Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストア ( 523 ) タグの人気記事


2016年 12月 07日

1947FL1200 シリンダー

今日はIさんのナックルヘッド、シリンダーのお話。
エンジン腰下、ヘッド周り組み付け作業が終わり、シリンダーボーリングというところで、今さら問題が・・・。
フロントシリンダーとリアシリンダーの長さが違うのです。

このことに関しては非常に反省しました。
計測、清掃、仮組みと生徒さんに細かくやってもらっていることは、その機械をよく観察する意味合いを持ってまして、私自身が「よく観察する」ということを出来ていませんでした。。。
落ち込んでいてもしょうがないのでとにかく計測してみます。

a0248662_11101551.jpg
a0248662_11102716.jpg
a0248662_11103917.jpg

シリンダー上面がフロント側が段付きになっているのに対しリア側はほとんど段が付いていません。
これを見逃していました・・・。
高さを測ってみると、フロントに比べリア側は3mmも低い。
とりあえず圧縮比を計ってみて今の状況を把握します。



a0248662_11105440.jpg

元々付いていたピストン(右)と新しいピストン(左)
新しいピストンは圧縮比7:1~7.5:1になるであろうローコンプピストンなので、元々付いていたほうは8:1~8.5:1あたりのコンプレッションピストンであろう。
この元々付いていたピストンで計測します。


a0248662_11111765.jpg
a0248662_11113481.jpg
a0248662_11114661.jpg

まずはフロント側圧縮比を液体注入法で計測。
圧縮比 7.7:1で良い数値であります。

a0248662_11121857.jpg
a0248662_11123094.jpg
a0248662_11124119.jpg

リア側も計測。明らかにピストンが飛び出ています。
圧縮比 9.6:1と高すぎる数値。
やはりこのシリンダーをこのままでは使えません。



a0248662_1113846.jpg

a0248662_11132216.jpg

リアシリンダー上面には明らかに削った跡がありましたので、ヘッドがフレームに干渉するため削ったのではないかと考え、クランク・シリンダー・ヘッドをフレームに仮組みしてチェック。
ヘッドとフレームの隙間は問題なし。3mm高くなったとしても問題なく乗っかるであろう。
とするとなぜシリンダー上面をあんなに削っていたのか?





a0248662_11134978.jpg
a0248662_1114291.jpg

a0248662_11141588.jpg

でもうひとつの問題。
クランクケース、クランクシャフト軸受け部のラインを出した後、ケースベース面とフレームとのマウント部の面研をしてありますので、ケースをフレームに仮組み。

a0248662_11143555.jpg

リア側マウントだけを締め付けると、フロント側が持ち上がりフレームとケースに2.3mmの隙間が開きます。
そのまま組んでしまうと、ケースが常に力がかかった状態で組むことになってしまうので、シムを製作しフレームマウント部に対しエンジンが水平になるようにして組みます。


a0248662_11145396.jpg

a0248662_11425378.jpg

するとエンジンが起きた分ヘッドロッカーアームカバーがフレームシートポスト部に干渉するという問題が。
元々、ここは隙間がないのですが、ちょっと接触しすぎ。
何かを正そうとすると何かが駄目になる、まずいスパイラルになってきました。

リアシリンダーの件も含めまだまだ、考えることが多いです。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-07 12:23 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 12月 04日

1970XLH900 ダイナモチェック ~土曜日の授業風景~


1970XLH900


Tさんのアイアンスポーツはダイナモのチェックごと。

a0248662_130347.jpg

a0248662_1303034.jpg

まずは分解して軽く清掃。


a0248662_1305114.jpg

ブラシの減りっぷりチェック。
ブラシの長さは17mmで問題ない。リミット13mm程度。

a0248662_1312379.jpg

a0248662_132304.jpg

フィールドコイルのチェック。
フィールドコイルの端子部で抵抗チェック。5Ω程度で問題なし。
アーマチュアコイルもチェック。
アーマチュアのそれぞれのコアとコミュテーターぼ導通チェックし問題なし。
ということで、コイル周りは問題無さそうです。


a0248662_1314490.jpg
a0248662_1315573.jpg

コミュテーター研磨し、綺麗にしてセグメント溝清掃。


a0248662_1325456.jpg

ダイナモボディーにバッテーリー+、ダイナモF端子にバッテーリー-をつけフィールドコイルに正しい方向に電気を流し、モータリングチェック。
これでちゃんとモータリングすればダイナモには問題ないです。また正しい方向で電気を流すことで、正しい方向の磁場となります。

というわけでダイナモは問題なくO.K。


a0248662_1331970.jpg
a0248662_1334298.jpg


でエンジン搭載前にフレームタッチアップ。
目を細めてみたら綺麗です。






1980XLH1000

a0248662_135341.jpg

a0248662_1352536.jpg

a0248662_1503651.jpg


Iさんのアイアンスポーツ。
リアフェンダー搭載なのですがCRフレームのい場合、フェーンダーとフレームの間に隙間が開きます。この隙間からタイヤがかき上げたゴミやら水やら入らないように、スプラッシュガード(図32)なるものをつけるのですが、元々付いていたものはボロボロ。ゴムを切り製作。


a0248662_134267.jpg

a0248662_1364953.jpg

a0248662_137529.jpg

でCRフレーム用の純正シーシーバー取り付け。
フェーンダーサポートと共止めで専用のステーあり、またタイヤと干渉しないようにボルト長を調整しつつ取り付けでなかなか面倒です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-12-04 02:28 | 1970XLH900 | Comments(0)
2016年 11月 25日

1958陸王RTⅡ コンロッドビッグエンドベアリング&クランク芯だし



今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのクランク組み立てのお話。

a0248662_0252489.jpg
a0248662_0254954.jpg

分解は前はビッグエンドベアリングのクリアランスが0.1mmとガタガタだったため、なんやかんやと交換。
クランクピンはローラーのあたっているところといないところで0.01mmの差があったため交換。
JIMS製のWL用ピストンピンを使います。新品クランクピンの直径は25.40mm。


a0248662_026918.jpg
a0248662_0262758.jpg

フロント側、リア側ともに0.02mm~0.03mm縦方向に楕円でしたので、真円になるまでラッピング。
フロント側(フォーク)は38.14mm リア側(ナイフ)は38.135mmまでラッピング。
ちなみにWL及び陸王はフォークコンロッドがフロント、ナイフコンロッドがリアとなります。


a0248662_0265483.jpg

もともと付いていたベアリングケージはオーバーサイズローラーを入れると動きが渋くなりましたので、WL用の新品に交換。

a0248662_0275450.jpg

フラホイールコネクティングロッドスラストワッシャーは状態が良くそのまま使います。

a0248662_0281995.jpg
a0248662_0283638.jpg

ベアリング取り付け、仮組み。
フロント側のローラーは6.355mm(.0002”o.s)を入れクリアランス0.03mmでスモールエンド部に振れは0.45mm。
リア側にローラーは6.36mm(.0004”o.s)を入れクリアランス0.015mmでスモールエンド部の振れは0.8mm。


a0248662_029056.jpg

コンロッドのスラスト量は0.3mm。
クランクを本組みするとこれより少し小さくなると思われるが、大丈夫であろう。


a0248662_0292394.jpg

本組み前にドライブ側、タイミング側単体で、シャフトの振れとホイールの振れを見ておく。
タイミング側は良いが、ドライブ側は少々振れているな・・・・。
とりあえず、一回組んでみて振れとりをしてみる。

a0248662_0294286.jpg
a0248662_0295918.jpg

やられていたクランクピンナットも交換。
この辺りのスプロケットシャフト、ピニオンシャフト、クランクピンナットの規定締め付けトルクは解らないので、分解時の締め付けトルクを目安に+αして組み付け。とにかくしっかり締まっているように。


a0248662_0301577.jpg

クランク芯だし。
タイミング側0.15mm ドライブ側0.02mm と結構頑張ったがここが限界でした。
規定内内なのでこれで行きます。


a0248662_0303262.jpg

クランクピンにロックタイト、ロックタブを付けクランク組み付け終わり。
さぁ次回からどんどん組み付けて行きます。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-25 23:31 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 11月 24日

1951TRIUMPH T100 分解作業

今日は祭日の水曜日。しかしながら生徒さんは寂しくお一人でしたが、私が経験がないプレユニットモデル・トライアンフの作業でしたので、色々と確認しながらじっくり作業できましたというお話。


a0248662_2105486.jpg


a0248662_2112020.jpg

まず、シート、ガソリンタンク取り外し

a0248662_211496.jpg

お目見えしたエンジンさん
マグネトーは三菱製のもの付いています。
三菱製マグネトーは2次コイルが別に付いていて、フレームとシリンダーヘッドマウントステーのところについていまいた。


a0248662_212960.jpg

a0248662_212563.jpg

ロッカーカバー、シリンダーヘッド取りはずし。
この年式はシリンダーヘッドのリーターンオイルはオイルパイプからプッシュロッドチューブに戻るようになっていますが、オイルパイプ取り付けドレンボルトがスタッドに変えられていて、IN側のパイプが抜けない・・・
螺子部になにかあったのかしら。


a0248662_213179.jpg
a0248662_2132963.jpg

シリンダー抜き取り。
固着しシリンダーが抜けない・・・。タペットガイドボルトのところをコジコジとしてみびくともせず・・・。
ヘッドボルトの螺子を使いプレートを付け、こいつを垂直にたたきシリンダー抜き取り。


a0248662_2151798.jpg
a0248662_2154156.jpg

ピストンは状態良し。
スモールエンド、ビッグエンドともにガタが少なくこちらも状態良いです。
ピストンは重量合わせをした跡がありました。


a0248662_2203911.jpg


a0248662_2155897.jpg

a0248662_2162478.jpg

プライマリー側分解。
この年式はクラッチスプリング4本、ダンパーはエンジンスプロケットについています。

a0248662_216403.jpg

ギアボックス別体モデルはギアボックスを動かすことで、プライマリーチェーンの張り調整をするのですが、そのためギアボックスメインシャフトが通るプライマリー側の穴は大きくしておく必要があります。
しかしながら、ここの穴がガバだと、プライマリーオイルがどんどん外に漏れてしまうので、各メーカー色々を苦労しているようです。
トラさんは幅広ワッシャーを板バネでとめることで穴部を小さくし、穴位置が動くようになっています。



a0248662_217131.jpg

a0248662_217145.jpg

インナープライマリーカバーは前側はアウタープライマリート共留めでケース側ととまっていて、後ろ側はバッテリカバーと共留め。


a0248662_325667.jpg

a0248662_331152.jpg

a0248662_2175792.jpg

こちらもなんやかんや確認しつつ、エンジンマウントプレートを取り外し、エンジン降ろし。

a0248662_343468.jpg

a0248662_218882.jpg
a0248662_2182560.jpg

オイルタンク、ミッションマウントプレートを取り外しギアボックッス降ろし。


a0248662_2183734.jpg

というわけで次回エンジン分解、清掃、計測地獄となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-24 03:07 | 1951TRIUMPH T100 | Comments(0)
2016年 11月 14日

BSA A65 DAY


珍しくBSA A65のお二人の一日の授業風景です。

a0248662_0504252.jpg





1971 BSA A65

a0248662_054484.jpg

a0248662_0562339.jpg

a0248662_0564669.jpg

a0248662_057341.jpg

a0248662_0542962.jpg


TさんのBSAはまずエアクリーナーカバー&サイドカバー取り付け。
もともと付いていなったエアクリーナーカバー、e-bayで手に入れた初めのカバーは状態が悪く使えず、2個目のカバーであります。
内側に入るエアクリーナーボディーは左右で結合され、エアクリナーボディとサイドカバーが共止めとなります。サイドカバーにIGスイッチ付くため配線作業をするのは必要なのですが、こいつの取り付けに苦戦。
なかなかややこしい作りです。

a0248662_0573010.jpg

サイドカバーも無事付き配線引き作業。
そろそろ配線も終わるので始動近し。









1968 BSA A65

a0248662_0581145.jpg

a0248662_101918.jpg

NさんのBSAはスイングアーム、ネック周りが付き、フロントフォーク取り付け。
とまずフォークを付ける前に、塗装で渋くなっているフレーム周りのねじ山修正。
この辺りの年式は車体周りの螺子がイギリスインチのBSCだったり、アメリカインチのUNFだったりが使われているようで、パーツリストと睨めっこしつつ螺子修正。


a0248662_0583144.jpg
a0248662_104145.jpg

a0248662_11377.jpg

フロントフォークを取り付ける前にまずステアリングダンパー取り付け。
ステアリングダンパーのアンカープレートがハンドルストッパーとなっているためです。


a0248662_112629.jpg

a0248662_114576.jpg

破れ易いフォークブーツにたっぷりシリコングリスを塗り、引っ張り工具を使いフロントフォーク取り付け。
次回リムを仮組みしてセンターだしをした後ローリングシャシーへ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-14 01:28 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 12日

1958陸王RTⅡ カムギア・カムブッシュ

今日は修理依頼でお預かり中の陸王RT-Ⅱのカムギア周りのお話。

a0248662_9154942.jpg

a0248662_916426.jpg

a0248662_9162093.jpg

まずはカムギアシャフト計測。
シャフト、カム、ギアなど磨耗少なく問題なし。
カムギアブッシュはケース側#3、#4ブッシュがシャフトに対し0.08mm~0.09mmとガタがきているので交換。特に#3カムブッシュの鍔部分は随分と減っています。その原因は後に。
ほかのブッシュはそれぞれ0.04mm~0.05mmのクリアランスでそのまま。



a0248662_9163941.jpg
a0248662_917230.jpg
a0248662_9171911.jpg

ブッシュの鍔部分が随分減っていた#3カム。
圧入されているカムシャフトが手スポで抜けてしまっています。
こいつはカムギア圧入部をハードクローム&研磨し改めて圧入します。



a0248662_9174753.jpg

a0248662_918929.jpg

a0248662_9182952.jpg

ガタが多かったクランクケース側#3、#4カムブッシュ抜き取り、計測。
ケース側、シャフト側に合うようにブッシュ製作。


a0248662_9184070.jpg
a0248662_918536.jpg

専用で作ったバイトを使いオイル溝加工。

a0248662_91979.jpg

a0248662_9192141.jpg

a0248662_9194455.jpg

a0248662_920148.jpg

ダウエルピン加工し圧入。


a0248662_9204561.jpg

a0248662_9211654.jpg

a0248662_9214818.jpg
a0248662_922483.jpg

ハードクローム&研磨が終わったカムシャフトをカムギアに圧入。
しっかり嵌め代をとっているので問題ないと思われるが、一応周り止めピンを製作し取り付け。

a0248662_9225791.jpg

心配だったので、カムギア取り付け後、芯チェック。
ギア側、シャフト側ともに問題なし。


a0248662_9272718.jpg
a0248662_9274790.jpg

ブッシュ取り付け後、専用ロッドでラッピング。
カムシャフトのサイズは私が所有しているVLと同じサイズなのでVL用のラップロッドが使えました。
ラッピング後カムシャフトを入れてスルスルチェックしO.K。


a0248662_22544390.jpg
a0248662_2255737.jpg
a0248662_22552614.jpg

測るまでもなくガタガタだったアイドラギアブッシュもシャフトにあわせ製作。
オイル溝加工し圧入。

a0248662_22554383.jpg
a0248662_22561362.jpg

ホーニングしクリアランス調整し取り付け。
ガタなくスルスル。

というわけで今日はこの辺で。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-12 22:59 | 1958陸王RTⅡ | Comments(0)
2016年 11月 11日

1947FL1200 ローリングシャシー

今日はIさんのナックルヘッド、フロントフォーク、ホイール取り付けローリングシャシー化へというお話。


a0248662_23364478.jpg

ネックベアリングは良好でそのまま使います。
ボールベアリングは交換。5/16”のボールベアリングアッパー側17個ロワー側17個で合計34個

a0248662_2337292.jpg
a0248662_23383219.jpg

フォーク取り付け、ヘッドコーンベアリングアッパーガード(アジャスタースクリュー)を締め付け、フォークがガタ無く、スムーズに動くところに調整。

a0248662_23384414.jpg

a0248662_233954.jpg

ハンドル、ロックプレート、クランプナット取り付け。
ロックプレートにより調整したアジャスタースクリューに位置を固定します。

a0248662_2522753.jpg

a0248662_23393016.jpg

ステアリングダンパーを取り付け。
ダンパーノブと共に動くダンパースクリューはクランプナットに螺子が切ってあり、ダンパースクリューを緩める方向に回すと、ダンパーロッドが持ち上げられ、下側のフリクッションワッシャーの抵抗でダンパーが効きます。ダンパーのアジャスティングナットの位置でダンパーがフリーに位置と効く位置を調整します。


a0248662_23355111.jpg
a0248662_23361475.jpg
a0248662_23363021.jpg

リアブレーキ周りは以前に調整済み。
フロントブレーキ周りはカムブッシュのガタ、サイドカバーブッシュ共にガタ少なく良好。
ドラムとブレーキシューのあたりを確認し取り付け。

a0248662_2340030.jpg

スプリンガーフォークはリジットフォーク側のロッカーアームピボット部が支点になり動くことでの上下運動します。フロントフォークが沈んだときにはフロントタイヤはかすかに前方向に動き、ブレーキパネル円運動をしていることになります。
その為、ブレーキパネルはフォークに固定されず、中心にブッシュが圧入され、フォークに固定されるアクスルスリーブを軸にして動いています。今回は問題なかったですが、ここのブッシュにガタがきますと、当然ブレーキのあたりが悪くなります。
ロッカー周りのブッシュやシャンクルバーのブッシュなどスプリンガーはやることが多いです。



a0248662_2341334.jpg

a0248662_23414999.jpg

a0248662_2342857.jpg

a0248662_23422073.jpg

フロントホイールを取り付けるとタイヤの動きが渋い。
フロントアクスルシャフトカラーが段減りしベアリングカバーに干渉していました。
段減りしていたカラーを面だしし、シムを製作し調整して、O.K



a0248662_23423645.jpg

a0248662_23425239.jpg
a0248662_2343327.jpg

振れとりを終わらした、ホイールを組み付け前後共にホイールのセンターだし。
フロント側はヘッドチューブを基準、リア側はフレームトップチューブ基準にしてセンターを出します。


a0248662_23432096.jpg

タイヤ取り付け。
今回のタイヤはやわらかくてよかった。
未だにタイヤレバーで16”のタイヤ交換をしていますと、硬いタイヤを入れるとなると骨が折れます。
最近は硬いタイヤが多いですからね。


a0248662_2343421.jpg
a0248662_23443037.jpg

というわけでローリングシャシーに。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-11 04:00 | 1947FL1200 | Comments(0)
2016年 11月 07日

日曜日の授業風景

1976XLCH1000

a0248662_904153.jpg
a0248662_91450.jpg

a0248662_921948.jpg

a0248662_924783.jpg
a0248662_912262.jpg


Z君のアイアンスポーツ
TRUE CLASSICのDAI君に出張いただきシーシーバー製作取り付け。
ガスタンクを交換したため、スロットルケーブルの取り回しが悪くなったのでステー交換、新しいスターに合わせスロットルケーブルを詰め調整。





1971BSA A65

a0248662_935534.jpg
a0248662_944518.jpg
a0248662_955369.jpg


TさんのBSA A65は外装周り取り付け&配線作業
穴径が合わない新品シートとクッションラバーや新品組み合わせのリアフェンダー、テールライト、グラブバーの帳尻が合わず取り付けに苦戦。





1973XLCH1000

a0248662_9112158.jpg

a0248662_914058.jpg
a0248662_9142814.jpg
a0248662_9145085.jpg
a0248662_9151558.jpg


Kさんのアイアンスポーツはシリンダーヘッド周りの清掃計測
こびりついたカーボンを徹底除去。こいつが時間がかかるのです。
でガイド内径計測、随分と広がってしまっていたのでガイド交換。
バルブガイド抜き取り、ヘッド側ガイドホール計測、STDガイドでいけそうです。





1985FXEF1340

a0248662_916993.jpg
a0248662_9161912.jpg

a0248662_9164869.jpg
a0248662_917964.jpg


Tさんの4速エボはスタッドが曲がってしまった、クラッチハブ交換しプライマリー、組み付け。
ひび割れていたフロントタイヤ交換、クラックが入っていたブレーキローターも交換です。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-07 09:39 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 06日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_8485971.jpg

a0248662_8493071.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
サイヤミーズマフラーを手に入れ、エキパイ取り付け。エキパイクランプの中折れしたボルトの抜き取りに苦戦
電装周り取り付け。





1985FXEF1340

a0248662_850184.jpg

a0248662_8515812.jpg

a0248662_8503585.jpg


Tさんの4速エボはひび割れが酷かったタイヤ交換。
クリップタイプのシールチェーンはクリッププレートが圧入になっているので、抜くにつけるにせよ工具が必要です
ホイール取り付け、チェーン遊び調整






1968BSA A65

a0248662_854285.jpg

a0248662_8542335.jpg
a0248662_8544423.jpg

a0248662_8555174.jpg

a0248662_8562186.jpg

NさんのBSA A65はサイレントブロックを交換したスイングアーム取り付け
サイレントブロック両面とフレームの距離が合うように調整し、サイレントブロックのインナーカラーの芯が出るようにシャフト取り付け。

a0248662_8564596.jpg

a0248662_857590.jpg
a0248662_8573979.jpg
a0248662_8571967.jpg

a0248662_8575994.jpg

ネックベアリングも交換。
フレーム側にアウターレースを垂直に圧入し、インナーレースを圧入した三又取り付け。
アッパー側のインナーレースはステムシャフトとしっかりとした圧入されるので、ひ弱なアジャスタースクリューが壊れないように回すのにドキドキ。
ともあれ無事取り付け。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-06 09:14 | その他 | Comments(1)
2016年 11月 05日

1955FLH1200 ガソリンタンク(シャットオフバルブ螺子製作)

今日はYさんのパンヘッド、オイルタンクのお話。
ハンドチェンジからフットチェンジとなる変換期55年FLH。この車両は元々フットチェンジのモデルでありましたが、オーナーYさんの希望でハンドチェンジ化することに。

もちろん55年純正の程度の良いガスタンクは高価でありまして、オーナーさんは年式違いのタンクをe-bayで手に入れたのですが、まぁ色々と大変ですというお話。


a0248662_0501854.jpg

a0248662_0504940.jpg

剥離し、漏れチェックを終わらせたタンクをフィッティング。
元々付いていたフットチェンジ用のタンクと違い、ヘッドとの“逃げ”部分が無いためヘッドに干渉してしまいました。干渉部分3箇所をアセチレンで熱し凹ませ整形。


a0248662_0511635.jpg

下側のマウント部分も随分と位置が違う。
マウントプレートを改めて作り溶接。位置決めして穴開け。

a0248662_0514175.jpg

a0248662_0522376.jpg

シフターレバーを付け、動作チェック。
シフターゲージとシフトレバーピボット部の平行が出ていないため、動きが悪い・・・というよりもちゃんと動いてくれない。ピボット部分を熱し曲げ解消。


a0248662_0515989.jpg

a0248662_0524297.jpg

問題なのがシャットオフバルブのアッパーカップを留める螺子部分。螺子が終了しています。
この部分は段付きになっていて、ラバーシール、スプリングが入り、カップで押さえ込みシールされています。
こんなところのパーツは出ませんので単品製作するということで、ドリルでもみとり。


a0248662_0525674.jpg

a0248662_0531028.jpg
a0248662_0532249.jpg

a0248662_0542391.jpg

というわけで製作。
ここのねじ山は11/16”-24山UNEF(ユニファイ極細目)、ダイスを手に入れ他のタンクを参考に形状を決め製作しました。


a0248662_0534050.jpg
a0248662_0535733.jpg
a0248662_054949.jpg

ガスバルブニップルを付け、ロッドを通し取り付け。
微妙に垂直が出ないので、製作したアッパープラグのネジ部品の位置を調整し、次回ロウ付け予定。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2016-11-05 01:41 | 1955FL1200 | Comments(0)