、アウターチューブ内径に合わせたブッシュが入るように研磨。




a0248662_15591895.jpg
a0248662_15593022.jpg
a0248662_1559423.jpg

研磨したアウターチューブ入り口部(ここにアッパーブッシュが入る)のサイズに合わせ外径を決め、新品インナーチューブ径にあわせ内径を決めアッパー側の鍔付ブッシュ製作。
内径30mm以上のブッシュを作るのはなかなかシンドイ。



a0248662_160368.jpg
a0248662_16027100.jpg

a0248662_1605978.jpg

a0248662_1604263.jpg

a0248662_1611097.jpg

インアーチューブにマウントナットによってロワー側のブッシュが固定されますが、新品インアーチューブにはネジの“逃げ部”が無くブッシュナットが入りません・・・。
ナット側を加工し取り付け。




a0248662_16639.jpg

a0248662_1613918.jpg
a0248662_1615273.jpg

先ほどもお話した通りアウターチューブ内径は寸法がまちまちですので、アッパー側ロワー側ブッシュを取り付け、ロワー側ブッシュにラップ粉をつけ研磨します。
また、アッパー側ブッシュを固定する役割もあるシールホルダーを取り付けると状況が変わりましたのでホルダーをつけた状態でラッピング。
引っかかり無くスムーズに動くようにします。



a0248662_1642323.jpg

a0248662_1643486.jpg

新品インアーチューブに合わせシャトルバルブ外径も切削し取り付け。



a0248662_1644913.jpg
a0248662_165358.jpg

シールホルダーにシール取り付け組み付け。
車体周りに変更点が多い車両のですので、車体周りの作業が大変そうです。












レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-07 16:40 | 1967TRIUMPH TR6 | Comments(0)
2017年 07月 22日

1958陸王RTⅡ フロントホイール

フロントフォーク、ブレーキ周りのチェックの際、ホイールのガタが気になりましたのでチェックします。


a0248662_7505045.jpg
a0248662_751454.jpg

それなりにスラスト方向のガタがあり、指でベアリングスリーブを動かしてもガタを感じます。
ちなみにホイールベアリングはハーレーのスターハブのものと同じもの。

a0248662_7512077.jpg
a0248662_7513375.jpg
a0248662_753239.jpg
a0248662_751456.jpg

a0248662_7533697.jpg

ベアリング周り分解・清掃し計測。
ベアリングスリーブのラージ側はまだよいものの、スモール側はスリーブ自体が0.1mmも楕円になっています。
ハブアウターレース側は変形や虫食い無く良好。
ベアリング計測し、クリアランス計算するとラージ側0.08mm、スモール側0.09mm~0.19mmとだいぶガタがきていました。







a0248662_754490.jpg

a0248662_7541711.jpg

楕円になっていたベアリングスリーブは新品に交換。
ローラーをオーバーサイズにして左右ともに0.03mm~0.04mmのクリアランスに。


a0248662_7543490.jpg
a0248662_7545066.jpg

ベアリング仮組みしてスラスト調整。
シールを入れると抵抗で測りづらくなるので、シールなしでスラストワッシャーの枚数、厚みを変え調整。


a0248662_7551243.jpg
a0248662_7552554.jpg
a0248662_7553815.jpg

錆が出ていたシールカバーもお化粧直しして、シール取り付け組み付け。
次回はエンジン載せまっせ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-22 08:14 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2017年 01月 22日

1971 BSA A65 ローリングシャシー

先日、エンジン始動したTさんのBSA。
こちらも授業内容をブログにあげていなかったのでまとめ的に車体周りのお話。



a0248662_8304758.jpg
a0248662_8305950.jpg
a0248662_8311854.jpg
a0248662_8313249.jpg

まずはスイングアームピボットブ。
ほとんど思い出話でありますが、スイングアーム部は固着していたためか、サンダーか何かで切り取られていたのですね。
で削られていたフレーム側スイングアームピボットブの面だし。スングアームのシャフトと垂直に面が出るように冶具をつくり面だし。


a0248662_833536.jpg

a0248662_834837.jpg


a0248662_8342773.jpg

a0248662_8344293.jpg

スイングームとフレーム部に隙間ができますんで、専用生爪を作りスペーサー製作。
スリーブとブッシュとのガタは良好で組み付け。



a0248662_8353383.jpg
a0248662_8354669.jpg

a0248662_83616.jpg
a0248662_8361984.jpg
a0248662_8364596.jpg

a0248662_8372036.jpg

センタースタンドはガタが多かったため、ピボットボルトオーバーサイズ製作。
ストッパー部も溶接・肉盛し、研磨して、位置決め。


a0248662_838297.jpg
a0248662_8381560.jpg
a0248662_8383525.jpg

サイドスタンドのピボット部もガタガタでしたので、穴リーミング加工後、ブッシュ製作し取り付け、ガタ無し。

a0248662_8391072.jpg

というわけでローリングシャシーに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-22 08:53 | 1971 BSA A65 | Comments(0)
2017年 01月 14日

1958VELOCETTE VENOM センタースタンド

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
ホイールの調整取り付けが終わり、まずチェーン周り。

a0248662_848479.jpg
a0248662_8485726.jpg

チェーン取り付け。
チェーン周りがタイトなベロセットはレイノルドのチェーンを使います。仮組みしチェーンライン確認。干渉なくO.K。

a0248662_849972.jpg
a0248662_8493418.jpg

チェーンガードは新品のものを取り付けます。
こちらも仮組みし、チェーンの干渉ないかチェック。
もちろんポン付けとはいかず、マウント部の穴修正したり、位置をづらしたり。加工前提の商品だから塗装されてないのかしら。位置が決まり塗装しO.K。



a0248662_8494928.jpg
a0248662_850239.jpg
a0248662_8501122.jpg

a0248662_8502644.jpg
a0248662_8504542.jpg


ガタガタだったセンタースタンド修正。また、センタースタンドをかけたときに、Rタイヤが地面についていしまうのでそちらも修正します。
まず、センタースタンドピボットのカラーに随分ガタがあったので、R/Lそれぞれオーバーサイズのカラー製作。



a0248662_8511255.jpg

a0248662_8513013.jpg

センタースタンドのストッパー部を多めに肉盛溶接。

a0248662_8514441.jpg

a0248662_8515595.jpg

センタースタンドを仮組みしつつ、多めに肉盛ったストッパー部を削りつつ、左右ストッパーがちゃんと着座する位置で、センタースタンドの角度がいい位置にして、Rタイヤも少し浮いた状態になりました。


a0248662_852954.jpg

というわけで、リアセクションの作業終わり。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-01-14 09:08 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 12月 09日

1958VELOCETTE VENOM リアブレーキペダルピボット&プロップスタンドピボット


スイングアーム修正でお預かり中のベロセット・ベノム
ついでと言っては何ですが、ガタが酷かったリアブレーキペダルのピボット部とプロップスタンドのピボット部の修正作業をします。
うちに持ち込まれるハーレー達もそうですが、エンジンOH済み車両でも車体周りの細かい部分がガタが酷かったり、手をつけていなかったり。とりあえず走れるようにするのが旧車の常ということでしょうか。
いい機会なので、このあたりも修正します。


a0248662_05024100.jpg


a0248662_0504782.jpg
a0248662_0505823.jpg

まずはリアブレーキペダルピボット部。
目で見て隙間が分かります。
回転しないところなので、穴部は上下方向に変形しています。


a0248662_0511979.jpg
a0248662_0513358.jpg
a0248662_0514598.jpg

ペダルのピボット穴はアジャスタブルリーマーを使い真円拡大。

a0248662_052291.jpg
a0248662_0522137.jpg
a0248662_0523445.jpg
a0248662_0524658.jpg

ピボットボルトは真円拡大したペダルピボット部に合わせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_053712.jpg
a0248662_0532684.jpg

a0248662_0535643.jpg

45Cで作ってますので、焼入れして外径研磨し完成。
ガタなしさんです。






a0248662_0542820.jpg

a0248662_0545263.jpg

同じくガタガタだったプロップスタンド。
ピボットボルトは大分段付きに減っています。また、螺子部分はほぼ無くなり、螺子が効いていなかったのでワイヤリングして留めていました。


a0248662_0551796.jpg
a0248662_0553546.jpg

スタンドピボット部同じく、アジャスタブルリーマーで真円拡大。
ホーニング仕上げ。


a0248662_0555579.jpg
a0248662_0561692.jpg
a0248662_0562978.jpg

真円拡大したスタンドにあわせオーバーサイズピボットボルト製作。


a0248662_0565157.jpg

a0248662_0571932.jpg

a0248662_0573858.jpg

フレーム側は螺子部をタップで修正。こちらの螺子は無事。
フレーム側のマウント穴もホーニングし製作した製作したピボットボルトがピッタリ付くように。


a0248662_0575953.jpg
a0248662_0581113.jpg

ボルトを焼きいれ、オイル付けし取り付け。
こちらもガタ無しさんです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-09 01:24 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 10月 22日

1958 VELOCETTE VENOM

今日は修理依頼でお預かりしたベロセットのお話。


a0248662_23372571.jpg

a0248662_23435867.jpg

a0248662_23441919.jpg

この車両は走行中にリアブレーキのトルクステイマウントボルトが外れ、リアブレーキパネルが空回りしロックしたものです。
幸いオーナーさまは怪我無く、転倒も無かったようで車体リア周りだけで済んだようです。
ともあれ、リアブレーキパネルにはクラックが入り、リアホイールも随分歪んでいますので、この辺りをチェックしていきます。


a0248662_23443497.jpg
a0248662_23444959.jpg
a0248662_2345157.jpg

まずリアホール分解・清掃・チェック。
割れている、リアブレーキパネルはもちろん、曲がっているブレーキカムステディーも交換。
ホイールベアリングは少々ガタがきていますので交換したほうが良いでしょう。


a0248662_23455797.jpg
a0248662_23462335.jpg
a0248662_23464096.jpg

リアフェンダーも外し序に清掃。


a0248662_23471531.jpg

a0248662_2347456.jpg

a0248662_2348896.jpg

スイングアーム分解。
ベロセットのスイングアームはブッシュが圧入されているフレーム側にスイングアームシャフト(トラニオンシャフト)が入り両端にアーム(トルクチューブ)がクランプされます。なかなか変わった仕組みですね。
左右トルクチューブがクランプされている部分がズレていただけなどというオチなら良いのですが・・・。
ちなみにトラニオンシャフト(trunnion)の意味を調べてみると、[機械部品に取り付けられた円筒形の突起である。 この突起は他の部品によって支持され、部品を旋回させる回転軸となる。]とありました。



a0248662_23482584.jpg

a0248662_234842100.jpg

清掃し計測。
シャフト径に対しフレーム側のブッシュは+0.05mm~+0.08mmで問題ない数値と思います。


a0248662_23485721.jpg

a0248662_23491359.jpg

a0248662_23492841.jpg

a0248662_23494786.jpg
a0248662_2350041.jpg

a0248662_2350151.jpg


トラニオンシャフトを旋盤に両センターで銜え、シャフトの左右両センターの位置だしをして印をつけておき、
トルクチューブクランプ部に位置決めをして組み、定番の上で平行チェック。
やはり左側のトルクチューブが右側に比べ5mm程度上に上がり内側に入ってしまっているようです。
ともあれ、この修正はうちでは出来ませんので、フレーム修正屋さん行きです。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-10-22 00:34 | 1958VELOCETTE VENOM | Comments(0)
2016年 06月 16日

1965TRUMPH TR6 フロントフォーク

今日はEさんのトライアンフ、フロントフォークのお話。

a0248662_15057.jpg

この車両のフロントフォークはユニットモデル時代のアウタースプリングが付くタイプのものではなく、インナースプリングとダンパーチューブが入るものが組まれていました。
どうもこのフロントフォークは1963年式、ユニットと別体モデルの変換期に使われていたもののようです。


a0248662_1503290.jpg

a0248662_1504530.jpg
a0248662_151029.jpg
a0248662_1514328.jpg

a0248662_1523665.jpg

ロワー側は良かったのですがアッパー側のフォークブッシュが大分ガタ(0.2mm)があったので、インナーチューブ径にあわせブッシュ製作。
クリアランスを詰め過ぎてフォークが動かなくなるのがいやなので、インナーチューブに対しクリアランス0.06mm~0.07mmで製作。
それでもまだ動きが渋かったのでホーニングし帳尻合わせ。



a0248662_1524957.jpg

a0248662_153421.jpg

このタイプのダンパーチューブの構造考察。
インナーチューブの穴の開き方がアウタースプリングタイプのフォークと違います。
このインナーチューブは63年のインナースプリング用のものと思われます。


a0248662_1591259.jpg

ダストエクスクラウダースリーブナットはアウタースプリングタイプ用のもののようですが、機能は問題なし。
シール交換し取り付け。


a0248662_1592916.jpg

34,37のガイドロッドは入っていませんでした。スプリングの捩れを予防するもの思われます。
大小のロッドか重なりスプリングのポンピングに合わせ伸び縮みする仕組み。
ですが大小のロッドが干渉し動きが悪くなるのでは?そんな理由から外されていたと推測し今回もつけません。(あくまで推測です)


a0248662_202780.jpg
a0248662_204399.jpg

というわけで組み立てフォーク完成。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-06-16 02:21 | 1965TRUMPH TR6 | Comments(0)
2016年 05月 20日

1982TRUMPH T140ES ホイール周り

今日はNさんのトライアンフのホイール周りのお話。

a0248662_128832.jpg
a0248662_1283478.jpg
a0248662_1284477.jpg
a0248662_1285590.jpg

T140のホイールハブは分割タイプのもの。
ディスクローターと共止めのハブボルトで仮組みしベアリング交換。
片側のベアリングを圧入後、ディスタンスカラーを入れロックリング側のベアリングしロックリング取り付け。
ベアリングの与圧調整はホイールを組んでから。


a0248662_1291720.jpg
a0248662_1292794.jpg
a0248662_1293795.jpg

こちらはフトントホイールハブ。
同じくハブごるとで仮組み。フロント側はアクスルシャフトがディスタンスカラー代わりをするんで、右側のベアリングを組んでシャフトをいれ、左側ノベアリング圧入、ロックリングを閉めこむ。

a0248662_1294975.jpg

というわけでハブ出来上がり。



a0248662_130174.jpg

a0248662_13230100.jpg

a0248662_1301914.jpg

a0248662_130306.jpg

リム・スポークを組んでいきます。
リム、スポークともに新品。フロント側のリムのスポーク穴は右側のハブからのスポークがリムの左側の穴に入り、左側のハブからのスポークがリム左側の穴に入ります。フロント側のリムはこのタイプが多いです。
このタイプの場合、ハブに全部のスポークを入れておき、3クロスになるようにリムに組んでいきます。

a0248662_1325356.jpg
a0248662_1331317.jpg

同じくリア側。
もともとついていたリムは、ハブ左側から伸びたスポークはリム左側の穴、ハブ右から伸びたスポークはリム右側の穴に入るタイプだったのですが、新しいものはフロントと同じものがきました。
というわけで同じように組みます。


a0248662_1334033.jpg
a0248662_1335242.jpg

フロント・リアともに振れとり。
振れ量1mm以内といったところ。



a0248662_134830.jpg
a0248662_1341924.jpg
a0248662_1343037.jpg

a0248662_1344462.jpg

車体にホイールを組み付け、ホイールのセンターだし。
リア側はホイールの周りが渋かったので調整。

a0248662_13538.jpg

というわけで棟上完了。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-05-20 02:15 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 10月 28日

1982TRUMPH T140ES スイングアーム

Nさんのトライアンフ。
エンジン周りは加工待ちで車体周りの作業に。


a0248662_8471645.jpg
a0248662_8472631.jpg
a0248662_8473764.jpg

でスイングアームから。
トラの750と同じオイルインフレームのスイングアーム。
フレームの中心にある軸の両サイドにスリーブ、位置決めのディシタンスピースが入り、ピボットボルトが入りフレームのマウントプレートで締結。フレーム側に締結されたスリーブ上でブッシュが入ったスイングアームが動く仕組み。

仮組みすると、ピボットボルトを締めれば締めるほどスイングアームの動きが渋くなる。
フレーム両サイドのプレートが薄いためピボットボルトを締めていくとハの字に曲がり、ディスタンスピースとスイングアームが干渉しているようだ。



a0248662_8475231.jpg
a0248662_84837.jpg

ピボットボルトを締めたときに、フレームのマウントプレートの平行が保たれていなければならないにで、両サイドのディスタンスピースの厚さが問題と判断。オーバーサイズディスタンスピース単品製作。


a0248662_848164.jpg
a0248662_8482665.jpg

ピボット部のスリーブは錆びていたので新品に交換。


a0248662_8485290.jpg

仮付け。
ちゃんとピボットボルトを締め付けても動くようになりました。


a0248662_849263.jpg
a0248662_849174.jpg

ゴムのダストカバーをつけ本組み。
スイングアームO.Kさん。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-10-28 09:12 | 1982TRUMPH T140ES | Comments(0)
2015年 09月 20日

VELOCETTE THRUXTON エンジン組み付け、車体周り修正

今日は昨日に引き続き、修理依頼のベロセット・スラクストンのお話。
エンジン組み付けていきます。


a0248662_21593067.jpg



a0248662_2201643.jpg

a0248662_2203576.jpg

a0248662_2205036.jpg

シリンダースタッドボルトはすべてネジ修正、頭のマイナス部分が駄目になっていたスタッドは新品に交換。
他のスタッドのマイナス部分も少々修正。
でシリンダーとヘッド組みつけ。
スラクストンのプッシュロッドチューブはネジ止めではなく、ぶっさすだけ。シーリングはOリング。


a0248662_221463.jpg

a0248662_2211568.jpg

スラクストンのヘッドにはスタッド部のオイル漏れ予防、Oリング溝が始めからありました。
大体潰れてしまうワッシャーは45Cのものにして、ヘッド締め付け。締め付けトルクは27N.m。



a0248662_223118.jpg



a0248662_223259.jpg

カムギアに印されている位置でカムタイミングチェック。

a0248662_2235736.jpg

a0248662_224882.jpg

このプッシュロッドはシックネスゲージでタペットクリアランス調整ができないので、アジャスターネジの緩めっぷりで調整します。
このアジャスタースクリューは5/16”-26山
26山ということは1インチ(25.4mm)に26山あるということなので、アジャスタスクリューを1周回すと0.97mm、1/8周で0.12mm移動するということになります。

チェッキングクリアランスは IN1.34mm EX1.32mm なのでクリアランス0地点からスクリューを1-3/8周緩めたところでチェック。


マニュアルだとIN OP 45° BT   IN CL 55° AB   EX OP 65° BB  EX CL 35° AT
実測値     IN OP 50° BT   IN CL 50° AB   EX OP 65° BB  EX CL 35° AT

インテークは5度程度ずれていますが良いでしょう。


a0248662_225119.jpg

a0248662_2251359.jpg

カムタイミングが問題なかったところで、点火タイミング調整。
ポイントギャップは0.3mmにあわせ進角位置上死点前38度位置でポイントが開き始めるところに調整。


a0248662_2253462.jpg

タペットをランニングクリアランス IN0.15m EX0.2mm にあわせ、オイルラインなどをつけ、エンジン完成。



a0248662_2262037.jpg

で車体周りのお話。

a0248662_2263939.jpg

ミッションマウントとフレーム、エンジンケースを共留めるボルト。このボルトはフレーム側にねじ山が切ってあるのですが、ここのネジがナメ気味ということで・・・。ここのボルトは留めずらいからな。
確かのボルトはネジを回さずとも1/3程度入ってしまう状態。

a0248662_2265468.jpg

とりあえずタップを立ててみると、ねじ山はいけそう。

a0248662_2273369.jpg

a0248662_2275153.jpg

a0248662_2281566.jpg

元々入っていたものより直径が0.2程度太いボルトを製作。
O.Kちゃんとネジは利いています。

a0248662_2284323.jpg

組み付け前のケースを仮組みして、問題なく組めるかチェック。



a0248662_2291560.jpg

もうひとつの依頼、メーターギア交換。
元々ついていたギアがやられ動かなくなっています。
アクスルシャフトを締め付けると渋くなるのでカラーの問題か。

a0248662_229413.jpg

新品のギアを組み付けてみると、やはりアクスルシャフトを締め付けると動きが渋くなる。
カラーの厚みが足りずにギアがホイールに押し付けられてしまうのでしょう。
このカラーを製作しようと考えたものの、絶妙な距離を出すのが大変なことと、焼きを入れなければいけないということで断念。

a0248662_2211954.jpg

元々ついていたギアにもカラーとあたる位置にシムがついてます。
このシムが潰れてギアがやられてしまったのでしょう。

a0248662_2210837.jpg

というわけでシム調整。
なんやかんや探していたら、アイアンのカムシムがドンピシャ。以前に作ってあった厚めのものがあったので好都合。結局0.8mmのシムを入れてO.Kです。


a0248662_22102435.jpg

スラクストンさんのうちでの作業はここまで。
イヤー生スラクストンは格好良いですな。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-09-20 00:47 | VELOCETTE THRUXTON | Comments(0)