Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:点火 ( 10 ) タグの人気記事


2017年 06月 17日

1971 NORTON COMMANDO

a0248662_7254545.jpg

修理依頼でお預かりしたノートンコマンド
修理内容は点火システムを機械式からフルトラ(ペイゾンフルトラKIT)へコンバート。
また、オイルラインのチェックバルブを持たないこの年式のコマンドさん。乗らない時間が長いとオイルタンクのオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。
フィードラインにON/OFFコックをつけます。


a0248662_7353178.jpg

なんやかんややる前に試乗させてもらいました。
アイドリングは安定しているものの、アイドリングからアクセルを回したときに一息ついてから回転する感じ。走り自体は問題なし。
プラグを見てみるとタイミング側は燻ぶり、ドライブ側は焼け気味と随分左右で焼け方が違います。
点火周りの交換で解消してくれればよいのだが。
しかしながら、ノートンさんは燃焼室形状が良いせいかカブリませんね。あれだけプラグが燻ぶっていたら、ハーレーだったら不調を訴えそうですが、ノートンさんは問題なく走ります。



a0248662_726375.jpg
a0248662_7262239.jpg

フィードオイルラインにコック装着。
ついでにオイル交換。サンプフィルターにはOH時のガスケットと思われるものが詰まっていました。


a0248662_7264415.jpg
a0248662_7265922.jpg

コンタクトブレーカー・オートアドバンス抜き取り。
オートアドバンスのウエイトピボット部がガタガタであります。
新品のオートアドバンスはどれぐらいのガタで作られているいるのだろうか?


a0248662_7272981.jpg
a0248662_728143.jpg

プライマリーカバーにはクランク角度確認するインダクタープレートがついていますが、狂っている恐れがありますので、一旦プライマリーカバーをはずし分度器を付け、クランク点火タイミング位置を出します。
ノーマルではノートンコマンドさんは圧縮上死点前28度。
今回使うペイゾンでは31度で調整します。


a0248662_7281490.jpg
a0248662_7282895.jpg

クランク点火タイミング位置でピックアップローターの位置を大体決め、トリガープレートをつけ点火時期を合わせます。


a0248662_730065.jpg
a0248662_7302543.jpg
a0248662_73057100.jpg

ブラックボックスはもともとコンデンサーが付いていたところに付けました。
イグニッションコイルは6Vを直列で配線し取り付け。
点火周りの配線は引きなおし。



a0248662_7312549.jpg

a0248662_7314280.jpg

プライマリーカバーを取り付け。
インダクタープレートの数値はほぼズレていませんでした。

a0248662_7323734.jpg
a0248662_7325826.jpg

プラグコード交換、タペット音も随分していたのでタペット調整。


a0248662_8165318.jpg

作業終わり軽く試乗。
アイドリング時からアクセルを上げたときの一息つく感じはなくなりました。
もうちょっと乗ってみて、左右のプラグ焼けの違い(燻ぶり)があるようであればキャブ周りをチェックします。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-17 08:22 | その他 | Comments(0)
2013年 06月 05日

JAP500 SPEEDWAY 点火タイミング

今日はJAPエンジンの点火時期調整。

a0248662_132296.jpg
a0248662_1323835.jpg

資料によるとJAP点火時期は、圧縮上死点前34度で一般的な数値です。
気がかりなのは、この数値は圧縮比15対1でメタノール燃料仕様のも。
このエンジンは圧縮比11対1程度でガソリン仕様で走らせるので、適正な点火時期が解りません。
メタノールとガソリンでどのぐらい変化があるのでしょうか?まぁノッキングしないところで合わせるしかありませんから、走らせて様子を見てみます。


a0248662_1324922.jpg

クランク位置圧縮上死点前34度でマグネトーのカムリングがフル進角状態にし、その時にポイント接点が開き始める位置にします。

ちなみにJAPはタイミングチェーンでマグネトーを駆動します。チェーン駆動の場合、点火タイミングを合わせる前にチェーンの遊び調整をしておきます。チェーンの遊びは5mm程度。

a0248662_133210.jpg

マグネトーはB.T.H。
ボディーの回りに永久磁石を付け、磁力をUPさせています。(M野先生自作であります。)

a0248662_1331198.jpg






点火チェック



ほぼ組み上がった状態でグルングルンと回るエンジン。火花もバチンバチン飛んでいます。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-06-05 03:23 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)
2013年 02月 27日

1968XLH900 オートアドバンスディストリビューター

今日はアイアンスポーツのオートアドバンスディストリビューターのお話。
66年~70年のXLHに使われていたものです。

a0248662_145135.jpg

a0248662_1579.jpg

タイマーシャフトに、ガバナーウエイトとガバナースプリングを付けます。
ガバナースプリングは70年以前のものと71年以降のものがあるのですが、70年以前(横置き)のものより71年以降(縦置き)のもののほうがスプリングが強いです。
今まで私が使った70年以前のスプリングは張力が弱く(社外品のためか?)アイドリング時に不安定になることが多かったので(ガバナーが戻りきらない)今回は引っ張り力の強い71年以降のものを使います。

a0248662_155353.jpg
a0248662_161131.jpg

ポイントカム、ポイントを付けてポイントヒールがカムの一番高いところに来たときに、ポイントギャップが0.5mになるようにします。(ポイント調整ネジを回す)

a0248662_16235.jpg
a0248662_172537.jpg

ディストリビューターをカムカバーに差し込みます。
フロントピストン位置が圧縮上死点のときにポイントヒールがカムの一番高い位置になるように差し込みます。
その時、ディストリビューターの配線の逃げが良い位置に来るようにします。

a0248662_174423.jpg

点火時期を合わせます。
71年以前900ccのアイアンスポーツの進角位置はピストン上死点前45度。
圧縮上死点からクランクを逆回転に45度戻すとタイミングホールに棒マークが出てきます。

a0248662_17577.jpg

その状態で、ポイントカムを目一杯動かし(ガバナーが開いた状態)カムの印とポイントヒールが合った時にポイント接点が開き始めるところにします。
タイマー本体を動かし調整。

a0248662_18682.jpg

これで大体の点火時期調整は終わり。
配線を繋いだ後に改めてやります。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-02-27 02:05 | 1968XLH900 | Comments(0)
2012年 09月 27日

1960 VELOCETTE VIPER 点火タイミング

今日はベロセット・バイパーの点火タイミング。

a0248662_2562585.jpg

バイパーの点火時期は圧縮上死点前38度。
まず正確に圧縮上死点を出します。

a0248662_257558.jpg

コンタクトブレーカーのヒール部分(ベークライトの部分)がカムリングに一番高いところ(肉厚のところ)に在るときに、ポイント接点が0.3mmになるように調整します。

a0248662_25839.jpg

クランキングしクランク位置を圧縮上死点前38度へ。

a0248662_2584515.jpg

コンタクトブレーカーを正回転方向(向かってみて時計回り)に回し、ポイント接点が閉まっているところから、開き始めるところにします。(0.02mmの銅箔を使って抜けるとこを確認)

a0248662_2595670.jpg

ルーカス、ガバナータイプのマグネトーギア。
ガバナーウェイトが開いた状態にし、マグネトーに組み付けます。

これで点火時期調整はO.K
クランク・サーキットブレーカー・ガバナーをフル進角状態の位置にし合わしてやるわけです。


a0248662_303152.jpg


VELOCETTE CLASS 生徒募集中です。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-09-27 04:09 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)
2012年 04月 03日

BMW R12 点火タイミング

どうしても点火時期が5度ぐらいずれてしまうR12

a0248662_273245.jpg

マグネトーのタイミングチェーンスプロケットのキー溝位置がズレているのか?
キーを無視して組むのも心許無いテーパー部。

a0248662_2154611.jpg

カムリングのストッパー溝の位置を修正し点火時期を合わせることに。

a0248662_2221773.jpg

カムリングの消耗もあり、左右シリンダーで多少のズレがあるものの、無事点火時期がでました。

資料では、遅角 圧縮上死点 0度
       進角 圧縮上死点前 44度 との事。

サイドバルブでは44度とは随分早い気がします。
わたくしのハーレーVLD(サイドバルブ)の進角位置は圧縮上死点前 30度~33度
随分違いますね。
水平対向エンジン特有の何かがあるのでしょうか?
この辺のことはE本氏にお任せします。
と、いうことで詳しくは繪呂軍団作戦指令本部まで



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-04-03 02:56 | その他 | Comments(0)
2012年 03月 26日

1979FXS 点火タイミング

今日はハーレー・ショベルビッグツインの点火時期調整です。

a0248662_2174618.jpg

a0248662_2335298.jpg

まず、フロントシリンダーの圧縮上死点をだします。(吸気工程が終わった後のピストン上死点)
タイミングホールに点マークが出ます。
この時サーキットブレーカーカムの小さい方のカム山の近くにポイントヒールがきます。

a0248662_2355824.jpg

サーキットブレーカーカムの小さい方のカム山にポイントヒールを乗るポイントギャップをシックネスゲージで測ります。
ポイントギャップは0.45mm~0.5mm

a0248662_2422888.jpg

フロントシリンダー側のポイントギャップがでたら、リア側(大きい方のカム山)のギャップもチェックしておきます。
クランキングさせ、大きい方のカム山にポイントヒールが乗る状態にします。
この時ポイントギャップがフロント側と同じであればO.Kです。
違う場合、ガバナーのシャフトの芯が出ていないので、軽く叩いてやり芯出しします。
(ガバナーのプレートがカムに真っ直ぐ入っていない)
フロント側、リア側のポイントギャップが同じ数値になる様にしてやります。

a0248662_2594129.jpg

ポイントギャップが出たら点火時期の調整をします。
圧縮上死点前35度の位置にクランクを動かします。
タイミングホールに線マークが出ます。

a0248662_35524.jpg

クランクがこの位置の時に、サーキットブレーカーカムが進角方向に目一杯動いた状態(ガバナーが開いた状態)にします。

a0248662_3102111.jpg

タイマープレートを動かし、ポイントが開く瞬間の位置になるようにします。
これで点火時期はO.Kです。

ポイントギャップ 0.45mm~0.5mm
点火タイミング 遅角 圧縮上死点前 5度
          進角 圧縮上死点前 35度



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-26 03:18 | 1979FXS1340 | Comments(0)
2012年 03月 05日

B.T.H自動進角遠心力ガバナー

今日はB.T.H自動進角遠心力ガバナーのお話。

a0248662_2435579.jpg

a0248662_2431783.jpg

花びらのようでかわいいコイツは、エンジン回転が早まると遠心力でウエイトが外側に移動していき、ガバナーが開き進角させます。逆に回転が遅くなると、スプリングの力でガバナーが閉じていき遅角させます。
自動で進角を行ってくれてる訳です。

a0248662_258374.jpg

真鍮のウエイトが移動して行き進角していくのですが、ルーカスやハーレーのガバナーの様に開き切った位置がフル進角位置のものとは違い、あくまでウエイトが外まで行き切った位置がフル進角位置で、ガバナーが開き切った位置がフル進角位置ではありません。フル進角時のガバナーの開き具合が曖昧です。
その為、BTHのガバナーを使う場合、遅角位置で点火タイミングを合わせます。

a0248662_3135129.jpg

a0248662_31473.jpg

コイツが優れているところは、マグネトーに取り付ける際、マグネトーボルトを締めきった時にテーパーが利き、逆にネジを緩めていくとガバナーが押し出され、テーパーが外れることです。
取り付け時、点火位置がずれることなく容易につけることが出来ます。

あなたはルーカスとBTHどちらが好きですか?
という事、でまたそのうちルーカスも紹介します。



今日のスイーツ
a0248662_3375952.jpg

卒業生S水さんの差し入れ、コージーコーナーのチーズケーキ。
イチゴ味のチーズケーキもあるのですね。
イチゴ味ってなんでおいしいんだろう?

by sgf1906 | 2012-03-05 03:52 | 1938 VELOCETTE MAC | Comments(0)
2012年 02月 27日

1968XLHセルスターター

今日はアイアンスポーツ、セルスターターのお話。

ハーレー、ショベルスポーツでは1967年のXLHからセルスターターを採用します。
ロッカーカバーがフラットなタイプのアイアンスポーツでは67年から70年の3年間しかセル付きのものはないので、なかなかレアですね。

a0248662_1372151.jpg

a0248662_136495.jpg

セルスターターアッセンブリー。
セルスターターボタンを押すと、スターターリレーからソレノイドへ電気が流れ、バッテリーからの大電流をソレノイドからスターターモーターへ流しモーターを回します。
と同時に、回転しているスタータードライブギアユニットを押し、クランキングさせます。

a0248662_20456.jpg

a0248662_201318.jpg

a0248662_202174.jpg

ソレノイドは磁気スイッチで、真ん中の端子に電気が行くとスイッチが入り、バッテリーからの大電流が流れます。
役割は2つで、1つはバッテリーからの電流をスターターモーターに流します。
1つは、ソレノイド磁気でプランジャーを引っ張り、スタータードライブギアユニットを動かします。

a0248662_2153118.jpg

a0248662_215409.jpg

プランジャーが引っ張られると、シーソーみたいなシフターレバーがスタータードライブギアユニットを押し、回転しながら、スタータードライブギアがクラッチシェルのスターターリングギアに噛み、クランキングする訳です。

a0248662_2233858.jpg

a0248662_2235326.jpg

スターターモーターのブラシ。
フィールドコイルからのブラシ2つ、ターミナルからのブラシ2つ、計4つです。
簡単にいうと、S極N極S極N極の順番で組まれおり、その配列で回転するようになっているので、組み方を間違えると、回らなくなってしまいます。
ばらす時は、元の位置を解るようにしておきましょう。

by sgf1906 | 2012-02-27 02:40 | 1968XLH900 | Comments(0)
2012年 02月 13日

1938 VELOCETTE MAC 点火時期そして

今日はベロセットMACの点火時期のお話。

a0248662_2351849.jpg

圧縮上死点(吸気工程終了後)にし、分度器を付けTOP、0度のところに印をつけます。

a0248662_2391871.jpg

BTH自動遠心力ガバナー。
BTHの自動進角の場合、ルーカスのものとは違い、進角位置で点火時期を合わせられないので、遅角で合わせます。
マニュアルによりと、遅角0度~4度
オクタン価の大きいガソリンの場合 12度 とあります。
なかなか曖昧な数値ですね。今回は5度で組んで見ます。
進角は38度

a0248662_2355750.jpg

圧縮上死点0度のところから5度戻します。

a0248662_2383446.jpg

マグネトーの回転方向を確認しておきましょう。(車種によって違います。)
ベロセットの場合は向かって、時計回り。

a0248662_2365987.jpg

マグネトーが時計回転して行き、ポイントが閉じている所から、開き始めるところに合わします。(0.02mmの銅版をポイントに挟み確認)
カムリングが山なりになっている所(写真、二つの印の左側)にポイントヒール(写真の印が合っている所)が乗るとポイントが開きます。
この状態でガバナーをマグネトーに固定します。(この時ガバナーは閉じています。)
これで点火時期調整は終わり。そして・・・

a0248662_2395659.jpg

エンジン始動です。
無事エンジンが掛かり、ニンマリのSさん。
「本当に動いた。」
Sさんがつぶやいた言葉に、自分が組み上げたバイクが動くという感動と実感を感じました。


お願い
最近知り合った方のハーレー・パンチョッパーが盗難に遭われたそうです。
オーナーの方はバイクに対して真面目で熱い人です。
人の大事なものを盗むという行為は人間として最低です。
詳しくは SCC ism まで
協力お願いします。

by sgf1906 | 2012-02-13 00:14 | 1938 VELOCETTE MAC | Comments(1)
2012年 02月 04日

1971XLH 点火タイミング

今日はアイアンスポーツの点火タイミングのお話。

アイアンの点火時期は年式によって違います。
1971年以前 進角時期 圧縮上死点前45度  遅角時期 圧縮上死点前 15度
1972年以降 進角時期 圧縮上死点前40度  遅角時期 圧縮上死点前 10度

つまり900ccと1000ccのもので違うわけです。

a0248662_2582094.jpg

サーキットブレーカーカム。
上の小さいカム山がフロント側。下の幅広いカム山がリア側。
ハーレーは一つのブレーカーポイントでフロント、リア、両シリンダーに点火させるので、ブレーカーカムに二つの山がある訳です。
(点火タイミングを合わせる前にポイントギャップを0.45mm~0.5mmにしておきましょう)

a0248662_3123170.jpg

フロント側、圧縮上死点を出します。(吸気工程が終わった後のピストンが一番高いところ)
ここから45度、進行方向と逆に回すと、フロントシリンダー側の点火タイミングです。

a0248662_3275321.jpg

タイミングホールに棒線の印が出ます。

a0248662_330010.jpg

クランクがこの位置のときに、サーキットブレーカーカムを進角方向に動かし、ポイントが開き始めのところに調整します。(この時サーキットブレーカーカムの小さい方のカム山がポイントを持ち上げます。)

ハーレーはフロントシリンダー側だけで、点火タイミングを合わせますが、今回は試しにリア側も見てみました。
a0248662_3391579.jpg

同じ様に圧縮上死点を出し、分度器をセットします。
TOPの0度のところに印をします。

a0248662_343844.jpg

クランキングして(進行方向、逆)45度のところにします。

a0248662_344429.jpg

タイミングホールを見てみるとコイツには印がありました。(ないものもあります)

a0248662_330010.jpg

同じように点火時期を見て見ます。この時サーキットブレーカーカムの大きい方のカム山がポイントを持ち上げます。
フロント側が合っているのに、リア側が合ってない場合は、軸が曲がっていたり、カムが減っていたり、問題があるので探ってみましょう。

機械式の点火システムは、メンテナンス、調整が必要です。
始めは少し混乱しますが、覚えてしまえばトラブルシューティングがし易いし、パーツも安上がりです。
また詳しくご紹介するつもりです。

by sgf1906 | 2012-02-04 04:03 | 1971XLH900 | Comments(0)