Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストア ( 539 ) タグの人気記事


2017年 09月 16日

1947FL1200 フレーム・シリンダーヘッド干渉問題

今日はEさんのナックルヘッドののついて触れておこう。
一旦ローリングシャシーになったもののフレームの状態が酷いということで、フレーム修正に出したんですよね。



a0248662_19373264.jpg
a0248662_19374419.jpg
a0248662_19375444.jpg
a0248662_19381170.jpg
a0248662_19385184.jpg

トップチューブの曲がりがあったため修正。また、ダウンチューブ下エンジンマウントあたりも曲がりありで修正。ステアリングヘッドの曲がりも修正。
シートチューブには穴が開いていましたのでロウ付けし修正してもらいました。
リアサスペンションを持たないリジットフレームは鯖折り的な力がかかり、トップチューブ、ダウンチューブあたりに曲がりが出てるものが多いようです。



a0248662_193985.jpg

雰囲気を崩さない程度に塗装。




a0248662_19391832.jpg
a0248662_19393080.jpg
a0248662_1939421.jpg

修正のためネックベアリングカップを外したので取り付け。フォーク・タイヤを取り付けローリングシャシーに。
この辺りは以前にブログに書いていますので割愛。



a0248662_19395486.jpg
a0248662_19401844.jpg
a0248662_19403061.jpg
a0248662_19404139.jpg
a0248662_19405256.jpg

a0248662_19412829.jpg

a0248662_1941435.jpg

フロントフェンダーも新たにバンパーを追加し取り付け。
オイルタンクを取り付けリアフェンンダーもリアキャリア・バンパーを追加し取り付け。
ガタガタだったシートポストブッシュも交換。




a0248662_19414616.jpg

ローリングシャシーになったところで、Rシリンダーヘッドとシートチューブが干渉する問題に
元々ついていたRシリンダーはFシリンダーと比べ3mm短く削られていました。
たぶんこれは、Rシリンダーヘッドを取り付けたときの、ヘッドがフレームに干渉し取り付けることが出来ない為、削ったものと思われる。
これの辻褄を合わせていきます。


a0248662_19415826.jpg
a0248662_19421569.jpg

a0248662_1942516.jpg

a0248662_19436100.jpg

クランクケースフレームマント面は面研していますので、一旦ケースをフレームに乗せフレームとケースの平行を見る。
リア側マウントボルトを締め付けるとフロント側マウント部でフレームとケースに2.3mm程度の隙間が開くのでシムを入れ取り付け。
またシリンダーは3mm短いので同じく3mmのシムを入れシリンダー取り付け。


a0248662_19432277.jpg

これで一旦ヘッドを取り付けてみると、ヘッドEXバルブカバーとシートチューブは干渉してしまう。
只、前回フレーム修正前に同じ状況でチェックした時には、シリンダーヘッドボルトが入らないぐらい干渉していたので、状況は随分良くなっている。



a0248662_19433751.jpg
a0248662_19435461.jpg
a0248662_1944671.jpg

今度はエンジンのマウント角度を変えるためフロントマウント側に2.0mmのシムを入れて、マウントボルトを締めこむと、リア側マウント部に少々隙間が開きました。フレーム側エンジンマウント部の前後平行も微妙に違うのであろう。
隙間があいたままマウントボルトを締め付けてしますとケースが歪むので、リア側マウント部も隙間に合わせシム製作し取り付け。





a0248662_19443573.jpg
a0248662_19444754.jpg

やったー隙間が0.5mm程度できました。こんなことでIさんと2人で大喜びです。
リアシリンダーは良品と思われるものを手配済み。問題が起きませんように・・・。
なんやかんやで1歩前に進みました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-16 08:37 | 1947FL1200 | Comments(0)
2017年 09月 10日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_813253.jpg
a0248662_8133868.jpg
a0248662_8135757.jpg
a0248662_8162684.jpg
a0248662_8164585.jpg

a0248662_8171063.jpg
a0248662_8173767.jpg
a0248662_8175656.jpg


NさんのBSA
A65用のシリンダーベースナット、シリンダーヘッドボルトのトルクアダプターを製作してトルク管理し取り付け。
ローカーアーム取り付け、タペットクリアランス調整。
新品アマルさんの修正・チェック作業に。








1978TRIUMPH T140E

a0248662_8182132.jpg
a0248662_8183816.jpg
a0248662_8185572.jpg
a0248662_8192162.jpg
a0248662_8193838.jpg
a0248662_8195956.jpg
a0248662_8214675.jpg
a0248662_822616.jpg
a0248662_8222586.jpg
a0248662_822436.jpg


Tさんのトライアンフ
オフセットが多いリア側ホイールの振れとりが終わり、フレーム側へ。
スイングアームは状態が良かったのでグリスアップし取り付け。
ネックベアリングは交換し三又取り付け。
OH作業が終わっているフロントフォーク取り付け、組み終わったホイールを取り付けセンターだし。タイヤ取り付け棟上。







1973TRIUMPH TR7RV

a0248662_823948.jpg
a0248662_823321.jpg
a0248662_8251783.jpg
a0248662_8262896.jpg

a0248662_8272067.jpg

a0248662_8265621.jpg


Yさんのトライアンフはフロントブレーキ周り
マスターシーリンダーのシール周り交換。実はピストンシールの向きを間違え一回目は失敗。
ブレーキホースを新品に交換し取り付け。
キャリパーシールも交換してエア抜き。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-10 08:40 | その他 | Comments(0)
2017年 09月 04日

1975XLH1000 分解作業

今日は新入生Kさんのアイアンスポーツ、分解作業のお話。
分解しつつ、清掃、計測していきます。




a0248662_831393.jpg
a0248662_8311749.jpg
a0248662_8313663.jpg
a0248662_8314963.jpg

a0248662_8321066.jpg


まずはシリンダーヘッド分解。
シリンダーヘッドボルトはスタッド化されていて、抜き取り一苦労しつつ分解。
組み付け時はボルトかします。
ピストンは抱きつきを起こしています。


a0248662_8322055.jpg
a0248662_8325424.jpg
a0248662_8331185.jpg

ヘッドのカーボン除去後、バルブ周り計測。
ガイドにはガタがありましたので、ガイド交換で抜き取り。
後、計測しガイドはSTDサイズでいけます。

a0248662_8332587.jpg

ロッカーアームブッシュ・ロッカーアームシャフト計測
クリアランスは良好で、シャフトも段付き磨耗無く問題なし。





a0248662_8334341.jpg
a0248662_8335645.jpg
a0248662_834522.jpg

タイミングギア周り分解
残念ながら#3カムは虫食いがあり交換。



a0248662_834344.jpg

ニードルベアリングは全交換。
ブッシュ周りはカムブッシュは状態良いのでそのまま、ピニオンシャフトブッシュは磨耗していますので交換します。


a0248662_8344941.jpg
a0248662_835317.jpg

タペットはガイドとのガタは悪くないのですが、ローラーガタがありますので交換します。





a0248662_8352152.jpg
a0248662_8353612.jpg

トランスミッションはギア、シャフトともに問題なし。


a0248662_8355172.jpg
a0248662_836390.jpg
a0248662_8361496.jpg

ニードルベリングは全交換するとして、メインシャフト1STギアブッシュ、クラッチギアブッシュはガタがありますので交換します。
メインシャフトライトサイドのベアリングレースは磨耗少なく状態良しでそのまま使います。


a0248662_8362988.jpg
a0248662_8364028.jpg
a0248662_8365484.jpg
a0248662_837779.jpg


1STギアブッシュ抜き取り、片側ブッシュ片側ニードルベアリング軸受けの抜き取りが少々面倒なクラッチギアのブッシュ、ニードルベアリング抜き取り。







a0248662_837265.jpg
a0248662_8373891.jpg

クランク分解。
ビッグエンド部は楕円無く良好。クランクピンも段減り無く問題なし。
ローラー自体が大分減っていてガタが出ていたようです。

このあとは徹底清掃、ネジ周りの修正作業となります。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-09-04 09:03 | 1975XLH1000 | Comments(0)
2017年 08月 31日

1946WR750 リアホイール周り

今日はMさんのWR,リアホイール周り。
前回、ホイールベアリング周りのことをやり、16”リムから18リム化し組み付けですが、なんやかんやありましたというお話。


a0248662_10381051.jpg
a0248662_10382266.jpg
a0248662_10383221.jpg
a0248662_10395138.jpg

16”ホイール分解し、18”リム・スポーク組み付け。
リムは純正品、スポークはカドミウムメッキされている新品です。
縦方向、横方向の振れを0.1mm以内にして、フレームに仮組みしセンターだし。


a0248662_10404951.jpg
a0248662_1041621.jpg

a0248662_10411746.jpg

ホイールを組み付けようとすると、フレームが広がっていて、アクスルシャフトが締められません。
リアチェーンアジャスターの受けにもなる、アクスルスリーブのカラー(フレームの外側につける)がもともとフレーム内側に組まれていました。
フレームのがもともと広がっていた為、以前組んだ方がスペーサー位置を間違えたのでしょう。
ともあれ、強制的にフレームを縮めホイール組み付け。




a0248662_10421040.jpg
a0248662_10423512.jpg

まず、リアチェーンラインを確認し問題なし。
リムのオフセット量を調整し、リムのセンターだし。



a0248662_1042584.jpg

a0248662_10443326.jpg

リムの調整ごとが終わり、タイヤ取り付け。
スピードメーターギアドライブのマウント部が破綻していたブレーキパネルは良品に交換。
また、もともとBT用の長いリターンスプリングがついていて、ドラムと干渉していましたので、WL用の短いスプリングを取り付け。




a0248662_10451942.jpg

スペードメーターギアドライブ交換。
もともとついていたものと、Mさんが持っていたもの。
ギアがそれぞれ、ナイロン製、ベークライト製のものがついていて、交換用のギアは真鍮製。
それぞれ、微妙に(0.3mm)シャフト径が違いますので、良い組み合わせで使います。


a0248662_10453114.jpg

a0248662_10454546.jpg

カシメられて留まっているベークライトのギアを切削し取り外しシャフトを研磨し綺麗に。
シャフトケーブル側はスリーブが圧入、ギアも圧入されることでギアハウジング内で位置決めされます。


a0248662_1046053.jpg

a0248662_10461255.jpg

ケーブル側スリーブの内径加工をしてシャフトに圧入・位置決め。


a0248662_10463512.jpg

a0248662_10481951.jpg

ギア側はシャフトの段つき位置まで圧入しO.k
ケーブル側のスリーブ位置の調整でスラストがありシャフトがスルスル回るとことにします。


a0248662_10483439.jpg

というわけで、ホイール組み付け、フェンダー周り取り付け。
ドラム位置も正しいところになり、干渉していたブレーキロッドもちゃんと作動するようになりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-31 11:42 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 08月 30日

19789FXS1200 エンジン分解作業

a0248662_054920.jpg
a0248662_06288.jpg


今日はS君持込のショベルローライダーの分解作業のお話。
15年以上屋外で保管されていた車両を仕入れVMSに持ち込みです。



a0248662_062773.jpg
a0248662_064365.jpg
a0248662_07189.jpg

a0248662_07192.jpg

まずはヘッドまわり、シリンダー周り分解清掃。
バルブとガイドのクリアランスは0.1mm以上ありましたので、ガイド交換で抜き取り。


a0248662_072998.jpg
a0248662_074279.jpg


ヘッド側バルブガイドホール計測。
他3本は良かったのですが、リアEXのガイドホールはカジリ傷ありで専用冶具を使い、リーマーで真円加工。



a0248662_08110.jpg


ピストンは純正STDサイズが入っていましが、計測するとクリアランスが小さいところで0.01mmと随分詰まっています。
以前に何があったかわかりませんが、走行していた車両とも思われるものでここまでクリアランスが詰まっているのを私はじめて見ました。
ともあれ、ピストンの頭のところまで擦り跡がありますのでピストン交換、できればSTDサイズピストンでホーニングクリアランス調整し組みます。




a0248662_082285.jpg
a0248662_084211.jpg
a0248662_085442.jpg

a0248662_0102916.jpg

a0248662_092327.jpg

エンジン腰下分解。
分解前、クランクの芯振れチェック。ドライに側01.3mmタイミング側ともに0.06mmの振れ。
でコンロッド計測。
ガタが少なかったビッグエンド部はレース・ピンともに良好。クリアランスも0.02mm~0.03mmで状態良し。またスモールエンドブッシュも良好。




a0248662_0105098.jpg
a0248662_011269.jpg

a0248662_0111727.jpg
a0248662_0114390.jpg


ピニオンシャフトベアリングはローラーが減っていたものの、レース、シャフトともに良好。
スプロケットシャフトベアリングレースとケース側の鋳込み部分の嵌め合いも問題なし。




a0248662_012240.jpg

オイルポンプは残念ながらリターン側に随分傷があります。
こいつはポンプ交換となります。

a0248662_0122855.jpg

オイルポンプに傷があったということは・・・
ブリーザーギアホールにも一部傷が・・・。幸いプライマリーとの連結穴部分だけ傷が入っていますが、他の部分は減っていない状態で良かった、良かった。


a0248662_0134024.jpg
a0248662_0135754.jpg

カムシャフトブッシュ、ピニオンシャフトブッシュは状態良し。
カムシャフトは残念ながらカムに剥がれがありますので交換。


a0248662_0142333.jpg
a0248662_0143839.jpg

タペットはローラーのガタ、ガイドとのクリアランス良く状態よし。

というわけで、エンジン周りの計測作業終わりです。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-30 08:59 | 1979FXS1200 | Comments(0)
2017年 08月 26日

金曜日なんやかんや製作物

今日は午前中、材料屋さんや鍍金屋さんに行き午後からの作業でなんやかや製作ものです。




1967TRIUMPH TR6 レイシャフトローギアブッシュ

a0248662_0211541.jpg
a0248662_0212776.jpg


まずはOさんのトライアンフ、レイシャフトローギアブッシュ。
ギアに圧入して、シャフトとブッシュが少々渋くなるぐらいの寸法に。
圧入後のホーニングクリアランス調整は生徒さんにやってもらいます。












1967TRIUMPH TR6 ハイギアブッシュ


a0248662_0215521.jpg
a0248662_022966.jpg
a0248662_0223030.jpg
a0248662_0224643.jpg
a0248662_023025.jpg
a0248662_0231197.jpg
a0248662_0232494.jpg
a0248662_0234750.jpg


同じくOさんのトライアンフ・ハイギアブッシュ。
長物のブッシュは製作が面倒であります。穴を掘るのも大変ですが、長いためチャックから遠い位置は早い回転で回してしまうと刃物がビビッてしまいます。
また、トライアンフのハイギアブッシュは一体ものでありながら摺動部がギアボックッス側とプライマリー側に分かれる段付き加工されています。
段付き加工しギアボックス側はオイル溝加工。











1951TRIUMPH T100 インターメディエイトギアブッシュ


a0248662_0241054.jpg
a0248662_0243225.jpg
a0248662_024469.jpg


Hさんのトライアンフ・インターメディエイトギアブッシュ
こちらも同じくギアに圧入し、シャフトに渋く入る程度の寸法に。
後からホーニングしクリアランス調整します。











1975XLH1000 バルブガイド


a0248662_025682.jpg
a0248662_025228.jpg
a0248662_0254198.jpg
a0248662_0255462.jpg
a0248662_0262713.jpg
a0248662_0264842.jpg


Kさんのアイアンスポーツ・バルブガイド
KIBBLE WHITH製鋳鉄ガイドの加工です。
加工前にヘッド側ガイドホールの寸法チェックしておき、まずバルブガイド内径をIN/EXそれぞれバルブステム径+クリアランス分のリーマーで内径拡大。
IN側はガイドの頭をテーパー加工。
外径を研磨しヘッド側ガイドホールに合わせ適正嵌め代になるようにします。
というわけで、4本加工終わり。。






業務連絡
在校生の皆様、明後日(日曜日)はまだ空きがありますので、来れる方良かったらどうぞ。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-26 01:12 | その他 | Comments(0)
2017年 08月 13日

日曜の授業風景



1971 BSA A65

a0248662_22285120.jpg
a0248662_22291779.jpg
a0248662_22293737.jpg


久しぶりに登場のTさんのBSA
まず、折れてしまったキックスターターリターンスプリング交換。バイスプライヤーで掴むとやり易い。
また、ロッカー回りの手直し。
タペットアジャスターをスタンダードのものからバルブとのあたり面が広いものに交換。
ロッカーカバーが蓋タイプのBSA A65はロッカーにアクセスし易いが、ロッカーアームを分解の際に、スラストワッシャー、スプリングワッシャーがエンジン内に落ちそうで恐ろしい。
まさかのバッテリー上がりで残念ながらエンジン始動できず・・。というわけでまた次回。










1968 BSA A65


a0248662_2230350.jpg
a0248662_22304787.jpg
a0248662_22312711.jpg
a0248662_22315472.jpg
a0248662_22321212.jpg
a0248662_22333857.jpg

a0248662_2234280.jpg


NさんのBSA
クラッチレバー、ブレーキレバーが新品に交換。
リアブレーキ回りに小物を取り付け、フットブレーキアームのストッパーが付いていなかったので、ブラケット&アジャスターポストを取り付け。
ブレーキペダルピボット部は随分ガタがあるので次回、ブッシュ加工をしよう。
レフトサイドのフットレストマウントスタッドはねじ山部がなめていたので、スタッド交換。
このレフト側のスタッドはフレームマウント側、フットレストマウント側ともに逆ネジスタッドで、以前に正ネジナットで締めこまれていたためネジがやられていました。
バッテリーマウントストラップは短かすぎで使い物にならず、ストラップのゴム交換しフラットバーでバッテリーを固定できるようにしました。








1967 TRIUMPH TR6

a0248662_22342389.jpg
a0248662_22344269.jpg
a0248662_2235070.jpg
a0248662_22351931.jpg
a0248662_22353767.jpg
a0248662_22355157.jpg
a0248662_2236147.jpg
a0248662_22363516.jpg


Oさんのトライアンフ
リム・ハブ清掃、磨き作業、ベアリング取り付けが終わりリム組みです。
フロント・リアともにスポークは新品に。
まずはフロント側、ドラム側のスポークをハブに先に通しておき、リムに組み付け。
その後に、逆側のストレートスポークを組み付け、振れ取り、オフセット調整。
リア側(コニカルハブ)も同じくドラムパネル側から組んでから、逆側のスポークを組みます。
コニカルハブの外掛けスポークのエルボ部分の曲がりっぷりはすごいですね。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-08-13 23:16 | その他 | Comments(0)
2017年 07月 21日

1946WR750 コンロッド・ビッグエンドベアリング&スモールエンドブッシュ

a0248662_1923041.jpg

a0248662_19224561.jpg

a0248662_19282172.jpg

a0248662_19232673.jpg


今日はMさんのWRのコンロッド周りのお話。
コンロッド小端部でフロント側4mm以上、リア側で1.5mmもガタがあったためクランク分解したのですよね。
でやはり、クランクピンは剥離していて使い物になりません。


a0248662_19234036.jpg

左側は元々入っていたWL用のコンロッド、右側の肉抜きしてあるコンロッドがWR用。
肉抜きだけでは無く、リア側大端部、前後小端部も削られ軽量化されています。
WR用のコンロッドはMさんが既に所有していたものでこちらを使います。



a0248662_19235380.jpg

左側が元々入っていたWL用のクランクピン。右側がWR用のクランクピンでピン径が違いWR用の方が大きい。
WL用のものが直径1”に対しWR用のものが1-1/4”で実測31.73mmでXLのクランクピンとほぼ同じ径。
ちなみに、クランクピンナットはWLのものが、11/16”-18山に対しWRのものが13/16”18山。
このピンネジに流用できるナットが無く一瞬ヒヤッとしましたが、NOSもののナットが手に入り一安心。


a0248662_1924784.jpg

問題がビッグエンドローラー。
こちらも、既にローラーとケージSETのものをMさんが手に入れてありましたが、WR用のローラーオーバーサイズが現在作られておらず手に入りません。
ローラー直径は3/16”(4.7625mm)でよく使うサイズなので問題ないのですが全長が問題。
フロント側(ロングローラー)は全長12.3mm程度でXL用のものが使えます。
しかしリア側(ショートローラー)は全長6mmで他の車種でこのサイズローラーを使っているものがありません。
XL側のショートローラーが全長7.2mmなので最悪、XL用のものを研磨して使うか・・・。
ちなみに、WL用のSTDローラー径は1/4”(6.35mm)



a0248662_19242186.jpg
a0248662_19243389.jpg

a0248662_1924452.jpg

a0248662_1305920.jpg

WR用コンロッドビッグエンドベアリングレースはフロント側(ナイフ側)0.04mm楕円、リア側(ナイフ側)も0.02mm程度楕円また、ドライブサイドとタイミングサイドで寸法が違いますので、レースラッピング。
フロント側はラッピング後楕円が無くなるまで削り内径41.32mmに。
また、左右寸法が違ったリア側は一工夫しつつラッピングし、左右ともに41.30mmに。


a0248662_19251244.jpg

ラッピングしたロッドレース内径に合わせローラーサイズ選択。
フロント側(ロングローラー)はXL用の.001”オーバーサイズを使い適正クリアランスに。
問題のリア側(ショートローラー)は.0004”オーバーサイズで適正クリアランスになるのですが・・・あら、STDサイズと思われていた、ケージとSETのローラーサイズが4.77mmと.0004”o,sと同じではありませんか!
運に見方されローラーの加工無しでO.Kでローラーの選定終了。


a0248662_1925303.jpg




a0248662_19255175.jpg
a0248662_1926357.jpg
a0248662_1926144.jpg
a0248662_19262677.jpg

ビッグエンド部の加工が終わり、スモールエンド側へ
ガタがあったブッシュは抜き取り、小端部計測。楕円変形無く良好でJIMS製のSTDサイズスモールエンドブッシュを圧入。これはWL用のものと同じ。
圧入後、リーマーを通しホーンングしクリアランス調整しブッシュもO.K。
コンロッドの加工ごと終わりであります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-21 01:45 | 1946WR750 | Comments(0)
2017年 07月 14日

1943WLC750 T/Mカンターシャフト取り付け、そして卒業

ちょっと前のお話ではありますが。今日はHさんのWLCギアボックスの組み立て作業のお話。
以前のお話でメインシャフトのチェックまで終わっていますので、カウンターシャフトから。

a0248662_2305296.jpg


a0248662_231776.jpg
a0248662_2312227.jpg
a0248662_2313595.jpg

WLのカウンターシャフトはキックシャフトも兼ねています。
そのため、カウンターシャフトの軸受けブッシュはキックシャフトの軸受けブッシュとなります。
Dスプロケット側のブッシュはスプロケットに“逃げ”のため、変わった形状のブッシュです。
そのため、真直ぐ入れる為の冶具を製作し圧入。


a0248662_2315048.jpg
a0248662_232397.jpg

シャフトを通し軽くラッピングしO.K。

a0248662_2321918.jpg

カウンターシャフトのニードルベアリングはライトサイド.114”、レフトサイド.152”とサイズが違うので混乱します。
ローラーサイズを変えクリアランス調整。


a0248662_2324175.jpg
a0248662_233038.jpg

レフトサイドには半周ごとギアと連結するキックチャットギアが付きます。
またカウンターシャフトはスプリングに押されているためスラスト調整不要。


a0248662_2334078.jpg
a0248662_2335456.jpg
a0248662_234742.jpg

メインシャフトとカウンターシャフト組み付け。
新品に交換したクラッチギアのスラストベアリングレースが厚すぎ、カウンターギアと干渉・・・。
残念ですがもともと付いていたものを使います。

a0248662_2373110.jpg


a0248662_2382210.jpg
a0248662_2383267.jpg

シフターフォーク取り付け、シフターギアとシフターカムの位置あわせをして取り付け。


a0248662_2384652.jpg

a0248662_2385920.jpg


ギアチェンジチェックしギアボックッス完成。


a0248662_239225.jpg

エンジン&ギアボックスをVMSでOHし、地元北海道で自ら組み付け。
完成したようです。
組み付け時になんやかんやトラブルがあったようですが、OH前よりもパワフルになったとのことで良かった良かった。

動画を送ってもらったのでアップします。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-14 11:06 | 1943WLC750 | Comments(0)
2017年 07月 10日

日曜日の授業風景

1951 TRIUMPH T100

a0248662_764359.jpg
a0248662_772978.jpg

a0248662_7863.jpg
a0248662_783140.jpg
a0248662_785661.jpg
a0248662_792141.jpg


Hさんのトライアンフ
カムシャフトブッシュのラッピング作業が終わり、ブッシュホーニングしカムギア仮組み。
ギア海を45度づつまわしバッククラッシュチェック。渋みも無くO.K
ギアボックッス周りの作業へ移り、ネジ周りのチェック。
ギアボックッスのスタッドボルトはねじ山が駄目になっていて、ボルトナットで留まっていたためヘリサートしスタッド取り付け。







1973 TRIUMPH TR7RV

a0248662_795891.jpg
a0248662_7101940.jpg
a0248662_7135823.jpg
a0248662_7142365.jpg
a0248662_7144920.jpg


トリニティー卒業生でもあるYさんは、トリニティー卒業後購入したトライアンフ750を持ち込み、部分修理です。
プライマリー周り分解し、ギアボック分解清掃、計測作業に入りました。







長江エンジン

a0248662_7153156.jpg
a0248662_7155322.jpg
a0248662_716377.jpg
a0248662_717291.jpg


長江のHさんは久しぶりの登場。
シリンダー取り付け、ヘッド仮組みしヘッドとピストンの隙間チェック。
問題なく、ヘッド取り付け、スターター周りも取り付け随分と形になりました。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2017-07-10 07:34 | その他 | Comments(0)