Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストア ( 540 ) タグの人気記事


2017年 07月 10日

日曜日の授業風景

1951 TRIUMPH T100

a0248662_764359.jpg
a0248662_772978.jpg

a0248662_7863.jpg
a0248662_783140.jpg
a0248662_785661.jpg
a0248662_792141.jpg


Hさんのトライアンフ
カムシャフトブッシュのラッピング作業が終わり、ブッシュホーニングしカムギア仮組み。
ギア海を45度づつまわしバッククラッシュチェック。渋みも無くO.K
ギアボックッス周りの作業へ移り、ネジ周りのチェック。
ギアボックッスのスタッドボルトはねじ山が駄目になっていて、ボルトナットで留まっていたためヘリサートしスタッド取り付け。







1973 TRIUMPH TR7RV

a0248662_795891.jpg
a0248662_7101940.jpg
a0248662_7135823.jpg
a0248662_7142365.jpg
a0248662_7144920.jpg


トリニティー卒業生でもあるYさんは、トリニティー卒業後購入したトライアンフ750を持ち込み、部分修理です。
プライマリー周り分解し、ギアボック分解清掃、計測作業に入りました。







長江エンジン

a0248662_7153156.jpg
a0248662_7155322.jpg
a0248662_716377.jpg
a0248662_717291.jpg


長江のHさんは久しぶりの登場。
シリンダー取り付け、ヘッド仮組みしヘッドとピストンの隙間チェック。
問題なく、ヘッド取り付け、スターター周りも取り付け随分と形になりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-10 07:34 | その他 | Comments(0)
2017年 06月 30日

1970XLH900 エンジン腰下搭載・シリンダー、シリンダーヘッド取り付け

先日に引き続き、今日もTさんのアイアンヘッドのお話。

a0248662_8514859.jpg
a0248662_852093.jpg

タイミングギア周りの調整ごとは終わっています。ガタがあったタペットガイドはJIMS製のものに交換。
圧入し取り付けると、動きが少々渋くなったのでホーニングし取り付け。


a0248662_8521540.jpg

a0248662_8523164.jpg

a0248662_8525263.jpg

スプロケットシャフトベアリングシールを取り付け、フレームに搭載準備。


a0248662_853755.jpg

a0248662_8531823.jpg
a0248662_8534066.jpg

エンジンリア側のエンジンハンガーから取り付け、位置決めし、フロント側エンジンマウントプレート取り付け。


a0248662_8535876.jpg
a0248662_8541396.jpg

塗装済みのシリンダーはボーリング加工、上面・下面の面研済み。

a0248662_8542481.jpg
a0248662_8543591.jpg
a0248662_8545468.jpg


a0248662_8552581.jpg
a0248662_8554098.jpg

ピストンリングギャップ、リングクリアランスをチェックし取り付け。
シリンダーベースナットをトルク管理しシリンダー取り付け。

a0248662_8555414.jpg

シリンダーヘッド面は歪みが酷く、フライスでの面研済み。

a0248662_108095.jpg
a0248662_1082764.jpg

a0248662_1084787.jpg

a0248662_856835.jpg

バルブのシートカットが終わっているヘッドはインナースプリングだけ取り付け、アウタースプリング取り付け長をチェックし、シム調整し取り付け長を合わせバルブスプリング組み付け。

a0248662_10112027.jpg

a0248662_10114174.jpg

a0248662_10124680.jpg

a0248662_1013622.jpg

a0248662_8562047.jpg

a0248662_8563141.jpg

ロッカーアームシャフトは段減りしていて、研磨での再利用も無理。
というわけでロッカーアームシャフト交換。
ロッカーアーム自体は減りは少なかったのでホーニングし再利用し組み付け。

シリンダーヘッドとロッカーアームボックッスをトルク管理し組み付け。

a0248662_8565355.jpg
a0248662_8571160.jpg

a0248662_8572586.jpg

マニホールドの角度を合わせ、シリンダーとヘッド取り付け。
ヘッドボルトもトルク管理し締め付け。


a0248662_8574114.jpg
a0248662_8575832.jpg

プッシュロッドは純正のアルミプッシュロッドをそのまま使い、タペット調整し取り付け。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-30 10:20 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 06月 28日

1970XLH900 バルブガイド・バルブシートカット


先日に引き続き、Tさんのアイアンヘッドのヘッド周りのお話です。


a0248662_9275860.jpg
a0248662_9281461.jpg

ガタが多かったバルブガイドは抜き取り。
ガイド抜き取り後、ヘッド側ガイドホール計測。傷・楕円・変形無く、STDガイドでいけます。
ガイドホールの変形が少ない鉄ヘッドはこの辺りが気楽で良いです。


a0248662_9285198.jpg

a0248662_929949.jpg

a0248662_9294996.jpg

a0248662_9292499.jpg

IN・EXともにKIBBLEWHITH製の鋳鉄ガイドを使います。
ガイド外径はSTDのものでありますが、ヘッド側ガイドホールにあわせプラスハメ代分のサイズまで少々研磨。
専用生爪に銜え、使うバルブステム径に対しプラスクリアランス分のサイズでリーマー加工し内径拡大。
IN側のガイド頭部分はテーパー加工し、燃焼室内にオイルが入らないよう、おまじない。


a0248662_9302683.jpg
a0248662_9304057.jpg

a0248662_930567.jpg

a0248662_9311566.jpg

専用工具を使い、バルブガイド圧入。
圧入後、はめ代分縮んだ内径はリーマーで内径拡大しクリアランス調整。
IN側はガソリンで冷やされるとともに、ヘッドに溜まったオイルが吸われ燃焼室に入るのでクリアランス小さめ。EX側は熱持つためIN側よりもクリアランス大きめで調整。



a0248662_9314763.jpg
a0248662_9321216.jpg
a0248662_9323080.jpg

シートカットへ
エキゾースト側は虫食いが多かった45度面を虫食いが無くなるまでカットし、60度、30度それぞれカットしバルブとシートの辺り幅1.5mm程度に。


a0248662_9325942.jpg
a0248662_9331773.jpg

インテーク側は同じく45度面を綺麗に程度カット後、30度面をカットしシートとバルブのあたり位置を決め、60度面をカットしてあたり幅調整。
随分とベタあたりだったIN側は60度面を随分カットしました。


a0248662_9353053.jpg
a0248662_9354568.jpg

擦り合わせし、ポート内に灯油を入れ漏れチェックし問題なし。

a0248662_936385.jpg

a0248662_9362266.jpg

突き出し量もチェックし問題なさそうで、バルブ周りO.K






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-28 10:07 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 06月 26日

1970XLH900 キックスターター周り

今日はTさんのアイアンスポーツのお話。
実際には既にエンジン始動しているTさんのアイアンスポーツですが、修理内容をブロブに上げておらず・・・。卒業までにブログが追いつくか・・・ということで今日はキックスターター周りのお話。



a0248662_7444090.jpg


a0248662_745726.jpg
a0248662_7452237.jpg

トランスミッションを組み立てたとこらまで話は進んでいましたので、その続きキック周り。
まず、スプロケットカバーの位置決めダウエルピンがカバー側に埋まっていしまっていて意味なしになっていましたので、抜き取りしいダウエルピンを圧入。



a0248662_7453779.jpg
a0248662_7455579.jpg

a0248662_746588.jpg
a0248662_7461427.jpg

隙間が目で見えるほどガタがあったラチェトギアブッシュは抜き取り、単品製作。


a0248662_7524916.jpg

a0248662_746379.jpg

a0248662_7471060.jpg

クラッチハウジング側ギアと干渉しないよう、“案内部”をつくり、圧入、ホーニングしクリアランス調整しO.K。ギアにぴったりと。


a0248662_7482737.jpg

a0248662_7472063.jpg

a0248662_7474385.jpg

キック抜けが出やすいアイアンスポーツのキックギアラチェット。
それぞれのギアがちゃんとあたっているかチェック。



a0248662_7495859.jpg
a0248662_750154.jpg
a0248662_7515814.jpg

a0248662_8142317.jpg

同じくガタが多かったキックシャフトブシュも単品製作し取り付け。


a0248662_753890.jpg
a0248662_7533238.jpg

異様に長いアイアンのキックシャフトは曲がっている多いです。
今回も曲がっていましたので交換。


a0248662_754127.jpg
a0248662_755595.jpg

キックシャフトも真直ぐ、ダウエルピンも付きキックシャフトの軸受けでもあるスプロケットカバーの位置も決まったところで、キックシャフトブシュの擦り合わせをして、スルスルに。


a0248662_7543551.jpg
a0248662_7551593.jpg
a0248662_7552613.jpg
a0248662_75537100.jpg

ドライブサイドのキックシャフトの軸受けワッシャーをとりつけ、キックスタータークランクのスラスト量をシム調整し取り付け。


a0248662_756133.jpg
a0248662_7563545.jpg
a0248662_7565431.jpg

クラッチハウジングを取り付け、干渉チェック。
スタータークランクギアのマウントナットとの干渉がありましたので、ナットを加工し取り付け。

a0248662_75823100.jpg

というわけで、キックスターター周りの作業は終わりです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-26 08:22 | 1970XLH900 | Comments(0)
2017年 06月 22日

1964XLCH900 S&S Lキャブ取り付け・エンジン始動

今日は先日に引き続き、S君のアイアンスポーツのお話。
S君の希望で今回はS&SのLキャブを付けることに。
うちではS&S Lキャブを扱うのは初めてでなんやかんやチェックしつつ取り付けます。
口径が1-7/8”(47mm)と大口径で加速ポンプ無し、なおかつマグネトー点火でありますからどうなる事か。


a0248662_924345.jpg

サイドフロートでありますから、フロート面の面研は必至ですね。
また、画像は撮り忘れましたがマニホールド面も面研。S&Sのマニホールド面はOリングでシーリングしていますが、Oリングを潰してシールするためボルト2本で留めるマニホールド面が歪みやすいので、今回はガスケットを製作し取り付けます。


a0248662_926309.jpg

スロットルバルブの位置も隙間無いように取り付け。

a0248662_9264941.jpg

アイドル・インターメディエイトのプラグ部分は2次エア防止でロックタイトをつけときます。


a0248662_927847.jpg
a0248662_9272145.jpg

a0248662_9273464.jpg

フロートバルブとシートは良品を製作しているところがあるそうです。エライ!
取り付けチェックすると、フロートをとめりピンとバルブシートの位置関係により、バルブが閉まらず、シーリングワッシャーを外しオーバーフローしないように調整。



a0248662_9275330.jpg

a0248662_9282892.jpg

a0248662_9285251.jpg

フロート下部についているメインジャット、インターメディエイトニードル、エアブリードジェットも良品が手に入るそうです。
S君が調べたデータを下にメイン・インターメディエイトはちょっと大きめで組んでおきます。


a0248662_9293411.jpg

a0248662_9294721.jpg

a0248662_930566.jpg
a0248662_9301750.jpg

フロートレベルに関しては情報が無い。
サイドフロートのキャブがどこまでフロートレベルでセッティングが左右されるか分かりませんが、一応基準を作りセットしてみました。
今回は、フロートマウントピンのボルト頭下というあたりにフロートレベルとして組んでみます。


a0248662_9304372.jpg

スロットルケーブルを取り付け、組み付け。

a0248662_9344988.jpg

a0248662_935668.jpg

a0248662_9352316.jpg

a0248662_940682.jpg

オイルタンクも清掃し取り付け。
鉄板を挟み込むようにして留めるCHオイルタンクは頭が薄い転造ネジの専用ボルトでとめます。
オイルラインを引き、ついていなかったオイルプレシャーゲージ取り付け。


a0248662_9311224.jpg
a0248662_9313175.jpg
a0248662_931482.jpg

a0248662_932433.jpg

フッロペダル、ブレーキペダル周り取り付け、ドライブチェーンも交換取り付け、スラッシュカットの仕方がカッコイイ純正マフラーも取り付け、オイルをまわしエンジン始動です。






大口径キャブ&マグネトー点火の組み合わせなので始動に苦戦すると思われましたが、呆気無く始動。
カムギア周りのバッククラッシュが多かった車両のため、タイミングギア周りの音は少々しますがアイドリングも安定していますし、アクセルのつきも良く問題なさそう。
次回、試乗してみます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-22 11:00 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 06月 18日

土曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_7145783.jpg
a0248662_715917.jpg
a0248662_715236.jpg


Iさんのアイアンスポーツ配線作業
もともと純正のハンドルスイッチ周りがついていなかった車両でハンドルの交換したので改めて、スイッチ位置を自分使い易い位置に作っていきます。






1968 BSA A65

a0248662_7154793.jpg
a0248662_716471.jpg
a0248662_7162090.jpg
a0248662_7165215.jpg

a0248662_717852.jpg

a0248662_7172168.jpg


NさんのBSA
エンジン腰下を組み終わり、エンジンをフレームに搭載。このあたりは以前に仮組みをしていたのですんなりと。
プライマリー周りを組むはずがエンジンスプロケットスペーサーが無い事にいまさら気がつき、プライマリー周りはまた次回。
気を取り直して、外装周りの作業へ。塗装済みのオイルタンクを清掃し取り付け。
BSA A65のオイルタンクは3点のラバーマウント部に乗せるような形でボルト一点で固定します。
リアホイールを外し取り付け。
なかなかやる機会が少ないBSA A65で元々外装周りがめちゃくちゃだった車両です。外装周りもなんやかんや手間がかかりそうです。




a0248662_7174035.jpg
a0248662_718620.jpg

a0248662_7182026.jpg


今日はトライアンフ関係の撮影ごとがありまして、珍しくトライアンフが店前に並びました。
ご協力頂いた皆様、有難う御座いました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-06-18 07:39 | その他 | Comments(0)
2017年 05月 18日

水曜日の授業風景


1979TRIUMPH T140E

a0248662_9551210.jpg

a0248662_955492.jpg
a0248662_95631.jpg

a0248662_9562969.jpg
a0248662_9565727.jpg

a0248662_957910.jpg

a0248662_9572241.jpg

a0248662_9573732.jpg
a0248662_9575022.jpg
a0248662_958198.jpg


D君のトライアンフ
クランクさんが内燃機屋さんから上がって来ましたのでクランク組み付け準備。
クランクシャフトベアリング・ギアボックス周りのベアリングを取り付け。
リグライドしてもらったビッグエンドジャーナルとコンロッドメタルのクリアランス確認後、規定トルクで組み付け。スラッジチューブ、プラグ、フライホイールボルト取り付け。
ギアボックッス・ハイギアのニードルベアリングを取替え、ギアボックッスに取り付け。
次回、クランク組み付け。








1967TRIUMPH TR6

a0248662_1024635.jpg
a0248662_103440.jpg

a0248662_1034213.jpg

a0248662_104498.jpg

a0248662_10436.jpg


a0248662_1055916.jpg

a0248662_1061158.jpg

a0248662_107837.jpg


Oさんのトライアンフ
パクリと割れていたクランクケースのDスプロケットチェーンガード部分。
TRUE CLASSICさんに出張頂き、溶接修正。
ガタがあったカムブッシュ抜き取り、ケース側カムブッシュホール計測。
ほぼ、分解計測作業が終わりましたのでケース周りのネジ修正作業へ。
螺子穴に詰まったガスケットを除去するのとともに、雌螺子・雄螺子ともにタップダイスを使い1本1本修正し、駄目な部分を確認し、ヘリサート・ウエルド君・溶接し修正します。
初めての英車でイギリスインチの規格に苦戦する地味な作業ですが、大事な作業です。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-05-18 10:26 | その他 | Comments(0)
2017年 04月 05日

1964XLCH900 タイミングギア周りの作業

今日もS君アイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。
元々、ピニオンギア粉砕しギアがロックしカムカバーにもクラックが入ってしまった車両で、やはりなんやかんやありました。


a0248662_815854.jpg
a0248662_8152064.jpg

まずは、クランクケース側カムシャフト軸受けのニードルベアリング交換。


a0248662_8155118.jpg

カムカバーはクラックが入っていたため、中古良品に交換。
カムシャフトとブッシュのガタは良好でしたが、ブッシュ鍔部分が段減りしていましたので、鍔部分面研。

a0248662_816390.jpg
a0248662_8161621.jpg

カムを一個ずつ取り付け、スラスト調整。
60年代のアイアンにジェームス製の厚みがあるガスケットを入れるとスラスト量が多くなります。既製品では何枚も重ねないと調整できません。厚みがあるカムスラストワッシャーを製作していますので、シム調整し0.1mm程度のスラストに。

a0248662_8163699.jpg

#1カムのタイミングマークが無く、マジックで印がついていました。
組み付けてカムタイミングを測る必要があります。


a0248662_8165888.jpg
a0248662_817106.jpg
a0248662_8172465.jpg

ピニオンギアは新品に交換。
この年式のアイアンはピニオンギアのサイズを選べません。
カムギアとピニオンギアを組み回りっぷりチェックすると一部渋いので、渋い部分だけコンパウンドを塗り擦り合わせ。
カムシャフト4個とピニオンギアでの回りっぷりはスルスルでO.K。



a0248662_8174062.jpg
a0248662_8175284.jpg

カムギアとピニオンギあの組み合わせではスルスル回ましたが、アイドラギアを入れるとまた渋い・・・。
こちらも渋い位置にコンパウンドをつけ擦り合わせするものの、ギアが割れる・・・。
もともとギアがヘタっていたと思われるが、多少のギアの噛み込みで欠けてしまうギアを考えると、旧車のギア周りの怖さ感じるのと同時に、ギア周りの回りっぷりチェックは重要ですね。



a0248662_818834.jpg
a0248662_8182245.jpg
a0248662_8184396.jpg

a0248662_819039.jpg

以前、社外のアイドラギアは良くなかったので、純正NOSものを入手。
同じく回りっぷりチェックするとやはり一部渋い。こちらも擦り合わせし、ピニオンギア、4カムギア、アイドラギアの組でスルスル回るようになりました。
というわけで、カムギア周りの作業終わり。
4カムギアでギア交換、カムカバー交換をすると帳尻が合わなくなり、大変だというお話でした。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-05 08:55 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 04日

1964XLCH900 ピニオンシャフトベアリングレース・ピニオンシャフトブッシュ

今日はS君のアイアンスポーツ、ピニオンシャフト周りのお話。
ピニオンギアを割れたことでVMSに入学した車両。ピニオンギアが割れた際に#2カムブッシュ受け部、カムカバーにクラックが入りましたので、カムカバー交換です。
カムカバーを交換するとなんやかんやと合わせが必要ですので、ひとつづつ解消していきます。


a0248662_9315735.jpg

計測するとカムブッシュ周りは状態が良いのでそのまま使います。
ピニオンシャフトブッシュはガタがありましたので、ブッシュ交換。

a0248662_9323813.jpg
a0248662_9325231.jpg

まず、段付に減っているシャフトは研磨し段付を無くします。

a0248662_933329.jpg
a0248662_9331436.jpg

使うカムカバー、研磨したシャフトにあわせブッシュ製作。




a0248662_9334398.jpg
a0248662_934528.jpg
a0248662_9341844.jpg

製作したブッシュに冶具を使いダウエルピン穴を作り、カバーに圧入。




a0248662_9352370.jpg

ドライブ側クランクベアリングレース軸部をボーリングしたため専用のラッピング用冶具製作しました。


a0248662_9355927.jpg
a0248662_9361452.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースラッピングし、クランクドライブ側、タイミング側のラインだし。


a0248662_9362938.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングが終わったところで、冶具を使いピニオンシャフトブッシュもラッピング。


a0248662_9365561.jpg
a0248662_937795.jpg

ピニオンシャフト、ベアリング、カムカバーをつけ、クルクルチェックしO.K。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-04 09:57 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 04月 01日

1943WLC750 T/M周り工具づくり

今日はWLのトランスミッションの工具作り。
WLのT/Mは専用の工具がほぼ出ていないので自分で作っていきます。


a0248662_375536.jpg
a0248662_381020.jpg


まずは交換予定のメインシャフトベアリングレース
暖めれば抜けると思いますが、一応垂直抜き取り、圧入冶具製作。



a0248662_383871.jpg
a0248662_385419.jpg

こちらはメインシャフトベアリングレース用のラッピングヘッド。
こちらもパーツとして出てきません。
新品のベアリングレース内径を参考にして、1-3/4”のラッピングヘッドを(パンやショベルのタイミング側ベアリングレースラッピング用)切削し専用のラッピングヘッド製作。


a0248662_391264.jpg
a0248662_393651.jpg
a0248662_395479.jpg

a0248662_3105542.jpg


メインシャフトベアリングレースラッピング用の軸になるパイロットも製作。
穂のかにテーパー加工ししっかり位置が決まるようにする。



a0248662_3111048.jpg
a0248662_31124100.jpg

というわけで、ラッピング工具完成。



a0248662_312342.jpg
a0248662_3121668.jpg
a0248662_3122839.jpg
a0248662_3124127.jpg

カウンターシャフトブッシュのラッピング用ロッドも製作。





a0248662_313921.jpg
a0248662_313271.jpg

クラッチギアブッシュ圧入、抜き取り工具も製作。

a0248662_3134412.jpg

クラッチギアブッシュラッピング用ロッド製作。


a0248662_3395048.jpg
a0248662_340836.jpg

カウンターシャフトブッシュ圧入、抜き取り工具製作。



a0248662_314014.jpg
a0248662_3141261.jpg

メインシャフト2ndギア、3rdギアブッシュ抜き取り、圧入工具も製作。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-04-01 08:55 | 1943WLC750 | Comments(1)